多摩川 氾濫 世田谷 区。 遂に、多摩川が氾濫!台風19号緊急追報!!

【災害記録帳】1974年多摩川水害~目の前で濁流に飲まれたマイホーム~

多摩川 氾濫 世田谷 区

午後10時過ぎ、多摩川が氾濫 台風19号に伴う大雨で堤防が決壊した河川は、国交省によると17日時点で7県であわせて71河川128カ所となっている。 東京都と神奈川県の境を流れる多摩川でも12日午後10時過ぎ氾濫が発生して、世田谷区玉川の無堤防地域を中心に浸水被害が出ている。 二子玉川付近で車が水没(東京・世田谷区 10月12日午後7時ごろ) その頃、隣の大田区で避難情報の発信に関して大きな混乱が起きていたことが新たにわかった。 えっ?氾濫していないのに「レベル5」!? これは12日午後8時過ぎに大田区民に配信された災害の発生を伝える緊急速報だ。 大田区民の元に午後8時過ぎに届いたエリアメール 「災害発生情報」 多摩川流域の対象地域に洪水に関する警戒レベル5災害発生情報を発令しました。 多摩川の堤防を越水する可能性があります。 速やかに、建物の高い場所に避難するなど、直ちに命を守る行動をとってください。 (大田区) このメールが配信された時、違和感を覚えた。 警戒レベル5は災害発生を伝える最も危険度の高い状況を示すものにもかかわらず、警戒を呼びかける内容は、「堤防を越水する可能性があるので命を守る行動を」と情報レベルと内容が矛盾している。 そもそも午後8時の時点で多摩川の氾濫発生情報は発表されていない。 大田区のHPにもハッキリと発信時刻「20時」と残っている 関東地方整備局と気象庁予報部が共同で多摩川の氾濫発生情報を発表したのは午後10時20分だった。 もちろんその前から浸水は始まっていたことは想像できる。 大田区では午後9時から10時頃に田園調布4丁目と5丁目の一部で浸水被害が出ていることは取材で確認できている。 しかし、午後8時の時点で多摩川の増水した水はまだ堤防を越えてはいなかったことは、大田区の緊急メールを見ても明らかだ。 行政がフライング 政府のガイドラインでは自治体から警戒レベル5の災害発生情報の発令基準を「決壊や越水が発生した場合」と定めている。 つまり 東京都大田区は多摩川で越水が発生していない段階でフライングで大雨警戒レベル5の「災害発生情報」を出したことになる。 二子玉川河川敷で土のうを積み上げる消防隊員(東京・世田谷区 10月12日午後7時ごろ) 取材に対して区の防災担当者は、「危険水位を超えたため、氾濫の危険が差し迫っていると判断して発令し、命を守る行動を呼びかけた」と説明している。 これは区民の安全を第一に考えて、早めの避難を呼びかけようという姿勢が起こした勇み足と言えそうだが、一方で今年から始まった大雨危険度レベルの運用がまだ周知浸透していないことが露呈した事案ともいえる。

次の

東京都世田谷区で多摩川が氾濫 二子玉川駅付近で道路冠水

多摩川 氾濫 世田谷 区

午後10時過ぎ、多摩川が氾濫 台風19号に伴う大雨で堤防が決壊した河川は、国交省によると17日時点で7県であわせて71河川128カ所となっている。 東京都と神奈川県の境を流れる多摩川でも12日午後10時過ぎ氾濫が発生して、世田谷区玉川の無堤防地域を中心に浸水被害が出ている。 二子玉川付近で車が水没(東京・世田谷区 10月12日午後7時ごろ) その頃、隣の大田区で避難情報の発信に関して大きな混乱が起きていたことが新たにわかった。 えっ?氾濫していないのに「レベル5」!? これは12日午後8時過ぎに大田区民に配信された災害の発生を伝える緊急速報だ。 大田区民の元に午後8時過ぎに届いたエリアメール 「災害発生情報」 多摩川流域の対象地域に洪水に関する警戒レベル5災害発生情報を発令しました。 多摩川の堤防を越水する可能性があります。 速やかに、建物の高い場所に避難するなど、直ちに命を守る行動をとってください。 (大田区) このメールが配信された時、違和感を覚えた。 警戒レベル5は災害発生を伝える最も危険度の高い状況を示すものにもかかわらず、警戒を呼びかける内容は、「堤防を越水する可能性があるので命を守る行動を」と情報レベルと内容が矛盾している。 そもそも午後8時の時点で多摩川の氾濫発生情報は発表されていない。 大田区のHPにもハッキリと発信時刻「20時」と残っている 関東地方整備局と気象庁予報部が共同で多摩川の氾濫発生情報を発表したのは午後10時20分だった。 もちろんその前から浸水は始まっていたことは想像できる。 大田区では午後9時から10時頃に田園調布4丁目と5丁目の一部で浸水被害が出ていることは取材で確認できている。 しかし、午後8時の時点で多摩川の増水した水はまだ堤防を越えてはいなかったことは、大田区の緊急メールを見ても明らかだ。 行政がフライング 政府のガイドラインでは自治体から警戒レベル5の災害発生情報の発令基準を「決壊や越水が発生した場合」と定めている。 つまり 東京都大田区は多摩川で越水が発生していない段階でフライングで大雨警戒レベル5の「災害発生情報」を出したことになる。 二子玉川河川敷で土のうを積み上げる消防隊員(東京・世田谷区 10月12日午後7時ごろ) 取材に対して区の防災担当者は、「危険水位を超えたため、氾濫の危険が差し迫っていると判断して発令し、命を守る行動を呼びかけた」と説明している。 これは区民の安全を第一に考えて、早めの避難を呼びかけようという姿勢が起こした勇み足と言えそうだが、一方で今年から始まった大雨危険度レベルの運用がまだ周知浸透していないことが露呈した事案ともいえる。

