たかきチラシ。 買いたくなる広告コピーの書き方【連載】プロが教えるチラシのつくり方

フードセンターたかき 交り江店

たかきチラシ

チラシを作成したい!けど自分で作るのって難しそう。 今まで作ったこともないし。 作り方を一から教えてくれる人がいない、ネットで調べてもすでにチラシが作れる前提で色々な話をしてるサイトばかりで。。 まず形をどう作るかがわからない。。 そのようなお声を良くお聞きします。 チラシって、集客のために作ったり、案内チラシを作ったり、お店で配るハンドチラシを作ったり、用途は様々です。 もし、自分の思うようなチラシが作れるようになったら、すごく良いですよね! 自分で簡単なポスターも作れるようになります。 お店のチラシ・会社のチラシ・カフェチラシ・サロンチラシ・サークル募集のチラシ・塾のチラシ・新歓チラシなどチラシの作り方は全て共通です。 チラシ作り初心者さんのために、チラシの作り方をまとめてみました。 このまとめ記事を読むだけで、 チラシの作り方の基本が全てわかるようになります。 動画でもわかりやすく説明しています。 最後には、しま吉先生のチラシプレゼントもございます。 チラシを作成する方は、記事の後半で詳しくご説明しますが、 自分の似顔絵のイラストは作っておいたほうが良いです。 チラシ・POP・HP・名刺などでも使えますし、個を出すのに必須ですね。 似顔絵は が断然おすすめですよ。 では早速チラシ作りを始めていきます。 始めてのチラシ作成は、プロのチラシを参考にするのが一番です。 プロを参考にすると、見やすくポイントを押さえた良いチラシになります。 まずは真似をしていくことから始めましょう。 プロのチラシを参考に、下書きを作っていきます。 下書きがきっちり出来るようになるのが、良いチラシを作る第一歩です。 下書きは紙に鉛筆で書いていきます。 下書きは、細かな内容まできっちり書いていきましょう。 明るいほうがイケメンに見えるっす! しま吉 商品の一部を切り抜きして載せたい。 スタッフの写真を切り抜きしてアットホームなチラシにしたい。 そのような時に必ず役に立ちます。 用紙には、A4・B4・A3・B3など様々なサイズがあります。 チラシのサイズってどのくらいの大きさか詳しく解説します。 自分のチラシに合った用紙のサイズを決めましょう。 しま吉先生のチラシはどれがいい?のお話です。 エクセルでは、サイズ設定時に余白の設定もしないといけません。 エクセルの余白をギリギリまで、上手に設定する方法を説明します。 誰よりも細かく余白設定の方法をブログに書きました。 まずは2つの画像を重ねます。 画像を重ねるだけで、雰囲気が変わりカッコよくなります。 ピアノとしま吉が似合うっす。 しま吉 もちろん画像だけでは背景は出来ません。 背景に色を付けます。 背景の色を付けるのに、エクセルの図形を使います。 この図形を使うことにより、色の付いた背景を作ることが出来ます。 写真を重ね、さらに図形に色を付けることにより、背景が出来上がります。 写真の重ね方、図形の使い方を詳しく説明しています。 今回のしま吉先生の写真は、僕が自分で撮影した写真ばかりですが、今はネットで簡単に写真を手に入れることが出来ます。 但し、写真はGoogleで画像を検索して勝手に使ったりしてはいけません。 チラシを作成する方は登録必須の さんを利用することで、商用無料で改変も出来る写真やイラストを利用することが出来ます。 登録したら、写真をダウンロードしてみて下さい。 これをひとつのグループにまとめることが出来ます。 2つの画像をまとめたい。 全体をまとめたい等、グループ化をすることにより簡単に一つにすることが出来ます。 こまめにグループ化して、画像・写真・ワードアートがバラバラにならないようにしましょう。 今回のチラシの文字は、全てワードアートを使っています。 このワードアート、初期のままだとすごく使いにくいんです。 そのために、ワードアートの変形で使いやすくする必要があります。 その設定方法を書いています。 恥ずかしいから言わないでほしいっす。。 しま吉 この回のブログでは、余白の取り方の他、色の使い方の基本、字の揃え方も説明しています。 上記のことを直すだけで、チラシがスマートに見やすくなります。 チラシの地図の作成は、エクセルの図形とワードアートだけで簡単に作ることが出来ます。 すべてのパーツの作り方から、地図の構成の方法まで細かく説明しています。 パーツも簡単に作れます。 