工場火災。 工場火災のリスクに備える。工場の火災保険の必要性について

静岡・工場火災、2年前にも 「これほど燃え続けるとは」消火の4人の安否気遣う

工場火災

火災が起きた現場 5日午前1時35分ごろ、吉田町川尻3230、日用品メーカー「レック静岡第2工場」から出火し、鉄骨造2階建て、延べ床面積約7千平方メートルの同工場を焼いた。 同日午後4時ごろ、建物2階で4人の遺体が発見された。 静岡県警はこのうち1人について、牧之原署の警察官と発表した。 他の3人については、連絡が取れなくなっている静岡市消防局吉田消防署の消防隊員とみて、身元の確認を急いでいる。 静岡市消防局と県警地域課によると、死亡が確認されたのは、牧之原署地域課の男性巡査長(43)。 行方不明になっているのは消防司令の52歳男性と45歳男性、男性消防士長(38)。 このほか消防隊員ら3人が負傷した。 県警は火災の原因を調べるとともに、業務上過失致死容疑を視野に入れ、捜査を進める。 市消防局などによると、消防隊の到着時、建物は白煙が上がっている程度だった。 4人は火災の状況を確認するため建物内に入った。 午前2時5分すぎ、爆発音と爆風があり、大量の煙が発生。 4人は建物内に取り残された。 10分ほど無線でのやり取りがあった後、連絡が途絶えた。 火勢が爆発的に大きくなる「バックドラフト」または「フラッシュオーバー」という現象が起きた可能性があるという。 県警地域課は記者会見で「火の確認はできなかったため、(工場内)で出火元の確認をしていた。 急激に状況が変化したと思われる」と説明した。 現場は東名高速道吉田インターチェンジから南東に約5キロの、大井川沿いに工場が建ち並ぶ工業地帯。 従業員によると、出火当時は稼働しておらず、工場内に人はいなかったという。 5日午後5時半ごろに火勢はほぼ収まったが、午後9時現在も消火活動が続いている。 静岡社会の記事一覧•

次の

工場に火災保険をかける際のポイントと注意点

工場火災

火災が起きた現場 5日午前1時35分ごろ、吉田町川尻3230、日用品メーカー「レック静岡第2工場」から出火し、鉄骨造2階建て、延べ床面積約7千平方メートルの同工場を焼いた。 同日午後4時ごろ、建物2階で4人の遺体が発見された。 静岡県警はこのうち1人について、牧之原署の警察官と発表した。 他の3人については、連絡が取れなくなっている静岡市消防局吉田消防署の消防隊員とみて、身元の確認を急いでいる。 静岡市消防局と県警地域課によると、死亡が確認されたのは、牧之原署地域課の男性巡査長(43)。 行方不明になっているのは消防司令の52歳男性と45歳男性、男性消防士長(38)。 このほか消防隊員ら3人が負傷した。 県警は火災の原因を調べるとともに、業務上過失致死容疑を視野に入れ、捜査を進める。 市消防局などによると、消防隊の到着時、建物は白煙が上がっている程度だった。 4人は火災の状況を確認するため建物内に入った。 午前2時5分すぎ、爆発音と爆風があり、大量の煙が発生。 4人は建物内に取り残された。 10分ほど無線でのやり取りがあった後、連絡が途絶えた。 火勢が爆発的に大きくなる「バックドラフト」または「フラッシュオーバー」という現象が起きた可能性があるという。 県警地域課は記者会見で「火の確認はできなかったため、(工場内)で出火元の確認をしていた。 急激に状況が変化したと思われる」と説明した。 現場は東名高速道吉田インターチェンジから南東に約5キロの、大井川沿いに工場が建ち並ぶ工業地帯。 従業員によると、出火当時は稼働しておらず、工場内に人はいなかったという。 5日午後5時半ごろに火勢はほぼ収まったが、午後9時現在も消火活動が続いている。 静岡社会の記事一覧•

