白目で犬のツム。 【ツムツム】白目が見えるツム一覧【ミッション用】|ゲームエイト

【ツムツム】毛のはねたツムを使って1プレイでツムを865コ消そう

白目で犬のツム

自分にとってのトルコキャンプ前最後のTG見学に行ってまいりました。 昨日に引き続き、寒さに耐え忍びながらの観戦でございます。 万全の寒さ対策をしたつもりで向かったものの、ホッカイロを忘れるという大失態により最後まで見届けられませんでした(45分の試合を2本と半分くらいまで)。 うー、監督は寒くないのか…っ。 ざざっと雑感。 1本目 ・結城がボランチだった。 サテメンの中にいると結城別次元(いい意味で)。 ・謎の9番・タロー選手(仮)の動きが非常によかった。 ・じゅんじゅんが点をとった。 ・トンスもっとがんばれ。 何かが惜しい。 2本目 ・ストヤンのフリーキックが直接ゴールした。 ストヤン大喜び。 ・要田がどかんとゴールした。 ・川淵がばしっとゴールした。 ・中牧が前に見たときよりうまくなっていた。 3本目 ・坂本が藤田に熱血指導。 しかし指導中に自分がしくじる。 ・まだキレキレにはほど遠い感じ。 当たり前か。 ・藤田がんばれ。 ・立石さすがのセーブあり。 これくらいの感想なら、いろんなことがバレなくていいでしょうか? つか、何も伝わらない、ともいう…。 昨日はサポフェスに行ってきました。 去年の清水戦以来の臨海だったので、すっかり忘れていました。 臨海の風は只者ではなかったことを。 そして すごく寒いということを…。 なのにあったかい飲み物がないんだよーーー!あまりの寒さにチェックニットマフラーを購入。 寒さをしのいだのですが、サイン会で某選手の列にならんでいたら後ろの人の「チェックニットマフラーは正直ダメっすよ」という声を耳にしてしまった。 そんなこと、ないっすよ!私を死から救いました(笑)。 今年は社長挨拶のときからオシム監督が選手の列にこっそりと入ってきたり、その後のスペシャルマッチのときも選手たちのたまり場(でいいのかな?)であるところのバックスタンド側にずっといたりと例年のような隠れキャラ的存在ではありませんでした。 「オシムの言葉」を手にした方々に囲まれてサイン攻め・写真攻め。 ピッチに背にした状態でのサイン攻勢だったので、少しピッチを気にしながら時々振り返る監督に、もしかしたら試合を観たいのではないかしら、と思ったり。 あまりのサービスの良さに逆にサインを頼めなくなってしまいました。 いいの、遠くから眺めているだけで… スペシャルマッチに出場した新人のじゅんじゅん(田中淳也:自己申告の愛称)のすばらしいサイドチェンジに惚れました。 O-40に出場してらした藤田俊哉似の10番さん(サポ)もよかったです。 ハースのやりたい放題ぶり(笑)とか巻のおとなげなさとかはもういろんなところにレポがあるので割愛。 サインは羽生を中心に(?)若手さんたちからいただきました。 サイン会の後は練習があるということで、「この後練習頑張ってください」と言ったら大概の選手が苦笑いしてました。 実はハースと水野も密談?! (淀川社長挨拶の最中) 「Jリーグ30」ジェフ編を見たとですよ。 (以下順不同、思いつくまま) ダイスで告白!は坂本・羽生・川淵・充喜の4名。 「は」つながりで林のあれは羽生が受け継いだもよう。 坂本・羽生プレゼンツ、2005年ジェフでのベスト3発表。 ねじれた羽生のネクタイが気になるよ…。 中牧プレゼンツ、ロッカールーム訪問は選手が風呂上りのため入り口でスタンバイ。 山岸のワンコタンカワイイ。 中牧はいぢられキャラなのなー。 誰がカメラを持っていたのか、妙なズームなど味のある構図でお届け。 ああっ、ポ様~、ポ様~。 合間合間に巻やら工藤やら勇人やらのミニインタビューや、坂本のミニワンマンショー(?)などをはさみつつ、ぐだぐだ~っと終了。 なぜかオープニングとエンディングの練習場風景でもっとも目立っていたのは瀬戸だった…。 エルゴラも久々に買うたとです。 オシム監督1面どーーん! 今週は新人・青木孝太の記事があるということで、週刊サッカーダイジェストをチョイス。 表紙がグランパスのユニを身に付けた玉田ということで、柏サポさんの心中を思う。 今季は特にいろんな選手が移籍しているので、元所属チームのサポにとってはこういうメディアで改めて「移籍しました」と説明をされるとすごくダメ押しされてる気分になるなあ…と。 それぞれの移籍にはそれぞれの理由があるのは分かるし、それを正直に話してくれるのはありがたいけど、知りたくないこともそれは言ってくれるなと思うことも、あるんだよなあと去年を振り返って思う。 J各チームの情報欄に林の移籍記事が載っていて「本当に行ってしまったんだよなあ」と思う反面、まだ練習を見に行ったり試合を観たりしていないので実感がないような感じもする。 何だかリーグ戦が始まってベンチに、ピッチに林がいなくても「あれ、今日林ケガなのかー」と一瞬思ってしまいそう。 やっぱり京都のユニを身につけた林を見たときに「ああ、そうだった」と強く思うのだろう。 がんばれ、と思うと同時に寂しさも。 でもジェフというチームも新しく始まっているわけで、いつまでも寂しがっているだけではいられないんだな、これが。 林丈統選手の移籍について()() ふっ、不意打ちとは卑怯なりワラシよ! (崖の上ギリギリのところで倒されて冷や汗をたらしている老師のイメージで) ベンチに林が入ってるときの「よしよし、今日もいるなっ」という安心感と、出てくるときの「おっ、林は今日もやってくれるはず」というドキドキワクワクとを、もう味わえないと思うととても寂しい。 でもこれはサポの勝手であって、林のコメントを読むとやはりスタメンにこだわりたかったという思いがとても強く伝わってきた。 正直「行っちゃうのかよ!!行かないでくれよ!!」という思いもとてもとてもあるけど、今はただ、「今までありがとう!京都でちゃんとスタメン獲れよ!(但しジェフ戦では頑張るな!)」と声をかけてあげたい。 うーーん、でも寂しいなあ… で、そんな日に限ってJ-SPORTS1で「JリーグFight! 」ですよ。 ゲストが坂本と林なわけですよ。 ああもうこの間の悪い感じがジェフっぽくて素敵。 この間の悪さをトコトン愛してるぜ!! オシムのことを話す坂本と林の動作が同じ瞬間が嬉しくて、今はすこし寂しい。 そしてウイイレで爆笑!人がゲームしてるとこ見て何が楽しいんだよ、といつもは思う私なのですが、これはウケました。 最後のプレゼントはちっと悲しい。 カレンダー、林は12月登場なのかYO! ああもう、何だかなあっ。 