地図を作るのには、お客様の導線も気にしないといけません。 地図は一度作れば、後はそれをコピーして使うだけです。 納得のいくような地図を作って下さい。 チラシの作り方動画 チラシの作り方を動画にしました。 ぜひ参考にして下さい。 チラシの基本まとめ この手順で、各ブログをしっかり見ながら作れば、エクセルで作るチラシの基本的な作り方は、すべてマスター出来ます。 初めはどうなるか心配でしたが、なんとか作れてよかったっす。 これでイベントにお客さんを呼ぶことが出来そうっす。 しま吉 今回は、初心者でも出来るチラシの作り方の基本をご説明しました。 まずは、自分で作ることから初めていきましょう。 チラシの印刷 チラシを作成したら、チラシを配布するために印刷をします。 チラシを印刷するのに家のコピー機で印刷しよう!と考える方もおられるかもしれませんが、印刷はネット印刷で頼むようにしましょう。 クオリティの高い印刷が低価格で簡単に出来ます。 ネット印刷のビスタプリントさんを使ってチラシを印刷してみましょう。 公式サイト 印刷だけでなく、ポスティングや新聞折込も一緒に依頼したいときはラクスルさんが便利です! 印刷頼んで、ポスティング業者にも頼んで。。 ってめんどくさいですよね。 折込を新聞屋に依頼するのも手間だし。。 そんな方には超評判のラクスルの印刷+ポスティング(新聞折込)が絶対におすすめですよ。 公式サイト 印刷はいらないけどポスティングだけを依頼したい!けどどこのポスティング業者に頼めばいいのかわからない。 そんな方におすすめなのがEMEAO!です。 本当に優良な業者だけを無料で探してくれる、ポスティング業者探しには絶対おすすめの比較会社です。 公式サイト チラシの作り方で学んだチラシテンプレートをプレゼント 今回しま吉先生の作ったチラシを無料でダウンロードできるようにしました。 参考にしてみたい方は、ご自由にダウンロードして下さいませ。 チラシのイラストは、 ですごく低価格でイラストを作ってもらうことが出来ます! ココナラの詳細もブログにしました。 チラシにクーポン券をつけよう チラシで集客するのに、クーポン券を利用したいとお考えの方もおられると思います。 チラシでクーポン券をアピールする方法は全部で3つあります。 クーポン券を多用するのはあまりよくないですが、ピンポイントで使用する分には効果があります。 クーポンチラシのデザイン例と、効果を検証しました。 自店のロゴを作成しよう チラシを作るのに、自分のお店・会社のロゴがあればおしゃれだろうな・・と思ったことはありませんか? お店のロゴをお持ちの方も当然たくさんおられると思いますが、ロゴをお持ちでない方で、自分で簡単に作成出来ないかな?とお考えの方はぜひロゴの作り方を学んで下さい。 誰でもすごく簡単にロゴが作れます。 こんな感じのロゴを作成する方法をまとめました。 チラシのデザインの基本をマスターしよう チラシの作り方を覚えたら、次はチラシのデザインのコツを覚えていきましょう。 もっとデザインのことを知りたい。 という方は、チラシで集客するためのデザインの基本ブログを参考にして下さい。 色の使い方、余白の注意点、タイトルのキャッチコピーの考え方など、チラシ作りには欠かせない情報満載です! チラシのネタを多く持っておく チラシを作っていると、次どういったチラシを作ればいいのか悩みますよね。 いくつかのパターンを持っておくだけでも、作るネタが広がります。 ・自分が何を売りたいのか ・今回のチラシのターゲットは誰か ・春夏秋冬季節に応じて内容を作成 ・イベントで集客 この辺りで1年分考えておくと、毎月作成に頭を悩ませることも少なくなります。 チラシで集客をしよう チラシを作っても集客出来なければ意味がありません。 チラシ集客でまず大事なのは配布方法です。 大きく2つに分けると『新聞折込』か『ポスティング』になります。 おすすめは、確実にポスティングです。 理由は、新聞を購読している方が若い世代を中心に減っているからです。 特に20代から30代をターゲットにしたチラシであれば、新聞折込の効果は期待できません。 ポスティングってどれくらい配って、どういった活用をすればいいのかはで詳しく説明していますので、ぜひ目を通して下さい。 チラシでは様々な集客方法があります。 クーポン券をつけて集客する方法やターゲット選定、配り方などでも集客率が大きく変わります。 チラシを作って集客するまでしっかり考えて実行していきましょう。

