ワイモバイル オススメしない。 価格.com

WiMAXは2年で乗り換えるべき?乗り換えのメリットとデメリット、オススメ乗り換え先を解説

ワイモバイル オススメしない

一言で言うと、音声通話があるか無いかの違いです。 「音声通話付きプラン」だと080・090などから始まる番号で音声通話ができます。 もちろんキャリアで使っていた番号をそのまま引き継ぐMNP(モバイルナンバーポータビリティ)にも対応。 多くの方はこの「音声通話付きプラン」を選ぶことになります。 また、格安SIMで「5・10分間かけ放題」や「月間60分間かけ放題」など定額通話を希望する場合は、必要に応じて別途追加オプション料金を支払って利用する場合がほとんどです。 こちらも通話頻度によって自由に選択できるようになっています。 もう一つの「データ通信専用プラン」は、2台目のサブスマホやタブレット、Wi-Fiルーターなど、音声通話を必要としない機器で使用する方向けです。 音声通話付きプランに比べ月々700円ほど安く使うことができます。 最低利用期間が無い(違約金が発生しない)のが特徴なので、お試し感覚で格安SIMを使ってみたいという人にもおすすめです。 基本的なスマホ利用なら「音声通話付きプラン」、一歩進んでデータ通信のみを低価格で使うなら「データ通信専用」がおすすめです。 データ通信量の単位は「GB(ギガバイト)」で、キャリアでも格安SIMでも共通のものが使われています。 また、ここで選ぶ データ容量で月額料金が決まってくることにもなります。 毎月データ通信量をどれだけ使っているかはキャリアの利用明細や端末の設定画面などからチェックできます。 まずは 自分の通信量を把握してから、使い方に合わせたプランを選択するといいでしょう。 以下、データ通信量と利用用途の目安表を掲載しますので、参考にしてみて下さい。 MVNOには主に以下3つ通信回線の種類があります。 ・ドコモ回線を借り受けて提供する「ドコモ系MVNO」 ・au回線を借り受けて提供する 「au系MVNO」 ・ソフトバンク回線を借り受けて提供する 「ソフトバンク系MVNO」 これは主に、既存のスマホを格安SIMでも継続利用したい人に大きく関係する内容です。 購入元のキャリアとは別のキャリアの通信回線を使った格安SIMを使って利用したい場合には「 SIMロック解除」という手続きを行う必要があります。 一方で、ドコモで購入したスマホにドコモ系MVNOのSIMカードを、auで購入したスマホにau系MVNOのSIMカードを、ソフトバンクで購入したスマホにソフトバンク系MVNOのSIMカードを差し込めば、原則SIMロック解除が不要でそのまま利用ができるので、手続きもスムーズですぐに利用できるというメリットがあります。 また、1社で複数の通信回線プランを提供するMVNOも最近では増えてきています。 1位:Y! mobile(ワイモバイル) 大手キャリアと同等の品質、サービスを受けられるイチオシ ワイモバイルは、 ソフトバンクの子会社として経営している格安SIMサービス。 価格は安くてもソフトバンクと同等レベルの通信品質のため、 通信速度を重視する方におすすめの会社です。 とくめい データ容量の繰り越しや、低速時でも一定量だけ高速通信が使える「バースト転送」、使用スタイルに応じて選べる3つの通話定額オプションなど欲しい機能が揃っています。 Amazon MusicやSpotifyなどの対象サービスの通信容量をカウントしない「MUSICカウントフリー」が追加料金なしで利用できてお得です。 SIMフリースマホがお得に買える「goo Simseller」では、OCNモバイルONEのSIMカードとセットで契約すると、セール特価で端末を購入することができます。 料金の安さだけでなく、通信速度の安定感もドコモ回線の格安SIMではトップクラス。 しかし、実店舗がないのでトラブル時のサポートには不安が残ります。 楽天カードでスマホ本体の購入や月々の支払いで楽天ポイントがずっと2倍貯まるため、楽天のサービスをよく利用している方におすすめです。 楽天回線以降、「Rakuten UN-LIMIT」プランを発足し、エリア内での利用であれば月々2,980円で容量無制限で利用することが可能です。 