商品は、ジェフユナイテッド市原・千葉在籍時のものとなります。 ご了承ください。 」と書いてあって泣けた。 ご了承するよ、しまくるよ! 早いものですねえ…しみじみ。 あの頃の自分に教えてあげたい。 「大丈夫大丈夫。 ナビスコ杯を獲るよ。 いい一年になるよ。 とのこと。 アマチュアの選手が完全移籍をすると寂しい気がするのと同時に「本当に、がんばれ!」と応援したくなりますね。 あ、携帯サイトのロングインタビューでしぃしぃ言ってた市原充喜が今頃泣いているやもしれません…水戸じゃ一緒に気軽に映画とか行けないからなあ。 元気出せ充喜、柏に来たときにでもモラージュ柏に一緒に買い物行って来い、または試合で鹿島に行ったときにどこかで落ち合ってゴハンだ!そのためにはレギュラーもしくはベンチ入りの座を勝ち取るがよい、充喜よ!!(崖の上から「ふははははっ」と笑っている老師のイメージで) 今週はサッカーダイジェストをチョイス。 今季のJチーム補強状況を分析です。 ジェフのページでは祖母井GMのインタビューも。 去年はあんなにも「主力出した主力出した外国人決まってねえだめだこりゃ」路線だった論調でしたが、今年は主力の残留から「うん、これが最大の補強じゃね?」といった論調に変化。 絶対他チームだったら「新人ばっかで補強にほとんど動いてない、これじゃ積み上げがない、フロントのやる気が感じられない」とかいってボロクソに書かれてもおかしくないのに、監督のおかげなのか何なのか、ちょっと書く側が腰引けてる感じがしました。 AじゃないけどBって言っとけ的な。 去年あんまり強気に「ダメじゃね?」と言いすぎた反省なのでしょうか。 真意を測りかねます。 祖母井さんは「1億で選手を獲ってこられるようなチームではない」とは確かに言ってますけど、「選手を獲りたくても獲れないほどお金ない」とまでは言ってないのに、本文中で「選手を獲らないのではなく獲れないのだ」とか断言されてちょいムカつきました。 …本当にそんなにそこまでお金がないのか?(泣)営業もがんばれよ。 祖母井さんのインタビューに出てきた水野の即答とか、オファーの詳細をたずねに来た選手皆無とか、ちょっと嬉しいネタもちらほら。 さて、幸福の妖精さんポに変わる外国人選手は一体どんな選手なのでしょうか。 ちょいと楽しみです。 毎年この時期になると我が家ではどちらからともなく下記のような会話が交わされる。 「思ったんだけどさあ、今年こそは毎週末サッカーばっかり、って生活、やめない?」 「そうだねえ…」 「ホーム全試合はまあ年チケ買ってるから行くとしてもさ、アウェーの日程を気にするとか、生中継は必ず見るとか、そういう生活はやっぱりよくないよ。 もっとさ、こうなんてーの、普通に週末温泉旅行とか行きたいじゃん」 「そうだねぇ、よくないねぇ。 昨日わんこそば的仕事をこなした後、ヒサビサに酔っ払ってカラオケでシャウトしているうちに新入団選手が発表になっていました! (ともにオフィシャルより) いらっしゃいいらっさい!よろしくきばりや~。 伊藤くんは山口出身かー!エエ子に違いない(ほんまか?)! 新入団選手といえば、今日の読売新聞夕刊に「高校サッカー 選手続々J入り」という囲み記事が出ていて、野洲高校の青木くんの記事が少し長めに紹介されていましたYO! J1千葉に入団する青木は、1メートル76、64キロとFWとしては大きくないが、一瞬で相手を置き去りにする高速ドリブルと柔らかいボールタッチが魅力だ。 9日の決勝、鹿児島実(鹿児島)戦は、得点こそ挙げられなかったが、何度もハーフウエーライン付近から相手ゴール前へドリブルで駆け上がってスタンドを沸かせ、山本佳司監督に「クリエイティブな野洲サッカーの申し子」と言わしめた。 昨夏までは、全国的にあまり知られていなかったが、弱点のフィジカル面を筋力トレーニングで克服し、今大会で一気に素質が開花。 10日に発表されたU-19日本代表メンバーにも初選出された。 「得点王になれなくて残念だったけど、千葉で早くレギュラーを取れるように頑張りたい」と、次の目標を掲げる。 (読売新聞夕刊より) それにしてもジェフのスカウトは有名になる前にちゃんと押さえているのが凄いよなあ。 この調子で沸き立ってる移籍戦線にちょっとくらいはプラスの名乗りを上げて欲しいものだけれど、目先の補強はしないって祖母井さんも言ってるくらいだからないんでしょうか… 珍しく去年の年末から続けてサッカーマガジンを購入しました。 戌年ということで勇人&寿人のツインズ対談(スパサカの撮りと同じ日に行われた?服装が一緒やった)、水本&水野の戌チーム対談(イヌミミ着用・似合いすぎだぜ水本)、異常におそろしい秋田@名古屋の写真、天皇杯優勝の浦和ポスター(あの真ん中で選手よりも目立っているのが社長ですか?)などサービス満点の内容となっております。 本格的に始動するとダイジェストの方が面白い記事が多いので、期待してるぜ、ダイジェスト! スポーツ紙各紙でもオシム続投報道がでてきてほっと一安心といったところです。 今度こそお迎えに行くぞ!…たぶん行くと思う…行けるんじゃないかな…まあ覚悟はしておけ(って何の?)。 行ったとしても離れたところからそっと見守ってると思いますけど。 行かなくても同じじゃん!みたいなことになると思うな。 それにしても…何か、何かだなあ… 高橋 泰 19800929 ジェフユナイテッド市原・千葉 滝澤 邦彦 19780420 ジェフユナイテッド市原・千葉 …ああっ…(高橋は去年から載ってるけど) 瀬戸春樹選手の期限付移籍について() …ああっ… タッキーは開幕戦の右足アシストで心をぎゅっと摑まれたので期待していたのですが…試合に出たときに左サイドでぽつんとしているのが悲しかったです…ケガもあったし。 瀬戸は練習のランニングでガンガン走っていた姿を思い出します。 レイソルで頑張って。 高橋はサテライトですごく点を獲っていたという話だったので、トップで試合に出られるのを楽しみにしてたのですが、結果が残せなかったのがネックだったのかな。 高橋もタッキーも、新しい所属チームが早く決まることを願っています。 それにしても他チームはといろいろ華々しい感じですが、うちとこは新人さんいらっしゃい!の後は何もあらへんのかい!そりゃいい新人かもしらんけれども、何かないのか何か。 えー、プラス方向で一つよろしくお願いしますよ… 全国高校サッカー選手権大会は野洲高校の優勝で幕を閉じました。 対戦相手の鹿児島実業もまた野洲とは違ういいサッカーをしていて、だからこその名勝負だったと思います。 