もらう 謙譲語。 教えてもらうの敬語は?ビジネスメールの例文や教えるの丁寧語や謙譲語も

「見てもらう」の敬語表現と例文|謙譲語/丁寧語/尊敬語

もらう 謙譲語

まずは、「させてもらう」の意味についてご説明します。 この「させてもらう」という言葉は、「させて」と「もらう」に分解することができます。 「させて」の部分には、相手に許可を求めた上で行動するという意味が含まれており、「もらう」の部分には相手からの恩恵を受けるという意があります。 つまり、「~させてもらう」とは、相手に許可を求めた上で行動をし、さらにその行動を行なうことによって恩恵を受ける場合に使われる言葉になります。 たとえば「二次会に参加させてもらう」は、「参加の許可」を相手にもらい、「参加できるという恩恵」を自分が受けます。 このように、許可を求めて恩恵を受ける場合に「させてもらう」を用いることができます。 敬語について簡単にご説明 「させてもらう」の敬語表現の説明をする前に、まずは敬語の種類について分かりやすく簡単にご説明します。 学校で習ってる内容ですが、意外と忘れてる方も多いです。 既にご存知の方も、復習する意味も兼ねてざっと目を通してみてください。 敬語は大きく分けて3種類! 敬語は「尊敬語」「謙譲語」「丁寧語」の3種類に分類されます。 「尊敬語」とは、相手に敬意を払った言い方で、主に相手の行動について表現する際に用いられる敬語です。 この「尊敬語」は目上の方にしか使えないのが特徴です。 「謙譲語」とは、自分を下に置くことによって相手を間接的に高めたへりくだった表現になります。 語によっては目上の方にしか使えないものもあります。 また、目下 もしくは自分と同等 の人の行動を敬語で表したい時に使われるのが謙譲語です。 最後に「丁寧語」とは、文末に「です」や「ます」がついた丁寧な言い方をするもので、これも敬語になります。 二重敬語はNG! 二重敬語の例 たとえば、「お越しになられる」「お休みになられる」は二重敬語です。 これは尊敬語の型である「お~なる」を用いて表現していますので、「お越しになる」「お休みになる」で一つの尊敬語になります。 ですが、「お~なる」の「なる」の部分をさらに尊敬語を使って「なられる」にしています。 この「なる」の部分で、同じ種類の敬語 尊敬語 が重なってしまっています。 これが「二重敬語」と呼ばれるもので、敬語としては誤った表現になります。 ただし、中には習慣として広く定着したものもあり、これについては使ってもいいと文化庁で認められています。 「お召し上がりになる」や「お伺いする」なども実は二重敬語ですが、広く習慣化されているので使ってもいいとしています。 もっと詳しく知りたい方はこちらをご参照ください。 「させてもらう」を敬語表現するとどのようになるでしょうか。 上記でご説明した「尊敬語」「謙譲語」「丁寧語」のそれぞれについてご説明します 謙譲語「させていただく」 「させてもらう」を謙譲語で表現すると「させていただく」になります。 上述したように、「させてもらう」は「させて」と「もらう」に分解できますので、「もらう」の部分を謙譲語を使った表現をします。 「もらう」の謙譲語は「いただく」なので、「させていただく」という表現になります。 この「いただく」は漢字ではなく平仮名で表記します。 漢字の「頂く」にすると「物をもらう」という意味の動詞の謙譲語になります。 この「~してもらう」の意味として使われる「いただく」は補助動詞の役割をもっていますので、これは平仮名で表記するルールがあります。 