楽天モバイルは今キャンペーンがアツい! ・先着300万名対象!Rakuten UN-LIMIT 2. 0のプラン料金が1年無料! ・対象製品+プランセット購入で最大15,000円楽天ポイントプレゼント 今キャンペーンがアツい格安SIMはココ! 格安SIMは大手キャリアに比べて、プラン料金のランニングコストが安いだけでなく、キャンペーンを加味した1・2年間の実質負担金額が格安となります。 キャンペーン内容も、大手キャリアではあまり見受けられない、月額料金割引、データ増量などが展開されることが多いことも魅力です。 その中でも、今特にお得度が高いキャンペーンを配信しているのが、「BIGLOBEモバイル」と「LINEモバイル」です。 料金の安さを重視したい人は、各社のキャンペーン情報も必ずチェックしておきましょう。 ところが、格安SIMの多くは、データ量500MB・1GB程度の小容量プランから最大30GB以上もの大容量プランまで、定額で細かく料金プランが分かれており、選択肢の自由度が高いことが嬉しいポイントです。 これにより、月ごとにプラン変更をしながら、過不足無く、お得に利用していくことも可能です。 今回は格安SIMはmineo(デュアルタイプ/3GB/Dプラン/かけ放題無し)、大手キャリアはドコモ(ギガライト/~3GB/かけ放題無し)を例に料金比較を行います。 大手キャリアではセット購入できないような、HUAWEIやOPPO、ASUSをはじめとした人気メーカーのスマホをセット購入できることも、格安SIMの魅力です。 これは最大のデメリットとも言うべき、格安SIM(MVNO)は、大手キャリアの通信ネットワークの一部を借りているために、 利用が混み合う時間帯では著しく通信速度が低下する傾向にあります。 MNO・MVNOの通信回線イメージ 画像引用元: 上記のイメージ画像をご覧いただければ、なぜMVNOが利用が混み合う時間帯で通信速度が低下しやすいのかがイメージできるかと思います。 せっかく格安SIMを契約して料金が安くなったとはいえ、速度が遅すぎてそもそも使いものにならないということは避けたいですよね。 モバレコでは、格安SIM20回線以上の通信速度を24時間計測し、毎週そのデータを公開・更新していますので、ぜひチェックしてみて下さい。 「格安SIM」についてのQ&A ここでは、格安SIMについての予備知識がない方のために、格安SIMにまつわる基礎知識をQ&A方式で解説します。 格安SIMとは? MNOとMVNOの違い 格安SIM(MVNO)の仕組み 画像引用元: 格安SIMとは、 大手キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)の通信設備の一部を借り受けて提供される通信サービスです。 通信設備を持つ事業者(いわゆるドコモ・au・ソフトバンク・楽天モバイル)を「MNO」と呼び、通信設備を借り受けてサービスを提供する事業者を「 MVNO(仮想移動体通信事業者)」と呼びます。 どうして安いのか? ではなぜ格安SIMが安いと言われているのか、その理由は主に以下の3点からあります。 つまりは、自社でネットワーク設備を持っていないので、土地代や設備代、設備に対するメンテナンスなどの維持費用がコストカットでき、その分サービス料を安価で提供できるというわけです。 競合数が多いので、もちろん業界全体としての価格競争も激しく、どこよりも安く、お得にしようとする動きが大きいのも格安SIMの特徴です。 そのため、格安SIMは安価な価格設定や独自のお得なキャンペーンが提供される傾向にあります。 平均月額はいくら? MMD研究所「」(2019年2月)の調査結果から、大手携帯電話会社ユーザーの平均月額料金は8,451円に対し、格安SIMユーザーの平均月額料金は2,753円という結果が出ています。 ただし、 大容量プランになるにつれてその差額は小さくなる傾向にありますし、端末代金との合算で最終的にどちらがお得になるかをしっかりと見極める必要があります。 iPhoneやiPadにも対応しているのか? 格安SIMの多くでは、iPhoneはもちろん、XperiaやGalaxyなどのAndroid端末でも利用することができます。 