パーク pfi。 パークPFIで公園整備 東海地方初のイタリアンレストラン

PFIとは|日本PFI・PPP協会

パーク pfi

現在進行中のPark-PFIについて• Park-PFIの活用公園 当市では、現在のところ、次の2箇所の公園でPark-PFIの活用を進めています。 おおみなと臨海公園で現在進めている新総合アリーナの整備については以下のページをご覧ください。 また、でのPark-PFIの活用を検討しています。 その他の都市公園でもPark-PFIを活用することができますので、お気軽にお問い合わせください。 Park-PFIとは Park-PFIとは、都市公園法の改正により新しく創設された公募設置管理制度のことをいいます。 この制度は、むつ市(公園管理者)が設置する都市公園内で飲食店、売店等の公園施設(公募対象公園施設)と広場や遊具等(特定公園施設)の設置・管理を行う民間事業者を公募により選定することで、都市公園の利便、魅力の向上を図ることができる制度です。 公園利用者のメリット• 飲食施設などの公園施設のサービスレベルが充実する• 老朽化や質が低下した施設の更新が進むことで、利便性、快適性、安全性が向上する 民間事業者のメリット• 都市公園の中に収益施設を設置できる• 公園空間を活用して、自らが設置する収益施設と合った広場等を一体的にデザイン、整備することで、収益の向上にもつながる質の高い空間を創出できる• 都市公園事業に参画できる 公園管理者のメリット• 民間資金を活用することで、公園整備・管理にかかる財政負担の軽減につながる• 民間の創意工夫を取り入れることで、公園のサービスレベルの向上につながる 用語の説明 公募対象公園施設• 都市公園法第5条の2第1項に規定する「公募対象公園施設」のこと• Park-PFI事業の核となるもので、飲食店、売店等の公園施設(休養施設、遊戯施設、運動施設、教養施設、便益施設、展望台、集会所)であって、都市公園の利用者にとって利便の向上を図ることができる施設となります 特定公園施設• 都市公園法第5条の2第2項第5号に規定する「特定公園施設」のこと• 公募対象公園施設と一体的に整備される施設で、一般公園利用者に向けた施設となります• 園路、広場、トイレ、休憩所など 利便増進施設• 都市公園法第5条の2第2項第6号に規定する「利便増進施設」のこと• 事業の収益性を高めるために都市公園での占用が認められる施設• 自転車駐輪場、地域における催しに関する情報提供のための看板、広告塔であって、公募対象公園施設の周辺に設置することが地域住民の利便の増進に寄与すると認められるもの 公募設置等指針• むつ市が、都市公園法第5条の2の規定に基づき策定し、公募を行います• 記載内容(募集条件)• 飲食店、売店等の公募対象公園施設の種類、設置場所、特定公園施設の建設に関する事項、負担額の負担方法、計画の認定有効期間の設定(最長20年)、使用料の最低額(最低基準額はむつ市都市公園条例に基づく額となります)、利便増進施設の設置に関する事項、公簿設置等計画の評価基準等 公募設置等計画• 事業者が、公募設置等指針を踏まえて、都市公園法第5条の3の規定に基づく計画を、むつ市に提出することとなります• 記載内容• 公募対象公園施設の設置・管理の目的、場所、構造、特定公園施設の建設に関する事項(費用の提案も可)、資金計画・収支計画、使用料の額、利便増進施設の設置に関する事項等 設置管理許可• 都市公園法第5条第1項の規定により、公園管理者以外の者が都市公園に公園施設を設け、または管理することについて、公園管理者が与える許可 P-PFIの特例 下記の特例により、民間事業者の参入意欲を高め、民間のノウハウを活用した公園整備を進めていくことができるようになりました。 種類 通常 P-PFI制度 特例 設置管理許可期間の上限 公園管理者以外の者の設置管理許可期間は10年 公募設置等計画の認定の有効期間内(最長20年)であれば、設置管理許可を保証 公募対象公園施設の 原則2% 条例を改正することで左に10%の上乗せが可能となる 占用物件 電柱、水道管、公共駐車場、郵便ポスト等公園の利用に支障を及ぼさず、必要と認められるもの 駐輪場、地域における催しに関する情報提供のための看板、広告塔を利便増進施設として追加することができる P-PFIの手続きの流れ• 方針の整理• むつ市が、P-PFI制度を活用する都市公園について、方針や目的を設定します• マーケットサウンディング• 民間の創意工夫を発揮できる事業条件を設定するために行います• 書面又はヒアリング等にて民間事業者の参入意欲、実施条件等に係る意見を聴取します• 公募設置等指針を策定し、公募を行う• むつ市は、公募設置等指針を公園ごとに策定し公表し公募を実施します• 公募設置等計画の市への提出• 事業者は、公募設置等指針に基づき、公募対象公園施設や特定公園施設などの設置・管理に関する公募設置等計画を市に提出します• 公募設置予定者について、むつ市が選定• 公募設置等計画の認定• むつ市と協定締結• 事業区域、内容、期間、施設の設置、帰属、管理運営に関する事項、リスク分担等について協定を締結します• 設置許可申請と許可• 公募対象公園施設及び特定公園施設の整備• 管理運営.

