ライト オン ペイペイ。 PayPayとは?PayPayのメリットとデメリット

PayPay(ペイペイ)とは?支払いの仕組みや使い方・利用可能店舗を解説

ライト オン ペイペイ

QRコード、バーコードによる決済 Apple Watch版のPayPayでできることといえば、まずはQRコード、バーコードによる決済です。 アプリの画面をスワイプすると、コードが表示。 コード部分をタップすることで、バーコードとQRコードが切り替わります。 支払い完了後は、決済の詳細もApple Watchの画面上で確認することができます。 Apple Watch版PayPayでの決済完了画面 PayPayアプリの使用感は、以下の動画でも確認できます。 使えるのは、PayPay残高による支払いのみ。 Yahoo! カードは、ほぼ必須! Apple Watch版PayPayの特徴として、PayPay残高からの支払いしか対応していないというのも大きな特徴。 登録しているクレジットカードによる決済はできません。 ここが、iPhone版と比べても、少し制限に感じる部分でしょうか。 PayPay残高へのチャージは、銀行口座経由やYahoo! カード経由でチャージできるほか、ソフトバンク・Yahooモバイルユーザーであれば携帯料金と合算したり、セブン銀行ATMでの現金チャージ、PayPayフリマの売上金をチャージなど、いくつかの手段が用意されています。 ただ、口座登録できる銀行にも制限があり、現実的には「」を登録しておくのがベストで間違いなさそうです。 PayPayチャージのためだけに新たにくクレジットカードを作成するのは抵抗あるかもしれませんが、Apple WatchでPayPayを使うのであれば作っておいて損はない、というかほぼ「必須」になるカードだと思います! PayPay残高を確認する Apple Watch版PayPayの残高確認画面 上記した通り、AppleWatch版のPayPayは「PayPay残高」での支払いにしか対応していません。 その「残高」については、Apple Watchでも確認することができます。 残高部分をタップすることで残高の詳細(PayPayマネー、PayPayマネーライト、PayPayボーナス、PayPayボーナスライト。 また処理中の残高も確認できる)。 右下の「時計」アイコンをタップすると、支払いの履歴を見ることができます。 この画面がアプリ立ち上げ時の「メイン画面」ということで、機能はこの画面に集約されています。 逆に右方向スワイプで設定画面が表示されます。 Suica以外のPayと比べて、利便性も大きな差がない! AppleWatchでの決済と言えば、これまではApplePay、特にその中でもエクスプレスカード設定の「Suica」の使い勝手が抜群。 「アプリの起動やボタン等での操作も一切不要でタッチするだけ」という手軽さが便利すぎて、QRコード決済にはあまり魅力を感じていないという人も多かったと思います。 とはいえ、「AppleWatchで利用できる」となると話は変わって、Suicaの優位性は揺るがないものの、利用時にサイドボタンのダブルクリックが必要なiDやQUICPayと比べると、そこまで使い勝手は悪くないのかな?と感じます。 「PayPay」アプリはコンプリケーションも提供しているので、文字盤に設定しておけば、文字盤の1タップでアプリ起動ができます。 文字盤のタップで起動できるとなると、iDやQUICPayのためにサイドボタンをダブルクリックするのと比べても、そこまで起動の不便さは感じません。 「インフォグラフ」「インフォグラフモジュラー」の文字盤で、PayPayアプリのコンプリケーションを設定した場合のレイアウト もちろん、非接触で決済ができるiDやQUICPayが便利さでは勝っているとは思うものの、 AppleWatchで1タップで使えるのとなると、お得なキャンペーンの時くらい使ってみようかなと思っちゃいますよね。 という感じで、想像している以上に使い勝手も悪くないApple Watch版のPayPay。 カメラで読み込むタイプの支払いは使えない点や、PayPay残高からの支払いしかできない点が、iPhone版と比べてちょっと不便ではありますが、十分に使いやすいアプリに仕上がっていると思います! 今までApplePayを使っていてQRコード決済に興味がなかったという人も、この機会にQRデビューしてみてはいかがでしょうか!.