ただし、格安SIMと機種の組み合わせによって利用できないケースも稀に存在します。 既存のiPhoneやスマホを持ち込みで利用する場合には、各MVNO公式サイトにて動作確認をすることができますので、必ず事前に確認しておきましょう。 iPadの場合は、シリーズによって動作確認が保証されていたり、いなかったりということが多いです。 利用開始! ここでは、各キャリアからでMNPをする場合を想定して、少し複雑なMNP予約番号を取得する方法を紹介します。 SIMロック解除について キャリアで使っていたスマホをそのまま継続して利用したい場合には、同じキャリア回線を使った格安SIMを選択するか、SIMロック解除という手続きが必要です。 SIMロック解除は、ショップで行う場合は手数料がかかりますが、オンライン(各キャリアのマイページ)から無料で手続きを行うことが可能です。 各キャリアにて、SIMロック解除にはいくつかの条件が設定されています。 詳細は以下の関連記事をご覧ください。

次の

WiMAXは2年で乗り換えるべき?乗り換えのメリットとデメリット、オススメ乗り換え先を解説

ワイモバイル オススメしない

WiMAXは2年で乗り換えるべき?乗り換えのメリットとデメリット、オススメ乗り換え先を解説 「WiMAXを使っているけど、乗り換えたい」と思ったとき、「契約期間」でこのように迷う人が多いです。 今解約したら損するのか?• 逆に、今解約しないと損するのか? 現在、WiMAX契約の多くが2年縛りの契約形態です。 2年以内に解約すると、何らかのペナルティー(ほとんどのケースで「解約金」)があるのです。 つまり、契約からちょうど2年のタイミングで解約しないと解約金が発生します。 自動更新の場合は「うっかり解約するのを忘れていた」という方はさらに2年は使い続けることになってしまうことになりかねません。 次に疑問に浮かぶのが、 WiMAXの乗り換え先はどこがいいのか?という問題。 乗り換えたいと思うのは、元のサービスに不満があったり、もっといいサービスがあるのでは?という方だと思います。 この記事ではこんな疑問に答えます!• もうすぐ契約から2年なので、乗り換えたいけど本当に乗り換えても大丈夫か?• 乗り換えたほうがネット環境が改善されるのだろうか?• 乗り換えた時のメリットとデメリットは?• 乗り換えるとしたらどこがいいのだろうか? 結論から言うと、 WiMAXは2年のタイミングで乗り換えた方がお得になる事がほとんどです。 そこで当記事では、WiMAXを乗り換える時のメリットとデメリット、また乗り換えるのであればどこがおすすめなのかについてお伝えします。 自分に合ったサービスを選びましょう! また、以下の記事でWiMAX契約を検討している方にお得なキャッシュバック情報や28社比較をした上でのおすすめプロバイダ5社などについて詳しくご紹介していますのでご参考ください。 WiMAXを乗り換えた場合のメリット・デメリット この章ではまず、 WiMAXを乗り換えた際に生じるメリット・デメリットについて詳しく解説します。 WiMAXの契約更新時期に差し掛かったユーザーの方は、継続契約をすべきか新たにプロバイダーを乗り換えるべきか考えていることでしょう。 乗り換える際に生じるメリットはもちろん、デメリットも知っておくことで乗り換えの判断を正確にすることができます。 まずはしっかりと、メリットとデメリットについて理解しておきましょう。 WiMAXを乗り換えるメリット WiMAXのプロバイダーを乗り換える、あるいは他の回線に乗り換える際のメリットとしては、以下のようなことが挙げられます。 新規契約特典• 乗り換え契約特典 新規契約特典は、WiMAX回線から新たに他の回線へと乗り換える際に受けることができる特典です。 ほとんどのプロバイダーでは、キャッシュバックをはじめとした何かしらの新規契約特典を用意しています。 乗り換え契約特典は、WiMAX回線を使い続けながらプロバイダーのみを乗り換える際に受けることができる特典です。 スマホなどでは、よく「乗り換え割」といったような名前でキャンペーンを行っていますので、そちらをイメージしていただくとわかりやすいと思います。 