次の

集客したい方必見!デザイナーが教える「当たるチラシ」の作り方

たかきチラシ

<伝えることの例>• 開店のお知らせ• 新商品、新メニューの紹介• サービスの案内• イベント、キャンペーンの告知 など• 誰に伝えたいのか お客さまを具体的にイメージするのは、マーケティングで最も重要な工程の1つです。 なぜなら、自分に向けられた言葉だと感じてもらえなければ、読んでもらえないからです。 普段、人と話をするときも、相手の立場によって、声のかけ方や言葉づかいは変わりますよね。 同じように、読んでほしい方をイメージしながら、手紙のようにコピーを書くと、メッセージが伝わりやすくなります。 <配布方法の例>• カフェや美容室に置いてもらう• ポスティング• 交流会で配る など• チラシに含める要素 キャッチコピーでメリットを伝え、特典で行動を起こさせよう 準備ができたら、次は、より具体的な内容を決めます。 チラシに必ず入れなければならない要素は、「1. キャッチコピー」「2. メインの内容」「3. お問い合わせ先と地図」の3つ。 加えて、スペースに余裕があれば「4. お客さまの声」「5. 特典」も入れると効果的です。 キャッチコピー キャッチコピーとは、広告のウリ文句で、お客さまに行動を起こさせる短い文章です。 商品やお店の特徴ではなく、お客さま自身にとっての魅力をアピールします。 通販のチラシでよく目にする「40代から始めるダイエット」「1カ月で10キロ痩せたい方に」といった具合です。 メインの内容 主にビジュアルの要素が大切です。 チラシを見てもらうには、キャッチコピーと併せていかにインパクトを与えられるかが勝負。 資料になるチラシを何枚か集めておき、参考にするのも良い方法です。 本文は、準備編で書いておいたメモを意識して、わかりやすい言葉で書きましょう。 お問い合わせ先と地図 当たり前すぎて、忘れる方がいます。 営業時間、電話番号、公式ホームページのURL、メールアドレスなど、必要な情報を入れましょう。 ホームページのURLはQRコードを入れるのもオススメです。 お客さまの声 この商品は誰が買っているのか、どんな人が利用しているのかがわかると、同じターゲット層の方へのアピールになります。 主婦、事務職、看護師、年齢など、具体的な人物像がイメージしやすいほど効果的です。 ただし、ウソは禁物です。 実際のお得意さまの写真や声を入れる場合は、掲載許可を得ることもお忘れなく。 特典 プレゼントやクーポンなどの特典があると、つい行ってみたくなりますよね。 ただし、なるべく安売りはしない方向で特典を考えましょう。 なぜなら、安売りのときしかこないようになってしまうと、逆効果だからです。 内容が決まったら、いよいよキャッチコピーや本文を書き始めます。 といっても、すらすら書けたら苦労しませんよね。 そこで、伝わるキャッチコピーや本文を書くためのコツをいくつか紹介します。 長い文章が苦手な方でも大丈夫!