黒い 画集。 『黒い画集~証言~』ネタバレ感想~何もかも松本清張ではない

『黒い画集~証言~』ネタバレ感想~何もかも松本清張ではない

黒い 画集

あらすじ [ ] に家族を持つ石野貞一郎は勤務の課長、会社で使っていた女・梅谷千恵子を愛人として囲い、に住まわせていた。 12月14日夜、石野は見送りたいと申し出る千恵子と一緒に彼女のアパートを出る、人目もあることから千恵子より少し間を置き共に大通りへ出ようとしたところ、大森の自宅近所に住む保険の外交員・杉山孝三に突然頭を下げられ、石野は反射的に頭を下げ返礼してしまう。 帰宅後、妻には渋谷で映画を観て遅くなったと取り繕うが、その夜から杉山が自分の不審な所在(千恵子の件)を吹聴しないかと不安になる。 2週間後、突然会社に刑事が訪れ、で起こった殺人事件に関する杉山のアリバイについて、石野は証言を求められる。 登場人物 [ ] この節のが望まれています。 映画タイトル『 黒い画集 あるサラリーマンの証言』。 3月13日に系にて公開された。 1960年『』ベストテン第2位。 原作の松本清張が賞賛した作品の一つ。 現在は化されている。 ストーリー [ ] に妻子を持つ石野貞一郎はにある大手繊維会社管財課の課長、部下である梅谷千恵子を愛人として囲い、のアパートに住まわせていた。 12月14日夜、石野は見送りたいと申し出る千恵子と一緒にアパートを出る、人目もあることから千恵子より少し間を置き共に大通りへ出ようとしたところ、自宅近所の住民で、保険の外交員である杉山孝三に突然頭を下げられ、石野は反射的に頭を下げ返礼してしまう。 帰宅後、妻子には渋谷で洋画の2本立てを観て遅くなったと巧く取り繕うが、その夜から杉山が自分の不審な所在(千恵子の件)を吹聴しないかと不安になる。 2週間後、突然会社に刑事が訪れ、で起こった殺人事件に関する杉山のアリバイについて、石野は証言を求められる。 しかし事実を証言すれば千恵子との関係が露となる恐れがあり、そうなれば家庭はもちろん会社においても醜態を晒し、部長職への出世すら危うくなる、こうして刑事、さらには検事、そして自宅に訪ねて来た弁護士と証言を哀願する杉山の家内に対しても「その時間には渋谷で映画を観ており、だいいち大久保などへ出向く用事はない」と頑なな姿勢を貫く。 もはや杉山の死刑は免れられない状況となり、日に日に石野は苦悩が募る、千恵子を品川のアパートへ引っ越しさせるものの、やがて事態は収拾がつかない局面を迎える事となる。 キャスト [ ]• (石野貞一郎)• (石野邦子)• (石野君子)• (石野忠夫)• (梅谷千恵子)• (杉山孝三)• (杉山ミサエ)• (岩本夏江)• (松崎)• (森下)• (竹田)• (田辺)• (古川)• (岡崎)• (奥平)• (岸本)• (小松)• (早川)• (裁判官)• (食料品店おかみ)• (戸山正太郎)• (ハイティーン)• (果物屋の店員) 他 スタッフ [ ]• 脚本:• 監督:• 撮影:• 編集:• 音楽:• 美術:• 録音:• 照明: 逸話 [ ] ラストシーンの撮影は本物の警視庁前玄関を使って撮影されたものに加えて追加撮影されたものである。 当初のシナリオでは主人公が独房の中にいる場面で終わっていたが、ラッシュを見たプロデューサーのと、そして橋本忍が揃って追加撮影を主張したため取り直すことになった。 しかし最初の追加撮影を撮ったものの監督の堀川はこれが気に入らず、結局再度撮り直したものを劇中で使用している。 テレビドラマ [ ] (1965. 7) 1984年版 [ ] 松本清張の証言 ジャンル 原作 松本清張『証言』 脚本 柴英三郎 監督 出演者 製作 プロデューサー 柳田博美 稲垣健司 制作 放送 放送国・地域 放送期間 放送時間 21:02 - 22:51 放送枠 土曜ワイド劇場 「 松本清張の証言」。 