こちらは、プロバイダーによっては行っていないところも存在します。 特典の内容自体は、現金やポイントなどによるキャッシュバックや、パソコンや電化製品などのプレゼントといったものが中心です。 プロバイダーによって特典の内容はさまざまであるため、「新規契約」か「乗り換え契約」かといった部分も含めて検討してみるとよいでしょう。 2017年4月現在のオススメについては、最後で説明していますので、このまま読み進めてください。 更新月に解約すれば、解約金がかからない WiMAXの契約を25ヶ月目で解約せずに自動継続にしてしまうと、その後さらに24ヶ月間の間に契約解除をする際には、解約金がかかってしまいます。 解約金をかけずにWiMAXを解約するためには、2年契約が満了した後の契約更新月、つまり25ヶ月目に解約しなければならないのです。 WiMAXの解約料に関しては、ほとんどのプロバイダーで以下のように定められています。 契約期間 解約金 1ヵ月目~12ヵ月目 19,000円 13ヵ月目~24ヵ月目 14,000円 25ヵ月目(更新月) 無料 26ヵ月目以降 9,500円 つまり、25ヶ月目に解約しなければ自動更新が成立してしまい、49ヶ月目までの2年間はいつ解約したとしても解約金として9,500円がかかってしまうのです。 この点を回避したいという方は、解約金のかからない25ヶ月目に解約してしまった方が良いでしょう。 端末機種の変更が可能 2年目以降もWiMAX回線を使い続けたいという方の場合でも、プロバイダーを乗り換えることでWiMAXのルーター機器を最新のものに変更することが可能となっています。 この点も、乗り換える際のメリットのひとつです。 ただ、「So-net」や「Broad WiMAX」をはじめとする一部のプロバイダーは、契約更新時に最新のルーター機器へ機種変更できるプランを持っています。 これらのプランの場合、このメリットは当てはまりません。 WiMAXの場合には、最新のものに機種変更を行うメリットがそれほど多くない点も押さえておきましょう。 機種変更の際のメリットとしては、以下のようなものが挙げられます。 WiMAX同士の乗り換えで、月額料金が高くなる場合がある• 他回線の場合、通信環境が変化することで回線の安定性が落ちる場合がある• 申し込み手続きが面倒 これらのデメリットについて、詳しく解説していきます。 WiMAX同士の乗り換えで月額料金が高くなる場合がある WiMAX回線を使い続ける際には、 現在よりも高い月額料金のところと契約してしまい月額料金が割高になってしまう場合があります。 特にプロバイダーごとの料金やプランをよく調べないで乗り換えてしまうと、現在よりも数百円から千円近く月額料金が高くなってしまうことも。 高額なキャッシュバックなどに釣られてプロバイダーを変更してしまった結果、前に契約していたプロバイダーの方が支払う総額は割安だったということにもなりかねません。 WiMAX回線を使い続けながら プロバイダーだけを乗り換える場合には、乗り換え先やプラン内容などをよく確かめておくことが大切です。 他回線の場合、通信環境が変化することで接続の安定性が落ちる場合がある WiMAX回線自体の利用をやめ、光回線やモバイルWi-Fiルーターなど他の回線と契約する場合には、回線の種類によって接続の安定性などが落ちてしまう可能性があります。 光回線など固定回線の場合には、回線の安定性は比較的保たれていると言えます。 しかし、モバイルWi-Fiルーターなどのモバイル回線を、 新たにWiMAX以外のモバイルWi-Fiへ乗り換え契約する場合、安定して快適にインターネットを楽しめなくなってしまうこともあるのです。 実際に乗り換える回線が安定的に利用できるのかどうかについては、住んでいる地域や住環境、回線のサービスエリア内か否かといった点によって大きく違ってきます。 WiMAXからの回線切り替えを考える場合には、新しく契約する回線が安定的に接続できるか否かをきちんと見極めて、契約を行う必要があるでしょう。 同じWiMAXであれば、プロバイダーがどこであっても、通信環境は変わりませんので、この点は心配いりません。 