バス運転手 転職。 バス運転手・バス乗務員の転職・求人情報

バス運転手への転職ってどうなの?仕事や免許、収入などについて解説

バス運転手 転職

バス運転手への転職は難しい? バス運転手への転職の第一条件は、まず「大型二種免許」の取得が必須です。 転職活動と並行して、免許取得の時間も必要となるためスケジュール管理は必要です。 しかし、一般的に採用が難しいと言われる未経験者、40代、50代に対する、バス運転手への転職の可能性は決して低いものではありません。 未経験からバス運転手に転職できる? 未経験からバス運転手への転職は、一見ハードルが高そうに見えます。 なぜなら普通乗用車または軽自動車しか運転経験がない場合は、バスの運転は未知の領域で不安が生じるからです。 しかし、研修や大型二種免許取得の支援が充実している会社なら、給料を頂きながらスキルを得ることが可能になります。 人材が不足気味の業界のため、経験不問を条件とする求人案件の多く転職しやすい職業です。 40代・50代の年齢でもバス運転手に転職できる? バス運転手は、どこのバス会社・観光会社も人手不足であり、求人情報サイトなどを調べると年齢不問とする求人案件が多く掲載されています。 結論としては、40代、50代でも転職のチャンスはたくさんあります。 しかし、バス運転手の仕事内容から• 拘束時間が長い• 座りっぱなし• 人命を預かる• 時間に追われる ということが常であり、体力面と精神面の課題さえクリアする自信がある場合は転職しやすい職業です。 関連相談• バス運転手に転職するメリット・デメリット バス運転手に転職する場合は、メリットやデメリットを考えることは重要です。 具体的には、• 技術や技能• 生活習慣• 勤務形態 など、現在の状況と環境が変わることになるため、項目を挙げて比較することをおすすめします。 バス運転手に転職する際のメリットとデメリットを参考までに挙げてみました。 バス運転手に転職するメリット 運転が大好きな人、子どもの頃から夢だった人にとって、バス運転手は天職と言える仕事のためその仕事ができること自体がメリットになります。 大型二種免許の取得が会社支援で可能であれば、費用面でも助かります。 時間には追われますが、仕事は完全に任される点も大きなメリットです。 常に上司の管理下に置かれて、動きにくい経験をした人にとっては働きやすいでしょう。 観光バスなら全国の観光地を業務として訪問できます。 バスガイドや観光客との情報交換や交流が楽しいと感じる人は観光バスはおすすめです。 バス運転手に転職するデメリット 業界特有のルールにより、拘束時間が一般企業と比較して長い傾向があります。 そのため、次の勤務まで8時間しかないという状況でも違法とは言えません。 また乗務前にアルコールチェックがあり、お酒好きな人にとっては我慢を強いられることもあります。 バス運転手でありながら接客を必要とする業務があり、クレームや苦情を直接言われるケースも少なくありません。 ベテラン乗務員が多い職場では上下関係に厳しいところもあります。 関連相談• バス運転手への転職で注意すべきポイント バス運転手への転職では、「勤務形態」「休日」「転勤」「手当」「研修」「健康管理」「職場環境」について、できるだけ詳細に情報収集することが望ましいです。 バス運転手の仕事は、職場によっては過酷な勤務を強いられることもあります。 後悔しないためのポイントを3つに絞って解説します。 勤務形態 バス運転手の勤務形態は、毎日9:00~17:00というような一般的な会社員とは違います。 3勤1休・4勤2休などのシフト制が基本で、そのほかにも繁忙期となれば休日出勤や法定外休日に出勤する公出 公定出勤 の割合など確認しておきたいところです。 バス業界は慢性的な人手不足ですが、過酷なシフト勤務が原因とも言われているため勤務形態だけでなく運転手の生の声を聞く機会を設けたいものです。 給与 バス業界の給与水準は、決して高いとは言えません。 