今日はテレビ観戦だったんですけれども、試合の前の関連番組で前園さんの水玉姿(往年の釜本さんの白マフラーを彷彿とさせるようなw)にヤられてしまいました。 それにしても試合終了後の青木くんはあのインタビューの場で「ジェフに入っても頑張る」的なことを答えるとか、監督との会話でも「ジェフでがんばれ」とか、サポから渡されたであろうジェフのタオマフを掲げるとか、J's GOALのインタビューでもジェフのタオマフをまいてるとか、ほんに営業上手なことです。 内定後即営業活動を始めるとは侮れません。 さすが学園祭で王子様を演じただけのことはあります。 今後も営業活動よろしく頼むよ!! 昨日の「スーパーサッカープラス」をごらんになりまして? 「巻と勇人出演」とのお話でしたので、はて、代表ラブラブのはずのスパサカが巻と勇人?ジェフ特集?と思いきや、やはり代表ラブだけあってワールドカップに向けた代表企画でした。 今回の特集は日本代表の秘密兵器ということで巻と寿人を特集したもの。 勇人は友情出演ならぬ兄弟出演ということで寿人部分での出演でした。 何か勇人、カッケーなー。 巻は…新年そうそうから取材が入ってるのがすごいなーと。 去年の今頃はそんなこと考えてもみなかったし、トルコキャンプの間も「点を獲ってるらしいぞ」と噂してたときも「で、リーグ戦までその得点力は残ってるのか?大丈夫か?」と思ったくらいだったのに、今は代表か(まだぎりぎりのラインだけど)、その上実家取材とか入るのか…と感慨深かったです。 人って何がきっかけになるかわからないもんだな・・・としみじみしてしまった次第。 激烈寒い日が続きますがいかがお過ごしですか? 昨日は高校サッカーの準決勝を見に国立競技場へ行ってきました。 今年の初生観戦は野洲高校vs多々良学園高校です。 山口は私の出身地でもあるので、少し複雑な気持ちになりながら、まさに「どっちも勝て!」状態で。 見ていた場所が多々良寄りのバックスタンド上段だったので、山口出身の大学生(東京での生活もうすぐ1年)みたいな子なんかがいて、少し自分の大学時代を思い出して懐かしくなってしまいました。 東京で出会う故郷の姿って、何かしらセンチメンタルな気持ちになるんだよなあ、とか思って。 試合と全く関係ないところですけれども。 さて、試合のほうは互いに一進一退、少し野洲優勢といった感じでしょうか。 何だか体の入れ方とかボールの出し方とかうまいー!ゴール前で何が起きるんだ?!というワクワク感は確かに野洲。 時々「ああそこはボール持ちすぎ…」と思うのはご愛嬌。 高校生ぽいともいう?野洲のサッカーについては語る人がいっぱいいると思うので、このくらいで。 多々良は高い位置でボールカットができるとカウンターが効果的に生きるという感じ。 結構ボール離れがよくてぽんぽんつないだりしてましたね。 5番の子がよくカットして6番の子につないで速攻、10番がドカーンと行く、みたいなパターンがけっこうみうけられたような…(記憶で書いてます)10番の彼はポストが上手でした。 後半(のさらに後半部分)は野洲もぐいぐい行くという感じではなかったので、多々良にもチャンスが多々(ダジャレのつもりはなかったのだが…)あったのですが決めきれずに敗退してしまいました。 高校サッカーはテレビで見ることはあっても実際に観に行ったことはなかったのですが、とても楽しめる試合でした。 ジェフの試合と違って肩の力を抜いて見られたのがよかったw 明日の決勝は鹿児島実業vs野洲高校ですね。 なかなかおもしろそうです。 年賀状をやっと書き終わりました。 友達が多いからではありあせん、書き始めたのが昨日の夜中だからです…松の内終わってます… 読売新聞千葉版にちらりとジェフ記事。 「ジェフ千葉とオービック 『王者』連携 小学生に講習」。 昨日のアメリカンフットボール日本頂上決戦「ライスボウル」でも優勝したオービックシーガルズとジェフが連携して地域貢献活動を行うとのことです。 手始めに今月22日、小学生対象にフラッグフットボール&サッカーを共催するそうです。 フラッグフットボール&サッカーのイベント案内はにも載ってましたね。 連携は、オービックが拠点にしている習志野市のレナウングラウンドを去年ジェフが共用したのがきっかけとなったそうです。 今後は千葉ロッテとの連携も視野に入れているとのこと。 記事中の「地域活動では 先輩格のジェフ…」に「ああ、地元軽視と言われ続けておったが先輩格と言われることもあるのか…」と感慨深くなってしまったとさ。 ちなみに、3日の新聞のスポーツ面で「Jリーグ発足以来の3大タイトルチーム」表があって、2005年ナビスコのところに「千葉」と書いてあったのは嬉しかったなあ。 もう去年のことだけどね… 1月1日のご挨拶はあまりにオソマツなので改めまして、今年もよろしくお願いいたします。 今年はジェフのリーグ優勝を見届けたいものであります! さてさて、天皇杯決勝はみてませーん!浦和が選手を集めまくっているのはもう既に来年の準備のため(ACL)なんですか?(純粋なるw問いかけ) それにしても年末年始に高校サッカーを観ていると高校生諸君はサッカーうまかねー。 もうくるんくるんまわって大変。 それがまた成功してらして驚きます。 今季入団予定の青木くん所属の野洲高校が勝ち進んでいるし、本人も点獲ってるし、ますます楽しみです~。 Jリーグ30は京都パープルサンガ編。

次の

【ツムツム】イヌのツム(犬のツム)一覧【ミッション用】|ゲームエイト

白目で犬のツム

ツムツムのツムの中で特にコインを稼ぎやすいツムをランキング形式でご紹介します。 上級者用ガッツリ稼げるツムは?また序盤用として初心者用ランキングもご紹介します。 ツムツムですが、ある意味スコアよりも重要なのが・・・・ 「コイン稼ぎ!」ですよね! スコアって結局自己満足の世界ですが、コインがあればガチャも回せますしアイテムも買うことが出来ます。 次に繋げるためにコインが必須になりますので、どれだけ1プレイで獲得出来るかがカギになってきます。 ここではコイン稼ぎに特化したツムをピックアップしてランキング形式でご紹介していきます。 また序盤のスキルレベル1からコインを稼ぎやすいツムも合わせてご紹介しますので、レベルに合わせて参考にしてください。 各タイプ別のランキングはこちら 各タイプ別のツムランキングは下記ページでまとめて公開していますので参考にしてください。 ツム図鑑 コインをより多く獲得するコツ 強いツムを使えばコインを多く獲得出来るってことではなく、コイン獲得の仕組みを理解すると稼ぎのコツが見えてきます。 以前にこちらの記事で紹介しましたので参考にしてください。 >> まずコイン獲得ですが3チェーンでは0枚で、4チェーンから獲得可能で長くなればなるほどコイン獲得数の比率が増えます。 つまり4チェーンを5回作るよりも1回で20チェーンした方が獲得枚数が増える仕組みです。 スキル発動で消えるツムはすべてチェーンとして消えますので、 単純にスキル威力が高いツム=獲得コインの枚数が増える計算です。 消去系なら一回の消去数が多いツム、変化系ならより多くツムを変化させるツムを選びましょう。 またスコアが3倍になるフィーバータイムですがコイン獲得に関しては変わりません。 コインを稼ぐ場合は、フィーバータイムは気にせずに、より多くスキルを発動させることで獲得枚数が増えて行きます。 ボムも同様にコインに変えますので貯まったらすぐにスキル発動、ボム爆発を繰りかえすことで獲得コインが増えて行きます。 ピックアップ説明!特にオススメのコイン稼ぎツム達! ここで紹介するツムですが、正直甲乙付けがたく、 どのツムもスキルレベルが5以上を超えるとガッツリ稼ぐツムになります。 もともとスキルレベル3までしかなく育てやすさを考えてハチプーを1位にしていましたが入手難易度から考えて2位に落として、ここ最近確率アップなども多い野獣を1位としました。 ジャイロ機能をフル活用!ジェダイルークが面白い! ジェダイルークですが、SLV6まで育てる必要がありますが、育てるとかなりコイン稼ぎ出来るツムに化けます。 ジャイロ機能を使う必要がありますが、スキル発動で、端末を横に傾け、ツムを全て右側に集め、スキル中5回(1回22〜27消し)を目安に下から上に切り上げます。 ジェダイルークはスキル発動時、ライトセイバーが飛んで来るまでやや時間があるので、傾けやすく慣れると簡単にできます。 爽快感もありますし使って楽しいツムですよ! その代わり、超晩成型ツムなので、真の威力を発揮するにはSLV6まで育てる必要があります。 SLV6になると消去範囲も一気に増えますので、ジャイロを使ってツムを集め斬りまくると、スキル1回で100ツム以上消し、さらにスキルゲージも50〜80%貯まりますので、連続スキル発動もしやすいです。 ガストンは難しいがアイテムなしでも稼げる! ガストンですが、SLV5以上でスキルループからのロングチェーンが可能になり、大きくコイン稼ぎ出来るツムです。 ただし、、操作性は難しくそれなりに使い慣れる必要があります。 1度に稼ぐ量は上位のコイン稼ぎツムに匹敵しませんが、腕さえあればアイテムを使わずに稼げる点は非常に魅力ですね! ジワジワ来る野獣がやっぱり凄い! 完全な晩成型ツムですが、ここ最近はセレクトツムやピックアップガチャでも登場の機会が多く、スキルレベル5以上にした方も多いはずです。 野獣の凄さは、スキルレベルが上がるごとに、消去威力がアップし、さらにスキル発動数が減少するスキルになっている点です。 レベル5ではスキル発動数16で消去数32、レベル6ではスキル発動数14で消去数35と 発動数と消去数の割り合りで考えてもトップクラスの性能になっています。 晩成型なのでスキルレベルを上げないと使えないデメリットを除けば、コイン稼ぎとしては一番上です。 獲得量!野獣超え!野獣の上位互換ツム アナキンですが、野獣と同じでジャイロからの斜め消去を行うことでコインを稼ぎことができます。 スキル発動時にプレイタイムが止まり、任意の場所を消せるので、野獣よりも難易度が低く、より多くコインを獲得できますが、 スワイプなどする必要があり、時間効率は悪いです。 コイン獲得量で考えるとアナキンの方が上ですが、時間効率まで含めると野獣の方が一歩リードですね! コイン稼ぎ特化ツム!序盤から使えるスクルージ! スクルージはコイン特化スキルを持ち、スキルレベルが上がるごとに、スキル1回の獲得コインの量がアップします。 縦ラインスキルなので、ジャイロを使うことでより多くコインを稼ぐことが可能で、しかも序盤からコイン稼ぎでき、バランス良く成長します。 ピックアップ専用なので入手し難い難点はありますが、SLV6になると野獣に匹敵するコイン稼ぎも可能です。 ジャイロ&操作次第で野獣を超える!「ウッディ保安官」 操作可能スキルで、ジャイロ機能と組み合わせることで大量のツムを消すことが可能です。 SLV6で平均して35コぐらい消せますが、大ツムなどを意図的に巻き込むと40コ近く消すことが可能で、画面上に大ツムがあれば操作して消しにいける利点があります。 またボムなどがある場合も操作で回避することもできるので、使い方次第で消去数を大幅にアップ出来ます。 操作が必要な分ややもっさりしますが、使い慣れると野獣を超えるコイン稼ぎも可能です。 もう少し順位が上でも良いですが、期間限定を考慮してこの順位にしておきます。 ヤングオイスターの最大の魅力 以前からコイン稼ぎ定番と言われているツムがヤングオイスターです。 ヤングオイスターのスキルは変化系ツムになっており他の消去系ツムに比べ威力は低めです。 1回の破壊力で考えると野獣の方が強いのですが、 ヤングオイスターの最大の特徴はスキル発動で自身のツムに変化させることです。 つまりスキル発動で自身のツムに変化し、それを消すとまたスキル発動可能でまた自身のツムに変化してと・・・ 無限スキルループが可能です。 スキルで変化させたツムを繋げているだけで勝手にチェーンが作れますので、破壊力は低くても何度もチェーンを繰りかえすことで大量のコインが獲得出来ます。 ただ、最大のデメリットがあり、、、、前々プレミアムBOXで出ないって点です。。。 セレクトツムやピックアップガチャでも登場が少ないので、スキルレベルを上げづらい特徴があります。。。 消去数を増やすにはSLV6が必要ですが、下が広がっている分、ジャイロ不要でそこそこ稼げます。 またジャイロを使って若干端末を傾けるだけでも1割程度アップするので操作が苦手な方もで使いやすいツムです。 野獣やJルークが苦手な方、気楽にコイン稼ぎしたい場合にオススメのツムになってます。 野獣には届かないがスカーは強い! スカーですが、見た目のイカつさから野獣を超える強さを期待したのですが、そこまでは届かず、、ただものすごく強いツムです。 横消去ラインの3本で消しますが、レベルが上がると線が繋がりますので、横ラインにごそっと消します。 特徴としては、野獣と逆の早熟型ツムになっており、 スキルレベル1からでもそこそこ消す強さがあり、レベル3〜4が一番コスパが良いです。 スコア効率も良いので、スコア用としても活躍します。 野獣が完成するまではスカーを使って行ったり、野獣との使い分けが出来るツムです。 