短い言葉で箇条書きにしよう お店としては、こちらの熱い思いを伝えようと、つい長々と詳しい説明を書きたくなります。 しかし、広告の文章は「読んではもらえないものだ」という前提で書くことが大切です。 ざっくりとした説明、興味をひかない言葉は、まず読んでもらえませんし、記憶にも残りません。 10~20文字程度の箇条書きで、多くても5項目。 できるだけ具体的にメリットを書きます。 ポイント1:きれいにまとめようとしすぎない キャッチコピーというと、「かっこよくて印象に残る」というイメージがありますよね。 でも、チラシの場合、カッコイイ言葉に効果があるとは限りません。 どこかで聞いたことのある言葉、ありきたりな表現では、かえって気持ちが伝わらなくなってしまいます。 特に同業者と同じような表現は禁物。 似たような商品と思われると、価格で選ばれてしまうからです。 自社ならではの価値をアピールしなければなりません。 では、自社の個性が出て、お客さまに響く言葉は、どのように考えればいいのでしょう? 迷う場合は、お客さまからいただいた言葉がヒントになります。 特にお客さまからの褒め言葉は、最高のウリ文句です。 日頃からお客さまの感想や意見を集めておきたいですね。 お店や商品の紹介は、お客さまへ手紙を書くように、いつも使っている言葉で語りかけるように書いてみてはいかがでしょう。 プロをまねた文章よりも、等身大の文章の方がかえって会社やお店の個性が出ます。 ただし、専門用語、業界用語など、一般の方が使わない表現は、避けるべきでしょう。 できるだけかみ砕いた言葉を使ってください。 また漢字が多すぎると固い印象になるので、「下さい」は「ください」、「頂きます」は「いただきます」というふうに、なるべくひらがなを使いましょう。 効果のあるキーワード• 新しさ 例)「新商品」「新サービス」「New」など• 限定 例)「個数限定」「10名さま限定」「期間限定」など• 話題性 例)「ハリウッドで大流行」「注目!」「大人気!」「一番売れてます!」「店長おすすめ」など• 伝えたいことがもれなく書いてあるか。 パッと見てわかるか。 家族やスタッフにも見てもらうのもよいでしょう。 電話番号やメールアドレス、価格に間違いがないか、何度も確認しましょう。 電話番号やメールアドレスが間違っていると問い合わせしてもらえませんし、価格のミスは信用に関わります。 変換ミスによる漢字の間違いも起こりがちです。 確認作業は1文字ずつ、辞書をひきながら、ていねいにしましょう。 チラシは1回配っただけでは、あまり効果がないかもしれません。 大企業でもいろいろなパターンを考えて、どれだけの効果があったのか検証しています。 自分でつくるチラシなら、コストは印刷代だけで済みます。 効果がなければ、また違うパターンをつくればいいのです。 次もつくることを前提に、要素を絞り込み、検証を繰り返していきましょう。 つくるたびにうまくなり、お客さまへの認知も広がっていきます。 ぜひ、何度も挑戦してみてくださいね。

