イオンウォレット。 イオンお買物アプリ 新規登録特典 | イオン

初めてイオンウォレットというアプリをインストールしました。

イオンウォレット

2019年11月引落分より環境保全への取り組みとして、請求明細書をこれまでの印刷物からWeb明細に移行してまいります。 はい、知ってますとも。 今まで通りの紙明細が良くても、今後は発行手数料110円(税込み)かかってしまいます。 カード保持率が、楽天に次いで2位というイオンカード。 楽天カードに比べると、イオンカード会員はシニア世代が多いのも特徴の一つ。 実際のイオン店舗で使えるのが強みなのかも知れませんが、アナログ世代としては、Web明細化に壁を感じている人も多いのではないでしょうか。 可愛いお孫ちゃん達の将来の為に、環境問題には多少なりとも貢献した方がいいのよね? 今はネット社会なんだし、Web明細が当たり前になるのよね? そう言い聞かせて、重たい腰を上げてみようじゃありませんか。 Web明細への移行は簡単です。 しかも、便利が良いのです。 Web明細を利用するには、2通りの方法があります。 双方利用してみて、イオンウォレットアプリの使いやすさを実感しました。 そこで、イオンウォレットの登録手順~使いやすい点などをまとめてみました。 イオンウォレットの使い方 イオンウォレットとは まず、これを知らなきゃ始まりませんね。 イオンウォレットとは: イオンクレジットサービスが運営するイオンカード公式アプリのこと。 ・利用明細 ・ポイント照会 ・お得な特典お知らせや、優待施設の検索 ・限定クーポン ・イオン銀行をお持ちの場合残高照会 などが無料で利用できます。 バースデーパスポートやサンキューパスポートも、イオンウオレットアプリから入手できます。 イオンウォレットに登録できるカードの種類 イオンウォレットに登録できるカードは以下の通りです。 アプリの見方・使い方 ログインして実際に使ってみましょう。 イオンウオレットアプリをタップして ログイン。 下には次によく使うサービスが集められています。 ときめきポイントをWAONポイント交換は左上段。 優待施設を調べるのは下段中央。 ホーム画面や、クーポンへも始めの画面から入れます。 イオンウオレットの良い点 イオンウオレットアプリと、暮らしのマネーサイトを、使い比べての良い点3つ。 ・ TOP画面からワンアクションで見たい情報に飛べる ・画面が シンプルで分かりやすい ・ 複数カードを持っている場合の 管理がしやすい クレジットカードの他に単体のWAONカードを持っている場合、2枚カードを登録できます。 アプリ上では、カードを1度スライドしただけで2枚目のカードの詳細が分かる仕組み。 ポイント管理も一段としやすくなりますよね。 次にWeb明細にすると良い点3つ。 ・ ゴミを減らせ、捨てる時の面倒な個人情報を消したりシュレッダー作業がない ・紙明細より、 早く料金確認できる ・スマホ1つで事足るので、 紙のクーポンを持ち歩く必要がない 分かりきった事でしょうが、とにかく管理が楽になるのです。 この、画面がシンプルで分かりやすいのが1番の押し。 暮らしのマネーサイトは、なぜか ログアウトが画面中ほどに位置していて非常に分かり辛いかった。 ログアウトってスクロールして一番下とかメニュー画面の下とか分かりやすい部分にあるのが一般的。 だけど、暮らしのマネーサイトの場合、途中に突然現れるものだから、見過ごしてすんげぇ探すのよ。 毎回なんでこの位置なの?って思っていました。 老眼進んでくると酷なの、そーゆーのがいちいち。 イオンウオレットアプリだと、ログアウトしたい時は左上の メニューをクリックすると下の方に表れます。 分かりやすさは大事ね。