ご注意ください。 これは二重敬語ではない! この「させていただく」は二重敬語には当たらないので、使って問題ありません。 たとえば、「ご報告させていただく」「お休みさせていただく」など、「お ご ~する」という謙譲語の形をとっています。 そして「いただく」の部分も謙譲語ですが、「ご報告する させ 」「お休みする させ 」の間に「て」が入って2つの語が繋がった形をしています。 この「て」で繋がってる敬語を「敬語連結」と言い、これは二重敬語に当たらず、適切な敬語表現であると文化庁の「敬語の指針」で明記されています。 ですので、「させていただく」を使った表現は間違いではないので、安心して使ってください。 丁寧語「させてもらいます」 多くの方が無意識に使ってる一番馴染みのある敬語といったら丁寧語でしょう。 上述したように、「丁寧語」は文末に「です・ます」で締めくくられてる丁寧な表現になります。 なので、「させてもらう」を丁寧語を使って表現したい場合は、「させてもらいます」でOKです。 尊敬語は該当なし! 実は「させてもらう」の尊敬語は該当する語がありません。 そもそも尊敬語は、相手を敬う表現なので自分の行動については尊敬語を用いることはしません。 上述したように、目上の方に対してのみ使われるのが尊敬語です。 「~させてもらう」という言葉は、自分が行動することを表すので、尊敬語を用いるのはNGです。 ですので、この「させてもらう」の尊敬語は該当する言葉はありません。 ちょっと敬語の知識がある方でしたら、「『させてくださる』じゃないの?」と思った方もいるでしょう。 実はこの「させてくださる」は「『させてくれる』の尊敬語」になるので「『させてもらう』の尊敬語」ではありません。 「させてもらう」と「させてくれる」の違いは? 「させてもらう」も「させてくれる」も相手に許可を取って行動し、その恩恵を受けるという点においては同じ意味を持っています。 この両者の違いは「視点」です。 誰目線の話なのかに着目してください。 「させてもらう」は自分側の話です。 「 自分が ~させてもらう」「 わたしは ~させてもらった」のように、「自分」を基準とした話になります。 一方、「させてくれる」は相手側が視点になります。 「 相手が ~させてくれる」「 あなたが ~させてくれた」と、相手側を基準にしてストーリーが展開されます。 ですので、上述したように、相手の行動を表すものになるので「させてくださる」は「させてくれる」の尊敬語として使うことができます。 以上のことから、「させてもらう」は自分側の視点、「させてくれる」は相手視点になることを覚えておきましょう。 「させてもらう」の敬語はどう使ったらいい? 二種類ある 「させてもらう」を敬語で表すなら「させていただく いただきます 」か「させてもらいます」のどちらかです。 相手によって使い分けましょう。 基本的な使い方 相手によって「させていただく いただきます 」か「させてもらいます」かの使い分けをしてください。 目上の方なら「させていただく いただきます 」を使います。 「いただく」が「もらう」の謙譲語で、自分を下に置いて相手を高める表現になりますので、目上の方に使う表現です。 一方、目下の人にへりくだる必要はないため、目下 もしくは同等 の人には「させてもらいます」を用います。 自分と同等もしくは目下の人に対して「いただく」の謙譲語を使うのは不適切です。 