次の

パークPFIで公園整備 東海地方初のイタリアンレストラン

パーク pfi

PFIとは何ですか? PFIとは、公共事業を実施するための手法の一つです。 民間の資金と経営能力・技術力(ノウハウ)を活用し、の設計・建設・改修・更新や維持管理・運営を行う公共事業の手法です。 あくまで地方公共団体が発注者となり、公共事業として行うものであり、 JRや NTTのような民営化とは違います。 正式名称を、 Private-Finance-Initiative(プライベート・ファイナンス・イニシアチブ)といい、頭文字をとってPFIと呼ばれています。 PFIはどこで考えられたのですか? PFIは、1990年代前半に英国で生まれた手法です。 官民が協同して、効率的かつ効果的に質の高い公共サービス提供を実現するというPPP( Public-Private-Partnership:官民の連携)の概念から来るもので、PFIはその手法の一つです。 わが国では、平成11年7月にが制定され、この法律に準拠したPFI事業が実施できるようになりました。 平成12年3月にPFI事業の実施に関するが告示され、その後、PFIに関する5つのが順次公表されています。 PFIの導入は何を目的としていますか? 安くて優れた品質の公共サービスの提供を実現することを目的としています。 PFI手法を用いた事業(PFI事業)は、今どのくらい実施されていますか? 平成17年3月末現在で、PFI手法を用いた公共事業を行おうとしている事業(実施方針(参照)を公表済みのもの)は、国等を含め全国で180を超えており、既に建設を終え、運営を開始している事業(平成17年3月末現在43件)もあります。 PFIは公共事業を実施するための新しい手法です PFI事業の実施により、期待される効果(参照) 1.低廉かつ良質な公共サービスが提供されること PFI事業では、民間事業者の経営上のノウハウや技術的能力を活用できます。 これらにより、コストの削減、質の高い公共サービスの提供が期待されます。 PFIでは、これらのリスクを最もよく管理できる者にそのリスクを負担させることでコストの削減やサービスの向上を達成します。 2.公共サービスの提供における行政の関わり方の改革 従来、地方公共団体等が行ってきた事業を民間事業者が行うようになるため、官民の適切な役割分担に基づく新たな官民パートナーシップが形成されていくことが期待されます。 3.民間の事業機会を創出することを通じ、経済の活性化に資すること 従来、地方公共団体等が行ってきた事業を民間事業者にゆだねることから、民間に対して新たな事業機会をもたらします。 年度別PFI事業数 合計188事業 平成17年3月末現在.