、系列の「」枠(21:02-22:51)にて放映。 視聴率16. 5%(調べ、関東地区)。 化されている。 キャスト• 石野貞一郎:• 梅谷千恵子:• 杉山リエ:• 杉山孝三:• 石野勝子:• 神尾清吉:• スタッフ• 脚本:• プロデューサー:、• 監督:• 助監督:、• 制作:、• 音楽:• 撮影技術:• 照明:• 美術: 系列 前番組 番組名 次番組 (1984. 14) 1992年版 [ ] 松本清張サスペンス 黒い画集・証言 ジャンル 原作 松本清張『証言』 企画 脚本 大藪郁子 監督 松原信吾 出演者 製作 プロデューサー 斎藤守恒(木下プロ) 浜井誠(TBS) 林悦子(霧企画) 制作 放送 放送国・地域 放送期間 放送時間 21:00 - 22:54 放送枠 月曜ドラマスペシャル 特記事項: 第30回奨励賞受賞作品 「 松本清張サスペンス 黒い画集・証言」。 、系列の「」枠(21:00-22:54)にて放映。 視聴率19. 7%(調べ、関東地区)。 第30回奨励賞受賞作品。 キャスト• 石野貞一郎:• 石野春美:• 梅谷千恵子:• 奥平正勝:• 杉山孝三:• 杉田千春:• 山岸進:• スタッフ• 企画:• 脚本:• 監督:• 撮影:• 照明:• 美術:• 助監督:• 技術協力:• 制作協力:• プロデューサー:(木下プロダクション)、(TBS)、林悦子(霧企画)• 制作:、霧企画 系列 前番組 番組名 次番組 (1992. 26) 2004年版 [ ] 松本清張の証言 ジャンル 原作 松本清張『証言』 脚本 監督 出演者 エンディング 「」 製作 プロデューサー 下山潤(イースト) 松本基弘(テレビ朝日) 内山聖子(テレビ朝日) 制作 放送 放送国・地域 放送期間 放送時間 21:00 - 22:51 放送枠 土曜ワイド劇場 特記事項: テレビ朝日開局45周年記念企画 「 松本清張の証言」。 、系列の「」枠(21:00-22:51)にて放映。 テレビ朝日開局45周年記念企画。 キャスト• 石野貞一郎:• 奥平為雄:• 鴻上貴史:• 梅谷千恵子:• 石野美紀子:• 杉山孝三:• 朝峰太:• 江口:• 奥平の上司:• 大樹:• スタッフ• 脚本:• プロデューサー:(イースト)、(テレビ朝日)、(テレビ朝日)• 監督:• 助監督:• 照明:• 撮影協力:、、ほか• 制作協力:• 制作:、 系列 前番組 番組名 次番組 18 (2004. 3) 2020年版 [ ] BSプレミアム 松本清張ドラマ 黒い画集〜証言〜 ジャンル 原作 脚本 石川勝巳 演出 朝原雄三 出演者 音楽 国・地域 言語 製作 制作統括 原克子() 後藤高久() () 撮影地 撮影監督 編集 石島一秀 制作 NHKエンタープライズ 製作 NHK 松竹 放送 放送チャンネル 放送国・地域 放送期間 放送時間 土曜 21:00 - 22:29 放送分 89分 回数 1 『 黒い画集〜証言〜』(くろいがしゅう しょうげん)と題し、「BSプレミアム 松本清張ドラマ」としてにての21時から22時29分に放映された。 物語の舞台を現代に移し、原作中の男の悲哀や滑稽さはそのままに、主人公の不倫相手を男性に変更しやなどの現代的も要素を取り入れて大胆かつ斬新な解釈により翻案し、を舞台に、装い新たな版『証言』として制作された。 キャスト• 石野貞一郎 -• 石野幸子 -• 梅沢智久 -• 梅沢初枝 -• 杉山孝三 -• 石野貞則 -• 石野薫 -• 杉山沙紀 -• 、、、、、、、、浅井浩介、 ほか スタッフ• 原作 - 「証言」(『』より)• 脚本 - 、石川勝巳• 音楽 -• 撮影協力 - 金沢フィルムコミッション、さがみはらフィルムコミッション• 制作統括 - 原克子()、後藤高久()、(NHK)• 演出 - 朝原雄三• 制作 - NHKエンタープライズ• 制作・著作 - NHK、松竹 脚注 [ ] [].