次の

習いごとや趣味の募集案内に使える無料チラシテンプレート

たかきチラシ

チラシを作成したい!けど自分で作るのって難しそう。 今まで作ったこともないし。 作り方を一から教えてくれる人がいない、ネットで調べてもすでにチラシが作れる前提で色々な話をしてるサイトばかりで。。 まず形をどう作るかがわからない。。 そのようなお声を良くお聞きします。 チラシって、集客のために作ったり、案内チラシを作ったり、お店で配るハンドチラシを作ったり、用途は様々です。 もし、自分の思うようなチラシが作れるようになったら、すごく良いですよね! 自分で簡単なポスターも作れるようになります。 お店のチラシ・会社のチラシ・カフェチラシ・サロンチラシ・サークル募集のチラシ・塾のチラシ・新歓チラシなどチラシの作り方は全て共通です。 チラシ作り初心者さんのために、チラシの作り方をまとめてみました。 このまとめ記事を読むだけで、 チラシの作り方の基本が全てわかるようになります。 動画でもわかりやすく説明しています。 最後には、しま吉先生のチラシプレゼントもございます。 チラシを作成する方は、記事の後半で詳しくご説明しますが、 自分の似顔絵のイラストは作っておいたほうが良いです。 チラシ・POP・HP・名刺などでも使えますし、個を出すのに必須ですね。 似顔絵は が断然おすすめですよ。 では早速チラシ作りを始めていきます。 始めてのチラシ作成は、プロのチラシを参考にするのが一番です。 プロを参考にすると、見やすくポイントを押さえた良いチラシになります。 まずは真似をしていくことから始めましょう。 プロのチラシを参考に、下書きを作っていきます。 下書きがきっちり出来るようになるのが、良いチラシを作る第一歩です。 下書きは紙に鉛筆で書いていきます。 下書きは、細かな内容まできっちり書いていきましょう。 明るいほうがイケメンに見えるっす! しま吉 商品の一部を切り抜きして載せたい。 スタッフの写真を切り抜きしてアットホームなチラシにしたい。 そのような時に必ず役に立ちます。 用紙には、A4・B4・A3・B3など様々なサイズがあります。 チラシのサイズってどのくらいの大きさか詳しく解説します。 自分のチラシに合った用紙のサイズを決めましょう。 しま吉先生のチラシはどれがいい?のお話です。 エクセルでは、サイズ設定時に余白の設定もしないといけません。 エクセルの余白をギリギリまで、上手に設定する方法を説明します。 誰よりも細かく余白設定の方法をブログに書きました。 まずは2つの画像を重ねます。 画像を重ねるだけで、雰囲気が変わりカッコよくなります。 ピアノとしま吉が似合うっす。 しま吉 もちろん画像だけでは背景は出来ません。 背景に色を付けます。 背景の色を付けるのに、エクセルの図形を使います。 この図形を使うことにより、色の付いた背景を作ることが出来ます。 写真を重ね、さらに図形に色を付けることにより、背景が出来上がります。 写真の重ね方、図形の使い方を詳しく説明しています。 今回のしま吉先生の写真は、僕が自分で撮影した写真ばかりですが、今はネットで簡単に写真を手に入れることが出来ます。 但し、写真はGoogleで画像を検索して勝手に使ったりしてはいけません。 チラシを作成する方は登録必須の さんを利用することで、商用無料で改変も出来る写真やイラストを利用することが出来ます。 登録したら、写真をダウンロードしてみて下さい。 これをひとつのグループにまとめることが出来ます。 2つの画像をまとめたい。 全体をまとめたい等、グループ化をすることにより簡単に一つにすることが出来ます。 こまめにグループ化して、画像・写真・ワードアートがバラバラにならないようにしましょう。 今回のチラシの文字は、全てワードアートを使っています。 このワードアート、初期のままだとすごく使いにくいんです。 そのために、ワードアートの変形で使いやすくする必要があります。 その設定方法を書いています。 恥ずかしいから言わないでほしいっす。。 しま吉 この回のブログでは、余白の取り方の他、色の使い方の基本、字の揃え方も説明しています。 上記のことを直すだけで、チラシがスマートに見やすくなります。 チラシの地図の作成は、エクセルの図形とワードアートだけで簡単に作ることが出来ます。 すべてのパーツの作り方から、地図の構成の方法まで細かく説明しています。 パーツも簡単に作れます。 地図を作るのには、お客様の導線も気にしないといけません。 