業界平均年収は約368万円であり、50代で約400万円を超える結果となっています。 どのバス会社も給与に関しては大きな差が出るものではなく、労働の対価・仕事の責任度合いから考慮すると満足なレベルに達しない可能性があります。 それをふまえて転職を決心するかどうかじっくりと考えることは必要です。 職場環境 職場環境で見るべきポイントは、• 社員同士のコミュニケーション• 休憩室や社員食堂などの設備• 通勤時間 になります。 コミュニケーションは、先輩社員との情報共有は仕事上で多いに役立ちます。 社内に個室の休憩室があれば仮眠が取れますし、通勤時間が長ければそれだけの労力が必要です。 さらに、乗務後はバスの洗車が必須ですが、営業所内に給油と洗車ができる設備があると非常に便利です。 別の場所で給油や洗車をして、改めて帰所社するムダな労力を使わずに済みます。 関連相談• バス運転手へ転職する際の志望動機例文 「子どもの頃からバスが大好きで、特に観光バスでは、運転手さんの後ろに座り運転の様子をずっと見ていました。 前職では、旅行会社の商品開発担当として多くのバス会社に訪問するたびに、観光バス運転手として働きたい気持ちが高まり、バスの運転は未経験ですが大型二種免許取得の支援体制も整っていて、観光事業メインの御社に応募させて頂きました。 人命を預かるため、責任は重いですがそれ以上に乗客としてワクワクした観光バス車内の雰囲気が忘れられず、前職の知見を活かして運転手として観光事業に貢献したい所存です。 よろしくお願い致します。 」 このように過去の体験と前職の強みを活かして、どのような貢献のしかたをするのか明確に伝わるようまとめることが重要です。

次の

バス運転手の募集に年齢制限はあるのか・転職方法|大型二種

バス運転手 転職

バス運転手は人手不足が深刻!? まず問題なのが、バス運転手の人手不足が深刻ってことデジ。 バス運転手、足りてないのか…。 会社にもよるデジけど、運転手が足りないという理由から運行する本数を減らしたり、バスを余らせてしまうケースが増えてるというデジね。 そんな状況なのか。 もちろん人手が足りなければ運転手の補充をするデジが、 「給料が安い」「拘束時間が長い」といった劣悪な労働環境から、どんどんと人が辞めてしまうため、人手不足は一向に解消されないようデジ。 まぁ、環境が劣悪じゃ働きたくもないよね。 そして、 人手が不足すれば不足するほど仕事の過酷さは増していくデジ!少ない人数でまわそうと思えば、必然的に労働時間が長くなったり、休みが少なくなるデジからね! そりゃそうだ…。 でも、バス運転手の仕事ってそんなにきついの? バス運転手の仕事はかなり過酷デジよ!詳しくは下記で紹介していくデジ! ここがきつい!• 朝が早すぎる!• 朝が早いのに帰りは早くない!• 中休が中途半端すぎる!• 法律を守らない会社も多い!• 実は13日の連勤が可能!休めない!• 停車時刻を守れないとクレームが!• きついわりに給料が安い!• トイレに行くタイミングが無い!• ドライブレコーダーの監視感が嫌!• お客さんを乗せるプレッシャー!• お客さんからのクレームがきつい! 朝が早すぎる! バス運転手の勤務時間には「早番」「遅番」などがあるため、絶対とは言えないデジけど、朝が早いことは非常に多いデジ。 バスって朝早くから動いてるもんね。 でも、何時くらいから仕事が始まるんだろう? 早ければ5時から勤務開始ってこともあるデジ。 職場までの通勤が1時間なら、4時には家を出ないとデジから・・・起きるのは3時とかデジかね? それは朝ってより深夜だよ! 朝が早いのに帰りは早くない! 朝が早ければ、日が落ちる前くらいには帰れるって思うデジよね?ところがどっこい、そうはいかないデジ! (ところがどっこい…?)でも、朝5時からなら12時間働いたって夕方5時には帰れるよ。 確かに普通の仕事ならそうデジね。 