屋根裏 猫 追い出す。 屋根裏に動物がいる!?その正体は?すぐに追い出す対策について|生活110番ニュース

こんな方法があったのか!屋根裏のイタチを自分で追い出す4つの方法

屋根裏 猫 追い出す

そろそろ、猫ちゃん空腹の限度ですね。 心配です。 とりあえず、屋根裏に猫缶とお水を置いてあげられないでしょうか? あと、大阪でしたら、ARK(アニマルレフュージ関西)という大手の愛護団体と、あとはプラーナという団体さんがあったと思います。 ARKさんは、電話等で相談を受けていたと思います。 猫を出すいいアドバイスがもらえるかもしれません。 電話番号も書いてあります。 受付は確実なのは10時頃から午後6時前くらいです。 電気屋さんが上るところの穴を空けたままにして、そこからマタタビを炊いた匂いを送り込んでみるとか、イカを炊いて匂わせてみるとかはどうでしょうか? 又は、いつもお世話になっている電気屋さんに、これこれこういうわけで、と話してすがってみるというのはどうでしょう? なんか、全然回答になっていなくて申し訳ありません。 猫ちゃんが早く出られることを祈っています。 参考URL: A ベストアンサー 私も庭に猫が入ってきてそこらじゅうに糞をするので困ってる者です。 色々調べて、レモンなどの柑橘系の臭いが嫌いということを知りました。 が、これも慣れてしまうと意味が無い様です。 ホームセンターに行って店員さんと話し込んだときに 先に紹介されているような超音波を出すタイプの商品が置いてあったので、 「これってかなり高いけど、どうなんですか?」と聞いたら、ぶっちゃけ効果は無いと教えてくれました。 その人曰く、「結局、ペットボトルに水を入れて沢山置くのが一番効果あるって聞いてますよ。 」 と言ってました。 ただ、これはここでもあまり効果が無いと聞いてるのでちょっと?ですけど。 取りあえず、柑橘系の果物やコーヒーのでがらしなどを置いてみてはどうでしょうか。 また、屋根裏に住み着いているのであれば衛生上、保健所も動いてくれるのではないでしょうか。 Q 生後半年くらいのまだ子猫です。 昨日の午後から行方不明だったのですが今日隣の家から鳴き声がしたので間違えて入りこんでしまったのではないかと事情を説明して確認してもらいました。 「家の中にはいない。 でも鳴き声はする。 たまに屋根裏から物音がすることがあるからその子も屋根裏に入ったんじゃないかな」とのことで屋根裏も確認してもらえましたが見つかりませんでした……。 それに、はしごも使って家の周りも見させてもらいましたが猫が入るような隙間はありませんでした。 少し前に隙間を修理したみたいです しかし何度呼びかけても隣の家の中から聞こえますし、家の方も鳴き声がすると言っています。 他にも数匹猫を飼っているのですが隣の家の縁の下に出入りしているところを何度か見たことがあります。 1ヶ所網が壊れているので 隣の家に入ると言ったら縁の下くらいしかないです。 縁の下から屋根裏に行くことってできるのでしょうか?1階と2階の間なのですが…。 一応、縁の下から屋根裏にはいった可能性を考えて臭いで分かるように縁の下にえさを撒きました。 どうしたらいいのでしょうか…。 あまりしつこくも言えないですし、自分の家じゃないので業者にも頼めません。 必死に鳴いているのに何もしてあげられなくて困っています。 生後半年くらいのまだ子猫です。 昨日の午後から行方不明だったのですが今日隣の家から鳴き声がしたので間違えて入りこんでしまったのではないかと事情を説明して確認してもらいました。 「家の中にはいない。 でも鳴き声はする。 たまに屋根裏から物音がすることがあるからその子も屋根裏に入ったんじゃないかな」とのことで屋根裏も確認してもらえましたが見つかりませんでした……。 それに、はしごも使って家の周りも見させてもらいましたが猫が入るような隙間はありませんでした。 少し前に隙間を修理したみ... A ベストアンサー 一刻も早く見つけてあげられるといいですね。 確実にお隣の家なのでしょうか?ご自身の家には絶対に居ないのですよね? 助け出してくれるような専門業者がもしあるようなら、事情を説明して相談だけでもしてみてはいかがでしょうか?何か解決策のヒントが得られるかもしれませんし、もし業者に頼む他にないとなっても、あなたからも業者からも、お隣さんに頭を下げて、 協力してもらうしかありませんよね。 