ダイゴ ズ キッチン 動画。 ダイゴズキッチンのカレー、パスタのレシピ!千鳥のノブが絶賛!

千鳥・大悟はアル中なの?手が震えがヤバすぎて心配の声も

ダイゴ ズ キッチン 動画

鶏肉・しいたけを大量の味の素で炒めて、しょうゆ・料理酒・みりん・砂糖を適量をいれ筑前煮みたいなものつくる。 砂糖は思っている倍入れる。 たまご2個にしろ出汁、1で作った物を投入• ラップをしてレンジ300Wで15分加熱 どの国にもないめちゃくちゃ美味しい「汁」 ・ホスビオノス貝・豚肉 ・塩・和風出汁・しょうゆ・にんにく・鷹の爪・味の素・胡椒• ホスビオノス貝を茹でる。 豚肉を足す。 塩・和風出汁・しょうゆ・にんにく・鷹の爪を適量入れる。 味の素に頼り胡椒を少し多めに投入 ドチャクソまかない飯「どんぶり」 ・玉ねぎ・にんにく・卵・ごはん ・胡麻油・味の素・薄口醤油• 玉ねぎとニンニクを好みで切る• にんにくを胡麻油で炒める。 胡麻油への味付け• 玉ねぎを塩・胡椒振り炒める。 豚肉も一緒に炒める。 味の素に頼り、焼肉のたれを投入• 卵に薄口醤油・味の素、御飯を入れて混ぜて。 先に炒めたお肉などをのせて出来上がり 15年前にテレビで上沼さんが作ってた「パスタ」 ・大葉・にんにく・梅・めんつゆ・オリーブオイル ・ベーコン・ホタテ・パスタ• 大葉・にんにく・梅を刻む• 梅に麺つゆを足す。 フライパンにオリーブオイルを多めに入れる• にんにくで香り付けした油にベーコン、ホタテをいれて炒める。 火が通ったらパスタを入れ2で作ったつゆをいれていためる。 大葉を多めに入れて軽く炒めて完成.

次の

テレビ千鳥の『DAIGO’Sキッチン SP』で大悟の料理を絶賛するノブが話題に! 「もう店せぇ!」「丸亀がつぶれるぞ」など名言連発です

ダイゴ ズ キッチン 動画

奥様は外国人の素人主夫です。 最近はまって仕方がないバラエティー番組「テレビ千鳥」 その中でも心底笑えて、さらに料理の勉強になる「DAIGO'Sキッチン」第二弾が先日放送されました。 そこで大悟さんが作っているカレーがとても魅力的だったので、私も作ってみました。 千鳥ノブさん大絶賛の「うまいもんにカレーぶちこみゃあ そりゃうまいカレーになるに決まっとろうじゃろうがカレー」 とにかくネーミングが長くてダサいです。 笑 大悟さんの発想はこうです。 「みんな大好きなすき焼きでカレーを作ったら美味しいに決まってる。 」 おでんの残りとかでカレーを作ると美味しいとよく聞きますが、すき焼きは聞いたことがありません。 とにかく大悟さんの発想は天才的かつ画期的なものばかりです。 材料(約5皿分) すき焼き用牛肉(200g程度) 焼き豆腐(1丁) エノキ(1束) 玉ねぎ(中1個) 醤油(50cc程) みりん(2回し程) 酒(1回し程) 砂糖(思っている倍。 作り方• 熱したフライパンに油をひいて、牛肉を軽く炒めます• 砂糖、しょうゆ、みりん、酒をいれて味付けします(量に関しては、味を見ながら適当に美味しいすき焼きの感じにしました)• 残りの具材を入れたら水をいれます• 沸騰させてあくがでたらあくをとり、弱火で15分程煮込みます• 15分後、ほんだしを入れます(味見をしてみると、完全に肉うどんのスープでした。 火を止めてカレールーを溶かし入れます• 弱火でさらに10分程煮込んだら、お皿に盛り付けて完成です! まとめ とんでもないです。 完成前の味見の段階では微妙だと思ったのですが、いざ食べすすめていくと、どんどん美味しくなっていきます。 大悟さんがうどん屋や蕎麦屋で出てくるカレーと言っておりましたが、まさにそれです。 なにも知らない奥様も普通に美味しいと言っておりました。 すき焼きの感じは言われるまで全く分からなかったようです。 豆腐も全然いやな感じはせず、むしろあって良かったと思えるくらいです。 なにが面白いかって、水を入れて本だしを足した際、味見をしたのですが、ただの肉うどんです。 大悟さんがおっしゃる通り、ここにうどん入れて食べても普通に美味しいと思います。 ぜひ月一程度でレギュラー化してほしいと切望しております。 また、今回の「DAIGO'Sキッチン」では合計4品作られており、カレー以外にも試してみたいものがあったので、今度作ってみたいと思います。

