原油 ブル 掲示板。 原油価格が下がってるので2038原油ブルに注目してます。掲示板を...

2038原油ダブルブルETNとWTI原油の乖離について(東商取は期先が中心限月)

原油 ブル 掲示板

2038 原油ダブル・ブルETNの概要 ETNの仕組み NEXT NOTES日経・TOCOM原油ダブル・ブル 2038 は、 ETNと呼ばれる上場指数連動債券 仕組債 です。 このNEXT NOTESシリーズのETNは、野村グループの資金調達子会社であるノムラヨーロッパファイナンスN. オランダ法人 が発行し野村ホールディングスが保証する債券です。 これはそのままETFと比較したETNのデメリット・メリットです。 日経・東商取原油レバレッジ指数 2038がベンチマークにしているのは 「日経・東商取原油レバレッジ指数」です。 これは東京商品取引所 TOCOM の原油先物価格から算出される 「日経・東商取原油指数」の日次の騰落率を2倍にしたものです。 「日経平均」と「日経レバレジッジ・インデックス」の関係と同じです。 でも書きましたが、日次の騰落率を2倍にしているだけなので、1ヶ月や1年間の騰落率はもとの指数の2倍にはなりません。 2038とWTI原油の価格差 2038と関連指標の騰落率 以下の表は、2020年3月以降の 「2038の償還価額」「レバレッジなしの日経・東商取原油指数」「WTI原油先物円換算」の日次の騰落率を並べたものです。 WTI原油先物円換算は、前営業日の米国の終値を当日の日本の銀行TTMで円換算したものの騰落率です。 大きな差が出ている日を強調表示しています。 一見して、 2038の償還価額は確かにレバレッジなしの日経・東商取原油指数の2倍になっていることが分かります。 1日に数ベーシスの差が出るのはETNの管理手数料相当額でしょう。 つまり、2038が報道ベースの原油価格と異なる動きをしているように感じるのは、 レバレッジをかける前の日経東商取原油指数と報道ベースのWTI原油先物価格の差異です。 日経東商取原油指数とWTI原油つなぎ足の差異要因 以下のチャートは、2019年初から足元までの、レバレッジなしの日経東商取原油指数とWTI原油 つなぎ足 円換算の推移です。 値動きの方向は同じですが、 WTIの方が変動幅が大きい 派手に動く ようなチャートです。 推測も入りますが、日経東商取原油指数とWTI原油 のつなぎ足 の差異要因は 以下の3点だと考えています。 を確認したところ、基本的に日経東商取の指数は 月初5営業日目から5日間かけてロールオーバーするように算出されるようです 商品によって差あり。 ただ、先に挙げた日次騰落率を見ると、日次では値動きの方向がそもそも逆の日があるため、これだけでは説明できません。 WTI原油とドバイ原油の違い 主要な原油価格の指標は 「WTI」「北海ブレント」「ドバイ原油 中東原油 」の3つです。 東商取の先物は ドバイ原油です。 また、取引時間が異なるため、 東商取の日中取引の終値ベースで算出されるETNの償還価額と 前日の米国時間のWTI先物の終値を比べると、 時点にも差が出てしまいます。 夜間取引を考慮するとNYMEXのWTI原油先物との東商取のドバイ原油先物の取引時間はそれなりに被っているので、同じ時間帯の足で比較すると違った絵が見えるかもしれません。 ただ、個人の環境ではここまでの比較は難しいです。 このように、同じ「原油先物」であっても、商品性や取引時間が異なるため、価格形成に影響が出ている可能性があります。 中心限月の違い おそらく超重要 WTI原油先物と東商取のドバイ原油先物は、 中心限月が違います。 中心限月とは、取引量が多く、指標となる限月 銘柄 のことです。 WTI原油先物は、一番期限が近い「直近限月」の先物が中心限月になります。 本稿を執筆している2020年4月7日時点では、2020年5月限が直近限月です。 WTI原油に限らず、海外市場の商品先物の多くが、直近限月が中心限月であり、直近限月の取引終了日が近づくにつれて、徐々に取引の中心が第2限月に移っていきます。 これに対して、 東商取の先物は「期先限月」の先物が中心限月です。 WTIとは逆に、期日が遠い先物の方が流動性が高いです。 や、という説明もありますが、自分には正確な理由は分かりません。 ご存知の方がいましたらコメント欄かTwitterで教えていただけないでしょうか。 実際に、2020年4月7日のTOCOMのドバイ原油先物の日中取引では2020年8月限と9月限に出来高が集中しており、4,5,6,7月限の出来高は少ないです。 そのため、 指数の計算も流動性が高い期先物の価格を採用しており、にも以下の記載があります。 中心限月を対象限月とする。 なお、現状東商取市場における中心限月は5 番限月又は6番限月となる。 おわり 以上です。 実はちゃんと見るまで、2038原油ダブルブルと1671や1699のような原油ETFの相違点は、レバレッジの有無とWTIとドバイのちょっとした違いだと考えていました。 見てる限月が結構離れていることは覚えておこうと思います。