軒下から屋根裏に行けるのかどうかは、すみません、わからないです。 以前、うちの軒先に鳥の巣ができ、可哀想だけど人の出入りができなくなるため業者に除去を依頼しましたが、その時は「なんでも屋」のような個人でやってる方で、作業しながらも経験上の色々な策や方法など話されて参考になりました。 それと、うちは隣の方がネコを複数飼ってまして、やはり、外に出てからうちの庭に入っていたりすることがしょっちゅうありまして、だいぶ前に、飼い主のおばあちゃん(未亡人)がうちのインターホン鳴らし、玄関を開けたら、血相変えて「ちょっと!うちのネコがお宅の庭に入ったから見させて!」と…返事も止める間もなくズカズカ奥の方まで勝手に入られまるで私のせいのような言われ方で、とても気分悪かったです。 少し変わった方なのであなたとは全然違うのですが、気をつけいただければと思います。 それと、うちの軒下で隣のネコと思われるネコちゃんが亡くなってるのを発見したこともあり、私が役所に連絡し引き取りに来てもらったこともありまして。 私も裏の方も、日本国中の私と同じ立場の人も、動物は好きでも、人様が飼ってる動物が我が家で何かあったら、とても気分が良くないんです。 ネコちゃんが一番可哀想です。 飼うならきちんと責任をもつべきです。 (私の場合はネコに限らず動物は、過去に経験した辛すぎるお別れ以来、一生動物は飼わないです) 私の夫の実家では4匹ネコ飼ってますが、一切外には出さないですよ。 人間と一緒にしか外へ出さないです。 もしも、外に出してあげないとネコが可哀想なら飼うべきではありません。 それが飼い主の責任です。 (特にネコちゃん) 是非あなた自身がきちんと責任をもって飼って可愛いがってあげてください。 今はこんなこと言われるために質問なさったわけじゃないしそんな心境にもなくネコちゃんが心配なだけ、早く見つけてい一心、というのは重々承知で書かせていただきました。 ご了承ください。 一刻も早く見つけてあげられるよう願ってます。 そして今までよりもっと大切にしてあげてください。 一刻も早く見つけてあげられるといいですね。 確実にお隣の家なのでしょうか?ご自身の家には絶対に居ないのですよね? 助け出してくれるような専門業者がもしあるようなら、事情を説明して相談だけでもしてみてはいかがでしょうか?何か解決策のヒントが得られるかもしれませんし、もし業者に頼む他にないとなっても、あなたからも業者からも、お隣さんに頭を下げて、 協力してもらうしかありませんよね。 軒下から屋根裏に行けるのかどうかは、すみません、わからないです。 以前、うちの軒先に鳥の巣ができ... Q 昨日、質問した者ですが・・・ 天井裏にて子供を生んだネコが隙間から壁づたいに床下に落下してしまいました。 床下から声が聞こえるのですが、外壁を壊してみてみも、姿が見当たらず、困っています。 床下に潜ろうと他の部屋の和室の畳をはがして中に潜入しようとしたのですが、せますぎて入ることができませんでした。 ネコがいる床上はフローリングです。 どこから声が聞こえるのかも分からないし、 一箇所壊していなかったら大変なことになって しまうので・・・(室内はリフォームしたばっか) 動物保護センターの人には『そういう相談にはのれません。 』と冷たく言われてしまいました。 何とか外壁の壊した部分からネコを取り出したいのですが、子ネコをおびきよせるにはどうしたらいいですか? Q 4・5日前から家の2階のベランダに親猫1匹と子猫4匹がすみついてしまいました。 捨てられずにベランダにおいてあった古いタンスの下部分がぽっかり空いていてそこに猫たちがいるのですが、野良猫がそこで産んだのか、他で産んで連れてきたのかわかりません。 どうしようもないので、とりあえず何もせずほっときました。 今日の朝、洗濯物を干す時は親猫と子猫4匹ちゃんといたのですが、仕事から帰ってきて17時くらいに見たら子猫1匹だけ残っていて、他の子猫3匹と親猫がいませんでした・・・・。 今も子猫1匹だけ残っています。 これは親猫に置いていかれたのでしょうか>< それとも後で迎えにくるのか・・・。 猫に詳しい方・わかる方がいらっしゃいましたら教えて下さい。 よろしくお願い致します。 Q 以前、ねずみが天井裏と壁の中でガサガサして 困っていると質問したものです。 効果がありませんでした。 そこで最後の手段で2回ほどウチの猫を1階の 天井裏の入り口から放してやりました。 