次の

バラエティ

ダイゴ ズ キッチン 動画

牛肉をプライパンで炒める 2. 醤油、みりん、酒、砂糖、で割り下を作る 3. 豆腐、シイタケ、エノキ、玉ねぎなどの具材を入れる。 鍋に移して大量の水を入れ沸騰させる 5. 顆粒出汁を投入 6. 固形カレーを投入してひと煮込みさせたら完成! 味見した大悟さんは「とんでもないものが出来たぞ!」と大喜び! 「何で料理人は今までこれを作らなかったんだ?」と仰っていました。 ダイゴズキッチン DAIGO'Sキッチン パスタのレシピ 大悟さんの料理工程が独特だったので、少しだけ紹介しますね! 肉を切っても、どうせ次の食材も焼くからまな板は拭かない。 大量の味の素を投入。 砂糖はみんなが思う倍入れる。 (飯は甘けりゃうまい理論。 ) パスタを茹でる等、調理の待ち時間は喫煙タイム。 (当然手は洗わない。 ) 大好きなレモンサワーを飲みながら調理。 料理番組としてはあり得ない工程に思わず笑ってしまいました。 」「飲酒すな!」「全部同じスプーンでかき混ぜてる。 お前それで味見したよな?」 料理中に様々なノブさんに様々なツッコミをされながらも料理を完成させる大悟さん。 見てくれてはビックリするほど悪いのですが、気になる味は…。 「うーまぁ!」「まだ食わせぇい!」「どのゴチよりも美味い!」「ブラボー!」とノブさんが絶賛! カレーは500点と採点されていて、もう本当に笑いが止まりませんでした。 そのまま油に投下してフライしました。 大悟のマツタケンドッグはホットケーキミックスをたっぷり絡めたもの。 松茸の輪郭が残ったアメリカンドッグの様な見た目。 対してノブのマツタケンドッグは松茸が見えるくらいのうっすら絡めたもの。 結果は大成功! ノブのうっすら松茸が見えるくらいホットケーキミックスを絡めたものの方が美味しいようです! 気になる点数はなんとカレー超えの「700点」!!ノブは「ミシュラン!」と叫んでいました。 考えただけでも美味しそうですね! しかし、結果は失敗。 タレの香りが強すぎて、松茸の香りが全くしなかったようです。 食感も鰻のように脂がのっていませんから物足りない様子でした。 結果は松茸を感じない仕上がりに。 どうやら味の濃いものとは合わないようです。 松茸を丸ごとパン〇ィで包み、そのまま8分間蒸すという大悟しか思いつかない料理。 これがなんと良い感じに蒸しあがるという奇跡!! 塩とすだちをかけて頂きます。 結果は大成功!というか松茸を蒸しただけですからね!食材が良ければ美味いに決まっています!笑 以上、千鳥の『ダイゴズキッチン』とその後の料理企画の回について書いてみました。 これまで3回放送されましたが、4回目もあるな。 これは。 水と白出汁を入れて混ぜ合わせ、容器に入れてラップをし電子レンジで5分。 様子を見て(恐らく全然固まっていないので、)さらに5分加熱します。 一方で鶏モモ肉を一口大に切り、油をしいたフライパンで炒めます。 塩、胡椒で下味をつけます。 お肉が焼けたら、醤油、みりん、砂糖(思うてる倍)で味付けします。 そして、酒を少々(料理をしている雰囲気)。 出来上がった茶碗蒸しの上に、炒めた鶏肉をのせて完成です。 <材料> 牛乳 …500ml(たぶん) 水 …200ml(たぶん) 固形コンソメスープ …3個 塩、胡椒 …適量(胡椒多め) ハマグリ …4~5個 ホタテ(貝柱) …4~5個 白子 …ひとかたまり カキ …4~5個 バター …ひとかけら 鍋に牛乳を入れ、固形コンソメを投入。 「料理本に2個と書いてあったら、3個入れて下さい。 」と発言。 今回はコンソメスープを3個入れていました。 そこから塩、胡椒。 胡椒はホワイトペッパーをメチャメチャ入れていました。 そして、困った時のうま味調味料。 スープのベースが出来たら、そこにハマグリ、ホタテ、白子、カキを投入し煮込んでいきます。 しかし、このままでは海鮮の味が強すぎた様子。 水とバターを投入し味を調えていました。 塩、胡椒、うま味調味料で下味をつけ、醤油と砂糖(思うてる倍)、焼き肉のタレで味付けします。 ここで、入れ忘れたタマネギを投入し(笑)、良い感じになるまで炒めたらキムチを入れて出来上がり。 うどんは一度茹でたら流水でシメます。 お皿にうどんを盛ったら、大根おろしをのせ、豚バラキムチ炒めをのせ、最後に卵黄をトッピングして完成です。 お皿に盛って、お好みで大葉をトッピングして頂くようです。 採点結果! 今回もノブが大悟の料理を採点していました!それぞれの点数をコメントと共に見ていきましょう! ・テリヤキ茶碗蒸し 「うまいねぇ~。 絶対茶碗蒸しはコレがいい!」 100点。 ・牛乳鍋 「うまぁ~い!濃いクラムチャウダーみたいで、カキとホタテの風味がする!店出せぇ!」 120点。 ・まかないうどん 「丸亀が潰れるぞ!」 180点。 ・タンカツ 「激うま!ジューシーさが残ってる!」 200点。 ・チキンのクレイジー飯 「レシピ本出せぇ!」 600点! ゲストで来ていた渡辺直美さん、新川優愛さん、博多華丸さんも大絶賛だった今回のダイゴズキッチン。 4人が喜ぶ顔を見て大悟は、「料理を作って出して、人が喜んでいる景色を見て…長生きしようかな。 」とコメント。 余程嬉しかったんでしょうね。 今後もダイゴズキッチンは継続していくでしょうから、どんな料理が出てくるのか本当に楽しみですね!私も確認次第、随時こちらの記事を更新していこうと思っていますので、楽しみにしていて下さいね!.

次の