次の

吉田・工場火災

工場火災

今回は、工場や倉庫において、火災リスクに備えるための火災保険の必要性についてご紹介したいと思います。 工場や倉庫での火災は、燃えやすいものが保管されている、爆発の危険性があるものが保管されているという場合も多いため、一般的な住宅火災とは比較にならないほどの被害が発生してしまいます。 2017年に発生したオフィス機器などを販売する、大手ネット通販企業の物流センター火災では、鎮火までに10日以上かかり、損害額はなんと100億円以上になったとの報道がありました。 この火災事故では、火災保険などから46億円程度の保険金が支払われたと発表されています。 このように、火災保険というものは、万一、工場や倉庫などで大規模火災が発生した場合、その損害を大きく抑えてくれるものです。 一般の方からすれば、工場や倉庫などの大きな施設であれば、オーナー側が火災保険に加入していると考えているのでしょうが、実は倉庫や工場などでは、以下のような理由でオーナーが火災保険に加入していないことも多いと言われています。 バックドラフト現象とは 締め切られた状態の室内で火災が発生した場合、酸素欠乏となり炎の勢いが弱まることがあります。 この状態で、窓やドアを開け放つと、新鮮な空気が一気に室内に入ってきます。 そうすると、酸素の量が急に増加し、爆発的な燃焼が起こり、勢いを増して燃え広がってしまうのです。 これがバックドラフト現象です。 工場や倉庫などは、機密性が非常に高い作りになっていることも多く、そういった施設では大惨事に発展する危険性があります。 上記二つの現象は、どちらも「小さな火だったものが、あっという間に火の海になる」というもので、なかなか区別がつきにくいのですが、それぞれ別の現象です。 つまり、工場や倉庫では、些細なミスで発生した小さな火が、一気に拡大してしまうリスクが二重にあるということなのです。 さらに、こういった現象が発生してしまうと、スプリンクラーなどの消火設備があったとしても焼け石に水…となってしまうこともあります。 もちろん、消火設備をきちんと備えておくことは大前提となりますが、それだけでは不十分な場合もあるという認識は持っておいた方が良いでしょう。 参考: 火災保険は『火災』だけから守ってくれるわけではない! 工場や倉庫のみならず、一般住宅などの居住用も同様で、火災保険はその名称から火災に対してのみの保険だと考えている人が多いです。 しかし、火災保険というものは、物件に火災以外のさまざまな事象で被害があった場合でも対応してくれるなど、幅広い保険となっているのが一般的です。 例えば、台風などの強風によって屋根や外壁に被害が出てしまった…などという自然災害による被害や、車両の衝突事故や第三者による盗難被害なども補償内容に含まれていることもあります。 特に近年では、台風や豪雨災害などの自然災害も多く、工場や倉庫での業務に必要な機械などが浸水被害に遭ってしまう…というケースも珍しくありません。 もちろん、こういった自然災害によって何らかの被害が発生した場合でも、火災保険などに加入していないのであれば、実費で修繕費用を支払わなければならないのです。 したがって、火災リスクに対応するだけでなく、その他の自然災害など予期せぬ被害に備えるためにも、火災保険の加入は重要になるのです。 台風による損害を補償 倉庫や工場が、台風や大雨による洪水で浸水し、設備に損害を受けた。 強風によって屋根や外壁が破損した。 といった場合、これらの復旧費用を保険金として支払ってもらうことができます。 設備の不備による損害の補償 施設内の設備に不備があり、漏水が発生。 気付いたときには、保管していた商品が漏水により破損してしまった。 こういった場合も、商品代金を保険で賄うことができます。 まとめ 今回は、工場や倉庫の火災保険の必要性についてご紹介しました。 本稿でもご紹介したように、工場や倉庫で発生する火災は、瞬く間に火がひろがる可能性があり、甚大な被害が出てしまう危険性があるのです。 さらに、火災を鎮火できたとしても、その後は事業再開まで険しい道のりが続くことになるでしょう。 もちろん、工場や倉庫を運営するのであれば、できるだけ火災を発生させないための努力が必要になるのですが、いくら注意したとしても『絶対に防げる』という訳でもありません。 したがって、万一の火災から会社やそこで働く従業員の生活を守るためにも、経済的ダメージを最小限に抑えることができる火災保険の加入はとても重要になります。 特に火災保険は、『火災』だけでなく、台風や豪雨などの自然災害や盗難被害などからも守ってくれるものですので、加入しておくことをおすすめします。 しかしながら、費用の大きさから加入しないという選択をするにしても、上述のリスクは十分に認識しておくべきでしょう。

次の