1回目は2時間くらいしてスグ母が出してしまいました。 2回目は天井裏が気に入ったのか出そうと呼ぶと来るのですが すぐ奥の方へ行ってしまったようで1日ずっと屋根裏で過ごしていました。 やっとスルメでつって出しましたが 1階は静かになったと母が言っておりました。 ねずみを見せにも来てないので実際捕まえたのか不明です。 1階から2階へ移動してしまったようです。 そこで心配な事があるのですが猫を2階から放したとして もし猫がねずみを追っかけている時に壁の狭い間に挟まって 動けなくなったらどうしようと思いはじめました。 挟まるというよりは2階から1階の壁と壁の間に落ちるんじゃないかと心配しています。 実際、天井とか壁とかどう繋がってるのか見た事が無いのでわかりませんが いったい天井裏、壁の中ってどうなっているのでしょうか? 1階と2階は繋がっていると思いますが ねずみはどこの場所から1階から2階へ1階から2階へ移動しているのでしょうか? 変な質問ですみませんが教えてください。 猫を天井裏に放すことについて他に注意しなければならない事があれば 教えてください、お願いします。 以前、ねずみが天井裏と壁の中でガサガサして 困っていると質問したものです。 効果がありませんでした。 そこで最後の手段で2回ほどウチの猫を1階の 天井裏の入り口から放してやりました。 1回目は2時間くらいしてスグ母が出してしまいました。 2回目は天井裏が気に入ったのか出そうと呼ぶと来るのですが すぐ奥の方へ行ってしまったようで1日ずっと屋根裏で過ごしていました。 やっとスルメでつって出しましたが 1階... A ベストアンサー 専門家ではないので家の構造はわかりませんが、建築家が一般的にはこうだという回答を下しても、貴方の家がその通り造られているという保証はありません。 とりあえず文面から考えられることとしては、一階の天井裏に猫を放ち二階の天井裏にネズミが移動したとすると、ネズミには通れるが猫には通れない大きさの通路が出来上がっているということです。 猫は基本的に降りるのは苦手ですが、登るのは得意ですから、通れさえしていれば追いかけていっているはずです。 これで猫が壁に挟まる可能性が低くなったと考えて、二階の天井裏に猫を放したとしても、一階の天井裏にネズミが批難するだけで、解決にならないような気がするのですが。 一階と二階の連絡路を遮断しなければ、猫による捕獲作戦は解決を見ないと思います。 前回の質問を見ていないのでどれほどの方法を試されたのかわかりませんが、猫はお役御免にしてあげて他の対策を立ててください。 mouse. nouko. 最初はねずみか何か他の動物だと思っていたのですが、 屋根裏に上ってみるとなんと子猫が2~3匹いました。 どうしようか2~3日迷っていたら物音もしなくなったので、 どこかへ親と一緒に引っ越してくれたと思っていたのですが、 今度は建物とクローゼットの間に入ったらしく 屋根裏からは見えなくなってしまいました。 また、夜になると親ネコが戻ってきてガサガサうるさいので、 先日最終手段と思いクローゼットの壁を破って子猫を3匹取り出しました。 これで猫たちのうるさい音から開放されると安心していたら、 もう一匹どこかにいたみたいでまだ子猫の鳴き声がするのです。 さらに親ネコは自分の子供が3匹足りないと思ったのか、 一日中、屋根裏でニャーニャーと以前よりうるさくなってしまいました。 今、屋根裏にいる親ネコと子猫1匹と 取り出した猫たち3匹をどうしたら一番良いのでしょうか。 A ベストアンサー 保健所だけはお願いですからやめていただきたいですね、動物好き(実際に、捨て猫を3匹飼ってます)としては。 実際に、捕まえた子猫達はどうしているのでしょう。 エサをあげているのでしょうか。 猫は、飼う時に登録手続きをする犬と違って、保健所につれて行かれれば、速攻でその日のうちに殺されてしまいます。 ガスなので相当苦しみます。 と言ってもお困りのようですから、全部なんとかして捕まえて、インターネットで里子に出すことをオススメします。 子猫のうちでしたら飼い主が見つかる確立がかなり高い(ほぼ見つかる)です。 そういう専門のホームページ(検索すればかなり見つかります)もありますから。 親猫だって、保健所に行くしかないと知ったらかわいそうと思って飼って下さる方がいるはずです。

