緊急 事態 宣言 企業。 緊急事態宣言と中小企業の労務管理《新型コロナウイルス関連対策》

深刻化するコロナ禍 「緊急事態宣言」発令、企業はどこまで社会的責任を優先すべきなのか(大関暁夫): J

緊急 事態 宣言 企業

(写真:PIXTA) 「会社」は、「会う社(やしろ)」と書く。 日本においては、「仕事をするために会う場所」として、当たり前の存在だった。 今回の新型コロナウイルスの感染防止のため、その「場所」に集まることができなくなり、多くの企業が「在宅勤務」をせざるを得ない状況に陥った。 「テレワーク」という言葉が、各所で露出している。 国が「ICTを活用して時間や場所を有効に活用できる柔軟な働き方」と定義する、働き方のコンセプトだ。 本来、自宅だけでなく、サテライトオフィスや、移動先で仕事をすることも含まれる。 感染対策の視点から、その一形態である「在宅勤務」が注目されているという状況だ。 しかし、「テレワーク」は感染対策のためだけの働き方ではない。 全国での緊急事態宣言が解除され、先の見えない「Withコロナ時代」に入ろうとしている今、企業は「Afterコロナ」の働き方について何をすべきか、どんな働き方を目指すべきか。 また、解除により「全員出社に戻る」企業は、今後どのような状況になるのか、起こっている事象を見ながら考察する。 「Beforeコロナ」の在宅勤務経験者は、たったの5%だった? 新型コロナ禍の前、日本において、「テレワーク」を制度としている企業はどれぐらいだったか。 総務省の平成30年通信利用動向調査では、以下の結果となっている。 一方、個人への質問によると、「企業等に勤める15歳以上の個人のうち、テレワークを実施したことがあると回答した個人の割合は8. 5%となっており、実施したテレワークの形態については、『在宅』の割合が61. 9%」となっている。 以上の数値から、「Beforeコロナ」の在宅勤務は、制度を導入済みの企業が約1割、在宅勤務を実施したことがある従業員は約5%と推測できる。 これは、長年テレワーク専門のコンサルティングを実施してきた筆者の感覚にも近い。 「Underコロナ」での在宅勤務は約3割? 1月下旬から感染リスクが高まる中、社員の安全のため、テレワーク制度を導入していた企業の大半は、在宅勤務に切り替えた。 4月7日に7都府県に対して緊急事態宣言が出され、16日には全国に拡大、安倍晋三首相が出した「出勤者7割削減」という方針により、在宅勤務を実施したことがない企業も大きく動いたのだ。 では、「Underコロナ」のテレワーク(在宅勤務)状況はどうだろうか。 各所で様々な調査が実施されているので、以下の3つの調査結果をピックアップした。

次の

想定外の長期化、底なしの様相 企業の在宅勤務に課題―緊急事態宣言延長:時事ドットコム

緊急 事態 宣言 企業

新型コロナウイルスの感染爆発を食い止めるため、政府は16日、私権制限を含む緊急事態宣言について、7都府県だった対象地域を全国に拡大した。 期間は5月6日まで。 安倍晋三首相は首相官邸で開かれた政府対策本部の会議で「ゴールデンウイークの人の移動を最小化する」と決定理由を説明した。 17日に記者会見し、国民に理解と協力を呼び掛ける。 首相は会議で、北海道、茨城、石川、岐阜、愛知、京都の6道府県で新型コロナのまん延が進み、他の県でも人の移動による感染拡大が見られると指摘。 「最低7割、極力8割の接触削減を何としても実現する」と述べ、不要不急の帰省や旅行を絶対に避けるよう呼び掛けた。 都道府県知事に対し、観光施設の入場制限などの検討も促した。 政府は6道府県に、当初から対象とした埼玉、千葉、東京、神奈川、大阪、兵庫、福岡の7都府県を加えた13都道府県を、感染拡大防止の取り組みを重点的に進める「特定警戒都道府県」に指定した。 会議に先立って、感染症専門家らでつくる基本的対処方針等諮問委員会は政府の方針を了承。 西村康稔経済再生担当相は衆参両院の議院運営委員会で対象地域拡大を事前報告した。 政府は今月7日、7都府県に緊急事態宣言を発令。 しかし、他の自治体でも感染は深刻で、追加指定を求める動きが出ていた。 政府内には経済的打撃が大きいとして全国への拡大には慎重論があったが、感染爆発への危機感から首相が決断した。 2020年度補正予算案を国会提出直前に組み替えるという異例の対応に踏み切るに当たり、「異例な状況」を演出する狙いもあったとみられる。 自民党の森山裕国対委員長は「地域が拡大されると、補正予算そのものも変わってくる」と記者団に語った。 緊急事態宣言は3月に成立した改正新型インフルエンザ対策特別措置法に基づく措置。 対象拡大により、47都道府県知事が住民に外出自粛を要請したり、施設・店舗の休業やイベントの中止を要請・指示したりできるようになる。 特定物資を隠すなどすれば、6カ月以下の懲役などの罰則が科される。

次の

<新型コロナ>緊急事態の業務停止 休業手当の義務、対象外 厚労省見解:東京新聞 TOKYO Web

緊急 事態 宣言 企業

上場企業の内部留保「460兆円」へ 安倍政権下での日銀による金融緩和政策の継続、ならびに日本企業の法人税率の低下、さらに従業員の給与の引き上げを渋った結果、国内上場企業の内部留保金は460兆円にも膨れ上がる状況になっています。 内閣府が発表する国内GDPは、数字を大きくするための画策から本当の数字はよくわかりませんが、だいだい年間500兆円程度とした場合、この額はほぼ国内GDP1年分に匹敵します。 ですから、本当に日銭で暮らす零細企業や個人商店と比較した場合には、パンデミックのような不測の事態が起きても、簡単に会社が破綻するという状況とは程遠いほど、資金を潤沢に抱えている状況です。 緊急事態宣言が出ても濃厚接触電車で通勤するサラリーマン 今回の新型コロナウイルスに関しては世界同時進行で起こっている悲劇的事態ですから、足元ですぐにベストプラクティスとなる対応がどういうものなのかを判断するのは非常に難しい状況です。 それにしても、先行して感染者が爆発的拡大をして一定の制圧にこぎつけた中国の例や、かなりうまくいき始めている韓国や台湾の例などを見るにつけ、緊急事態宣言でサービス業や料飲店の営業自粛については半強制的な要請をしながらも、テレワークができない首都圏などの多くのサラリーマンが延々ともっとも危ないとされる濃厚接触を毎日のように繰り返す電車での通勤を継続している姿は、さすがにパラドキシカル(逆説的)そのもの。 これで5月の連休明けに収束の方向が見えたとしたらまさに神業なのではないかとさえ思うほど、暗い見通しが多くの人々の生活にのしかかりつつあります。 迂闊(うかつ)な発言はできませんが、都内の大きな病院の院内感染の状況などを見るにつけ、もう東京は手遅れの一線を超えてしまったのではないかとさえ思う次第です。 感染がなかなかピークアウトしない米国NY市の人口は860万弱で、東京都の3分の2程度でしかありませんが、感染者は10万4,400人を超えて、死者も6,000人を超えています。 ページ内の商標は全て商標権者に属します。 銘柄の選択等、投資の最終決定は、ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 また、本サイトに掲載している全ての記事およびデータについては、その情報源の確実性を保証したものではありません。 本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切責任を負いません。 万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。 本WEBサイトの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

次の