以上のことから、目上の人には「させていただく いただきます 」、目下 同等 の人には「させてもらいます」を使い分けるようにしてください。 メールでの使い方 メールにおいても使い方は同じです。 大前提として、相手に許可を求める意を含んだ表現であること、その恩恵を受ける場合に「させてもらう」と表現します。 なので、特に相手に許可を求めない場合や恩恵を受けない場合などは「させてもらう」を用いるのは不適切です。 そして、使う相手にも注目してください。 上述したように、目上の方には謙譲語の「させていただく いただきます 」、目下 同等 の人には丁寧語の「させてもらいます」です。 きちんと使い分けをしましょう。 「さ入れ言葉」とは、「歌『わ』させてもらう」「行か『さ』せてもらう」などの「さ」が入った言葉です。 これらの表現は誤りとされていますので、使わないようにしてください。 見分け方としては、動詞に「ない」を付けてみて、「ない」の直前の文字が母音が「あ」だと「さ」は使いません。 「歌う」に「ない」を付けてみると「歌わない」になり、「ない」の直前の文字は「わ」で、これは母音が「あ」です。 なので、この場合は「さ」を入れない表現をします。 「食べる」に「ない」を付けてみると「食べない」になり、「ない」の直前の文字は「べ」で母音は「え」になりますので、母音が「あ」じゃない時には「さ」を入れてOKです。 ですので、この場合「食べさせてもらう」は使ってOKな表現です。 「させてもらう」を別の敬語表現にすると? 「させてもらう」の敬語表現の「させていただく」ですが、これを別の表現にする場合は「~いたします」を用いましょう。 「いたします」は「する」の謙譲語ですので、敬語として正しい表現です。 「ご報告させていただきます」は「ご報告いたします」、「ご連絡させていただきます」は「ご連絡いたします」と、「~いたします」と簡潔に述べてOKです。 「させていただく」より「いたします」のほうが文章もスッキリしているので、文字にしても読みやすいですし、言う側も端的に述べることができます。 「させていただく」症候群にご注意を! 「させていただく」は丁寧な印象を受けますので、多くの人が多用しがちです。 多用しすぎていることを「させていただく症候群」と呼ばれるぐらい「させていただく」は使う頻度の高い言葉です。 敬語としては正しい表現なのですが、あまりに多用しすぎると「回りくどい」「文章が長くて見づらい」など、他の人からあまり良い印象を持たれないこともあります。 ですので、上述した「させてもらう」の別の表現「する いたします 」をできるだけ使うように心がけましょう。 「させていただく」より「いたします」を! これまで説明してきたように、「させていただく」は謙譲語を用いていて敬語として正しい表現です。 これは、相手に許可を求める意を含んでおり、その恩恵を受ける場合に「させていただく」を用いましょう。 また、この言葉は目上の方にのみ使える言葉なので、目下 同等 の人に対しては「させてもらいます」の丁寧語でOKです。 ただし、「させていただく」は正しい敬語ではありますが、人によっては回りくどい印象を受けたり、文章が長くなって読みづらいこともあります。 ですので、「させていただく」より簡潔に述べることのできる「いたします」を用いてください。 「させていただく」はベター、「いたします」がベストだと覚えておいてください。 正しい言葉遣い、良い印象を与えることができる言葉を使って、仕事や人付き合いが円滑に回るようにしましょう。