しかし、バス運転手には「中休(中休み)勤務」という特殊な勤務形態があるんデジよ。 これについては実際の例を見てもらった方が早いデジね。 中休勤務の例• 5時~11時:午前の勤務• 11時~12時:昼休憩• 12時~15時:3時間の中休• 15時~18時:午後の勤務 拘束時間=13時間! 上記のように、お昼から4時間ほどの休憩が挟まったりするデジ。 これが中休勤務デジ。 ん?なんでお昼に4時間も休憩が? 一般的には朝のラッシュと夕方のラッシュ。 両方に対応するためだと言われてるデジ。 お昼ごろの時間帯は需要の問題で運転手が余ってしまうため、一部の人を待機させておくわけデジね。 待機って言っても・・・休憩中は給料なしってことだよね? 基本はそうデジ。 あくまでも休憩時間で勤務時間には含まれないため、上記のように拘束時間が長くなってしまうんデジ。 う~ん。 根本的に、その勤務形態はどうかと思うなぁ。 しかも、バス運転手って法律で16時間までの拘束は認められてるんデジ。 そのため、上記の例より酷い 16時間拘束も珍しくないというデジ。 5時に出勤でも帰りは21時(夜の9時)。 これが法律違反じゃないのがびっくりデジね…。 16時間拘束だと1日の残りは8時間しかない…。 そっから入浴とか食事とか通勤の時間をひいたら・・・ろくに睡眠時間を確保できないじゃないか! その通りデジ。 実際、多くのバス運転手が睡眠不足に陥っていると言われてるデジ!中には 1日4時間くらいの睡眠で働いてる人もいるんデジ! それ、いつ事故ってもおかしくないような…。 中休が中途半端すぎる! 上記で紹介した通り、バス運転手には「中休勤務」という特殊な勤務形態が存在するデジ。 先ほどのスケジュール例を見ても分かると思うデジけど、この中休、すごく中途半端なんデジよね。 中途半端? たとえば 中休が4時間あったとして、家に帰って眠るにはちょっと短いデジよね。 とはいえ、お昼を食べるだけには長すぎるし・・・正直、何をしていいのか困っちゃう人もいるデジ。 確かに。 学校が終わってからアルバイトまで2時間くらい時間が空いちゃった時とか、何していいか迷うよね。 ちなみに、中休の過ごし方は人それぞれデジ。 例としては以下のような感じデジかね。 中休の過ごし方• バスの中で仮眠をする• 家に帰って寝る• 趣味を楽しむ• バスの洗車• 運動・筋トレをする 最も多いとされるのはバスの中での仮眠デジかね。 家に帰ってると時間が無くなってしまうものの、バスの中でなら2時間、3時間と、そこそこの睡眠をとれるデジ。 なるほどなぁ。 って言っても、バスの中って眠りにくそうだ。 確かに快適とは言えないデジけど、バスにはちょうどいいベッドがあるデジよ。 バスにベッドなんてあったっけ? 一番後ろの横に長い席デジ!あそこに横になって眠る人がとても多いようデジ! あぁ!そういえば、ちょうど横になれるくらいかも! まぁ、服装の問題もあるし寝やすいとは言いづらいデジけどね。 だよね。 ちょっと話がそれたデジけど、とにかく中休の中途半端さもバス運転手の辛いところデジ。 長い場合だと8時間、10時間と待機を命じられることもあるらしいデジ。 余談 中休の後には運転が控えているため、お酒を飲めないのが辛いという意見も。 思いっきり呑めるように早く解放してほしいところですが…。 法律を守らない会社も多い! バス運転手は法律で16時間が拘束の上限とされてるデジ。 これは言い換えれば 16時間の拘束も違法にならないわけで・・・この時点で大概おかしいとは思うんデジけど、それすら守らない会社が多いと聞くデジね…。 え?16時間以上の拘束?それは死んじゃう…。 たとえば18時間の拘束なら1日の残りは6時間しか無いデジからね。 全てを睡眠時間に充てたとしても、十分とは言い難いデジ。 だよね…。 また、バス運転手は終業後、次の出勤まで8時間以上はあけることになってるデジが、これも守らない会社が多いようデジ。 長時間の拘束に加えて、ろくな休息なしでの連勤。 