次の

【重要】アプリ「イオンウォレット」のバージョンアップのお願いと一部OSの対応終了について|イオンカード 暮らしのマネーサイト

イオンウォレット

先日、イオンに買い物へ行った際「イオンカード公式アプリ イオンウォレット」というパンフレットをみつけました。 パンフレットを読んでみると、イオンカードをより便利に使うためのアプリだと書かれていました。 しかし、イオンカードを持ってるとは言え、ほとんどクレジットカードとして利用しておらず ポイントカードとイオン銀行キャッシュカードとして利用している私が、イオンカードのアプリをダウンロードして なにかメリットがあるのでしょうか。 お得なクーポンが利用できるようになるようですが、他にはどのような機能・メリットがあるのか、疑問に思ったので 今回は、イオンカードの公式アプリ「イオンウォレット」の詳細はもちろん• ダウンロード方法• アプリでできること• メリット を中心に、実際に使ってみた感想も交えてご紹介していきます。 利用明細確認• ポイント紹介• クーポン利用• お得なお知らせ配信 ができるものです。 登録できるイオンカードは以下の3種類• クレジットカード• デビットカード• WAONカード WAONカードのみの登録不可 WAONカードの場合は、クレジットカードかデビットカードを先に登録することで、WAONカードも登録できるようになります。 イオンウォレットの便利な機能3つ• 利用明細やポイントの確認• アプリにクーポンが届く• お知らせが届く イオンウォレットのアプリでは登録しているイオンカード クレジットカード の利用明細・請求額や保有ポイントを確認することができます。 アプリには複数枚のカードが登録でき、画面をスワイプするだけで各カードの明細が見れるので便利ですね。 また、イオンウォレットにはクーポンが配信されます。 イオン以外でもコンビニなどで使えるクーポンが届くので普段のお買い物でもお使いいただけます。 カード利用代金の請求額のお知らせや、キャンペーン情報もアプリに配信されます。 ダウンロードするメリット イオンカードをお持ちの方が、こちらのアプリをダウンロードするメリットはあるのでしょうか。 先ほども紹介しましたが、明細やポイントの確認がその場でできるのが最大のメリットなのではないかと考えます。 クーポンやお得なキャンペーンの情報が届くのも嬉しいですね。 会員限定のお知らせも今後配信されるそうなので、どれくらいお得な情報なのか期待です。 App Store• Google Play どちらも対応しています。 私はiphoneを使っているのでApp Storeからダウンロード、手順を詳しく紹介していきます。 「イオンウォレット」と検索し表示されたら「入手」をタップ 「開く」をタップ アプリが開いたら画面下部の「はじめる」をタップ アプリ利用規約を一読し問題なければ「同意する」をタップ 通知を「許可」をタップ、あとで通知設定を変更することも可能です。 ログインはイオンスクエアメンバーのIDとパスワードが必要です。 もし、ログインIDをお持ちでないかたはまず新規登録を行いましょう。 カードをタップして表示設定を選択します 支払い金額かカード券面のどちらか どちらを選択しても大丈夫です。 