次の

「していただく」の意味と使い方、敬語、「してくださる/させていただく」の違い

もらう 謙譲語

ビジネスシーンにおいて、やはり 「もらう」行為というものはつきものです。 お茶の接待や差し入れを「もらう」こともあれば、仕事を「もらう」こともあります。 【敬語】…「もらう」の基本的な使い方とその意味とは? まず「もらう」には 「くださる」「いただく」など、さまざまな敬語があります。 もちろん、それぞれの言葉は、相手とその関係、相手と自分たちのビジネス上の状況などを踏まえて、適切な言葉を使う必要があります。 早速ですが「もらう」の敬語について、詳しく見ていくことにしましょう。 1.「もらう」の敬語で一般的なのは「お受け取りになる」「いただく」など 「もらう」という言葉をビジネスシーンで敬語として使用する場合、一般的な敬語としては「お受取りになる」や「お納めになる」となることが多いです。 例えば、先方の企業に資料などを送った場合は、「資料をお送りしましたのでお受取りになってください」というように使うのが一般的です。 一方、先方の企業から資料が届くときには、「いただく」や「頂戴する」といった 謙譲語を含む敬語と使用すると良いでしょうす。 例えば、「新商品のご提案をいただきまして、ありがとうございます」のように使用することをおすすめします。 スポンサーリンク 2.電子メールに使われる「ご査収」は敬語になるのか? 「もらう」の敬語には、「お受取りになる」や「いただく」以外にも、さまざまな敬語があります。 例えば、電子メールなどで見る機会の多い「ご査収」という言葉も敬語にあたります。 「ご査収」には、書類などをよく調べて受け取るという意味があります。 実際に使うときには「資料を添付しておりますので、よろしくご査収ください」というように、先方に送った資料などを読んでもらいたい、そのことを伝えるために使うことが多いです。 この時に注意が必要なのは、既に確定した資料などを見てもらうときです。 ここで「ご査収」といってしまうと、既にすりあわせ済みの案件をまた見て欲しいという意味になり、相手に 二度手間をかけてしまうことになるので、作業や商談の進み具合によっては「ご査収」という言葉を使わない方がいいでしょう。 【尊敬語】…「もらう」の基本的な使い方とその意味とは? 敬語は行動の主体が誰かによって、使い方が変わります。 特に「相手の行動や相手の物を敬った表現」を敬語表現を尊敬語と言い、基本的に「お~になる」「お~られる」「お~くださる」という使い方をします。 この章では、もらうの「尊敬語」について詳しくご紹介します。 1.「もらう」の尊敬語は「お受け取りになる」または「お納めになる」が基本 もらうといえば、相手から自分に対して何かを「もらう」ことが一般的です。 自分から相手に対して何かを贈る場合は「あげる」ですので、自分があくまで 受身になっていることを忘れないようにしましょう。 スポンサーリンク ですので、自分がどのような立場の人から、なにをもらうのかによって、敬語も変わってくるというわけです。 実際、「もらう」の尊敬語は 「お受け取りになる」または 「お納めになる」のいずれかが望ましいでしょう。 例えば、上司が誰かから贈り物をもらうとき、自分は部下として上司に贈り物をするのですが、あくまで目上の上司に贈り物をするのですので、そこで「もらってください」とか「おもらいください」では、失礼極まりないです。 その時に「贈り物ですがお受け取りください」というようにすれば、尊敬語を十分に活用できているといえます。 2.「もらう」の尊敬語をビジネスシーンで使うときの例文は? それでは、実際に「もらう」の尊敬語を、実際に使うときの例文をいくつかご紹介したいと思います。 先ほども紹介しましたが、目上の人に対して何らかの贈り物をする時に、どのような言葉を使うと 失礼に当たらないか、それを考慮しながら例文を見てください。 ここで紹介したいのは 「お納めください」という尊敬語です。 別の言い方をすれば「ご査収ください」とも言い換えることができるのですが、目上の人に対して何かを報告する、金額を提示するときには、それらに関する資料を「お納めください」と尊敬語で渡すことも可能です。 お納めくださいとは、平たく言えば「納入」のことです。 納入するという行為を、尊敬語で先方に伝えると「お納めください」となる、その仕組みだけは覚えておいてください。 3.第三者の立場で「もらう」行為を表現するときには「もらわれる」で十分 ビジネスシーンにおいては、自分以外の誰かが「もらう」行為を行い、そのことを自分が伝えなくてはならないこともあります。 例えば、上司が取引先の企業から資料を提供されていた、そのことを「もらう」の尊敬語を使って表現するならば、次のような言葉になります。 