次の

PayPay

ライト オン ペイペイ

PayPay ペイペイ)ボーナスとPayPay(ペイペイ)ライトの違いって何? PayPayボーナスとPayPayライトの違いを確認すると、どちらもどちらも1円単位でお買い物に利用できる電子マネーで、PayPayボーナスとPayPayライトの合計がPayPay残高となります。 PayPayボーナス 特典やキャンペーン等の適用に伴い、PayPay残高に進呈された金額 PayPayライト ヤフーカードや、Yahoo! ウォレットの預金払い用口座からPayPay残高にチャージした金額 PayPay残高で支払う際には優先的に「PayPayボーナス」の残高より支払いがされます。 それ以外の違いについては、今のところは送金機能においてあります。 一時期の私のPayPay(ペイペイ)の残高は以下の通りで6,508円です。 内訳としては、ライトが6,000円でボーナスが508円。 ここで送金の画面に移ると、送金可能金額は6,000円となります。 つまり、送信が可能なのはPayPayライトの残高からのみになります。 PayPayボーナスとPayPayライトの違いのまとめ PayPayボーナスとPayPayライトについてはどちらもPayPayの残高であり、お店での支払いについてPayPayボーナスから使われていくということ以外は違いはありません。 ただし、20%分が戻ってくるキャンペーンや全額戻ってくるキャンペーンについてはPayPayボーナスへの還元となりますので、他人への送金はできません。 戻ってきた金額はPayPay残高からの支払いにて利用をするしかないです。 ちなみに、実際の店舗で使った0. 上のスクリーンショットの残高の8円がそれです。 (2019. 5追記) 2019年2月12日の9時よりPayPay(ペイペイ)100億円キャンペーンが開催されます。 その際に還元されるのもPayPayボーナスの残高として還元されます。 また2月12日8時までの初回5,000チャージで、追加でもらえる1,000円分はPayPayライトで加算です。

次の

PayPayとは?PayPayのメリットとデメリット

ライト オン ペイペイ

送られてきたURLを長押し• 「リンクを共有」をタップ• safariで開く PayPay(ペイペイ)で送金する場合の手数料やポイント利用など 手数料はかからない PayPay(ペイペイ)で送金する場合も、着金(お金を受け取る)の場合も、 手数料はかかりません。 ちなみに他の、例えばLINE Pay(ラインペイ)などのQRコード決済サービスで送金・着金する場合も手数料はかかりません。 上限、限度額は? 送金額の 上限・限度額は10万円です。 少しややこしいのですが、PayPay(ペイペイ)のお金には 「PayPayライト」と 「PayPayボーナス」の2種類あります。 そのため、 クレジットカード引き落としによる送金は出来ません。 PayPay残高(PayPayライト)が送金の金額分あるかどうか確認してみましょう。 電話番号、PayPay IDでの検索を拒否していないか確認する方法 電話番号やPayPay IDを使って送金する場合、 相手が検索拒否の設定をしていると送金できません。 正しい番号・IDを入力したはずなのにエラーが出る場合は、下記手順で相手に拒否解除をしてもらいましょう。 PayPay IDは、 「アカウント情報」のところで設定できます。 PayPay(ペイペイ)のバージョンが最新版かどうか確認 PayPay(ペイペイ)のバージョンが最新版ではない場合、エラーになることがあります。 送金・着金(お金を受け取る)場合は、最新版にアプデしておきましょう。 実際わたしも、で何度もエラーになるので確認してみたところ、最新版じゃありませんでした😣 PayPay(ペイペイ)の受け取りリンクで開けない、受け取れない時に確認したいこと PayPay(ペイペイ)の受け取りリンク(専用URL)を発行してもらい、タップしてもうまく受け取れない時があります。 そんな時は以下の手順で試してみましょう。 アプリが最新版か、iOSが最新版かも合わせてチェックしてみてね 相手が受け取れない場合、48時間後にお金は戻ってくる PayPay(ペイペイ)の受け取りリンク(専用URL)で送金した場合、相手が受け取れていなくても自分の残高は減っていますよね。 でも安心してください。 相手が受け取れなかった(受け取らなかった)場合、 約48時間後に自分の残高に戻ってきますよ👍🏻 PayPay(ペイペイ)で個人間送金するのは簡単 以上、PayPay(ペイペイ)での送金方法、お金の受け取り方法についてご紹介しました。 例えばネット上の知り合いとも、 個人情報を教えることなくお金のやり取りが出来るので、非常に便利です。 プレミアム👇 💡キャッシュレスのキャンペーン情報の最新まとめが知りたい👇 💡Twitterではキャッシュレスの最新情報をいち早くお届けしています。

次の