ケー ニセ グ ジェスコ。 ケーニグセグの新型スーパーカー『ジェスコ』、アゲーラ RS 後継車は1600馬力…ジュネーブモーターショー2019

最高速度482km/hを誇る「ケーニグセグ ジェスコ」上陸【東京オートサロン 2020】

ケー ニセ グ ジェスコ

CCR 、1971年生まれの実業家であり当時22歳の によって、世界最高のスーパースポーツカーを生み出すために設立された。 2秒)と、市販車でのギネス世界記録を樹立したが、この記録は2007年アメリカのスーパーカー、が出した最高時速414. 3kmによって更新された。 CCRの新車車両本体価格は385,000であった。 アゲーラ以降はも独自に設計開発されたものを使っており、この点がやなど異なる。 なお、2014年3月ににて発表された「」は最高時速440kmを記録し、世界最速の公道仕様車となる。 アイコン [ ] ケーニグセグ社のモデルには特徴的なアイコンが存在する。 一つ目がである。 ケーニグセグのエンブレムは、同家の紋章()から着想を得たものである。 二つ目が「CC PROTOTYPE」から採用されている「」と呼ばれているユニークなドアで、ドアが回転して後端が上昇、ドア前端が下降するとともに外側に開くようになっていて、狭いスペースでも乗降できるようになっている。 ランボルギーニの「」のように、一目でケーニグセグ社の車だと分かる。 三つ目が「スピリット・オブ・パフォーマンス」と呼ばれるオバケのマスコットで、エンジンボンネットに描かれている。 サーブ買収の試み [ ] 2009年6月、が経営再建のため傘下の自動車メーカーであるをケーニグセグに売却する計画が発表され 、同年8月18日付けで正式契約された。 この買収にかかる資金調達のため、スウェーデン政府へ追加融資を要請した。 また、ケーニグセグが中国のからの出資(株式の譲渡)を受け入れることも明らかとなった。 だが2010年には資金不足により白紙化され、サーブのブランド権はに売却された。 車種一覧 [ ] 生産中の車種 [ ] 生産中(または開始予定)の車種で、売り切れとなったものを含む。 ()(Jecko)• ()(Gemera)• (Regera) 生産が終了した車種 [ ]• ()(プロトタイプ)• CCGT(レーシングカー)• CCX Edition• CCXR• CCXR Edition• CCXR Special Edition• Trevita• ()(コンセプトカー)• One:1• RSR• 5 秒以下 生産のうち2台は。 1 秒 最高速度は推定値。 9 秒 最高速度はリアウイングなしの測定値。 0 秒 最高速度はリアウイングなしの測定値。 0 秒 最高速度はリアウイングなしの測定値。 9 秒 生産100台目を記念した「S Hundra」モデルが存在する。 8 秒 最高速度は推定値。 9 秒 アメリカ第一号車は「Agera XS」と命名されている。 (アゲーラRSR) 2016年 3 Agera RSをベースにした限定車。 日本でのみ発売。 8 秒 最高速度は推定値。 日本での販売 [ ] 2005年3月に設立されたケーニグセグ・ジャパン()が正規輸入販売を行っていた。 しかし2008年に発生した世界的な金融危機を受け、事業見直しの結果日本からの撤退が決定した。 2014年6月にCEOのクリスティアン・フォン・ケーニグセグが来日。 アジア・中東の顧客の増加と日本での景気回復を受け、日本への再進出を検討し始めたことをインタビューで明かした。 そして2016年9月5日に日本法人の発足が正式に発表された 脚注 [ ]• 1971年7月2日生まれ。 Koenigsegg. 2019年3月9日閲覧。 IBTimes「」2009年6月16日• Response「」2009年8月19日• Bloomberg「」2009年9月8日• Bloomberg「」2009年9月10日• Reuters「」2009年9月10日• autoblog 2009年3月4日. 2017年11月16日閲覧。 topspeed. com 2013年4月29日. 2017年11月16日閲覧。 ケーニグセグ 2018年4月4日. 2019年12月9日閲覧。 roadandtrack. com 2017年11月5日. 2017年11月16日閲覧。 2017年11月7日. 2017年11月16日閲覧。 topspeed. com 2016年3月2日. 2017年11月16日閲覧。 topspeed. com 2016年3月2日. 2017年11月16日閲覧。 ケーニグセグ 2019年3月19日. 2019年12月9日閲覧。 2019年3月5日. 2019年12月9日閲覧。 Response. jp「」2014年6月25日• Response. jp「」2014年6月25日 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 (英語)•