スポンサーリンク 一般的には「もらわれる」という言葉を使うのが、ビジネスシーンにおいては常識といえます。 最後の例文の「おもらいになる」という言葉でも、使って問題があるわけではありません。 ですが、めったに聴かない言葉であることと、聞き間違えると「おもらし」など、汚らしい言葉に聞き取れることもあるので、できることなら「もらわれる」とか「受け取られる」など、 シンプルで 意味がわかりやすい敬語を使うことをお勧めします。 【謙譲語】…「もらう」の基本的な使い方とその意味とは? 次に「もらう」の謙譲語を見ていきましょう。 謙譲語の場合は、目上の人から自分に対して何かを頂戴すること、そのことを へりくだって表現することで、相手に対する経緯を表現する必要があります。 「もらう」の謙譲語についても、例文を踏まえて詳しくご紹介しましょう。 1.「もらう」の謙譲語としては「いただく」でも十分活用できる そもそも、謙譲語は 自分側をへりくだる表現です。 謙譲語は、基本的に自分の行為または自分側の人の行為を指して使うのが基本です。 例文としては、次のような例があります。 ・A社の部長様からご連絡を頂戴しました ・B社のご担当者様からご提案をいただきました ・C社との業務提携の話で、お話をくださいました ここで 「くださる」という言葉を例示しましたが、この「くださる」も十分謙譲語として使えます。 一般的に「くださる」は、自分たちよりも目上にあたる人々が、自分たちのためにアクションを起こしてくれた時などに、使うことのできる謙譲語ですので、活用してもいいでしょう。 【丁寧語】…「もらう」の基本的な使い方とその意味とは? 次に「もらう」の丁寧語を見ていきましょう。 丁寧語は一般的に 「です・ます」を動詞や形容詞に付け加えるだけで活用できるとされていますが、「もらう」の場合には、なかなか難しい場合があります。 「もらう」の丁寧語は、単純に言えば 「もらいます」になってしまいますので、これでは物をもらうだけなのか、何かをしていただくことなのか、正直言ってわかりにくいのです。 そのことを踏まえて、これから例示する内容について確認してみてください。 1.「もらう」の丁寧語は「です・ます」ではなく「えます」で代用する 丁寧語は、日常的に幅広く使える丁寧な言葉であり、「です・ます調」を使うだけなので、非常にシンプルに丁寧さを表現することができます。 しかし、 目上の人とのコミュニケーションの際には、尊敬語や謙譲語と組み合わせて使うことが望ましいです。 「もらう」の丁寧語は単純にです・ます調に直すと「もらいます」になることは、先ほどご紹介しましたが、もともと「もらう」という行為が相手にお願いをする意味があります。 それが「もらいます」と言い切ってしまえば、まるで行為を 強制するニュアンスになってしまうので、このまま使うと高圧的な印象を与えてしまいます。 ですので、「もらいます」ではなく、むしろ「もらえます?」と疑問形にして使う方が、相手への高圧的な印象を少しは和らげることができます。 2.「もらう」と「くれる」の意外な意味の違いにも注目しよう 「もらう」と同じ意味合いの言葉といえば 「くれる」という言葉があります。 ・上司の許可もあって、弊社にいいご提案を差し上げることができました。 ・同僚の協力で、弊社のご提案を実現させていただく目処が立ちました。 このように、丁寧語を使って立てるべきは「弊社」であることを、日ごろから忘れないでください。 何気なく使っている会話文の中で、これらの丁寧語の言い間違いに気づく人はいないかもしれませんが、むしろ気づく人がいれば、あなたの 気遣いに気づくことになるでしょうから、きっとあなたの株が上がることは間違いないでしょう。 まとめ 今回は「もらう」という言葉の敬語について、詳しくご紹介しました。 「もらう」という言葉には、相手から受けた恩恵に対する 敬意が込められています。 その恩恵に対して、もちろん「ありがとうございます」という言葉を発することは必要ですが、いただいた恩恵に関して、十分に敬意を払った接し方をすることも重要です。 もちろん、その時には自分の立場をへりくだって相手に伝えるということは、どんな敬語を使うときでも変わりはありません。 特に「もらう」という言葉には、「いただく」「頂戴する」「お受け取りになる」など、さまざまな敬語があるということは、さまざまな感謝の表し方が必要であったという証ともいえます。 ビジネスでは、どのような出来事が、いつ起こるかわかりません。 そんな「いつかの出来事」の時に、過去の振る舞いが失礼になっていて、親身に対応をしてもらえなくなるようなことがないように、日ごろからしっかりと敬意を払った接し方を心がけましょう。