次の

猫を追い出す方法

屋根裏 猫 追い出す

ハクビシンの特徴 ハクビシンはジャコウネコ科の哺乳類ですが、 外見は猫にもタヌキにも似ています。 木登りが得意で、体のサイズや 体格的にもやはり猫に近いでしょうか。 体重 2~3kg程度です。 顔の真ん中に白いラインが 入っているのが特徴です。 日本国内にはもともと 生息していなかったのですが、 輸入された中で野に放された個体が 増えていったと考えられています。 食に関しては雑食性であるため、 昆虫やネズミ等の哺乳類、そして 木の実や果実といった植物まで幅広く食べます。 が、彼らは特に果実が好物であり、 これが人によっては大変大きな害をもたらすのです。 ハクビシン問題 ハクビシンは果樹園に侵入し、 野菜や果物を食い荒らすのです。 彼らは体が小さい上に 大変柔軟で運動能力も高いので、 果樹園のちょっとした隙間を見つけて そこから侵入するのです。 これは農家の人からしたら たまったものではありません。 しかも、民家の屋根裏や軒下などに 住み着くこともしばしばで、 その場合はバタバタ走り回り、 悪臭を漂わせる糞尿を撒き散らすそうです。 これは現地の人にとって憎むべき 相手になっても無理はないでしょう。 ですから、ハクビシンは同じく 害獣として問題視されているアライグマ と同一視されるのですが、 アライグマは本質的にもっと悪質です 笑 アライグマについてはこちら ちなみにハクビシンの足跡を発見したら、 彼らの習性上再びそこを通ってやってくると考えて間違いありません。 Sponsored Link 追い出す、もしくは退治するか 特定の人にとっては こんな迷惑なハクビシンですから、 どうにか対策をしなければなりません。 その場合は、「追い出す」「捕獲する」「退治する」 の大きく3パターンがありますよね。 本当は、問題の完全解決のためには 「退治する」のが一番手っ取り早いし ベストなのですが、これには大きな問題があるようなのです。 ハクビシンはある種野良猫のような存在であり、 基本的に人間の命を脅かすほどの危害はありません。 例えば、アライグマだとあまりにも 繁殖能力が高いし、体も少し大きいですし とにかくその加害性が段違いに高いです。 そこまでいけば駆除の対象にもなり得ますが、 ハクビシンの存在は一般的な人、 つまり果樹園の持ち主でなかったり 屋根裏に住み込まれていない人にとっては 特にこれといった害はないのです。 ですから、ただ捕獲することですら 鳥獣保護法に基づいた都道府県等による許可 がなければ、違法となってしまうのです。 つまり、被害にあってからでないと なかなか動きにくいわけですね。 増してや、自分の勝手な判断で 退治するなんて余程の深刻な理由がなければ 許可が出ないと考えて良いでしょう。 とは言っても、もちろん追い出すだけでは 解決にはほぼならず、捕獲しないのであれば その追い出した場所にまた住み着かないように 工夫を凝らさねばなりません。 それは果樹園でも同じことで、 捕獲しないなら入り込めるスペースが ないように徹底しなければなりません。 これは気持ち良いでしょうね 笑 お金は掛かってしまいますがw ペットとしては では、ハクビシンはペットとして どうなのでしょうか。 人によっては大変な害獣ですが、 その性質はそれほど猫と変わらないようです。 が、猫のように代々ペットとして 飼われていたわけではないので、 飼育のし辛さはあります。 野生の本能がより強く 残っているということです。 ペットショップに売っているハクビシンも、 もともと野生で親元から 引き離された個体なので 警戒心をなかなか解かないですし、 ですから大人になってもどこか 完全に懐いていない状態になるようです。 ですから特にこだわりがないのであれば、 普通に猫をペットにした方が良いのではないかと思います。 Sponsored Link カテゴリー•