これではまともな運転なんて出来そうにないデジ…。 法律を守らない会社はとにかく多いけど、バス業界も例外じゃないのか…。 人の命を預かるような仕事でこれはキツいなぁ。 実は13日の連勤が可能!休めない! バス運転手は法律で連勤13日間までと決まってるデジ。 13日はあくまでも最大の連勤数デジから、本来なら週2くらいで休みたいところデジけど、 人手不足のせいで珍しくないみたいデジね。 13日の連勤も。 ほぼ2週間休みなしで働き詰めって…。 それも1日16時間とか拘束されてたら…。 命の危険を感じるデジよね。 これもバス運転手の非常にきついところデジ。 停車時刻を守れないとクレームが! バス運転手は基本的にバス停のダイヤを守れるように努力してるデジけど、電車と違って交通事情や天候の影響をもろに受けるため、やっぱり完璧にダイヤ通りとはうまくいかないデジ。 まぁ、バスの遅れは仕方ないよね。 そう思ってくれる人ばかりならいいデジけど、人によっては 遅れに対してクレームをつけてくるんデジよ…。 また、直接のクレーム自体は無くとも、遅れがあるとお客さんのイライラが伝わってきたりするデジ…。 急いでる気持ちも分かるけど、バスにそこまで求めるのはなぁ。 それと、 バスの運行が遅れてしまうと、その分だけ休憩時間が減っちゃうんデジよね。 睡眠不足が深刻なバス運転手にとって休憩時間は生命線でもあるデジ。 それが削られていくのも辛いデジよ。 きついわりに給料が安い! バス運転手は給料が安い!と嘆く人も多いデジね。 あるバス運転手の暴露によれば、 路線バスの運転手は基本給10万や手取り20万円も普通らしいデジ。 あれだけの仕事内容で20万円かぁ。 また、20年ほど連勤しても年収500万台と言われているデジね。 決して低いとは言えないものの、ガーデンの言うように仕事内容からしたら低めデジよね。 おそらく、こういった給料事情もあいまって人がすぐ辞めてしまうんだと思うデジ。 トイレに行くタイミングが無い! 常にお客さんを乗せて運行するバス運転手にトイレのタイミングは無いデジ!下手をすれば 数時間単位での我慢が要求されるデジ! あー。 確かにトイレ問題は深刻かも。 バス1台に運転手1人だから途中で抜け出すわけにもいかないし。 そのため、バス運転手は水分の摂取を我慢すると言うデジね。 水分をとりすぎてお腹でも壊したら・・・しゃれにならないデジ。 バスは冷房が効いてるとはいえ、夏場に水分の摂取を我慢するのはよくないような…。 ドライブレコーダーの監視感が嫌! 今やバスにドライブレコーダーの搭載は基本とされるデジが、このドライブレコーダーによる監視感が嫌って人も少なくないデジね。 でも、ドライブレコーダーがあるからこそ、事故の時なんかに「自分は悪くない!」って証明できるんだよね。 その通りなんデジけど、 ドライブレコーダーって運転席も録画してるデジから、「絶対に下手なことはできない!」っていう謎のプレッシャーが出てくるんデジよ。 まぁ、だからこそ適度な緊張感で正しい運転を心がけられる、って見方もできるデジけど。 う~ん。 実際に監視されたこと無いから分からないけど、四六時中撮られてるっていうのは予想以上にストレスなのかな? 少なくとも気持ちいいものでは無いデジね。 なお、ドライブレコーダーが無かった時代から働く人ほど、この監視感を嫌がる傾向にあるみたいデジ。 お客さんを乗せるプレッシャー! バスって一度に多くのお客さんを乗せるデジよね。 そのプレッシャーが辛いって意見も多いデジ。 特に朝とか夜のラッシュ時は凄い量だよね。 明らかに人口密度がおかしいバスもあるデジよね。 そんな状態で もし事故を起こしたら…といったプレッシャーがストレスとなって襲ってくるケースも少なくないデジ。 バスの事故って実際にあるからなぁ。 プレッシャーを感じるのも当然かも。 お客さんからのクレームがきつい! お客さんからのクレームが嫌でバス運転手を辞めたくなることもあるデジね。 