江別市事件。 不審者の出没・江別市

成田 騎信弁護士(のっぽろ法律事務所)

江別市事件

関連キーワード• 朝日新聞紙面に掲載されている用語解説から関連するものをお届けします• 江別市の飲酒運転死亡ひき逃げ事件 (2012年06月05日 朝刊) 江別市の丁字路交差点で昨年11月1日午前3時20分すぎ、工藤被告の乗用車が、新聞販売所従業員の女性(当時39)の乗用車と出合い頭に衝突。 工藤被告は逃走し、女性が死亡、工藤被告の車の同乗者2人もけがをした。 工藤被告は自動車運転過失致死傷容疑などで逮捕されたが、札幌地検は、飲酒をして時速85キロで走行し、正常な運転が困難な状態だったとして、刑がより重い危険運転致死傷罪で昨年12月に起訴した。 衆院道5区 (2016年03月14日 朝刊) 衆院道5区は札幌市厚別区、 江別市、千歳市、恵庭市、北広島市、石狩市、当別町、新篠津村の8市区町村からなる。 都市部から農業地帯まであり、自衛隊の駐屯地も置かれているなど、選挙関係者から「北海道の縮図」とも言われる。 小選挙区制になった1994年以降8回の総選挙と補選で、故・町村信孝氏は7回当選した。 民主は政権交代を果たした09年に町村氏を破り、14年の前回選挙では民主と共産の得票合計は町村氏の得票とほぼ並んだ。 小麦 (2014年07月28日 朝刊) 自給率1割と輸入に頼る小麦だが、消費者の国産志向や国際価格の上昇を背景に、使い手から道産品への注目は高まっている。 国内の小麦生産の68%を北海道が占め、道産小麦の45%が十勝産。 国内産の3割が十勝産という計算になる(2012年)。 道産の品種は、「きたほなみ」(ホクシンの後継種で、麺に向く中力)、「春よ恋」(もちもち感が特徴の強力)などがあり、超強力の「ゆめちから」が加わったことで、パンのほかにパスタなど用途も広がりつつある。 江別製粉( 江別市)に長く勤め、国産小麦普及のアドバイザー役となってきた佐久間良博さん(64)は「食パンなどで国産が外国産粉の増量剤に使われた時代を考えると、この10年の追い風は大きな変化」と話す。 ただし生産コストの競争には限度があり、国産の安全・安心を訴えるだけでは広がりがない。 「これから追求すべきは、日本人に合った味わいでしょう」.

次の

成田 騎信弁護士(のっぽろ法律事務所)