次の

多摩川が氾濫、浸水40cm 住民「こんなこと初めて」 [台風19号]:朝日新聞デジタル

多摩川 氾濫 世田谷 区

1974年(昭和49年)8月31日から9月1日にかけて、台風16号の接近に伴い、関東地方は激しい雨に見舞われた。 上流域の集中豪雨で多摩川が増水し、狛江市で堤防が決壊、19戸の民家が濁流に飲まれた。 いわゆる多摩川水害(狛江水害)だ。 暴れ川だった多摩川 現在の姿からは想像がつかないが、多摩川は古くから暴れ川として知られる。 河川延長が138kmと短いにも関わらず、水源の標高が1953mと高く、勾配が急であるため、古くから氾濫が絶えなかった。 洪水の度に流路は変わり、沿岸にあった村が川により隔てられてしまうことも珍しくなかった。 現在に近い流路になったのは1590年の大洪水といわれており、その際に分断された丸子や等々力、野毛、瀬田、宇奈根、布田、押立、石田といった村々は、その後堤防の整備が行われてそれぞれ別の市町村に取り込まれてしまう。 その名残が現在では川を挟んだ両側に同地名が残されている。 東京都大田区に「下丸子」があるのに対して、川崎市中原区に「中丸子」「上丸子」、同じく大田区と中原区のどちらにも「等々力」がある。 東京都世田谷区と川崎市高津区には「宇奈根」があり、世田谷区に野毛・上野毛があるのに対して高津区に下野毛がある。 「瀬田」が世田谷区と高津区にある他、「中和泉」「元和泉」「東和泉」が世田谷区に、和泉が川崎市多摩区にある。 「布田」は東京都調布市と川崎市多摩区に、「押立町」は東京都府中市と稲城しに、「石田」は国立市と日野市にある。 いずれも川を挟んだ同地名で、多摩川の暴れ川時代の名残ともいえる。 多摩川は江戸時代以降も何度となく堤防を決壊させ、氾濫を繰り返してきた。 1910年(明治43年)の関東大水害では多摩川も未曾有の被害に見舞われ、1913年(大正2年)にも氾濫すると住民の陳情を受けて河川改修が始まる。 しかし改修後も1947年(昭和22年)、1949年(昭和24年)と度々決壊は繰り返されていた。 流失するマイホーム 8月31日から多摩川上流は記録的な豪雨となり、多摩川は増水を続けた。 狛江市では9月1日の「防災の日」に予定していた防災訓練を天候悪化で中止にしたが、まさか予定されていた訓練が実戦になるとは予想していなかっただろう。 9月1日には多摩川は警戒水位を越え、多くの市民がこの様子を見に集まっていた。 狛江市では河川敷内にある施設の撤去を行った。 昼頃、二ヶ領宿河原堰左岸河川敷にあった堰堤取付部の小堤防が決壊する。 この堤防は、古い堤防を補強しただけのもので、強度が足りなかったとされる。 木流しや土のう積みなど市職員、消防署、消防団の人力による水防活動が懸命に行われたものの、この破堤をきっかけに激しい迂回流が発生、夜には本堤防が数百mにわたってえぐり取られ、住宅地に濁流が流れ込んだ。 2日未明には民家がついに倒壊、2軒、3軒と濁流にのみ込まれ、最終的には19戸が流失する。 その模様はテレビで中継されており、全国の人が目の当たりにすることとなった。 被害拡大を食い止めるため狛江市は自衛隊の派遣を要請する。 自衛隊は本流の流れを遮っている堰堤の爆破を試みたが、付近の民家のガラス窓を損傷しただけで堰堤はびくともせず失敗。 4日になって建設省(現国土交通省)が堰堤中央部の爆破に成功したことで、破壊口に流量をり向けながら、ようやく迂回流の締め切り作業が行われた。 <決壊当時の様子(より)> <決壊前後の地形図。 左が昭和42年、右は昭和51年(より)> 水害の傷跡 堤防の復旧後、国は流失した住宅地を補修し、爆発時に生じた二次災害の補償は行ったものの、流失家屋などについては補償の対象とはならなかった。 このため被災住民は、多摩川を管理する国に対し、国家賠償を求めて提訴する。 この狛江水害訴訟は1976年(昭和51年)から1992年(平成4年)まで16年間にわたって争われ、一審から差戻し控訴審まで計4回判決が出された。 最終的には、管理者が予見可能であったのに対策を講じなかった人災であるとし、国に5億9000万円余りの損害賠償を求める判決が確定した。 この災害で家のほかにアルバムを失ったことがショックだったという被災住民の話から脚本家山田太一が、「岸辺のアルバム」を新聞に連載し、1977年(昭和52年)にはテレビドラマ化された。 ドラマの最終回は洪水によって家が流される報道映像で終わっている。 多摩川の破堤はこの1974年多摩川水害以降起こっていない。 しかし堤防は常に私たちを守ってくれるわけではない。 現在、当時最初に決壊した堤防の跡には「多摩川決壊の碑」が建てられている。 あれから40年、住民の世代交代も進む中で碑の意味はいったいどれだけ伝わっているのだろうか。 <多摩川決壊の碑(より)> <決壊後(上)と現在(下)の空中写真(より)>.

次の