ハチプーの最大の魅力 ハチプーの最大の魅力ですが、やはりスキルです!時間停止し、さらに繋げたツムが種類関係なく1チェーンで繋がりますので1回で50チェーンぐらい可能です。 レベル的なコインの稼ぎやすさを比較するとコイン稼ぎの王道とも言えます。 初心者でも使いやすいシンバ シンバですが、スカーに似ていますが、こちらの方が中央消去スキルになっており初心者向けツムです。 消去威力がスカーより若干低いですが、それでも他のツムに比べ多く、しかもスカー同様に序盤から使いやすいツムです。 中央消去スキルなのでミッキーをそのまま拡大させた感じで使えますし、消去範囲も半端ありません! スキルレベル3で、ピートのスキルレベル5に匹敵する消去範囲を持ち、コスパも良いです。 スカー同様にコイン稼ぎ以外にもスコア用としても活躍出来ます。 最初から最後まで安定してコインを稼ぐ「ベル」 早熟型として最初から使いやすいベルですが、その流れで、後半以降もずっと消去数が多いツムとして成長します。 スキルレベル1でも1回で17〜20個と他のツムに比べ多めですが、スキルレベル6でも1回で32〜35個消し、しかもスキル発動数が15で可能です。 スキル自体も横からの消去系スキルなので、まとまってツムを消しやすく、また簡単なので、ツムを消すことだけに集中できるのも高得点&コイン稼ぎの秘訣です。 また、序盤のスキルも上がりやすく、これは私だけなのか結構プレミアムBOXで引く率が多い気がしますので、レベルを上げやすいツムです。 安定してコインを稼げるので、人気ツムの1つですね。 イベントで入手したらラッキー!ほねほねプルートは使える ほねほプルートですが、2015年10月の「」クリアで配布されたツムです。 横消去系スキルなので初心者でも使いやすく、またそれでいて威力も高く、全部チェーンで消えますので、スコア比率で考えてもコインを獲得しやすいツムです。 150万点に対して、1000コインぐらい稼げますので、コイン稼ぎに最適です。 やはり、どのコイン稼ぎツムもある程度しっかり育てる必要がありますが、プルートは入手も簡単で、しかもイベント参加すれば誰でも入手できたので、その点の気軽さもオススメの1つです。 スキルレベル3から安定!新生ジャスミンが使いやすい 序盤から使いやすく、コイン稼ぎしやすい新生ツムがジャスミンです。 スキル発動が13と軽いわりに一回の消去数が多く、しかも横消去スキルなので、初心者でも扱いやすい万能ツムです。 スキルレベル1では、消去数的にぱっとしないですが、 スキルレベル3ぐらいから一気に消去数が増えて、スキル発動数の割合から考えるとベルやアリエルに匹敵する消去数になります。 ツム自体も結構濃いめツムなので見やすいですし、スキルのエフェクトもかわいいので、楽しみながらコイン稼ぎ出来るツムです。 序盤から後半から安定して強いエルサ&サプライズエルサ ツムツムの運営は何かとアナ雪を押しますが、過去最大に確率アップを行っており、入手の機会が一番多いツムです。 運営押しってだけあって、シリーズツムも使いやすく、とくにエルサの使い勝手は抜群です。 リニューアルでサプライズエルサも登場しましたが、エルサともに使いやすく、序盤からコインを稼ぎやすいツムになっています。 スキル発動数、威力的には、サプライズエルサもエルサも同じぐらいなので、どっちでも一番スキルレベルが高い方を使うとコイン稼ぎしやすいです。 まとめ:破壊力強めの消去系スキルが手堅い! コイン稼ぎと考えると破壊力のある消去系が、やはり手堅くコインを稼げます。 特に晩成型のツムがオススメで、序盤は全然ダメツムだけどレベルが上がると一気に開花するようなツムは、後半異常に消去数が伸びます。 ロッツォや野獣は完全に晩成型ツムですが、スキルレベル6ではロッツォは発動数20で38個消しますし野獣は発動数14で35個消します。 すべてチェーンとして消えますのでレベルが上がるほどにコインの獲得数がどんどん増えていく感じですね! スポンサーリンク 【番外編】序盤(スキルレベル1)からでもコイン稼げるツムランキング ここからちょっと番外編ですが、ちょっとスキル5とか無理・・・LV1〜2ぐらいのツムで一番稼ぎやすいツムは?って方のために序盤ランキングをご紹介します。 まだ持っているツムが少なく、レベルも低い方は参考にしてください。 また、序盤ツムの詳しい解説は別の記事でご紹介していますので、詳しくはそちらを参照ください。 スキル時にタップは必要ですが、SLV1から2000コイン近く稼げ、しかも常駐ツムなので入手しやすく、スキルMAXまで12体でOKです。 使い慣れればハチプーが強い! ハチプーの効果がスキルレベル1とMAXでは1秒しか変わらないので、序盤から安定してコインを稼げるツムになっています。 ただ、期間限定ツムで年に数回しか入手の機会はありません。。。 そして扱いが難しく練習が必要です。。 なので、通常のプレミアムBOXから出て、入手しやすい、スカーやジャックスパロウ、ベル辺りがオススメです。 この中でスキル威力はスカーが一番高いですが、スキル発動数が15になっており、ジャックスパロウの方が1つ少なく14です。 この3つツムなら消去系でどれも使いやすいと思います。 また、序盤にコインを稼ぎやすいツムとしてアリエルもオススメです。 アリエルは初期の古いツムですが、元祖早熟型のツムで序盤からコイン稼ぎが得意です。 また古いツムってことでハズレ枠にされることが多く、結構出やすく入手チャンスも多いツムです。 オススメはハチプーですが限定ツムでいつ手に入るかわかりませんので、手堅く行くならスカーやジャックスパロウ、ベルが楽しく稼ぎやすいと思います。 追記:2018年10月 ビギナー向け「ぬりえミッション」で「 ガジェット」が入手できるようになりました。 ガジェットは配布ツムでありながら、序盤からスキル威力も高く、簡単にスキルMAXにすることが出来ます。 このアイテムは一定確率で獲得コインを上昇させ、獲得枚数の1. 1倍から最高51倍までアップします。 一見良さそうなアイテムですが、このアイテムの使用で500コインが必要なので、ややギャンブル要素が強いアイテムと言えます。 とりあえずは平均して500以上コインが稼げるようになったらこのアイテムを使っても損をしませんが、 統計的に計算された人がいて、その数値からすると1回で1400コイン稼げるならこのアイテムが有効になるようです。 根拠はわかりませんが、きっとえらい方が計算したと思うのでま〜正確なんでしょうけど^^ それぐらいを目安にアイテムを併用していくと良いと思います^^.

