タブの移動 ショートカット エクセル。 ワークシートの移動またはコピーのショートカット

エクセル セル移動のショートカットキーで指定した位置にジャンプ

タブの移動 ショートカット エクセル

Excel2013で一番右のシートへ移動する方法:エクセル2013基本講座• Excel2013で一番右のシートへ移動する方法• Excel2013で一番右のシートへ移動する方法、シート見出しの右端のワークシートをアクティブシートにする方法についていろいろな方法を書いています。 スポンサードリンク• 下図のようにこのブックには Sheet1,Sheet2,1月〜12月のワークシートが有ります。 現在は シート「3月」が選択されています アクティブになっています。 [Ctrl]キーを押した状態で[PageDown]キーを押し続けると、一番右のシートが選択されます。 [Ctrl]キーを押した状態で[PageUp]キーを押し続けると、一番左のシートが選択されます。 シート見出しに右端のシートが表示されていないときは、シート見出しの右端に「・・・」が表示されます。 このような状態の時、シート見出しのスクロールボタンを [Ctrl]キーを押した状態でクリックします。 一番右のシート見出し「12月」をクリックします。 シート見出しのスクロールボタンを 右クリックすると、シートの選択ウィンドウが表示されます。 一番右のシート 「12月」をダブルクリックします。 12月をクリックして、[OK]ボタンをクリックする操作と同じ結果になります。 ワークシートの数は Worksheets. Count で求めることができます。 下表のコードで一番右のワークシートへ移動することができます。 Sub test Worksheets Worksheets. Count. Ativate Range "A1". Select End Sub スポンサードリンク |||Excel2013で一番右のシートへ移動する方法.