地図は一度作れば、後はそれをコピーして使うだけです。 納得のいくような地図を作って下さい。 チラシの作り方動画 チラシの作り方を動画にしました。 ぜひ参考にして下さい。 チラシの基本まとめ この手順で、各ブログをしっかり見ながら作れば、エクセルで作るチラシの基本的な作り方は、すべてマスター出来ます。 初めはどうなるか心配でしたが、なんとか作れてよかったっす。 これでイベントにお客さんを呼ぶことが出来そうっす。 しま吉 今回は、初心者でも出来るチラシの作り方の基本をご説明しました。 まずは、自分で作ることから初めていきましょう。 チラシの印刷 チラシを作成したら、チラシを配布するために印刷をします。 チラシを印刷するのに家のコピー機で印刷しよう!と考える方もおられるかもしれませんが、印刷はネット印刷で頼むようにしましょう。 クオリティの高い印刷が低価格で簡単に出来ます。 ネット印刷のビスタプリントさんを使ってチラシを印刷してみましょう。 公式サイト 印刷だけでなく、ポスティングや新聞折込も一緒に依頼したいときはラクスルさんが便利です! 印刷頼んで、ポスティング業者にも頼んで。。 ってめんどくさいですよね。 折込を新聞屋に依頼するのも手間だし。。 そんな方には超評判のラクスルの印刷+ポスティング(新聞折込)が絶対におすすめですよ。 公式サイト 印刷はいらないけどポスティングだけを依頼したい!けどどこのポスティング業者に頼めばいいのかわからない。 そんな方におすすめなのがEMEAO!です。 本当に優良な業者だけを無料で探してくれる、ポスティング業者探しには絶対おすすめの比較会社です。 公式サイト チラシの作り方で学んだチラシテンプレートをプレゼント 今回しま吉先生の作ったチラシを無料でダウンロードできるようにしました。 参考にしてみたい方は、ご自由にダウンロードして下さいませ。 チラシのイラストは、 ですごく低価格でイラストを作ってもらうことが出来ます! ココナラの詳細もブログにしました。 チラシにクーポン券をつけよう チラシで集客するのに、クーポン券を利用したいとお考えの方もおられると思います。 チラシでクーポン券をアピールする方法は全部で3つあります。 クーポン券を多用するのはあまりよくないですが、ピンポイントで使用する分には効果があります。 クーポンチラシのデザイン例と、効果を検証しました。 自店のロゴを作成しよう チラシを作るのに、自分のお店・会社のロゴがあればおしゃれだろうな・・と思ったことはありませんか? お店のロゴをお持ちの方も当然たくさんおられると思いますが、ロゴをお持ちでない方で、自分で簡単に作成出来ないかな?とお考えの方はぜひロゴの作り方を学んで下さい。 誰でもすごく簡単にロゴが作れます。 こんな感じのロゴを作成する方法をまとめました。 チラシのデザインの基本をマスターしよう チラシの作り方を覚えたら、次はチラシのデザインのコツを覚えていきましょう。 もっとデザインのことを知りたい。 という方は、チラシで集客するためのデザインの基本ブログを参考にして下さい。 色の使い方、余白の注意点、タイトルのキャッチコピーの考え方など、チラシ作りには欠かせない情報満載です! チラシのネタを多く持っておく チラシを作っていると、次どういったチラシを作ればいいのか悩みますよね。 いくつかのパターンを持っておくだけでも、作るネタが広がります。 ・自分が何を売りたいのか ・今回のチラシのターゲットは誰か ・春夏秋冬季節に応じて内容を作成 ・イベントで集客 この辺りで1年分考えておくと、毎月作成に頭を悩ませることも少なくなります。 チラシで集客をしよう チラシを作っても集客出来なければ意味がありません。 チラシ集客でまず大事なのは配布方法です。 大きく2つに分けると『新聞折込』か『ポスティング』になります。 おすすめは、確実にポスティングです。 理由は、新聞を購読している方が若い世代を中心に減っているからです。 特に20代から30代をターゲットにしたチラシであれば、新聞折込の効果は期待できません。 ポスティングってどれくらい配って、どういった活用をすればいいのかはで詳しく説明していますので、ぜひ目を通して下さい。 チラシでは様々な集客方法があります。 クーポン券をつけて集客する方法やターゲット選定、配り方などでも集客率が大きく変わります。 チラシを作って集客するまでしっかり考えて実行していきましょう。

次の