メモ の 魔力 モレスキン。 メモの魔力【書評】メモ魔になって人生に幸せを呼ぼう

前田裕二 『メモの魔力』 モデル モレスキンクラシックノートブック発売記念講演会 (2019年8月5日)※本講演は終了しました。

メモ の 魔力 モレスキン

愛して止まないモレスキン 世界中に愛用者がたくさんいるモレスキンノートですが、各々で好きな種類もカラーも違うと思います。 2019年の年明けに、モレスキンのことをシリーズ化して取り上げようと思っていたんだけど無理でした。 そんなわけで、仕事のこともプレイベートのこともメモしまくる、メモの魔力にハマった私のモレスキンの使い方、カスタム方法をご紹介します。 (当時は日記も書いていました) 予定も思ったことも、食べたいものも行きたいところも、とにかくなんでも頭に浮かんだことをメモしてました。 そのメモをするクセが、社会人になってからも私を助けてくれました。 メモ魔がハマったモレスキンノート そんなメモ魔の私が大人になってからモレスキンを使い出して、使いながら自分が一番わかりやすく使いやすい方法を考えることにもハマりました。 メモすること。 そのメモした手帳を使いやすくカスタムすること。 この2つのことは私の日課で趣味ですね! 50代になった今でも、「使いやすく上手くカスタムできないかな?」と常日頃から考え、自分なりのアイデアを試して楽しんでいます。 モレスキンのカバー・サイズの種類 私のお気に入りのモレスキンは、ラージサイズ・ハードカバーが一番好きです。 同時にもう一冊サブモレスキンありです。 これは本業のデザイン&アイデア用。 使い終わったモレスキンも必要なので、いつも手元に取れる場所に置いてます。 好みの変化で選べるモレスキンの種類 去年2018年にこのブログを始めてからモレスキンを使う量が増えたので、ダイヤリータイプを購入するのをやめました。 ブログを始める前からダイヤリータイプとは別にもう一冊サブモレスキンを使っていて、年間のモレスキン消費量は多いほうなんですが、ますます増えています 笑 私の中で一区切りがついたところで、新しいモレスキンをスタート。 区切りがうまくつかない場合は、数ページ残しておくことも習慣になってます。 忙しい時に写真を目にすることで、落ち着くことができるんですよね。 「心の余裕って大切!」 一見無駄に思う人もいると思うけど、私には重要な余白スペース。 そして各ページにも余白を残しておくことで、後で思いついたことを付け足せる部分も残しておきます。 余白を残しておいても、最終的にはぎゅうぎゅう詰めになるけど 笑 マスキングテープを利用する モレスキンを毎日使うなかで、マスキングテープは重要な役目をしています。 今は百均のダイソーでもセリアでも、可愛いマスキングテープがたくさん売ってますよね。 百均の文房具コーナーを見るのが大好きです。 私のマスキングテープの使い方• ページ内で区切りをつける• ページサイドをマスキングテープで包んで目印にする• ページの補強をする• 写真やしおり等を貼り付ける ページ内に区切りをつける 写真のようにマスキングテープで、ページの上下を分けています。 マスキングテープの上側には、ToDoリスト形式でやることを書きます。 花マークは注意事項を書いています。 (花マークの代わりにシールも使っています) そしてマスキングテープの下は、やり終えた感想などを書くことにしています。 そうすることで、やる前に思っていたことと、実際やってみて感じたことや感想を後から読み返すことができるからです。 マスキングテープを目印に! ただペンで書いてページを分けるのではなくマスキングテープを使うことで、ページが可愛くなるので何度見直しても飽きません 笑 マスキングテープだから貼り直して、ページの幅を調整できるのも嬉しいところなんです。 この写真は違うマスキングテープを使ったページです。 マスキングテープの種類が違うだけでも、ページの雰囲気が変わりますよね。 ノートの書き方としては、ページの頭の見出しにそのページの内容がわかるようにまず書きます。 見出しの関連ごとに思いついたことを、箇条書きでどんどんメモして書き込んじゃいます。 あとで読み返した時に関連性が少ないない場合は、他の見出しをチェックして照らし合わせて移していきます。 この工程が私は大好きなんですよね。 そう、 「インデックスシールの代わり」なんです。 インデックスシールみたいに出っ張っていると、猫たちにかじられる恐れがあるからこの方法にしてます。 インデックスシールが使えない苦肉の策。 愛猫が5匹いる我が家では、「出っ張りは危険!」ですからね 笑 写真だと伝わりにくいかもだけど、使うマスキングテープによって表から見た時にとても美しいんですよ。 見たいページをすぐ見つけることと、モレスキンを閉じている時のビジュアルの美しさと、《使いやすさ》《ビジュアル》両方を兼ねています。 もう一つのメリットは、よく見るページはどうしても破けてしまうことがあって、その補強役にもなるんですよ。 猫ちゃんがいる人はぜひ、試してみてくださいね。 ページの補強をする 私の扱い方が荒っぽいからなのか、モレスキンの真ん中がプカプカしちゃう時があって 笑 そうそう、モレスキンのページを1ページ丸々破ってしまうこともあって、そのページにくっついていた反対側のページを繋ぎとめるのにも使う方法がコレです。 はい、使い方が荒っぽいです 笑 そんな時のページ補強には、真ん中にマスキングテープをビビッと貼ってしまいます。 ちなみに私がモレスキンに写真を貼る時は、テープのりで貼り付けてマスキングテープを貼ります。 マスキングテープの役目はお飾り的な感じに使っています。 写真を貼り付けるテープのりは、また別記事で詳しく書きますね。 モレスキンのカスタム【マスキングテープ編】まとめ 今回は、モレスキンのカスタム方法【マスキングテープ編】をご紹介しました。 絵柄の種類がたくさんあって、テープの幅サイズもいろいろあるマスキングテープを使うだけで、イラストを描けなくてもちょっと凝った感じにカスタムできますよね。 見本ページにボカシを入れてしまってるので、イメージがつかみにくいかもしれませんが参考になれば嬉しいです。 私がデザインしたものを公開できないのが残念。