それはさっき聞いたような? さっきしたのは「ダイヤの乱れでクレームを入れられる」って話デジよね。 他にも 「急ブレーキ」「バスが揺れるような運転」などでクレームを入れられたりするデジ。 一般車の割り込みとかもあるし、多少は仕方ないような…。 今月の申込数ランキング• 転職者満足度No. 1!特に20~30代の人におすすめで求人数100,000件以上。 転職支援実績No. 1!約90%が非公開求人!登録必須のエージェント。 年収600万円以上の人向き!優秀なヘッドハンター多数在籍!• 女性の気持ちがわかるアドバイザーが多い!年収アップ率67. 1%! きついバス運転手の仕事を乗り越えるには? ここまでの紹介からも分かる通り、バス運転手の仕事はきついデジ。 そんなバス運転手の辛さを乗り越えていく方法を、ここからは紹介していくデジ! 「仕事内容はシンプル」とポジティブに捉える バス運転手って辛いところはたくさんあるデジけど、仕事内容は意外とシンプルだと思うデジ。 覚えることも少ないし、基本はこの先もバスの運転だけで食べていける。 そう考えると、少しはやる気が出てこないデジか? う~ん。 どうだろ。 確かに運転するだけって仕事内容は楽かもだけど、それ以上に酷な部分が…。 でも、他の仕事に移ったら、また一から仕事を覚えなおさないとデジよ。 そのリスクを背負うくらいなら、バス運転手を続けた方が楽って考え方も、出来なくはないと思うデジ! 「職場の人間関係も少ない」とポジティブに捉える バス運転手ってお客さんと接する機会こそ多いものの、職場の他の人と接する場面は少ないデジよね。 そのおかげで、 面倒な人間関係に悩むことはあまりないデジ! お客さんとだってそう長くは話さないし、人と接する機会は少ない仕事なのかも。 しかし、転職で事務職や営業職に移れば、わずらわしい人間関係で悩まされるかもしれないデジ!そう考えると、バス運転手を続けてもいいって気になってこないデジか? 「実は将来性のある仕事かも」と考える まだまだ先のことは分からないデジけど、少子高齢化の世の中において、 バスの需要ってなかなか減らないと思うんデジよ。 足腰が悪くて歩くのが億劫な時なんかは、バスが重宝されるデジからね。 これから自動運転が出てきそうではあるけど・・・人に取って代わるには時間がかかるかな。 シニア層の観光バスツアーなんかも需要があるデジし、バス運転手って将来性はある仕事だと思うんデジよ。 そういった意味でもバス運転手を続けるのは悪くないと思うデジ! 就業したてなら慣れるまで頑張ってみる もし、これを読んでる人がバス運転手になった間もないなら、もう少し続けてみてはどうデジかね。 石の上にも3年とはよく言ったもので、 仕事本来の面白さは3年ほど勤めないと分からない、といった意見もあるんデジ。 3年かぁ。 なかなか長い。 必ずしも3年勤めろとは言わないデジ。 ただ、まだ1ヶ月、2ヶ月しか経ってないなら、もう少し続けてみることで悩みが解決されるかもしれないデジ。 たとえば、朝が早いのが嫌って人も、少しすれば慣れて問題なくなるかもしれないデジよ。 確かに慣れはあるよね。 既に何年も勤めていて、常に辛いと感じ続けているなら別デジけど、まだまだ新米って人はもう少し頑張ってみるデジ!とはいえ、 あまりに辛すぎて精神がボロボロって状態なら、早めに退職を検討した方がいいかもしれないデジ。 タイミングがあれば先輩に相談してみるのもよさそうだね。 もしかすると、入社時に同じ悩みを抱えていたかもしれないし、その時の乗り越え方を教えてくれるかもしれないよ! 先輩やベテランの人に相談してみる さっきガーデンが言ったように、誰かに悩みを相談するのはいいことデジよ。 たとえば、先輩や上司に相談してみれば、適切な乗り越え方を教えてくれるかもしれないデジ。 同じバス運転手をしてる人なら、同じ悩みを抱えていた可能性は高いしね。 また、今なら インターネット掲示板やSNSでベテランの人に相談することも不可能じゃないと思うデジ。 