次の

ケーニグセグ・ジェスコの価格は3億円。にもかかわらず「5日で125台、375億円分が売れた」。さらにハイパーな「ジェスコ300」もスタンバイ

ケー ニセ グ ジェスコ

東京オートサロン2020と併催されたBHオークションの冒頭にて、七五三木氏のケーニグセグ ジャパンCEO就任が発表された。 ケーニグセグ ジャパンに七五三木CEOが就任 七五三木氏と言えば、メルセデス・ベンツ日本からクライスラー日本、そして前述のようにポルシェ ジャパンの代表を歴任し、日本におけるインポートカーブランドの発展に尽力してきた人物。 新たにケーニグセグ ジャパンを率いることになった七五三木CEOは就任挨拶で以下のように語った。 「私の日本でのミッションは、創業者であるクリスチャン・フォン・ケーニグセグのクルマにかける想いを、日本のお客様に余すところなくお伝えするアンバサダー的な役割が求められていると考えています。 本日1月10日より、ケーニグセグ ジャパンは新たな活動の世界に入ります。 そして力強くケーニグセグを日本で拡販してまいります」 続いてケーニグセグのアジアパシフィックにおけるセールスディレクターを務めるアンドレアス・ペトレ氏がお祝いの言葉と、2021年には新しいプロダクトを進めるので楽しみにしてほしいと語った。 オークション会場に集ったビッダーや観客に向け、七五三木CEOがケーニグセグ ジェスコをプレゼン。 リモートコントロールのオートスキンによってドアやエンジンフードが手を触れずに開閉していく様は圧巻だった。 七五三木CEO自らジェスコをプレゼン 七五三木CEOはアンベール後にジェスコの周りを巡りながら車両解説を実施。 ドアやフロントのラゲッジフードはもちろん、リヤの巨大なカウルまでもがタッチレスエントリー機能「オートスキン」によって開閉され、最高出力1600psを発生する新開発の5. 0リッターV型8気筒ツインターボを「幸運なオーナーにはこれまで味わったことのない、途方も無い加速の世界に誘ってくれるユニット」と紹介した。 また、ジェスコという車名がケーニグセグの代表であるクリスチャン・フォン・ケーニグセグの父親の名前からとられたことを紹介し、ケーニグセグ ジェスコには家族愛が溢れていると締めくくった。 限定生産台数25台はすでに完売しているケーニグセグ ジェスコ。 この個体も発表後にオーナーの元へ帰るため、直に見ることができたオークション会場のビッダーは幸運だったと言える。 ジェスコは同社の25周年に合わせて昨年のジュネーブショーで発表され、同社のアゲーラで培ったテクノロジーを満載したモデルであり、そのポテンシャルは最高出力1600psという5. 0リッターV8ツインターボエンジンのカタログスペックからも推察できる。 1000kgを超えるダウンフォース、リヤアクティブ操舵システム、9速LST(ライト・スピード・トランスミッション)、カーボンシャシーなど、速度と刺激を追求した装備の数々は世界中のエンスージアストを魅了し、25台の限定台数は既に完売している。 さらに魅力的なモデルも開発中であることは疑いようもないケーニグセグだけに、七五三木CEO率いるケーニグセグ ジャパンの今後の展開にも期待が募る。 【SPECIFICATIONS】 ケーニグセグ ジェスコ ボディサイズ:全長4610 全幅2030 全高1210mm ホイールベース:2700mm 乾燥重量:1320kg 車両重量:1420kg エンジン:V型8気筒DOHCツインターボ 総排気量:5. 25mm 圧縮比:8.