申し込み手続きが面倒 WiMAX回線を使い続けてプロバイダーだけを変更する場合でも、WiMAX回線自体から乗り換える場合でも、 乗り換えの際の申し込み手続きは面倒なものとなっています。 WiMAX回線を使い続けてプロバイダーのみを変更する場合は、申し込み契約を新しいプロバイダーと一から結ばなければいけません。 必要事項の記載やプランの選択などには、当然手間と時間が必要となります。 WiMAX回線自体から固定回線へ乗り換える場合には、新たに回線工事を行う必要も出てくる場合があるためさらに面倒です。 モバイルWi-Fiルーターの場合など、回線工事を行わなくてよい場合もありますが、その場合でも新しく契約する際の手間はかかります。 ただしこれは、乗り換える以上はどうしようもありません。 キャンペーン特典の手間賃だと考えて、諦めましょう。 ここまでは、WiMAXを乗り換える際に生じるデメリットについて解説しました。 次は、WiMAXの乗り換えをオススメする人としない人について、詳しく解説していきます。 WiMAX乗り換えをオススメする人/しない人 実際にWiMAXの乗り換えをすべき人、すべきでない人は、具体的にどのような人なのでしょうか。 以下に解説していきます。 WiMAX乗り換えをオススメする人 現在使っているWiMAX回線の乗り換えをオススメする人としては、以下のような方が当てはまります。 将来的にWiMAX回線の解約を考えており、更新月が間近な人• 契約の際の特典を得たい人• インターネット回線の料金を見直したい人• WiMAX回線自体に不満があり、環境を変えたい人 将来的にWiMAX回線の解約を考えている、あるいは 解約する可能性がある方は、解約金を支払わないためにも更新月で回線の解約をしておくべきでしょう。 前述したとおり、WiMAXの解約金が不要なのは、契約してから25ヶ月目などの更新月のみです。 この期間以外では価格の差があるとはいえ必ず解約金がかかるため、解約金を支払いたくない方は2年間での乗り換えを行っておいた方が良いでしょう。 また、契約の際などに様々な特典を用意しているプロバイダーと契約し、特典を得たい方も乗り換えを行うのがオススメです。 プロバイダーによっては数万円単位のキャッシュバックを用意しているなど、お得に乗り換えることができるところも多くなっています。 さらに、月々のインターネット回線の料金を見直したいという方も、乗り換えを行うのが良いでしょう。 WiMAX回線自体を快適に利用できておらず、 ネット環境自体を変えたい人も更新月での乗り換えをするべきでしょう。 他の回線にチェンジする際に、解約金なしで乗り換えることができます。 WiMAX乗り換えをオススメしない人 逆に、WiMAX回線の乗り換えをオススメしない人としては、以下のような方が当てはまります。 将来的にもずっとWiMAX回線を使いたい方• 乗り換えの手続きが面倒だと感じる方 将来的にもずっとWiMAX回線を使い、現在のプロバイダーの料金にもおおむね満足しているという方にとっては、WiMAX回線の乗り換えはオススメできません。 WiMAX回線はモバイルインターネット環境の中でも比較的安定しており、使い勝手も良くなっています。 加えて、すでに最安値やそれに近い月額料金でWiMAX回線を利用できているという場合には、WiMAX回線を乗り換える理由はなくなるでしょう。 また、回線や料金に不満はあるものの、乗り換えの手続きが面倒だと感じている方にとっても、WiMAX回線の乗り換えはオススメできません。 プロバイダーだけを乗り換える場合でも新しく契約を結ばなければなりませんし、回線自体を乗り換える場合には回線工事の手間もかかります。 これらの 手間や時間が惜しい方にとっては、WiMAX回線の乗り換えは良い選択肢とは言えないでしょう。 ここまでは、WiMAXの乗り換えをオススメする人としない人について解説しました。 次は、実際にWiMAX回線でプロバイダーを乗り換える場合、どのプロバイダーを選べばよいかという点について、詳しく解説していきます。 今、乗り換えるならこのWiMAXを選ぼう WiMAX回線は使い続けつつ、新しいプロバイダーに乗り換える場合は、どのプロバイダーを選ぶべきなのでしょうか。 