実際、SNSには現役バス運転手の書き込みも見られるデジからね。 そういった人にメッセージを送って話をすることで、悩み解決の糸口が見えるかもしれないデジよ。 インターネットも上手に活用していかないとね。 今の時代。 ただ、インターネットを利用する時は、 自分の会社が特定されるような情報を書かない方がいいデジよ。 SNSへの書き込みがきっかけで解雇になった例なんかもあるみたいデジからね。 いつ、どこで誰が見てるか分からないってことだけは把握しておいてほしいデジ。 休日はしっかりストレス解消する バス運転手は乗客によるプレッシャーや、クレーマーへの対応などで日々神経をすり減らしてるデジ。 また、そもそも運転自体が神経を使うこともあって、ストレスが溜まりやすい仕事なんデジよ。 拘束時間の長さもストレスだよねぇ。 というわけで、休日にはしっかりストレスを解消するデジ!趣味に打ち込んだり、思いっきり身体を動かしたり、誰かとランチ・ディナーに行ったり。 自分なりの方法で ストレスを解消していかないと、精神の疲労から事故を起こしかねないデジ…。 ストレスがたまりすぎると正常な判断が出来なくなるって言うもんね…。 でも、バス会社によっては13日連勤とかで、そもそも休みが無かったりするんだよね? 常に13日連勤を要求してくるような、全くもって休みが取れないようなバス会社については・・・さすがに退職を考えた方がいいかもしれないデジ。 そんな会社で仕事を続けていては、よしんば事故は無くとも、いずれ倒れてしまうデジ…。 バス運転手を辞めたい!転職してしまうのもあり! ここまで、きついバス運転手の仕事の乗り越え方を解説したデジけど、もし、 どうしてもバス運転手を続けるのが無理そうなら転職を視野に入れてもいいんデジよ。 今や転職も当たり前の時代だからね。 そうデジ。 世の中にはバス運転手以外の仕事もたくさんあるデジ。 しかし、バス運転手からの転職って、どんな仕事がいいのかな? それは自分のやりたいこと次第デジね。 たとえば、運転が好きなら以下のような仕事はどうデジか? 運転をメインとした仕事• トラックドライバー• タクシードライバー• 配送ドライバー トラックドライバーやタクシードライバーなんかも運転がメインの仕事デジ。 トラックドライバーについては、乗せるのがお客さんじゃなく荷物デジから、強いプレッシャーを感じることもないデジよ! 運転中、完全に1人だから凄く気楽って言うよね。 また、そもそも運転の仕事を辞めたいなら、営業や接客業などを目指してもいいと思うデジ。 それも魅力的だけど・・・そうそう上手く新しい仕事って見つかるのかなぁ。 自分だけの力で新しい仕事を見つけるのは大変デジね。 しか~し、今や転職支援サービスが充実した時代。 これを使わない手はないデジ! 転職支援サービスか。 特におすすめなのは「転職エージェント」デジ。 転職エージェントなら適正にあった仕事を見つけてくれるデジし、書類作成から面接対策まで、転職活動をあらゆる面からサポートしてくれるんデジよ! それは頼もしい! 転職活動で転職エージェントを利用する人は多いデジ!頼りになるうえ、登録も利用も無料デジ~!次の記事でおすめの転職エージェントランキングを紹介しているから参考にしてみてデジ! 他のバス会社へと転職するのもあり! もし、バス運転手の仕事自体は気に入っているものの、今の会社の待遇に問題があるのなら、他のバス会社に転職するのもいいデジよね。 他のバス会社もブラックだったりしない? その可能性は否定できないデジけど、 転職エージェントなどを活用して、ちゃんと調査したうえで転職すればブラック企業を避けられる可能性は高いデジ。 そうなのか! それに、バス業界は人手不足が深刻デジから、同業界への転職ならそこそこスムーズに話が進むんじゃないデジかね。 バス運転手からバス運転手への転職なら、今までの経験や培ったスキルも無駄にならず済むデジ!.