次の

ケーニグセグの新型ハイパーカー「ジェスコ」参上。1600馬力、段飛びシフトが可能な新型トランスミッションを装備したハイテクマシンに

ケー ニセ グ ジェスコ

ケーニグセグは、ジュネーブモーターショー2019において、新型スーパーカーのケーニグセグ『ジェスコ』(Koenigsegg Jesko)を初公開した。 同車は、『アゲーラRS』の後継モデルだ。 アゲーラ RSは、「アゲーラ」シリーズの頂点に立つ『アゲーラ R』をベースに開発されたさらなる高性能グレード。 アゲーラ Rは、5. 0リットルV型8気筒ガソリンツインターボエンジンを搭載。 最大出力1115hp、最大トルク122. 4kgmを引き出す。 9秒というパフォーマンスを可能にしていた。 アゲーラ RSでは、同社初の「メガ・カー」(最大出力が1メガワット、1000kW=1360ps)となった『One:1』のノウハウを応用。 エアロダイナミクス性能や冷却性能の向上に、One:1の技術を導入する。 0リットルV型8気筒ツインターボエンジンも、専用チューン。 最大出力1115hpから1360hpへ強化された。 ケーニグセグは、ジュネーブモーターショー2019において、アゲーラRSの後継モデル、ジェスコを初公開した。 車名のジェスコとは、ケーニグセグの創業者、クリスチャン・フォン・ケーニグセグCEOの父親の名前に由来している。 0リットルV型8気筒ガソリンツインターボエンジンを再設計 ジェスコのパワートレインには、5. 0リットルV型8気筒ガソリンツインターボエンジンを再設計した。 フラットプレーンクランクシャフトや、エアダクトを新たに設計。 大容量のエアインジェクション付きターボチャージャーを採用する。 ケーニグセグによると、量産V8エンジンとしては、世界最軽量のクランクシャフトという。 8500rpmという高回転域までエンジンを回し、より高効率でより多くのパワーを生み出すことを可能にしている。 最大出力は通常のガソリン使用時が1280hp。 混合燃料の「E85」使用時には、1600hpを発生する。 102kgmのトルクは、2700~6170rpmの幅広い領域で引き出される。 トランスミッションは、9速マルチクラッチを自社で新設計した。 シンクリングを廃止し、ほぼ瞬時にあらゆるギア間の変速を可能にするという。 また、ウェットクラッチ、フライホイール、フルード、スターターモーター、オイルポンプなどを含めて、トランスミッション単体重量は、90kgに抑えられる。 ギアチェンジは、シフトレバーまたはステアリングホイールのパドルで行う。 拡大されたアクティブリアウイングは、揚力を最小限に抑えるために高い位置にマウントされ、大きなダウンフォースを生み出す。 フロントリップスポイラーには、アクティブなアンダーボディフラップを装備する。 この数字はケーニグセグOne:1に対して30%、アゲーラRSに対して40%増加しているという。 ジェスコには、カーボンファイバー製モノコックシャシーを採用する。 従来モデルよりも40mm長く、22mm高いモノコックとした。 オーリンズ製のダンパーは、専用の電気システムとコントローラーで減衰力を調整する。 軽量のカーボンルーフは簡単に取り外せ、ほんの数分でクーペからロードスターに変わる。 デジタルコクピットを採用。 ステアリングホイールには5インチのレース向けディスプレイ インテリアは、TFTタッチスクリーン、USB入力、スマートフォンなどの誘導充電、Bluetooth接続、パーキングアシスタント、デジタル警告システムなどを装備。 インフォテインメントシステムは、ステアリングホイールに取り付けられた5インチのレース向け「スマートクラスター」デジタルディスプレイと、センターコンソールの9インチの「スマートセンター」ディスプレイで構成する。 新たに「スマートホイール」を採用。 ステアリングホイールには、電話、オーディオ、車両リフトシステムなどに簡単にアクセスできるように、ハプティックコントロール式の2つの小型タッチスクリーンが装備されている。 《森脇稔》.

次の