次の

【ツムツム】スコアボムを消すミッションにおすすめのツム一覧

白目で犬のツム

自分にとってのトルコキャンプ前最後のTG見学に行ってまいりました。 昨日に引き続き、寒さに耐え忍びながらの観戦でございます。 万全の寒さ対策をしたつもりで向かったものの、ホッカイロを忘れるという大失態により最後まで見届けられませんでした(45分の試合を2本と半分くらいまで)。 うー、監督は寒くないのか…っ。 ざざっと雑感。 1本目 ・結城がボランチだった。 サテメンの中にいると結城別次元(いい意味で)。 ・謎の9番・タロー選手(仮)の動きが非常によかった。 ・じゅんじゅんが点をとった。 ・トンスもっとがんばれ。 何かが惜しい。 2本目 ・ストヤンのフリーキックが直接ゴールした。 ストヤン大喜び。 ・要田がどかんとゴールした。 ・川淵がばしっとゴールした。 ・中牧が前に見たときよりうまくなっていた。 3本目 ・坂本が藤田に熱血指導。 しかし指導中に自分がしくじる。 ・まだキレキレにはほど遠い感じ。 当たり前か。 ・藤田がんばれ。 ・立石さすがのセーブあり。 これくらいの感想なら、いろんなことがバレなくていいでしょうか? つか、何も伝わらない、ともいう…。 昨日はサポフェスに行ってきました。 去年の清水戦以来の臨海だったので、すっかり忘れていました。 臨海の風は只者ではなかったことを。 そして すごく寒いということを…。 なのにあったかい飲み物がないんだよーーー!あまりの寒さにチェックニットマフラーを購入。 寒さをしのいだのですが、サイン会で某選手の列にならんでいたら後ろの人の「チェックニットマフラーは正直ダメっすよ」という声を耳にしてしまった。 そんなこと、ないっすよ!私を死から救いました(笑)。 今年は社長挨拶のときからオシム監督が選手の列にこっそりと入ってきたり、その後のスペシャルマッチのときも選手たちのたまり場(でいいのかな?)であるところのバックスタンド側にずっといたりと例年のような隠れキャラ的存在ではありませんでした。 「オシムの言葉」を手にした方々に囲まれてサイン攻め・写真攻め。 ピッチに背にした状態でのサイン攻勢だったので、少しピッチを気にしながら時々振り返る監督に、もしかしたら試合を観たいのではないかしら、と思ったり。 あまりのサービスの良さに逆にサインを頼めなくなってしまいました。 いいの、遠くから眺めているだけで… スペシャルマッチに出場した新人のじゅんじゅん(田中淳也:自己申告の愛称)のすばらしいサイドチェンジに惚れました。 O-40に出場してらした藤田俊哉似の10番さん(サポ)もよかったです。 ハースのやりたい放題ぶり(笑)とか巻のおとなげなさとかはもういろんなところにレポがあるので割愛。 サインは羽生を中心に(?)若手さんたちからいただきました。 サイン会の後は練習があるということで、「この後練習頑張ってください」と言ったら大概の選手が苦笑いしてました。 実はハースと水野も密談?! (淀川社長挨拶の最中) 「Jリーグ30」ジェフ編を見たとですよ。 (以下順不同、思いつくまま) ダイスで告白!は坂本・羽生・川淵・充喜の4名。 「は」つながりで林のあれは羽生が受け継いだもよう。 坂本・羽生プレゼンツ、2005年ジェフでのベスト3発表。 ねじれた羽生のネクタイが気になるよ…。 中牧プレゼンツ、ロッカールーム訪問は選手が風呂上りのため入り口でスタンバイ。 山岸のワンコタンカワイイ。 中牧はいぢられキャラなのなー。 誰がカメラを持っていたのか、妙なズームなど味のある構図でお届け。 ああっ、ポ様~、ポ様~。 合間合間に巻やら工藤やら勇人やらのミニインタビューや、坂本のミニワンマンショー(?)などをはさみつつ、ぐだぐだ~っと終了。 なぜかオープニングとエンディングの練習場風景でもっとも目立っていたのは瀬戸だった…。 エルゴラも久々に買うたとです。 オシム監督1面どーーん! 今週は新人・青木孝太の記事があるということで、週刊サッカーダイジェストをチョイス。 表紙がグランパスのユニを身に付けた玉田ということで、柏サポさんの心中を思う。 今季は特にいろんな選手が移籍しているので、元所属チームのサポにとってはこういうメディアで改めて「移籍しました」と説明をされるとすごくダメ押しされてる気分になるなあ…と。 それぞれの移籍にはそれぞれの理由があるのは分かるし、それを正直に話してくれるのはありがたいけど、知りたくないこともそれは言ってくれるなと思うことも、あるんだよなあと去年を振り返って思う。 J各チームの情報欄に林の移籍記事が載っていて「本当に行ってしまったんだよなあ」と思う反面、まだ練習を見に行ったり試合を観たりしていないので実感がないような感じもする。 何だかリーグ戦が始まってベンチに、ピッチに林がいなくても「あれ、今日林ケガなのかー」と一瞬思ってしまいそう。 やっぱり京都のユニを身につけた林を見たときに「ああ、そうだった」と強く思うのだろう。 がんばれ、と思うと同時に寂しさも。 でもジェフというチームも新しく始まっているわけで、いつまでも寂しがっているだけではいられないんだな、これが。 林丈統選手の移籍について()() ふっ、不意打ちとは卑怯なりワラシよ! (崖の上ギリギリのところで倒されて冷や汗をたらしている老師のイメージで) ベンチに林が入ってるときの「よしよし、今日もいるなっ」という安心感と、出てくるときの「おっ、林は今日もやってくれるはず」というドキドキワクワクとを、もう味わえないと思うととても寂しい。 でもこれはサポの勝手であって、林のコメントを読むとやはりスタメンにこだわりたかったという思いがとても強く伝わってきた。 正直「行っちゃうのかよ!!行かないでくれよ!!」という思いもとてもとてもあるけど、今はただ、「今までありがとう!京都でちゃんとスタメン獲れよ!(但しジェフ戦では頑張るな!)」と声をかけてあげたい。 うーーん、でも寂しいなあ… で、そんな日に限ってJ-SPORTS1で「JリーグFight! 」ですよ。 ゲストが坂本と林なわけですよ。 ああもうこの間の悪い感じがジェフっぽくて素敵。 