次の

バス運転手への未経験転職は難しい?40代・50代でもなれるか解説

バス運転手 転職

路線バスの運転手になる場合、会社の雇用条件や勤務形態を調べておく事 現在、運転手を募集している路線バスの会社は日本全国に数多く存在しています。 しかし、運転手を募集している会社が多いからと言っても、その勤務形態や雇用条件はさまざまです。 「路線バスの運転手になりたい」というだけで路線バスの運営会社に入社してしまうと、自分が思い描いていた路線バス運転手としての人生のプランが崩れてしまう、という事にもなりかねないばかりか、せっかく運転手として入社・転職した路線バスの運営会社を早々に退社する羽目になってしまいます。 私自身も23歳で現在の路線バス運営会社に運転手として転職を行い、入社したのですが、今から17年前にはインターネットもそれほど発達していなかった為、「路線バスの運転手になりたい」と思った23歳の時に昔から利用していた地元の路線バス運営会社が「路線バス運転手募集」のポスターが駅前の掲示板に貼られていたのを見て、すぐに路線バスの運営会社に面接を申し込む電話を行い、面接に向かったという流れでしたが、これは非常に短絡的であり、もっと事前に複数の路線バス会社を転職先として比較検討するべきだったと感じています。 私の場合は、たまたま入社した路線バス会社が年収や労働条件で私が希望していた勤務条件と一致していた事で、雇用側である会社と私の双方の利益が一致した為現在まで路線バス運転手として働き続ける事が出来ていますが、これから路線バス運転手として運営会社に入社・転職を考えている皆さんは、くれぐれも入社する前に複数の路線バス運営会社から自分に合った給与や労働条件の会社を選ぶ、という検討作業を怠らないようにして下さいね。 路線バスの運転手は勤務時間が長く、休日出勤もあります 年収は初年度でも400万円を超える事が多い路線バスの運転手ですが、路線バスの運転手は同じ年収額の400万円台のサラリーマンや他業種の仕事と比べて求人数の多さや就職・転職時の難易度こそ比較的容易な点はあるものの、路線バスの運転手としての勤務時間は決して短くはなく、休日出勤も頻繁にあるのが現状です。 もちろん、路線バス運転手でも一概に勤務時間が長い、休日出勤は多い、と決め付ける事は出来ませんが、現在の路線バス運営会社は運転手も含め人手が不足しているので、基本的な労働条件として「基本給を出来るだけ低く」「その代わり労働時間を長くする」といった傾向にあると感じています。 このような事を言ってしまうとこれから路線バスの運転手になりたいと考えている方のやる気をくじいてしまうかもしれませんが、路線バスの運転手はただ「運転手になりたい」と思って就職・転職をしてしまうと後悔する事となる、という事だけは認識しておいた方がよいでしょう。 具体的な路線バス運転手の勤務形態としては、「休みは月に4日、多くて6日」「1日あたりの拘束時間は乗車前乗車後の点検やバスの社内清掃の時間も含めて10時間以上」「欠勤者が出た時には、代行出勤もアリ」といった内容になっています。 私が勤務している路線バスの運営会社も、上記のような勤務形態です。 乗務員評価による昇給や回数券販売、不正発見でボーナスをもらえる事も 年収400万円台で労働時間は1日10時間以上、休日は月4日から6日、などと現実的な数字を書いてしまいましたが、路線バスの運転手は運営会社によって違いはあるものの、多くの会社で「乗務員の勤務内容を調査して行う乗務員評価による昇給制度」や「回数券やグッズの売り上げの多さでの手当て」「不正乗車を発見した場合のボーナス」などを導入しています。 私も、路線バスの運転手として17年間勤務してきた中で、• 無事故実績• 勤怠実績 による評価を受け、年収が徐々にアップしてきた実績があります。 また、人事課による• 路線バス運転手のグループ長やサブグループ長などの経験があるかどうか• 社内規律を遵守しているかどうか• 後進の運転手を指導育成出来ているかどうか• 組織協力をする事が出来ているかどうか• 問題意識を常に持ち、乗務する事が出来ているかどうか などを評価して昇給に反映させる「行動能力評価による昇給制度」も多くの路線バス運営会社が基本的な制度として導入しています。 さらに路線バスの運転手は社内での回数券や定期券の売り上げの多さで手当てが増えたり、乗客の不正乗車などを発見した場合にはボーナスがもらえるなどの制度を導入している会社も多いので、基本給にプラスされるこれらの手当てのおかげで給料がアップする可能性も大いにあります。

次の