次の

第二話「敬語の基本」理解度チェックの解答

もらう 謙譲語

取引先の方から「御社の別の担当の方から聞いたよ」と言われ、敬語に慣れていなかった私は「伺われましたか」ともう尊敬語と謙譲語がごちゃごちゃな状態で答えてしまいました。 その場で取引先の方にご指摘をいただき、今では絶対に間違いません。 また後輩をみていてよくあるのが、尊敬語や謙譲語に加えて、社内外の人間の関係性が加わると更に混乱しているケースがあります。 この体験談を寄せてくれたMさんは、過去の教訓から「二度と敬語で失礼なことはしない」と誓い、普段の一言までに注意ができるようになったと言います。 しかし、理想的なのは「最初から間違えないこと」です。 この記事を読んで、恥ずかしい思いをしないようになりましょう。 敬語への変換:「聞く」の尊敬語は? 敬語のうち、尊敬語は相手を高めて言い表すときに用います。 ビジネスシーンでは取引先の人や自分の上司が尊敬語で話す対象です。 では、「聞く・聞いた」の尊敬語はなんでしょう。 すぐに思いつきましたか? 「聞く」の尊敬語は「お聞きになる」「聞かれる」 目上の人に対して使う尊敬語。 「聞く・聞いた」の尊敬語は「お聞きになる」「聞かれる」です。 なお、「お聞きになる」と「聞かれる」では、「お聞きになる」の方がより丁寧な表現です。 「お名前を頂戴できますか」は間違った敬語 受付などで、お客様に名前を聞く際に、「お名前を頂戴できますか」という方がいますが、これは、「お名前をお聞かせいただけますか」の間違った敬語です。 もしくは「お名前を伺ってもよろしいでしょうか」が適切です。 敬語への変換:「聞く」の謙譲語は? 敬語のうち、謙譲語は相手に対して自分が一歩引いた立場で用います。 自分をへりくだる敬語です。 こちらも目上との会話で使う敬語ですが、尊敬語よりもあらゆるシーンで使いこなせるスキルが求められます。 「聞く」の謙譲語は「伺う」「拝聴する」「お聞きする」 「聞く」謙譲語として適切な表現は「伺う」「拝聴する」「お聞きする」です。 例えば、「私が話を聞く」を謙譲語にすると、 「私がお話を伺う」 「私がお話をお聞きする」 「お話を拝聴する」 となります。 普通のビジネスシーンではあまり使うことはないでしょう。 「伺う」か「お聞きする」が「聞く」一般的な謙譲語と理解しておいてください。 よく間違われる「聞く・聞いた」の敬語表現 「話を聞く・聞いた」「お話を伺う」の敬語で間違った使い方をしている方が多くいます。 間違ったまま覚えてしまうと厄介ですので、ここでもう一度、見直してみましょう。 間違いに気づいた人は今日から正すよう気をつけてください。 目上の方に謙譲語を使っているケースが多い 前述にもある通り、謙譲語は自分をへりくだって表現する敬語です。 しかし、客先や上司などの目上の人に対して謙譲語を使用しているケースが多いようです。 目上の人には尊敬語を使いましょう。 例えばお客様に対して、「担当者に伺ってください」は間違いです。 客を敬うには尊敬語を用いる必要がありますから、この場合は「担当者にお聞きください」あるいは「担当者にお尋ねください」が正解です。 また、部長に対して、「部長、この講演は拝聴されましたか?」も不適切です。 「部長、この講演は聞かれましたか?」が正しい敬語ですね。 「聞く」の正しい敬語を覚えて、尊敬語と謙譲語を正しく使い分けよう 「聞く」を敬語に変換する方法を紹介しましたが、参考になりましたか?「聞く・聞いた」という言葉は日常生活の中でも頻繁に出てきます。 しっかりマスターして、ビジネスに限らず、あらゆるシーンで使いこなせるようにしましょう。 「お話を伺う」や「話を聞く」など、ビジネス上でよく使う「聞く・聞いた」の尊敬語と謙譲語は一度覚えてしまえば簡単ですので、あとはスムーズに会話中に使えるように練習もしておきましょう。

次の