ツイン ドラゴン 設定 判別。 A

ツインドラゴンハナハナ 設定差・設定判別・確定演出総まとめ|通常時のベルはカウント必須!

ツイン ドラゴン 設定 判別

0 ただし、 ARTが「完走型」のため、7000G消化時点での平均的な実質ボーナス出現率は以下程度となる。 0 サミートロフィー ボーナス終了後のサブ液晶に「サミートロフィー」が出現で 設定4以上確定! 定番のサミートロフィーだが、今作では 銅・銀トロフィーは非搭載となった。 出現時に ミドルボーナスだった場合は高設定濃厚となる。 ボーナス確定画面 示唆 ミニキャラ集合 ミドルボーナスなら 設定4以上 トゥニエイツ棒ナス ミドルボーナスなら 設定5以上 いぬのハート ミドルボーナスなら 設定6 基本的に上記の特殊画面は BIG対応となっているが、 高設定ほど出現しやすいという特徴がある。 設定 BIG成立時の特殊画面への書き換え率 1-3 7. 26 特定ボーナス 設定差のある 特定ボーナスは以下の6種類となっている。 13 夕方移行 リセット時は背景の夕方(高確)移行抽選が行われており、高設定ほど優遇されている。 朝イチにレア役を引かずに数ゲームで夕方に移行したら、リセット濃厚となる。 また、カバン成立時の夕方移行も高設定ほど優遇されている。 一度でも出現すれば設定4以上の期待が高まると言えよう。 ハズレと混同しない様に注意しよう。 (タッチの有効時間は5秒程度のみなので、終了後はすぐタッチを推奨!) ボイスはキャラクターごとに4パターン存在し、ボイス3発生時はストック1個以上、ボイス4発生時はストック2個以上が確定する。 ボイス1・2は設定の奇偶で出現率が変化する。 2 偶数 あなたって……結構やるのね。 3 ストック 1個以上 か、かわいいっ……!! (液晶上での判別は不可能) リセット時もRT状態&ゲーム数を引き継ぐため、液晶上のG数とは一致しない箇所で内部的に周期CZ(パトルンルンチャンス)を迎えるケースもあるが、据え置き確定とはならないので注意しよう。 ヤメ時 ・ボーナス後は自力ART当選のチャンスがある。 転落リプレイ成立後(夕方背景終了後)までは続行しよう。 ARTのポイント ・本機は 完走型ARTのため、ART中に成立した青頭BIGとMIDに関しては即揃えせず完走させた方がお得となるので注意しよう。 (取りこぼす可能性のある小役成立時に狙うと、停止位置によってはボーナスが揃ってしまう可能性がある。

次の

ツインドラゴンハナハナ│スペック・設定差・設定示唆【ツイドラ】 │ スロットガーデン【攻略・天井狙い・期待値・解析】

ツイン ドラゴン 設定 判別

ハナハナの設定1を数日据え置いた場合、常に右肩下がりのスランプグラフになるか?と聞かれたら、答えはノーで、一次的にプラスの曲線を描く瞬間があります。 ホールの差枚詳細によれば、マイナス700枚付近で終了している台ですね。 ハナハナはジャグラーと比較して、結構荒れやすいので前日データが明らかに設定1の場合、当日どんなに差枚がプラスであっても、疑わしい時はスパッとヤメにしましょう! 逆にこの台で 「REGが異常に強くて合算も良い、けどBIGが弱い!」という展開だったら、タコ粘りしてましたね。 後からしっかりREGが付いてくる台• REGも付いて来ずに後から失速する台 ボーナス確率は結果論でしか無く、打っているその時その瞬間での設定看破は非常に難しいです。 小役確率をしっかりと計測して、どっち寄りの台なのか、 消去法的な判断で立ち回る事がポイントです。 少なくともBIGを引けているという事は、その日の投資額を抑えるチャンスである事は間違いありません。 「プラマイ0までは打って良い」とか言う、謎の自分ルールはやめましょう! まとめ 自分は勿論設定師でも無ければ、ホールの店長でもありません。 しかし、毎日データロボサイトセブンを活用しながらホールの出球状況を観察している間に、その日投入されている設定の推測は随分出来る様になりました。 スロットで勝つ為には、 ホールのスランプグラフとボーナス確率と毎日触れ合う事が重要かなと、個人的には思っています。 今回の記事ではあえて「設定1と設定6の区別が微妙な、ややこしいスランプグラフ」を紹介しました。

次の

【解析】ツインドラゴンハナハナ

ツイン ドラゴン 設定 判別

今回の機種『ツインドラゴンハナハナ』は、『ドラゴンハナハナ』や『ハナハナホウオウ』の後継機「神獣」シリーズの第3弾です。 BIG・REGボーナスで、出玉を増やしていくAタイプの沖スロです。 点灯すればボーナス確定のハイビスカスランプは、 専用アタッチメント搭載で一部分だけの点滅など、告知の種類が大幅に増えました。 そして今までになかった『花びら部分がクルクル回るように点滅する』他、 今までよりも多くのプレミアムパターンが搭載されています。 さらに新筐体「ジェネシス」により、新ハナハナシリーズとしての 『新プレミアム筐体バイブ・バウンドストップ・ウイニングランプレインボー・MAXBET変化』など、今までのハナハナよりも演出がカッコよく豊富になっています。 【ツインドラゴンハナハナ】-基本情報- 基本情報 メーカー パイオニア 導入日 2018年10月15日~ 導入台数 約5000台 仕様 Aタイプ 50枚あたりのG数 約36. ランプの新点滅パターン等は多数搭載されているようです。 ハイビスカスランプ告知の割合 基本的にはボーナス成立ゲームにレバーオンで告知される。 しかしボーナスの一部やチェリー同時成立の場合、次ゲームでのレバーオンでボーナス告知される。 BIG中のスイカ確率に設定差がある• REG中のスイカ揃い時、サイドランプの色で設定示唆がある• ボーナス中の打ち方 BIG中 レバーON時でサイドランプが緑や赤に光れば、スイカやチェリーが成立。 通常時と同様の手順でフォローしましょう。 サイドランプが光らなければ、フリー打ち消化で問題ないです。 BIG中の スイカは設定差があるので、 必ず出現回数をカウントしましょう。 残りゲームは左リールからフリー打ちしましょう。 【ツインドラゴンハナハナ】-ヤメ時- ボーナス中以外はいつヤメても問題ありません。 【ツインドラゴンハナハナ】 -PV・試打動画- 【PV】.

次の