江別市事件

江別警察署事件・事故ファイル 6月23日のできごと 不審者の出没について 6月22日午後3時40分ころ、東野幌町において、帰宅途中の女児が車に乗った男に声を掛けられる事案が発生しました。 男は40歳くらいで、赤色の髪、黒色半袖、やせ型、シルバー色セダン系車両に乗車していました。 不審者、不審車両を目撃した際には、すぐに110番通報して下さい。 また、お子さんには防犯ブザーを持たせるなどして、被害防止に努めましょう。 6月17日のできごと 不審者の出没について 6月16日午後5時40分ころ、江別市上江別において、1人で帰宅途中の女子学生が、後方から近付いてきた車両に乗車する男に声をかけられる事案が発生しました。 男は20歳代前半で、黒髪、黒色Tシャツ、やせ型で、シルバー色セダン系車両に乗車していました。 不審者、不審車両を目撃した際には、すぐに110番通報して下さい。 また、歩行中のイヤホン装着、スマホ操作は、周囲の異変に気付きづらくなりますので、十分に注意しましょう。 6月12日のできごと 事務所荒らしにご注意を 江別市近郊において、事務所荒らしの被害が発生しています。 また、会社だけでなく自宅の防犯対策も忘れずにお願いします。 6月9日のできごと 自転車盗の発生について 江別市内の集合住宅敷地内や商業施設駐車場で自転車盗被害が発生しています。 自転車から離れる際には、短時間でも施錠し、2つの鍵をかける「ツーロック」で防犯措置をとり、被害に遭わないように注意しましょう。 6月3日のできごと 架空料金請求詐欺にご注意を 6月3日、江別市内において実在する弁護士事務所を騙り「有料登録の未納料金が発生しております。 本日連絡なき場合、法的手続きに移行します。 」という身に覚えのないメールが送られてきたという相談が江別警察署に数件寄せられています。 このような請求が来たら、不用意に連絡しないこと。 また、実在する会社や組織名であっても契約内容を確認し、家族や警察に相談して下さい。 6月1日のできごと 通学中の防犯について 新型コロナの影響による長い休校期間を経て、江別警察署管内の小中学校では6月1日から登校が再開されています。 子どもが犯罪被害に遭わないよう、防犯標語「いかのおすし」を教えてあげましょう。 ~知らない人について「いか」ない、車に「の」らない、「お」おごえをだす、「す」ぐににげる、「し」らせる~です。 また、子どもを見守り、不審者を見かけた際は、警察に通報するなどして、皆さんで子どもの安全を守りましょう。 5月28日のできごと 変質者の出没 5月29日午前1時20分ころ、江別文京台南町において、帰宅途中の女性が全裸の男を目撃しました。 男の特徴は、年齢50歳くらい、身長170~175センチメートルくらい、小太り、黒色短髪で頭頂部が薄いとの事でした。 不審者・変質者を見かけた際は、すぐに110番通報してください。 また、夜間の女性の一人歩きは極力避けるようにしましょう。 5月26日のできごと 架空料金請求詐欺にご注意を 5月25日、江別市内の居宅に「訴状」と題した「未納料金について、訴訟を開始します。 連絡ない場合には法的措置をとります。 」という内容の封書が送られてきたとの相談が数件よせられています。 このような請求が来ても、不用意に連絡するのはやめましょう。 また、実在する機関や企業からの料金請求であっても、身に覚えのない請求は家族や警察に相談してください。 5月22日のできごと 架空料金請求詐欺の発生について 実在する会社を騙って「アダルトサイトの登録料が未払いである」とメールを送る架空料金請求詐欺事案が発生しました。 実在する会社からのメールや電話であっても契約内容を再度確認して、不用意に相手に連絡しないようにし、家族や警察に相談してください。 5月22日のできごと 性的な犯罪被害に遭わないために 気温が上がってくると軽装の方が増え、痴漢や盗撮の被害や、変質者の出没の増加が心配されます。 スマートフォンを操作しながら歩いたり、イヤホンをしながら歩く「ながら歩き」は周囲の人の気配に気づきにくくなり、犯人に狙われやすくなるかもしれません。 また、夜道を一人で歩く際には、なるべく明るい道を通るようにしましょう。 防犯ブザーの活用もおすすめします。 不審者を見た際にはすぐに110番通報してください。 5月13日のできごと 車上ねらい未遂事件の発生について 5月13日午前9時ころ、江別市内の高齢者宅に、警察官を名乗るものから「逮捕した犯人があなた名義のキャッシュカードを持っていた。 キャッシュカードは手元にありますか。 」等キャッシュカードのありかや銀行口座の情報を聞き出そうとする電話が掛かってきています。 5月12日から13日にかけて、同様の電話が市内複数の高齢者宅にも掛かってきています。 「キャッシュカードは渡さない」「暗証番号は教えない」という合言葉で被害に遭わないようにしましょう。 4月30日のできごと 車上ねらい未遂事件の発生について 4月27日午後8時ころから28日午前8時ころまでの間、江別市萌えぎ野西の一般住宅敷地内において、駐車中の車両の鍵が壊される車上ねらい未遂事件が発生しました。 27日には、江別市内において同様の被害が発生しています。 車両を離れる際は、車内に貴重品を置かないようにし、不審者を見かけた際には、すぐに110番通報して下さい。 4月28日のできごと 不審な訪問販売について 灯油タンクから灯油が漏れているなどと嘘の話をして、灯油タンクの交換をすすめる悪質な業者が訪問してきたという相談が江別警察署に寄せられております。 悪質な訪問販売等の被害を防ぐには、その場で契約書にサインをすることはせずに、まずは家族や友人に相談してください。 訪問してきた業者が怪しいと感じた際には、警察に通報して下さい。 4月28日のできごと 車上ねらいの発生について 4月27日午前8時50分ころから午後8時20分ころまでの間、江別市一番町の共同住宅駐車場内において、駐車中の車の鍵が壊され、車内から現金在中のポーチが盗まれました。 