次の

イタチはバルサンで駆除できる?屋根裏の野生動物を追い出す方法 | クジョカツ

屋根裏 猫 追い出す

一般的なコウモリのイメージ コウモリというと吸血鬼のイメージを持たれる方が多いのではないでしょうか。 西洋人から見るとそのように見えるようで、夜行性の動物ということから悪魔的な印象も強いようです。 悪魔の翼がコウモリのものに似ていることからもそれが伺えます。 日本でも、八方美人や卑怯者の代名詞としてコウモリが使われることが多いように思います。 現実のコウモリ しかし、これらのイメージと現実は違います。 血を吸うコウモリというのはそもそもコウモリの仲間の中でも珍しい種類で、チスイコウモリなど、主に南米に住んでいる種類のみで、ほとんどのコウモリは虫や果物を食べたりしています。 日本のコウモリは、吸血することはありませんが、家に住み着く害獣という実像があります。 家の中に住み着くコウモリ 日本にはキクガシラコウモリ、クビワコウモリなどのコウモリが33種類もいます。 その中でも私たちがよく目にするのはアブラコウモリという種類です。 アブラコウモリについて アブラコウモリは世にも珍しい、人間の住んでいる家にも住み着くコウモリで、成獣になっても人の指の大きさほどしかありません。 その小柄な体格を利用して、ちょっとした隙間があれば家の中に入ってきてしまいます。 屋根裏や天井裏、シャッターや雨戸の収納ボックス、あるいは昼でも薄暗いベランダや倉庫の中など、様々な場所に住み着きます。 日本では、家の中に住み着き私たちに様々な被害を与えるコウモリは、このアブラコウモリである場合がほとんどです。 コウモリが私たちに与える被害 基本的に日本に住んでいるコウモリは、私たち人間を襲うことはありません。 昆虫などを餌とするので、人間が近づいたら、コウモリの方から逃げていくでしょう。 しかし、コウモリは私たちに様々な被害を与えるのです。 では、コウモリが家の中に住み着くことで、私たちにどのような影響を与えるのでしょうか? フンが被害を与えます コウモリの被害で最も多いのはフンによる被害です。 もっぱらコウモリの駆除についても、このフンによる被害の相談が多くなっています。 コウモリは住処や休憩所として利用する家にフンをしていくのです。 悪臭による被害は無論のこと、フンの中に含まれる各種の細菌類によって感染症になるかもしれません。 また、フンを餌とするハエやゴキブリといった害虫を寄せ付けるため、害虫による二次被害も懸念されます。 数が100匹近く増える場合も 単独で生活するオスのコウモリと違いメスのコウモリはいくつかの家族が集って1つのグループとなります。 時には100匹近い集団になることもあるので、メスのコウモリが家に住み着いた場合、より被害は深刻になると予想されます。 鳴き声や羽音もご注意を コウモリの被害はフン以外にも、鳴き声や羽音が問題となってきます。 夜行性のコウモリは静かな夜に行動するので活動音はより大きく聞こえるようです。 コウモリが家に住み着いたときの対処法 まずはコウモリがどこから家の中に侵入しているのかを調べます。 外壁に開いた穴であったり、エアコンのパイプが通っている穴の隙間であったり、そういった僅かな隙間も侵入経路となってしまいます。 コウモリは出入り口の近くにある壁の引っかき傷や、コウモリのフンを目印として探します。 