次の

メモの魔力のノートサイズおすすめは?やり方も調べてみた!

メモ の 魔力 モレスキン

こんにちは。 最近はどっぷり読書とプログラミングにはまりつつ、人生最後の楽園?と言われている大学生活最後の年を過ごしています。 「 よくメモを取ることは重要!大切!」 と言われます。 しかし、• メモをどのように取れば良いのか• メモを取ることでどのような利点があるのか• メモをどのように利用するのが良いのか このような点で迷われている方は多いのではないでしょうか? 誰しもが一度はメモを取ったことがあると思いますが、メモを取ることによって得られる本当の力を最大限に身に付けているでしょうか? 少なくとも僕はこの本に合うまで、メモはあくまでもパパッとその時に忘れないように書く程度にしか利用してきませんでした。 しかし、この一冊を読んでみて• メモを利用した思考法• メモの魔力を利用した夢の実現• メモを通した人生の生き方 を学べました。 この本との出会いのきっかけはTwitterですが、友達から借りた事で2時間程度で読み終えてしまいました。 本書は、SHOWROOM株式会社代表取締役社長であり、2010年に早稲田大学政治経済学部を卒業後、外資系投資銀行に入行し、北米の機関投資家を対象とするエクイティセールス業務(数千億〜数兆円規模の資金を運用するファンドに対してのアドバイザリー)を経験した後、DeNAの南波会長に猛アプローチされDeNAに入社。 仮想ライブ空間「SHOWROOM」を立ち上げ、2年後には当該事業をスピンオフ。 ソニー・ミュージックエンターテイメントから出資を受け、合併会社化し、現在も第一線を走り続ける前田裕二さんの著書。 本書のゴールは、読者それぞれが 「メモの力」を利用して幸せになることです。 本書では以下のような流れで話が進んでいきます。 メモの良いところと効用について• メモによる思考の抽象化• メモによる自己認知• メモを利用した夢の実現• メモはノウハウではなく、生き方 これまであまり考えてこなかったメモの偉大さ。 僕が特に大切だと思った部分を上記の流れに沿って解釈しつつまとめてみました。 ぜひメモの魔力の概要を掴み、本を手に取るキッカケになっていただけたら嬉しいです。 メモの魔力のポイントと解釈【書評】 メモと聞いて浮かぶイメージは、何かを記録しておくために使う1つのツールとしての役割です。 しかし、メモにはもう1つの役割があるのです。 それが 知的生産としてのメモです。 つまりメモには、• 記録としてのメモ• 知的生産としてのメモ の2種類が存在します。 そしてこのメモの魔力では、2番目の「 知的生産としてのメモ」をメモとして定義しています。 知的生産としてのメモを利用して、現実の時事実(ファクト)を抽象化し(汎用性を持たせ)、転用させることができます。 クリエイティブで新たな知的生産• 代替不可能性の高い思考 を行う手段となります。 クリエイティブに考えるためには、抽象化と言語化が必須となります。 その際の1つの思考として、事実(ファクト)から「何が言えるのか」「どうアクションするのか」を常に考えることが本質的な思考の一歩となります。 メモの良いところと効用について メモは本質的な思考、ここでは• クリエイティブで新たな知的生産• 代替不可能性の高い思考 を身に付けることができます。 そしてそれらにとって不可欠な5つのスキルを鍛えることができます。 知的生産性(アイデアを生み出せるようになる)• 情報獲得の伝導率向上(情報を「素通り」しなくなる)• 傾聴能力の向上(相手の「より深い話」を掴み出せる)• 構造化能力の向上(話の骨組みがわかるようになる)• 言語化能力の向上(曖昧な感覚や概念を言葉にできるようになる) メモは見開き1ページで利用し、左側に左脳的な事実(ファクト)、右側に右脳的な発想を書いていきます。 このノートに書くことによって、 半強制的に言語化が必要となります。 またなるべく多くの事実(ファクト)を集めることに注力するため、 情報獲得量も増え、熱心にノートを取ることで対話者からはより 好感を得やすくなり深い話を聞けるようになります。 さらに各事実(ファクト)から 共通点を見つけ出し(抽象化&標語化)、更に自らの行動に 転用(応用)できないかを模索することで知的生産性も向上します。 メモを取る際は決まった記号を使い分けることで効率化し、生産性を高める事が可能です。 またペンの使い分けとして、4色ボールペン(赤、青、緑、黒)を利用するのが良いです。 主観 黒... 事実(ファクト) 青... やや重要、引用、参照 赤... 