ここではイオンカードの利用明細を確認することができます。 アプリから配信されるクーポンを確認できます。 現在行われているキャンペーンを確認ことができます。 イオン銀行の残高確認がこのアプリでもみることができます。 優待施設 イオンカードを提示するなど条件がありますが、飲食店やホテルなどで割引などが受けられます。 各種設定ではイオンスクエアメンバーIDの変更などができます。 もし普段からイオンカードをお使いの方でしたらお支払い額がその場で確認できます。 イオン銀行の口座残高もこちらのアプリから確認することができるのですが、私はイオン銀行の通帳アプリを使っているので、こちらのアプリで確認しなくても…といった感じです。 イオンウォレットアプリからは口座残高の確認のみ可能ですが、イオン銀行の通帳アプリでは• 普通預金・定期預金の口座残高• 今月のmyステージ• ATM手数料などの特典確認• 入出金明細の確認• お知らせ• 店舗・ATM検索• 通知一覧 と、イオンウォレットアプリ以上の情報を確認することができるので、イオン銀行に関してはイオン銀行のアプリを利用するのがおすすめです。 まとめ いかがでしたか? イオンカード公式アプリの「イオンウォレット」 イオンカードをより便利に使うためのアプリで• 利用明細確認• ポイント照会• クーポン利用• お得なお知らせ配信 といったことができます。 登録できるイオンカードは以下の3種類• クレジットカード• デビットカード• WAONカード WAONカードのみの登録不可 WAONカードの場合は、クレジットカードかデビットカードを先に登録することで、WAONカードも登録できるようになります。 インストールは、他のアプリ同様です。 実際にインストールし、使ってみました。 イオンカードセレクト保有• クレジットカードとしては使用していない• イオン銀行キャッシュカード・waonポイントカードとして利用 という私には、イオンウォレットはそれほど魅力的に感じていません。 もちろん普段からイオンカードを利用している、イオンもよく行く、という方でしたら• 毎月の明細がぱぱっと確認できて便利• 利用できるクーポン・キャンペーンが多い かもしれません。 しかし私が住む街では、クーポンがある店舗数も少なく 何件か飲食店のクーポンをみつけましたが、自宅から遠いお店でわざわざ行くこともないなぁ…という感じです。 イオン銀行口座の残高を確認することもできますが、イオン銀行の通帳アプリの方が• 普通預金・定期預金の口座残高• 今月のmyステージ• ATM手数料などの特典確認• 入出金明細の確認• お知らせ• 店舗・ATM検索• 通知一覧 と、イオンウォレットアプリ以上の情報を確認することができるので、イオン銀行に関してはイオン銀行のアプリを利用するのがおすすめですし、私はイオン銀行の通帳アプリで十分かなぁと思います。 もし、イオンカードを普段から使っている方でしたら、請求額等確認が簡単なのでおすすめですが あまり使っていない、とりあえずイオンカードは持っているだけといった私と似たような使い方をしている方でしたら わざわざインストールをしなくても良いかなぁと思います。 以上、【イオンカード公式アプリ】イオンウォレットは本当に便利なアプリなのか、でした。