コウモリを追い出す方法はたくさんありますが、その中でも比較的簡単に行える方法を紹介します。 まずは調査をしてみましょう。 コウモリ駆除をきちんと行うには、まずはコウモリの住処を探し当てるところから始まります。 コウモリの体はとても小さく、ネズミと同じく家屋内の様々な隙間から入りこむことができます。 屋根裏などのチェック時はコウモリの糞を吸い込まないようにマスクを付け、懐中電灯や軍手など、ある程度の装備は整えましょう。 コウモリの駆除方法について コウモリは鳥獣保護法によって守られている動物なので、むやみに殺傷することはできません。 そこで、駆除方法としては追い出しがメインになります。 方法1:光で照らす 【防災グッズ】10W投光機・非常灯・作業灯 アウトドアや倉庫などにも! コンパクトなのに超明るい! 眩い白色光【小】 投光機 LED 投光器 防水 LED. コウモリ駆除のポピュラーな方法として、忌避剤の使用も一般的に行われています。 近年はコウモリの被害拡大に伴い、様々な忌避剤が販売されています。 ハッカ油やニンニクエキスなどを利用した刺激臭を発するスプレーでコウモリを刺激し、外へ追い出すことができる場合があります。 燻煙式殺虫剤(ネズミ用のものを使用)や蚊取り線香の煙も嫌がるので、上記の忌避剤の代用品としてもご利用いただけます。 方法3:磁石を使う 詳しい原理は分かっていませんが、強力な磁石を設置すると、コウモリが嫌がって近づかなくなるともいわれています。 方法4:超音波発生機を設置する コウモリは超音波を使って周囲の状況や獲物の位置を察知しています。 これを逆手に取って、コウモリのいる場所に超音波発生機を設置するのもコウモリ対策の1つとして行われています。 コウモリを追い出した後にやるべきこと 全てのコウモリを追い出したからといって油断してはいけません。 コウモリが侵入した隙間をしっかり塞ぐ必要があります。 追い出したコウモリが戻ってきたり、新しいコウモリがそこを再び侵入口にしたりするのを防ぐためです。 シーリング材で隙間を埋めたり、金網を設置したりする方法が一般的ですが、場合によっては外壁材の交換が必要になることもあります。 また、コウモリは穴が小さくても簡単に侵入するので、穴を塞ぐときは、かなり念入りに塞ぐ必要があります。 業者に頼ることも手段の1つです 自分ではどうやって良いのか分からないという方は、業者に依頼をしてコウモリ駆除をやってもらいましょう。 コウモリ駆除は高所や狭所での作業が多いため、危険も多い作業ですし、コウモリの侵入口を特定するにも、家の構造の基礎知識も必要です。 また、忌避剤や超音波発生機などは、効果が上がりにくい場合もあります。 何度も自分でチャレンジすると費用もかかります。 コウモリ駆除業者は現場の状況に合わせた方法でコウモリ対策を行ってくれます。 最終的に支払うお金が、自分で対策していた頃より安くなることも多いです。 まとめ コウモリはちょっとした隙間でも 侵入してきますから、気がついたら数を増やしているということがあります。 被害を最小限にするには、早期発見や早期駆除が重要です。 コウモリに侵入されたと分かったときは、当サイト「 」の「 」から対応可能な業者を探されては いかがでしょうか? (この記事は2017年9月5日に加筆・修正されています).

次の