次の

Windows タブを移動 ショートカット

タブの移動 ショートカット エクセル

覚え方1|使用頻度の高いショートカットキーから習得する 覚え方2|一連の作業を連続してショートカットキー操作できるようになる 覚え方3|タイピングスキルを高める 覚え方1|使用頻度の高いショートカットキーから習得する 使用頻度の高い操作のショートカットキーから覚えていく定石です。 なぜなら、使用頻度が高い操作を効率化できれば、それだけ作業を効率化できるからです。 逆に普段あまり使わないショートカットキーを覚えても大きな効果を得るのが難しいです。 たとえば、あなたがエクセルで関数を使わないのであれば、関数に関連するショートカットキーを覚える必要はありません。 逆に関数を使う頻度が高いのであれば、関数に関わるショートカットキーを覚えておくのは有効です。 このように使用頻度の高い操作のショートカットキーから覚えていく定石です。 以下で、私の経験から使用頻度が高いショートカットキーから順に紹介をしていますので、上から順に覚えていくのがおすすめです。 覚え方2|一連の作業を連続してショートカットキー操作できるようになる ショートカットキーを覚えるときのコツは、一連の作業をまとめてショートカットキー操作できるようになることです。 たとえば、以下の一連作業はすべてショートカットキーでの操作が可能です。 操作1|エクセルファイルをコピーする 操作2|Outlookにタスクを切り替える 操作3|新しいメールを作成する 操作4|メール本文のテキストフォームを選択する 操作5|コピーしたエクセルファイルをメールに貼り付ける 以下はフォルダ操作を効率化する動画ですが、この動画内で上記の一連操作をショートカットキー操作する様子を収録しています。 このように一連作業をまとめてショートカットキー操作できるようになると、効率化を実感できるくらい、作業が早くなります。 覚え方3|タイピングスキルを高める パソコン仕事における基礎はショートカットキーよりタイピングです。 なぜなら、パソコン仕事のほとんどはキーボードで操作するからです。 そのため、 ショートカットキー習得はタイピングスキルによって頭打ちになってしまうことがあるのです。 たとえるならタイピングは算数のかけ算九九のようなものです。 算数では九九ができないと、四則演算を早く計算することはできません。 しかし九九計算の一つ一つをパパっと計算する力がないと、複数の四則演算をパパっとこなすことができないのでs。 ここでいうタイピングスキルがかけ算九九の計算能力で、ショートカットキースキルが四則演算を早く行う能力なのです。 もし基礎であるタイピングがイマイチなのであれば、ショートカットキーを習得しようとしても、なかなか上達しません。 タイピングスキルについては、以下の記事で紹介しています。 ぜひこちらもよんでみてください。 他のアプリで覚えておきたいショートカットキーは以下の動画で解説しています。 ここまで覚えておくと、ショートカットキーを使わない人と比較して、明らかに操作が早くなります。 ここまで完璧に覚えている人は少ないですが、さらに操作を早くしたいなら、ここまで使いこなせるとエクセル操作の9割はショートカットキーで操作できます。 このキーヒントを頼りにして、ショートカットキー操作すると、さらに操作を早くすることが可能です。 ここまでくると、趣味の領域に近いですが、覚えておくと操作はラクになるかもしれません。 理由は他のキーで代用できたり、そもそも操作することがほぼなかったりするからです。 知識程度に学んでおけば問題ありません。 もう一度押すと解除。 マクロVBAをよく使う人は覚えておきたショートカットキーです。 クイックアクセスツールバーとマクロです。 たとえば、「セルの結合」の操作をショートカットキー設定したい場合は以下のとおりに操作を行います。 操作1|「セルの結合」のアイコンを右クリック 操作2|「クイックアクセスツールバーに追加(A)」をクリック そうすると、エクセルの左上部に文字色変更のアイコンが追加される。 この状態で|[Alt]を押すと、「セルの結合」のアイコンに数字が表示される。 自分でショートカットキー設定方法2|マクロ エクセルマクロを使ったショートカットキーの自作方法は以下で紹介をしています。 ショートカットキーが覚えられない|そのような人のための覚え方 ここまでエクセルのショートカットキーを紹介してきました。 「動画でイメージを掴む」、「記事の上から順にショートカットキーを覚える」という順番で学ぶことで、ショートカットキーを使いこなせるようになります。 しかし、一方で「ショートカットキーを習得することができません」という悩みを耳にすることも多いです。 この悩みへの回答は以下です。 「一ヶ月間ショートカットキーを覚える練習をしよう」ということです。 なぜなら新しいことを覚えるのには時間がかかるからです。 たとえば自転車でも補助輪なしで運転できるようになるまでには練習が必要です。 何度も転倒しながら、補助輪なしのバランス感覚を体で覚えていくものです。 これはショートカットキーも同じです。 実際、私も効率的なPC操作を身体で覚えていきました。 そして、少しずつPC作業を早くこなしていけるようになっていったのです。 以下でタイピングやショートカットキーを学んで仕事を効率化した人のインタビュー記事を載せています。 インタビューに応じていただいた人もトレーニングをした結果、無意識でショートカットキーを使えるようになりました。 しかし、たった一日練習してすぐにできるようになったわけではありません。 当然、この記事の動画を見ただけで、明日から突然実務で使えるレベルになるものではないのです。 ショートカットキーやパソコンスキルを無料動画講座で学ぶ もしショートカットキーを習得したいのであれば、の講座で学んでみるのもおすすめです。 私もこの講座を学んでショートカットキーを仕事で使いこなせるようになりました。 自己流で習得を目指すよりも、プロのやり方を学ぶ方が習得が早い人は多いです。 実際に、私を含め多くの人がショートカットキーを学び、10コ覚えて、20、30とつかえるキーの数を増やしていきました。 少しずつマウスを使わずに作業できるようになり、ある日同僚から「ショートカットキー操作でプレゼンをしていたとき、今の作業どうやったの?」と質問されるようになりました。 正しい手順で学べば、近いうちにそのような質問をもらうことも出てきます。 一朝一夕で身につくものではないので、継続して学びたい人にはの無料動画講座をおすすめします。 Filed Under: Tagged With: ,.