最重要 と使い分ける事でメモをより視覚的に意識する事が可能です。 メモによる思考の抽象化 抽象化には主に3つの型があります。 WHAT型... 現象を言語化(標語化)• HOW型... 特徴の抽出• WHY... 物事の本質の見極め この3つの方でも特に 最重要なのが、WHY型です。 その次にHOW型が重要になります。 このWHYとHOWをうまく利用することで、思考を深めるきっかけを生み出します。 最近よく自分のアタマで考えることが重要と他の多くの方も提唱されています。 人気ブロガーのちきりんさんを始め、ホリエモンやその他多くの方が重要性を説かれています。 メモを利用した夢の実現 メモを利用して夢を言語化することによって2つの大きな影響を受け、夢の実現に近づきます。 マインドシェアの増加• 言霊の力 言語化することで自分の気持ちが明確化され、その結果自分の思考時間における夢への実現を考える時間が長くなります。 また言霊の力も得る事が可能です。 夢の実現や自己認知にも関係しますが、モチベーションには2種類あり、自分がどちらのタイプかを知る事で自らの行動をコントロールすることも可能です。 トップダウン型• どちらが良い悪いではなく、自分にあった方を認知しておくことで自分のモチベーションをコントロールする事ができます。 またこれからの時代、「個」が強くなっていくと、よりボトムアップ型の人間が共感を生み出しやすいということは頭の片隅に入れておきたいです。 メモはノウハウではなく、生き方 メモはあくまでも生き方や姿勢であり、ノウハウで終わらせてはいけません。 そのためには、メモを習慣化するのです。 習慣化のためには、 1. メモできる環境 2. ひたすらメモ という2つを用意し、 実行するのみです。 すると自然とメモの魔力が宿るでしょう。 まとめ: メモの魔力を読みがんがん実践していこう 僕はこの本を読んでみていくつ気になる点がありました。 例えばP. 106の 「 人口に膾炙しやすい」 という表現は、一般的に利用される単語ではありません。 また前提として 誰をターゲットに書かれているのかが、イマイチ分からなくなってしまった部分も散見されました。 僕のイメージとしては、20代前半から30代中盤のビジネスパーソンをターゲットにしてるのかな?と思ったのですが、 それにしてはかなり前提を省いていたり、説明が少ないのでは?と思った部分もありました。 また本の最後にはTwitterで募集したみんなの「人生の軸」を載せていますが、これもマーケティングの1つとしては巻き込みもあり、熱いコミュニティを作り出しますが多すぎるのでは?とも。 因みに前田さんのオススメのノートは、「モレスキンのハードカバーノート」だそうです。 また全ての説明に、「3つ理由があって... 」とまとめるのは元マクドナルドCMOの足立さんに似ているとも思いました。 この辺は徹底的に外資系企業で簡潔に結論ベースでのコミュニケーションを鍛えられた結果なのでしょう。 意識したいです。 最後に、 「 本を読むことは万華鏡を見るようだ」 抽象化ゲームより と僕は思います。 つまり、 本は読む人や読むタイミング(その時の悩みやモチベ)によって毎回異なるメッセージを与えてくれます。 さらにそれは二度と同じように現れることはありません。 それはまるで万華鏡の各絵柄が毎回変化し、 一期一会なのと似ているなと思いこのように考えました。 読んでくださり、ありがとうございました。

次の

【Moleskine】モレスキンクラシック 方眼を使ってみた。

メモ の 魔力 モレスキン

書きやすい 2. デザインがいい 1.書きやすい 書きやすさって人の好みによってだいぶん変わってきます。 水性ボールペンの手の側面にベチャッてついて伸びてしまうのが苦手なので…。 メモの魔力のメモにおすすめなボールペンだったら、断然4色ボールペンがおすすめ。 私も元々は単色しか持ってなかったけど、メモの魔力のおかげで4色派になりました。 2.デザインがいい これめっちゃ大事です。 自分好みのボールペンを使うことがメモ魔への第一歩ですね。 シンプルなデザインが多いので、試行錯誤が必要かも。 書きやすさとデザイン性の両立は結構難しかった。 んじゃ、どれがいい の? 使う場面によって変わってきますので、いくつかご紹介します。 4色ボールペン 3撰 まずは4色ボールペンをご紹介します。 メモの魔力を読んだらやっぱり4色ボールペンが欲しくなります。 どうしても単色がいい! って方も一度は使ってみて欲しい2つを選んできました。 あとでご紹介しています。 1.ジェットストリーム多機能ペン 4&1.

次の