次の

イオンウォレットはイオンユーザー必須アプリ!便利機能や使い方を徹底解説!

イオンウォレット

スポンサーリンク イオンカードのおトクなクーポン イオンカード会員になると、さまざまなおトクなクーポンを取得することができます。 請求書とともに届くクーポン まず、毎月の請求書には必ず、カードインフォメーションとともに、1日限りの会員価格クーポンなどが同封されています。 1日限りの会員価格クーポンは、イオンスタイルやイオンの直営会場で、クレジットカード払いで使うことのできるクーポンです。 Web明細(環境宣言)に登録した場合は、これらのクーポンは、Webから取得できますのでご安心ください。 ハガキやイオンウォレットで届くクーポン さらに、イオンカードからは「パスポート」という名のさまざまなクーポンが送られてきます。 パスポートはハガキで届いたり、イオンカードのアプリ「イオンウォレット」に配信されます。 主なものとしては、次の2つのパスポートがあります。 サンキューパスポート・・・利用金額にかかわらず、月1回以上クレジットカードでショッピングをすると送られてくるパスポートで、衣料品や生活雑貨などが5%から10%オフになります。 バースデーパスポート・・・年1回、お誕生日月に合わせて送られてくるパスポートで、お誕生日月の都合の良い1日に、5%から10%オフでショッピングをすることができます。 なお、ハガキで届くのもイオンウォレットに配信されるのも同じパスポートです。 また、イオンウォレットには、パスポートのほかにも優待店のクーポンなどが配信されます。 こちらは、イオンカードのアプリ「イオンウォレット」とは別のアプリで、イオンでのお買い物がおトクになるアプリです。 イオンお買い物アプリにイオンカード等を登録すると、おトクなクーポンを取得することができます。 今なら、新規登録でクーポンをもらえるチャンスです。 登録できるカードは、次のいずれかで、イオンJMBカードは対象外となっています。 各種イオンカード• 電子マネーWAONカード モバイルWAON含む• WAON POINTカード• イオンバンクカード 登録するカードによって、クーポンの割引率や配信数などが異なるのですが、なかでも割引率が高いのはイオンカードです。 どのようなクーポンが配信されるのかというと、月間クーポンや商品クーポンなどです。 月間クーポン・・・イオンカードまたはWAONカードを登録した場合に、暮らしの品が5%から10%オフになるクーポン• 商品クーポン・・・対象の商品が10円から30円引き、または10%から20%オフになるクーポン• まいにち夜市クーポン・・・対象商品が週替わりで配信される、毎日16時以降に使える商品クーポン また、登録したカードでショッピングをすると、 イオンお買い物アプリ内にスタンプが貯まります。 貯まったスタンプもまた、クーポンと交換することができるのです。 「暮らしのマネーサイト」MyPageへログイン• <カードご利用確認>をクリック• ページ下部の<おトクなお知らせ>をクリック なお、<おトクなお知らせ>はWeb明細(環境宣言)に登録している場合にのみ表示されます。 また、請求のない月には表示されません。 どのように利用するのかというと、そのままWEBの画面を提示して割引されるものもあれば、イオンウォレットからクーポンをダウンロードして利用する場合もあります。 イオンウォレットのクーポンは、次の手順で利用することができます。 イオンウォレットにログイン• ホーム画面下段のメニュー内にある「クーポン」ボタンをタップ• クーポンを選択して、ご利用上の注意をよく確認• 「クーポンを使う」ボタンをタップ• 利用内容に間違いがなければ、ご利用確認画面で「利用する」ボタンをタップ• バーコードやプロモーションコード、提示用の画面が表示されますので、画面の表示に従って利用 イオンウォレットでクーポンを利用する際の注意事項 イオンウォレットでクーポンを利用する際には、注意しておきたいポイントがありますので、以下ご確認ください。 利用確認画面で 「利用する」ボタンをタップした後は、クーポンの利用を延期したり利用をキャンセルすることはできません。 そのため、すぐに使う場合にだけ「利用する」ボタンをタップしてください。 買い物後にクーポンを利用することはできませんので、あらかじめ、クーポンの利用上の注意をよく確認し、画面の表示に従って買い物時にクーポンを利用してください。 イオンウォレットにサンキューパスポートが表示されない場合がありますが、その場合はWeb明細(環境宣言)に登録していない可能性があります。 イオンウォレットに配信されたクーポンの内容について不明な点がある場合は、それぞれのクーポン発行元のお問合わせ先へ連絡してください。 ハガキで送られてくるパスポートの利用方法 ハガキで送られてくるパスポートは、会計前に提示し、イオンカード、イオンカードiDでのクレジット払いまたはイオンデビットカードで支払いをすることにより、割引してもらえます。 イオンお買い物アプリに会員登録をする• アプリの画面下にある「クーポン」をタップ• 表示されたクーポンのうち、使いたいクーポンをタップ• クーポンの詳細画面で「クーポンを使う」をタップ• 「利用する」をタップ• レジでバーコードを提示して読み取ってもらえばOK 当日限りのクーポンについては、「利用する」をタップすると、翌日以降は使えなくなってしまうのでご注意ください。 逆に、当日中であれば何度でも利用できます。 まとめ 今回は、イオンカードのおトクなクーポンについてご紹介しました。 イオンカードを持っていることで取得できるクーポンは、次のようにさまざまです。 請求書とともに届くクーポン• ハガキで届くクーポン• イオンウォレットに配信されるクーポン• イオンお買い物アプリから配信されるクーポン こんなにおトクなクーポンを取得できるのであれば、イオングループのお店をよく利用するイオンユーザーなら、イオンカードはぜひ持っておきたい1枚ですよね。 ここでは、それぞれのクーポンの内容、利用方法などについてご紹介しましたので、ぜひ参考にしていただき、クーポンでおトクにショッピングをお楽しみください。

次の