オドメール 点眼 液。 オドメール点眼液0.1%の基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

オドメール点眼液0.1%(千寿製薬株式会社)

オドメール 点眼 液

人により副作用の発生傾向は異なります。 記載されている副作用が必ず発生するものではありません。 また、全ての副作用が明らかになっているわけではありません。 主な副作用 過敏症、眼瞼炎、眼瞼皮膚炎、発疹、眼刺激感、結膜充血、角膜沈着物、下垂体・副腎皮質系機能抑制、創傷治癒遅延 起こる可能性のある重大な副作用 眼内圧亢進、角膜ヘルペス、角膜真菌症、緑膿菌感染症、角膜穿孔、緑内障、後嚢下白内障 オドメール点眼液0. 用時よく振り混ぜた後、1回1~2滴、1日2~4回点眼する• 年齢、症状に応じ、適宜増減する オドメール点眼液0. 以下の病気・症状がみられる方は、• 過敏症• 角膜潰瘍• 角膜上皮剥離• 化膿性眼疾患• 結核性眼疾患• 真菌性眼疾患• ウイルス性角膜疾患• ウイルス性結膜疾患 患者の属性に応じた注意喚起• 以下にあてはまる方は、• 妊婦・産婦• 新生児 低出生体重児を含む• 幼児・小児• 高齢者 年齢や性別に応じた注意喚起• 以下にあてはまる方は、服用・利用の際に慎重な判断が必要です。 2歳未満 0歳〜1歳• 以下にあてはまる方は、服用・利用の際、十分に注意して下さい。 高齢者 65歳〜.

次の

ステロイドの目薬

オドメール 点眼 液

炎症の反応過程におけるアラキドン酸の生成を阻害することにより炎症を抑えます。 通常、眼瞼炎、結膜炎、角膜炎、目の手術後などの炎症の抑制に用いられます。 次のような方は使う前に必ず担当の医師と薬剤師に伝えてください。 以前に薬を使用して、かゆみ、発疹などのアレルギー症状が出たことがある。 角膜上皮剥離、角膜潰瘍、ウイルス性結膜・角膜疾患、結核性眼疾患、真菌性眼疾患、化膿性眼疾患がある。 コンタクトレンズを使用している。 妊娠または授乳中• 他に薬などを使っている(お互いに作用を強めたり、弱めたりする可能性もありますので、他に使用中の一般用医薬品や食品も含めて注意してください)。 用法・用量(この薬の使い方)• あなたの用法・用量は 医療担当者記入• 用時よく振り混ぜたのち、通常、1回1〜2滴を1日2〜4回点眼しますが、年齢・症状により適宜増減されます。 必ず指示された使用方法に従ってください。 点眼前に石けんで手をきれいに洗ってください。 次に点眼瓶をよく振ってからキャップを開け、容器の先端が直接目にふれないように点眼してください。 点眼後はしばらく目を閉じ、まばたきをしないでください。 あふれた液はガーゼやティッシュなどでふき取ってください。 他の目薬も使う場合は、5分以上の間隔をあけて点眼してください。 点眼し忘れた場合は、気がついた時にできるだけ早く点眼してください。 ただし、次に点眼する時間が近い場合は点眼しないで、次の点眼時間に1回分を点眼してください。 2回分を一度に点眼してはいけません。 誤って多く使った場合は医師または薬剤師に相談してください。 医師の指示なしに、自分の判断で使うのを止めないでください。 生活上の注意•

次の

オドメール点眼液0.02%の効果・副作用と相談事例

オドメール 点眼 液

主な副作用として、眼刺激感、結膜充血などが報告されています。 このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。 まれに下記のような症状があらわれ、[ ]内に示した副作用の初期症状である可能性があります。 このような場合には、使用をやめて、すぐに医師の診療を受けてください。 (続けて使用したとき)眼痛、頭痛、見えにくい [緑内障]• 眼痛、涙が出る、見えにくい [角膜ヘルペス、角膜真菌症、緑膿菌感染症、角膜穿孔]• (長期に使用したとき)見えにくい [後嚢下白内障] 以上の副作用はすべてを記載したものではありません。 上記以外でも気になる症状が出た場合は、医師または薬剤師に相談してください。 副作用の似たお薬• 使用上の注意 (事前に医師・薬剤師に伝えるべきこと)• 用時よく振り混ぜたのち、通常、1回1〜2滴を1日2〜4回点眼しますが、年齢・症状により適宜増減されます。 必ず指示された使用方法に従ってください。 点眼前に石けんで手をきれいに洗ってください。 次に点眼瓶をよく振ってからキャップを開け、容器の先端が直接目にふれないように点眼してください。 点眼後はしばらく目を閉じ、まばたきをしないでください。 あふれた液はガーゼやティッシュなどでふき取ってください。 他の目薬も使う場合は、5分以上の間隔をあけて点眼してください。 点眼し忘れた場合は、気がついた時にできるだけ早く点眼してください。 ただし、次に点眼する時間が近い場合は点眼しないで、次の点眼時間に1回分を点眼してください。 2回分を一度に点眼してはいけません。 誤って多く使った場合は医師または薬剤師に相談してください。 医師の指示なしに、自分の判断で使うのを止めないでください。 用法・用量の似たお薬• 保存方法・その他.

次の