次の

レバレッジ2倍の原油ダブル・ブル ETN(2038)を1,000株買付!

原油 ブル 掲示板

ただし、2営業日以上離れた期間における「日経・東商取原油レバレッジ指数」の騰落率は、一般に「日経・東商取原油指数」の2倍とはならず、計算上、差(ずれ)が不可避に生じます。 2営業日以上離れた期間における「日経・東商取原油レバレッジ指数」の騰落率と「日経・東商取原油指数」の騰落率の2倍との差(ずれ)は、当該期間中の値動きによって変化し、プラスの方向にもマイナスの方向にもどちらにも生じる可能性がありますが、一般に、「日経・東商取原油指数」の値動きが上昇・下降を繰り返した場合に、マイナスの方向に差(ずれ)が生じる可能性が高くなります。 また、一般に、期間が長くなれば長くなるほど、その差(ずれ)が大きくなる傾向があります。 詳細はをご参照ください。 「日経・東商取原油レバレッジ指数」は、株式会社日本経済新聞社及び株式会社東京商品取引所によって独自に開発された手法によって、算出される著作物であり、株式会社日本経済新聞社及び株式会社東京商品取引所は、「日経・東商取原油レバレッジ指数」自体及び「日経・東商取原油レバレッジ指数」を算定する手法、さらには、「日経・東商取原油レバレッジ指数」の算定の基礎となる「日経・東商取原油指数」に対して、著作権その他一切の知的財産権を有している。 「日経」を示す標章に関する商標権その他の知的財産権は、全て株式会社日本経済新聞社に帰属している。 「東商取」を示す標章に関する権利その他の知的財産権は、全て株式会社東京商品取引所に帰属している。 「日経・東商取原油レバレッジ指数」を示す標章に関する商標権その他の知的財産権は、全て株式会社日本経済新聞社及び株式会社東京商品取引所に帰属している。 日経・東商取原油レバレッジ指数連動債は、発行者の責任・信用力のもとで発行・償還されるものであり、株式会社日本経済新聞社及び株式会社東京商品取引所は、その発行・償還及びNEXT NOTES 日経・TOCOM 原油 ダブル・ブル ETNの組成・取引に関して、一切の責任を負わない。 株式会社日本経済新聞社及び株式会社東京商品取引所は、「日経・東商取原油レバレッジ指数」及び「日経・東商取原油指数」を継続的に公表する義務を負うものではなく、公表の誤謬、遅延又は中断に関して、責任を負わない。 株式会社日本経済新聞社及び株式会社東京商品取引所は、「日経・東商取原油レバレッジ指数」及び「日経・東商取原油指数」の計算方法など、その内容を変える権利及び公表を停止する権利を有している 当該指数の指数値、算出要領は、下記のホームページでご確認ください。 国内株式を相対取引(募集等を含む)によりご購入いただく場合は、購入対価のみお支払いいただきます。 ただし、相対取引による売買においても、お客様との合意に基づき、別途手数料をいただくことがあります。 (銘柄毎に管理費用の利率が異なりますので、その上限額を表示することができません。 最終的な投資決定および銘柄の選択は、ご自身の判断でなさるようにお願いします。 また、野村證券株式会社は、当該情報の正確性および完全性を保証または約束するものでなく、今後、予告なしに当該内容を変更または廃止する場合があります。 なお、当該情報の欠落・誤謬等につきましてはその責を負いかねますのでご了承ください。 本ホームページに掲載されている数値・グラフ等は過去の実績・状況であり、将来の市場環境・運用成果等を示唆・保証するものではありません。 また、税金・手数料等を考慮しておりませんので、最終的な投資成果を示すものではありません。