次の

パークベイプロジェクト|千葉県木更津市公式ホームページ

パーク pfi

勝山公園で初適用されたP-PFIとは? コメダ珈琲店勝山公園店のテラス P-PFIは、都市公園内で飲食店などの公園施設を設置管理する事業者を公募で選び、その収益を公園整備に還元するスキーム。 公募対象公園施設には、都市公園法の特例措置として、建蔽率が最大12%まで認められる。 数千m 2規模の都市公園にもP-PFI活用の門戸が開かれ、設置期間も最長20年まで延びた。 従業員の雇用など長期的な視点に立った店舗運営が可能だ。 事業者にとって、より収益を上げやすい条件設定とする代わりに、公園整備などの費用を一部負担させるのが、P-PFIの大きなポイントになる。 P-PFIを全国で初めて適用したのが、北九州市小倉北区城内の「勝山公園」(面積約20万m 2)だ。 18年7月、紫川に架かる鴎外橋西側橋詰広場(面積約3,200m 2)に「珈琲所コメダ珈琲店」がオープンした。 事業者はビル管理などを手がける(有)クリーンズ(北九州市小倉北区)。 フランチャイズでの店舗運営だが、応募提案には、コメダ本体も深く関わった。 コメダ珈琲店の都市公園内出店も今回が初となる。 北九州市では当初、設置管理許可制度を活用し、飲食店などの公園施設を設置する考えだった。 その検討途中、P-PFI制度が創設。 「(P-PFIのほうが)行政、民間、利用者にとってもメリットが大きい」(同市担当者)ことから、P-PFIに切り替えた経緯がある。 場所の選定に際し、民間事業者へのヒアリングや歩行者などの通行量調査を実施。 歩行者が多く、収益が見込める鴎外橋西側の川沿いエリア(約550m 2)を選んだ。 もともとレンタサイクルのステーションがあった場所だ。 同市では、賑わいを創出する空間・広場を確保するため、森鴎外文学碑を移転し、売店や便所を撤去した。 北九州市は公募条件の検討に際し、マーケットサウンディングを実施。 その後、民間事業者が平屋建ての収益施設(建築面積約200m 2)と施設周辺の公園施設(面積約350m 2)を一元的に整備する。 事業期間は20年間。 選定には、学識者などからなる検討会を設置。 その結果、コメダ珈琲店を提案したクリーンズが選ばれた。 コメダ珈琲店北九州勝山公園店は、木造平屋建て。 川に沿った扇型の店舗を採用。 川に面したテラスを含め35卓、88席を確保。 公園利用者のためのトイレのほか、店舗周辺には公園施設として、植栽のほか、ベンチや休憩スペースなどを設置している。 公園施設の整備費用は、約84%を市が負担する。 クリーンズの石松賢一社長は、「(応募したのは)地元企業としての社会貢献が目的。 以前は夜間暗かった場所に、コメダ店舗の明るい光が灯ればという思いがあった。 コメダには和食系の店舗もある。 今後、新たな公募案件が出れば、積極的に参加していきたい」と話す。 オープン後、約半年間の来客数はのべ約8万人。 コーヒー店舗としてみれば、まずまずの数字だが、「公園の賑わいづくりとしては、まだまだこれから」(同市担当者)と指摘する。 同市では今後、来客者へのアンケート調査などを行い、周辺イベントなどと連携した賑わいの創出に取り組む考えだ。 天神中央公園や大濠公園でもP-PFI 福岡県では、天神中央公園西中洲エリア、大濠公園日本庭園エリアでそれぞれP-PFIの検討を進めている。 天神中央公園の民間事業者として18年9月、西日本鉄道を代表とするJV(yHa architects、松本組、西鉄ビルマネージメント、日比谷花壇)が決定。 県が行う公園のリニューアルに合わせて、園内にカフェやレストランを整備するほか、休憩スペースなどを設置する。 19年8月にオープン予定だ。 アクロス福岡前にオアシスショップが運営されているが、管理許可制度によるものだ。 大濠公園では、公園南側の日本庭園に隣接する場所に日本茶(八女茶)を振る舞う和風カフェの整備を検討している。 18年10月以降、P-PFIによる実施を前提に、サウンディング調査などを実施。 調査結果を踏まえ、19年度中に事業者の公募を実施する予定だ。 大濠公園では、すでに「レストラン花の木」や「スターバックスコーヒー」があるが、こちらは設置管理許可制度に基づくものだ。 国土交通省が管理する海の中道海浜公園では、P-PFIによる滞在型レクリエーション拠点の整備運営に向けた取り組みが進められている。 宿泊施設やレストランといった施設を中心に、アウトドアキャンプ、水上スポーツなどのアクティビティを楽しむための拠点になることを想定している。 対象となる主なエリアは、比較的利用者が少ない公園南側中央部のB地区。 「環境共生の森」などが立地する自然主体のエリアだ。 19年夏ごろに事業者を公募し、開園40周年に当たる21年度中のオープンを目指している。 公園西側にある水族館「マリンワールド海の中道」、ホテル「ザ・ルイガンズ」は、PFI事業としてすでに整備運営されている。 賑わいの乏しい公園の活性化をどうするか 都市公園の一部を民間企業に開放することによって、賑わいの中心となる場が生まれる。 店舗収益の一部は公園整備に還元され、利用者の利便性が高まる。 公園管理における官民連携の取り組み自体はとくに目新しいものではないが、特例措置を講じ、民間企業にとってよりメリットのある制度を創設することによって、硬直化した公園管理のあり方に一石を投じようとするPark-PFIの取り組みには、一定の意義があるといえる。 ただし、どんな都市公園でもP-PFIが適用できるわけではない。 自治体などが「この公園でPark-PFIをやりたい」と考えても、民間企業が手を挙げなければ実現しないからだ。 多くの民間企業にとって、手を挙げるかどうかのバロメーターとなるのは、「そこで稼げるかどうか」。 公園に一定以上の人通りがない限り、P-PFIは成立しづらい面がある。 本来、賑わいに乏しい都市公園こそ活性化施策が講じられるべきだが、そこは手つかずのままになる可能性が高い。 設置要件のさらなる緩和を含め、今後の制度設計上の工夫などが期待される。 (了) 【大石 恭正】.

次の