この間の悪さをトコトン愛してるぜ!! オシムのことを話す坂本と林の動作が同じ瞬間が嬉しくて、今はすこし寂しい。 そしてウイイレで爆笑!人がゲームしてるとこ見て何が楽しいんだよ、といつもは思う私なのですが、これはウケました。 最後のプレゼントはちっと悲しい。 カレンダー、林は12月登場なのかYO! ああもう、何だかなあっ。 商品は、ジェフユナイテッド市原・千葉在籍時のものとなります。 ご了承ください。 」と書いてあって泣けた。 ご了承するよ、しまくるよ! 早いものですねえ…しみじみ。 あの頃の自分に教えてあげたい。 「大丈夫大丈夫。 ナビスコ杯を獲るよ。 いい一年になるよ。 とのこと。 アマチュアの選手が完全移籍をすると寂しい気がするのと同時に「本当に、がんばれ!」と応援したくなりますね。 あ、携帯サイトのロングインタビューでしぃしぃ言ってた市原充喜が今頃泣いているやもしれません…水戸じゃ一緒に気軽に映画とか行けないからなあ。 元気出せ充喜、柏に来たときにでもモラージュ柏に一緒に買い物行って来い、または試合で鹿島に行ったときにどこかで落ち合ってゴハンだ!そのためにはレギュラーもしくはベンチ入りの座を勝ち取るがよい、充喜よ!!(崖の上から「ふははははっ」と笑っている老師のイメージで) 今週はサッカーダイジェストをチョイス。 今季のJチーム補強状況を分析です。 ジェフのページでは祖母井GMのインタビューも。 去年はあんなにも「主力出した主力出した外国人決まってねえだめだこりゃ」路線だった論調でしたが、今年は主力の残留から「うん、これが最大の補強じゃね?」といった論調に変化。 絶対他チームだったら「新人ばっかで補強にほとんど動いてない、これじゃ積み上げがない、フロントのやる気が感じられない」とかいってボロクソに書かれてもおかしくないのに、監督のおかげなのか何なのか、ちょっと書く側が腰引けてる感じがしました。 AじゃないけどBって言っとけ的な。 去年あんまり強気に「ダメじゃね?」と言いすぎた反省なのでしょうか。 真意を測りかねます。 祖母井さんは「1億で選手を獲ってこられるようなチームではない」とは確かに言ってますけど、「選手を獲りたくても獲れないほどお金ない」とまでは言ってないのに、本文中で「選手を獲らないのではなく獲れないのだ」とか断言されてちょいムカつきました。 …本当にそんなにそこまでお金がないのか?(泣)営業もがんばれよ。 祖母井さんのインタビューに出てきた水野の即答とか、オファーの詳細をたずねに来た選手皆無とか、ちょっと嬉しいネタもちらほら。 さて、幸福の妖精さんポに変わる外国人選手は一体どんな選手なのでしょうか。 ちょいと楽しみです。 毎年この時期になると我が家ではどちらからともなく下記のような会話が交わされる。 「思ったんだけどさあ、今年こそは毎週末サッカーばっかり、って生活、やめない?」 「そうだねえ…」 「ホーム全試合はまあ年チケ買ってるから行くとしてもさ、アウェーの日程を気にするとか、生中継は必ず見るとか、そういう生活はやっぱりよくないよ。 もっとさ、こうなんてーの、普通に週末温泉旅行とか行きたいじゃん」 「そうだねぇ、よくないねぇ。 昨日わんこそば的仕事をこなした後、ヒサビサに酔っ払ってカラオケでシャウトしているうちに新入団選手が発表になっていました! (ともにオフィシャルより) いらっしゃいいらっさい!よろしくきばりや~。 伊藤くんは山口出身かー!エエ子に違いない(ほんまか?)! 新入団選手といえば、今日の読売新聞夕刊に「高校サッカー 選手続々J入り」という囲み記事が出ていて、野洲高校の青木くんの記事が少し長めに紹介されていましたYO! J1千葉に入団する青木は、1メートル76、64キロとFWとしては大きくないが、一瞬で相手を置き去りにする高速ドリブルと柔らかいボールタッチが魅力だ。 9日の決勝、鹿児島実(鹿児島)戦は、得点こそ挙げられなかったが、何度もハーフウエーライン付近から相手ゴール前へドリブルで駆け上がってスタンドを沸かせ、山本佳司監督に「クリエイティブな野洲サッカーの申し子」と言わしめた。 昨夏までは、全国的にあまり知られていなかったが、弱点のフィジカル面を筋力トレーニングで克服し、今大会で一気に素質が開花。 10日に発表されたU-19日本代表メンバーにも初選出された。 「得点王になれなくて残念だったけど、千葉で早くレギュラーを取れるように頑張りたい」と、次の目標を掲げる。 (読売新聞夕刊より) それにしてもジェフのスカウトは有名になる前にちゃんと押さえているのが凄いよなあ。 この調子で沸き立ってる移籍戦線にちょっとくらいはプラスの名乗りを上げて欲しいものだけれど、目先の補強はしないって祖母井さんも言ってるくらいだからないんでしょうか… 珍しく去年の年末から続けてサッカーマガジンを購入しました。 戌年ということで勇人&寿人のツインズ対談(スパサカの撮りと同じ日に行われた?服装が一緒やった)、水本&水野の戌チーム対談(イヌミミ着用・似合いすぎだぜ水本)、異常におそろしい秋田@名古屋の写真、天皇杯優勝の浦和ポスター(あの真ん中で選手よりも目立っているのが社長ですか?)などサービス満点の内容となっております。 本格的に始動するとダイジェストの方が面白い記事が多いので、期待してるぜ、ダイジェスト! スポーツ紙各紙でもオシム続投報道がでてきてほっと一安心といったところです。 今度こそお迎えに行くぞ!…たぶん行くと思う…行けるんじゃないかな…まあ覚悟はしておけ(って何の?)。 行ったとしても離れたところからそっと見守ってると思いますけど。 行かなくても同じじゃん!みたいなことになると思うな。 それにしても…何か、何かだなあ… 高橋 泰 19800929 ジェフユナイテッド市原・千葉 滝澤 邦彦 19780420 ジェフユナイテッド市原・千葉 …ああっ…(高橋は去年から載ってるけど) 瀬戸春樹選手の期限付移籍について() …ああっ… タッキーは開幕戦の右足アシストで心をぎゅっと摑まれたので期待していたのですが…試合に出たときに左サイドでぽつんとしているのが悲しかったです…ケガもあったし。 瀬戸は練習のランニングでガンガン走っていた姿を思い出します。 