次の

NEXT NOTES 日経・TOCOM 原油ダブル・ブル ETN (2038) : 株価/予想・目標株価 [NNNTOCOMLCOE]

原油 ブル 掲示板

昨年から2038「NEXT NOTES 日経・TOCOM 原油 ダブル・ブル ETN」が人気になっておりますが、仕組みを誤解している方が多いようです。 実際の数値を挙げながら、どのような値動きをするのか考えてみようと思います。 2038は東京商品取引所 TOCOM の原油価格の動きによって「幾らになるべきか 償還価額 」を一意に計算できます。 デイトレに限れば、概ね正解ですが、翌日以降に持ち越す場合は、全く別の挙動を示します。 2038の説明を読むと「日経・東商取原油レバレッジ指数への連動を目指す金融商品」と記載されています。 「日経・東商取原油レバレッジ指数」は次式で計算されます。 逆に東京商品取引所の原油先物が前日比で5%下落したら、指数は10%下落しますよ、ということです。 そして、2038の価格は指数に応じて動くように設計されているわけだから、東京商品取引所の原油先物が前日比で5%上昇したら、2038は10%上昇することが期待されます。 市場ではマーケットメーカーが取引所価格を「償還価額」に近づける努力をしていますので、取引所価格は、概ね、償還価額、すなわち、「日経・東商取原油レバレッジ指数」に応じた価格であると考えてよいです。 実際の価格データで計算してみましょう。 下表は2016年4月15日から2016年5月31日の2038の償還価額、東京商品取引所 TOCOM の原油先物の価格、TOCOM原油先物の変動率の2倍、筆者が計算した償還価額です。 NYMEXのWTI原油先物と異なり、TOCOM原油先物の取引中心となっているのは「もっとも期限が長い先物 と言っても半年先です 」なので注意が必要です。 「当日の償還価額」は、野村證券発表の「前日の償還価額」を基準に計算します。 90957ですので、変動率は1-0. 90957をパーセント表示することで、マイナス9. 0423%であることがわかります。 これの2倍に応じて変化するので、マイナス18. 18085 =696. 3円、となります。 少々難しいのがロールオーバーです。 8倍と、2016年10月限の変動率の0. 2倍を加えたものを、変動率として採用します。 つまり、7. 8+7. 2=7. 484%を用います。 07484 =885. 6円となります。 6倍と、2016年10月限の変動率の0. 4倍を加えたものを、変動率として採用します。 下図は2014年9月から2016年5月までの2038の償還価額とTOCOM原油先物価格の比較です。 これは直感に反する結果です。 本当に正しいのでしょうか。 筆者は2014年9月まで遡り、野村證券発表の償還価額と、上述の方法で計算した価格を比較しました。 その結果を下図に示します。 2038の価格の下がり方が原油先物の値下がり速度に比べ著しく速いため、2038の取引価格がおかしいような気分になりますが、そうではありません。 商品設計通りの動きをしていることが分かりました。

次の