次の

ワークシートの移動またはコピーのショートカット

タブの移動 ショートカット エクセル

シートを移動したりコピーしたりしたいけど、その移動先・コピー先が別の文書ファイルだった場合、操作に迷う方もいらっしゃるかもしれません。 でも、最初のポイントさえ外さなければ、操作はいたって簡単です! その最初のポイントというのがコレ! 実際に移動やコピーしたいシートがある文書ファイルと、そのシートの移動先・コピー先の文書ファイルの 両方を開いておくこと。 これさえしておけばあとは簡単! なので、早速操作に入っていきたいのですが、今回ご紹介する操作は、で操作を 元に戻すことができません! もし失敗したら、双方の文書ファイルを保存せずに閉じればいいのですが、この操作に入る前に一度保存をかけておかないと、それまでの他の操作もおじゃんになるので、そこだけ気を付けていきましょう! それでは、操作をスタートします! 移動やコピーをしたいシートの、シート見出しをクリックで選択後、そのシート見出しのところで 右クリック、 [移動またはコピー]をクリックすると、 移動先・コピー先を指定するダイアログボックスが表示されます。 この一覧で文書ファイルを選択できるように、予めファイルを開いておいたわけです。 次は、移動したりコピーしたいシートを、上記で指定した文書ファイルの中の、どの位置に入れたいのかを、[挿入先]で指定します。 今回は、「百合山店」シートと「光野原店」シートの間に入れたいと思います。 でも、Excelの操作は「 選択したところの 前に入る」が原則ですので、「「百合山店」シートと「光野原店」シートの間に入れる」ということは、「「光野原店」シートの 前に入れる」、と考えることになるので、 [挿入先]で「光野原店」を選択します。 そして、シートをコピーしたい場合には、[コピーを作成する]にチェックを付けます。 今回は、シートを移動することにしたいので、チェックは付けません。 すべての指定が終わったので、[OK]ボタンをクリックすると、 別の文書にあった「さくら台店」シートを、先程のダイアログボックスで指定した文書の、「光野原店」シートの 前に持ってくることができました! 今回の操作はシートの「移動」だったので、当然、元の文書ファイルにそのシートは残っていません。 スポンサーリンク シートを移動・コピーしたら、色などが変わった! 元の文書ファイルにあった時は、そのシートの中身はこんな感じだったのに、 別の文書ファイルに、シートを移動・コピーした瞬間、フォントや色が変わってしまった!ということが起こる場合があります。 一瞬、ギクッとしますが、大丈夫、これは思いっきり「正常」な動作です。 各文書ファイルには、それぞれが設定されているわけですが、元の文書ファイルと、移動・コピー先の文書ファイルに、それぞれ別のテーマが設定されていると、シートを持って行った瞬間、移動・コピー先のテーマに合わさることになるので、フォントや色が変わる、という仕組みです。 色やフォントを変えたくなければ、双方のファイルに設定するテーマを、お揃いにしておけばいいわけです。 ドラッグでも操作できます! 「」では、同じ文書ファイルの中で、シートを移動・コピーする方法としてドラッグでの操作をご紹介しています。 今回のように、別の文書ファイルにシートを移動・コピーしたい時にも、同じようにドラッグで操作できます。 先程のダイアログボックスを使う方法と同様、まずは実際に移動やコピーしたいシートがある文書ファイルと、そのシートの移動先・コピー先の文書ファイルの 両方を開いておきます。 そして、。 並べ方は左右でも上下でもOK。 移動やコピーしたいシートの、シート見出しをクリックで選択後、そのシート見出しにマウスポインタを合わせ、 シートを移動したいなら ドラッグ、コピーしたいなら [Ctrl]キーを押したままドラッグして、移動先・コピー先まで持って行きます。 ドラッグ中のマウスポインタの形や、どうしてもうまくいかない場合に気をつけるべき点については、「」をご覧ください。 今回は2通りの操作方法をご紹介しましたが、いずれの場合でも、実際に移動やコピーしたいシートがある文書ファイルと、そのシートの移動先・コピー先の文書ファイルの 両方を最初に開いておくのがポイント! そのポイントさえ外さなければ、 操作したいものを選択して右クリック の法則だったり、 ただドラッグすれば移動、[Ctrl]キーを押したままドラッグすればコピー という、Be Cool Usersのあちこちで出てくる法則で対応できる操作です!.

次の