実際にプロバイダーのプランや料金について比較し、おすすめのプロバイダーを紹介します。 回線の種類とプランの内容を解説 どのプロバイダーも共通している点として、 2つの回線の種類と2つのプランを持っているということが挙げられます。 回線の種類 まず回線の種類については、以下のようになっています。 「WiMAX」は、下り最大13. 加えて、モバイルWi-Fiルーターなど他のモバイルインターネットサービスの普及もあり、 「WiMAX」回線は役割を終えようとしているのが現状です。 サービスの内容 次にサービスの内容については、以下のようになっています。 サービス名称 特徴 ギガ放題 通信量制限がない(3日で10GBの通信制限はあり)/月額料金が割高 (表記なし) 月間7GBの通信量制限がある/月額料金が割安 「ギガ放題」は、通信量無制限で毎月使い放題となっているサービスです。 プラン名の後ろに「ギガ放題」という表記があるものを、各プロバイダーが用意しています。 毎月の通信量制限はないものの、 3日間で10GB以上を利用してしまった場合には一時的に通信速度が制限されてしまうため、その点は注意しておきましょう。 一方、プラン名の後ろに「ギガ放題」という表記がない場合には、月間7GBの通信量制限が存在しています。 通信量制限があるかわりに、月額料金が「ギガ放題」に比べると割安に設定されている点が特徴です。 また回線を快適に使うためにも、「ギガ放題」のプランを選ぶべきだと言えます。 「ギガ放題」は確かに若干月額料金が割高になっているとはいえ、その差は月々わずか数百円。 数百円プラスして使い放題ならば、ぜひとも快適なプランを選ぶべきでしょう。 月額料金をアップさせないためにも、25ヶ月での解約・他のプロバイダーへの乗り換えが必要になってくるのです。 25ヶ月目に他のプロバイダーへ乗り換える場合には、「Broad WiMAX ギガ放題」を選ぶのがオススメです。 「Broad WiMAX ギガ放題」は主要プロバイダーの中で2番目に月額料金が安くなっています。 さらに「とくとくBB ギガ放題」のように、25ヶ月目以降に月額料金がアップするということもありません。 最初のWiMAXの乗り換えの際には「とくとくBB ギガ放題」を選択し、25ヶ月目に再度他のプロバイダーへ乗り換える際には「Broad WiMAX ギガ放題」を利用するのが、最も賢いWiMAXの乗り換えルートではないでしょうか。 まとめ WiMAX回線の乗り換えについてまとめます。 オススメのプロバイダー乗り換えルート• まず「とくとくBB ギガ放題」を24ヶ月目まで契約• 25ヶ月目に「Broad WiMAX ギガ放題」へ再度乗り換える WiMAX回線は乗り換える際に様々なメリットを得られるうえ、月額料金を見直すこともできるなど数多くの利点が存在します。 数あるWiMAXのプロバイダーの中でも特に安価な料金を提供している「とくとくBB」や「Broad WiMAX」のプランをうまく利用し、 よりお得にWiMAX回線を乗り換えてみてはいかがでしょうか。 ぜひ、この記事を参考に検討してみてください。 また、以下の記事「【28社比較】WiMAX契約におすすめのプロバイダ厳選5社」で後悔しないプロバイダ選びを徹底解説していますのでご参考にしてください。

次の

ワイモバイル(Ymobile)の迷惑SMSの受信拒否設定の方法!ショートメッセージの迷惑メール対策(着信拒否/受信許可)や解除方法

ワイモバイル オススメしない

ワイモバイル Ymobile では、迷惑SMSが届いてしまった場合でも、かんたんに受信拒否ができます。 迷惑SMSの送信者の電話番号を、My Y! mobile上で登録するだけです。 設定方法は難しくないのですが、ワイモバイルでは 店舗で迷惑SMSや迷惑メールへのサポートもしてくれるので、細かな設定が苦手な方も安心です! ちなみに、iPhoneについては、My Y! mobileで受信拒否の設定をしなくても、 端 末上の操作で、 迷惑SMSをかんたんに拒否することが可能です。 迷惑SMSの送信者の情報を表示して、「 この発信者を着信拒否」というところをタップするだけです。 