次の

『黒い画集~証言~』ネタバレ感想~何もかも松本清張ではない

黒い 画集

浮気、不倫、密通…。 自分だけの「脆い秘密」によって、自滅していく男と女。 雑誌好評連載から著者みずからが厳選。 7作品を集めた決定版。 名作『天城越え』も収録。 安全と出世を願って平凡に生きる男の生活に影がさしはじめる。 どこにでもあり、誰もが容易に経験しうる日常生活の中にひそむ深淵の恐ろしさを描いて絶賛された連作短編集。 部下のOLとの情事をかくしおおすために、殺人容疑を受けた知人のアリバイを否定し続けた男の破局を描いた『証言』など7編を収める。 目次 遭難 証言 天城越え 寒流 凶器 紐 坂道の家 解説 多田道太郎 本書「解説」より 松本清張の描く人物たちは、私たちの大部分の欲求の似姿として、自らの安全と出世を願う人たちである。 しかし、不幸なことに、彼らは知らずしらず、影の部分をもってしまう。 男の浮気心という古来のありきたりの衝動に負けてしまったということだろうか。 いやむしろ、透明の部分だけではやりきれないという、それこそ不透明な、根源的な衝動に彼らは負けてしまったのではなかろうか。 給仕、印刷工など種々の職を経て朝日新聞西部本社に入社。 41歳で懸賞小説に応募、入選した『西郷札』が直木賞候補となり、1953(昭和28)年、『或る「小倉日記」伝』で芥川賞受賞。 生涯を通じて旺盛な創作活動を展開し、その守備範囲は古代から現代まで多岐に亘った。 「坂道の家」などの長編や、「天城越え」の様な短編まで、多彩に収録。 この中の作品で他に映画、テレビドラマ化されたものがいくつかあるので、DVDを借りてチェックして原作と比較してみても面白い。 殺人には、手口と動機が重要である。 そこをどう形成し展開していくかが、松本清張の腕の見せどころである。 こうしていくつか作品を読み進めると、一定のパターンが見えてくる。 強烈なまでの男の嫉妬が全て発端になり、 それが怒りに変じ暴発した時に、コトが起きている。 所詮、男は女に利用されるだけの駒、消耗品に過ぎないのか。 男とは悲しい生き物である。 みうらじゅんさんの松本清張ファンムック「清張地獄八景」のおかげで、未読だった松本清張を読み始めました。 といってもまだ短編集を3冊のみの読了です。 上述のムックでみうらさんはこの作品集からは「証言」と有名な「天城越え」を推していましたが、私はむしろ中編といえる「遭難」「寒流」が印象に残っています。 私が読んだ他の作品ではたいてい--時代性もあるのか--男性は「そこそこ裕福で、さらに功成り名遂げたい中年」女性はもっと単純に「若い美女」といった、その人物の個性よりは立場のアイコンとしての位置付けがなされているようで、いわばどの作品の人物も他作品と入れ替え可能なように見えます。 みうらじゅんさんは、そのアイコンとして一般化できる部分を「清張地獄」「清張スイッチ」のように呼び論じていらっしゃったのですが、私としては、その部分にあまり魅力を感じません。 むしろその特徴は弱いけれど、キャラクターに個性が見られ、ストーリー展開もスリリングなこれら2作品が、他の作品でも顕著にわかる文章のうまさと相まって読み応えがあるものと思えたのです。 特に「遭難」に登場する松本高校(旧制なのかな?)山岳部出身の男性の造形は、日本の作品よりもアメリカのミステリなどに出てきそうな雰囲気を持ち、映像が目に浮かぶようで非常に印象に残っています。 それでも私としては未読の短編もまだ山ほどあるし、長編は手付かずなので、まだしばらくは松本清張を楽しめそうです。

次の

『黒い画集~証言~』ネタバレ感想~何もかも松本清張ではない

黒い 画集

新着記事• Javascriptを有効にしてください。 新着ブログ• 月別から選ぶ 2020年 開く• 2019年 開く• 2018年 開く• 2017年 開く• 2016年 開く• 2015年 開く• 2014年 開く• 放送終了番組 開く•

次の