レイソルで頑張って。 高橋はサテライトですごく点を獲っていたという話だったので、トップで試合に出られるのを楽しみにしてたのですが、結果が残せなかったのがネックだったのかな。 高橋もタッキーも、新しい所属チームが早く決まることを願っています。 それにしても他チームはといろいろ華々しい感じですが、うちとこは新人さんいらっしゃい!の後は何もあらへんのかい!そりゃいい新人かもしらんけれども、何かないのか何か。 えー、プラス方向で一つよろしくお願いしますよ… 全国高校サッカー選手権大会は野洲高校の優勝で幕を閉じました。 対戦相手の鹿児島実業もまた野洲とは違ういいサッカーをしていて、だからこその名勝負だったと思います。 今日はテレビ観戦だったんですけれども、試合の前の関連番組で前園さんの水玉姿(往年の釜本さんの白マフラーを彷彿とさせるようなw)にヤられてしまいました。 それにしても試合終了後の青木くんはあのインタビューの場で「ジェフに入っても頑張る」的なことを答えるとか、監督との会話でも「ジェフでがんばれ」とか、サポから渡されたであろうジェフのタオマフを掲げるとか、J's GOALのインタビューでもジェフのタオマフをまいてるとか、ほんに営業上手なことです。 内定後即営業活動を始めるとは侮れません。 さすが学園祭で王子様を演じただけのことはあります。 今後も営業活動よろしく頼むよ!! 昨日の「スーパーサッカープラス」をごらんになりまして? 「巻と勇人出演」とのお話でしたので、はて、代表ラブラブのはずのスパサカが巻と勇人?ジェフ特集?と思いきや、やはり代表ラブだけあってワールドカップに向けた代表企画でした。 今回の特集は日本代表の秘密兵器ということで巻と寿人を特集したもの。 勇人は友情出演ならぬ兄弟出演ということで寿人部分での出演でした。 何か勇人、カッケーなー。 巻は…新年そうそうから取材が入ってるのがすごいなーと。 去年の今頃はそんなこと考えてもみなかったし、トルコキャンプの間も「点を獲ってるらしいぞ」と噂してたときも「で、リーグ戦までその得点力は残ってるのか?大丈夫か?」と思ったくらいだったのに、今は代表か(まだぎりぎりのラインだけど)、その上実家取材とか入るのか…と感慨深かったです。 人って何がきっかけになるかわからないもんだな・・・としみじみしてしまった次第。 激烈寒い日が続きますがいかがお過ごしですか? 昨日は高校サッカーの準決勝を見に国立競技場へ行ってきました。 今年の初生観戦は野洲高校vs多々良学園高校です。 山口は私の出身地でもあるので、少し複雑な気持ちになりながら、まさに「どっちも勝て!」状態で。 見ていた場所が多々良寄りのバックスタンド上段だったので、山口出身の大学生(東京での生活もうすぐ1年)みたいな子なんかがいて、少し自分の大学時代を思い出して懐かしくなってしまいました。 東京で出会う故郷の姿って、何かしらセンチメンタルな気持ちになるんだよなあ、とか思って。 試合と全く関係ないところですけれども。 さて、試合のほうは互いに一進一退、少し野洲優勢といった感じでしょうか。 何だか体の入れ方とかボールの出し方とかうまいー!ゴール前で何が起きるんだ?!というワクワク感は確かに野洲。 時々「ああそこはボール持ちすぎ…」と思うのはご愛嬌。 高校生ぽいともいう?野洲のサッカーについては語る人がいっぱいいると思うので、このくらいで。 多々良は高い位置でボールカットができるとカウンターが効果的に生きるという感じ。 結構ボール離れがよくてぽんぽんつないだりしてましたね。 5番の子がよくカットして6番の子につないで速攻、10番がドカーンと行く、みたいなパターンがけっこうみうけられたような…(記憶で書いてます)10番の彼はポストが上手でした。 後半(のさらに後半部分)は野洲もぐいぐい行くという感じではなかったので、多々良にもチャンスが多々(ダジャレのつもりはなかったのだが…)あったのですが決めきれずに敗退してしまいました。 高校サッカーはテレビで見ることはあっても実際に観に行ったことはなかったのですが、とても楽しめる試合でした。 ジェフの試合と違って肩の力を抜いて見られたのがよかったw 明日の決勝は鹿児島実業vs野洲高校ですね。 なかなかおもしろそうです。 年賀状をやっと書き終わりました。 友達が多いからではありあせん、書き始めたのが昨日の夜中だからです…松の内終わってます… 読売新聞千葉版にちらりとジェフ記事。 「ジェフ千葉とオービック 『王者』連携 小学生に講習」。 昨日のアメリカンフットボール日本頂上決戦「ライスボウル」でも優勝したオービックシーガルズとジェフが連携して地域貢献活動を行うとのことです。 手始めに今月22日、小学生対象にフラッグフットボール&サッカーを共催するそうです。 フラッグフットボール&サッカーのイベント案内はにも載ってましたね。 連携は、オービックが拠点にしている習志野市のレナウングラウンドを去年ジェフが共用したのがきっかけとなったそうです。 今後は千葉ロッテとの連携も視野に入れているとのこと。 記事中の「地域活動では 先輩格のジェフ…」に「ああ、地元軽視と言われ続けておったが先輩格と言われることもあるのか…」と感慨深くなってしまったとさ。 ちなみに、3日の新聞のスポーツ面で「Jリーグ発足以来の3大タイトルチーム」表があって、2005年ナビスコのところに「千葉」と書いてあったのは嬉しかったなあ。 もう去年のことだけどね… 1月1日のご挨拶はあまりにオソマツなので改めまして、今年もよろしくお願いいたします。 今年はジェフのリーグ優勝を見届けたいものであります! さてさて、天皇杯決勝はみてませーん!浦和が選手を集めまくっているのはもう既に来年の準備のため(ACL)なんですか?(純粋なるw問いかけ) それにしても年末年始に高校サッカーを観ていると高校生諸君はサッカーうまかねー。 もうくるんくるんまわって大変。 それがまた成功してらして驚きます。 今季入団予定の青木くん所属の野洲高校が勝ち進んでいるし、本人も点獲ってるし、ますます楽しみです~。 Jリーグ30は京都パープルサンガ編。

次の