ということで、ワイモバイル Ymobile の迷惑SMS対策について詳しく解説していきたいと思います! Contents• 知らない電話番号から迷惑SMSが届いたら、以下で紹介する方法で対処しましょう。 迷惑SMS対策には、「 受信拒否設定」と「 受信許可設定」の2通りの対策があるので、それぞれ見ていきたいと思います。 電話番号ごとに受信拒否設定をする方法 最もかんたんな迷惑SMS対策は、迷惑SMSが送られてきたら、 送信者の電話番号を受信拒否 することです。 電話番号ごとに受信拒否する方法は、以下の通りです。 まず、電話番号とMy Y! mobileのパスワードで、にアクセスしましましょう。 すると、My SoftBankに移動します。 SMSを選択し、[電話番号メールの拒否・許可]の[変更する]を選択します。 すると上記の[迷惑番号メール拒否・許可]の画面が現れます。 リストを追加するを選択すると、上記のように電話番号を入力する項目が現れます。 上記に、 受信拒否したい電話番号を入力すると、迷惑SMSをブロックすることができます。 受信拒否リストは、 最大150件まで登録できます。 なお、iPhoneの場合は、My Y! mobileを利用しなくても、端末上の操作で、迷惑SMSをブロックすることもできます。 迷惑SMSの送信者の宛先をタップすると、上記のような画面になります。 画面の一番下の「 この発信者を着信拒否」と押すと、迷惑SMSを受信拒否できます。 ただし、受信許可設定をすると、 登録した電話番号としかSMSのやり取りができなくなるので注意です。 受信許可設定を利用する場合は、必要なSMSまで受信できなくなってしまわないように気をつけましょう。 許可リストは 最大150件まで登録できます。 mobileから行えます。 My Y! [電話番号メールの拒否・許可の設定]のところで「利用しない」と表示されれば、迷惑SMSの設定が解除された状態になります。 ワイモバイルのPHSの迷惑SMS対策 ワイモバイル Ymobile のPHSでは、以下のSMSセンターにメッセージを送って、迷惑SMSを防止することができます。 SMSセンター:0000-900-900 SMSセンター 0000-900-900 宛に、以下のメッセージを送ると、迷惑SMSの対策ができます。 SMSセンターはPHSでしか利用できませんが、SMSでメッセージを送るだけで、迷惑SMSを拒否できるのはとても手軽ですね。 ワイモバイルの迷惑メール対策 ワイモバイル Ymobile ではSMS以外にも、Y! mobileメール yahoo. jp 、MMS ymobile. jp などのメールアドレスを利用することができます。 各メールごとの迷惑メール対策は、以下の通りです。 mobileメール Y! mobileメール( yahoo. jp については、で迷惑メールの受信拒否設定などの設定をおこなってください。 mobileのメールアドレスまたは電話番号と、パスワードでログインすることができます。 jp, ymobile1. jp については、にログインし「迷惑メール対策の設定」より設定が可能です。 電話番号と、My Y! mobileのパスワードでログインすることができます。 ワイモバイルの迷惑メールフィルターの設定 SMS ショートメッセージ では、迷惑メールフィルタは利用できませんが、Y! mobileメール yahoo. jp やMMS ymobile. jp といったメールでは、から、迷惑メールフィルターの設定が可能です。 迷惑メールフィルターの設定では、以下のような設定が可能になります。 ただし、迷惑メールフィルターは、必要なメールも迷惑メールとして認識されてしまう可能性もある点には注意が必要です。 まとめ ワイモバイル Ymobile の迷惑SMS対策には、 受信拒否設定と 受信許可設定の2通りがあります。 SMSには迷惑メールフィルターなどの機能はなく、電話番号を一つずつ登録して対策していくしか方法はありません。 受信拒否設定や受信許可設定は、My Y! mobileからかんたんにすることができますが、 ワイモバイルは店舗サポートも受けることができるので、細かな設定が苦手な方も安心です!.

次の