また、同日中には江別市萌えぎ野中央においても駐車中の車の鍵が壊される被害が発生しています。 車両を離れる際は、車内に貴重品を置かないようにして下さい。 また、不審者を見かけた際は直ぐに110番通報して下さい。 4月27日のできごと 予兆電話の発生について 4月27日午前中、江別市内の複数の高齢者宅に、警察官を名乗る者から「詐欺グループを逮捕した。 その中にあなたの名前があった。 キャッシュカードは大丈夫か。 」などという電話が掛かってきています。 そのような電話が掛かってきた場合には絶対に相手にせず、家族や警察に相談して下さい。 「キャッシュカードは渡さない」「暗証番号は教えない」というキャッチフレーズで被害に遭わないようにしましょう。 4月27日のできごと 「給付金10万円」を装った詐欺の被害防止について コロナウイルス感染症に関した給付金(特別定額給付金(仮称))の手続きを装った不審な電話やメールに注意してください。 給付金に関して市区町村や総務省などがATMの操作をお願いしたり、給付のために手数料の振込みを求めたりすることは絶対にありません。 市区町村や総務省などをかたった電話が掛かってきたり、郵便、メールが届いたら相談してください。 4月22日のできごと 不審者の出没について 4月21日午後6時40分ころ、江別市あけぼの町において男女3名の児童が男から「おんぶして」と声を掛けられる事案が発生しました。 男は50歳から60歳くらいで白髪、短髪、上下作業着様の服を着ておりました。 不審者を目撃した際は、すぐに110番通報して下さい。 4月22日のできごと 予兆電話の発生について 4月22日午前中、江別市内の複数の高齢者宅に、市役所職員を名乗る者から「還付金があるので手続きをしてほしい。 」等との電話があった後、銀行職員を名乗る者から「口座番号を教えてほしい。 」等との電話が掛かってきています。 電話で還付金の手続きをしたり、口座情報を聞き出す電話は詐欺の電話です。 このような電話が掛かってきた場合は絶対に相手にせず、家族や警察署へ相談して下さい。 4月17日のできごと 不審者出没事案の発生について 4月16日午後6時20分ころ、江別市高砂駅付近で不審な男が目撃されています。 男は年齢30歳くらい、身長170センチメートルくらい、濃いグレー色の上衣を着用。 不審者を目撃した際は、すぐに110番通報して下さい。 4月14日のできごと 年金受給日の警戒について 年金受給日を狙った詐欺の発生が予想されます。 警察官などを装う詐欺も発生しています。 不審な電話やメール、来訪者には十分注意しましょう。 また、不審な電話があった場合は電話を切らず通報して下さい。 4月14日のできごと 事務所荒らしの発生について 4月12日夕方から4月13日早朝にかけて、江別市上江別東町において会社の事務室の鍵が壊され金庫等が盗まれる被害がありました。 防犯カメラを設置するなどの防犯措置をとり、犯罪の被害に遭わないように注意しましょう。 3月25日のできごと 自転車盗の発生について 3月23日から24日にかけ、江別市内で2件の自転車盗難被害が発生しています。 23日は野幌町において、24日には文京台緑町において、いずれも駐輪場内に鍵を1つだけかけた状態で盗まれています。 春を迎え自転車を利用する機会が増えますが、自転車に2つの鍵をかける「ツーロック」や車体をワイヤー鍵で支柱と結束するなどの防犯措置をとり、被害に遭わないように注意しましょう。 3月19日のできごと 変質者の出没について 3月19日午前1時50分ころ、江別市文京台の路上において男が帰宅途中の女性に対して下半身を露出する事案が発生しました。 男は、年齢40歳から50歳代くらい、身長175センチメートルくらい、小太り、眼鏡をかけ、色不明のジャンパー、グレー系のズボン姿でした。 不審者を目撃した際は、すぐに110番通報してください。 3月19日のできごと コロナ詐欺について 北海道内で、新型コロナウイルスに関連した不審電話の相談が複数件寄せられています。 警察官を名乗る者から「ウイルス被害が多いため、自宅の電話に無料の録音機を設置しませんか。 」などや「トイレットペーパーを1年分配布するのでどうですか。 」などの不審電話がかかってきています。 新型コロナウイルスに関連する詐欺や悪質商法に注意し、警察や公的機関を名乗る者からこのような電話があった場合は、電話を切って江別警察署に通報して下さい。 3月6日のできごと 新型コロナウイルスに便乗した犯罪に注意 全国的な新型コロナウイルスの流行により、これに乗じて新たな手口の詐欺や犯罪の発生が予想されます。 不審な電話やメール、来訪者等には十分注意し、政府や自治体の正しい情報に従い、冷静な行動をとるようにお願いします。 また、小中高校生のお子様を持つ家庭では、臨時休校で自宅待機中、知らない人の訪問に応じないよう注意させてください。

次の

不審者の出没・江別市

江別市事件

関連キーワード• 朝日新聞紙面に掲載されている用語解説から関連するものをお届けします• 江別市の飲酒運転死亡ひき逃げ事件 (2012年06月05日 朝刊) 江別市の丁字路交差点で昨年11月1日午前3時20分すぎ、工藤被告の乗用車が、新聞販売所従業員の女性(当時39)の乗用車と出合い頭に衝突。 工藤被告は逃走し、女性が死亡、工藤被告の車の同乗者2人もけがをした。 工藤被告は自動車運転過失致死傷容疑などで逮捕されたが、札幌地検は、飲酒をして時速85キロで走行し、正常な運転が困難な状態だったとして、刑がより重い危険運転致死傷罪で昨年12月に起訴した。 衆院道5区 (2016年03月14日 朝刊) 衆院道5区は札幌市厚別区、 江別市、千歳市、恵庭市、北広島市、石狩市、当別町、新篠津村の8市区町村からなる。 都市部から農業地帯まであり、自衛隊の駐屯地も置かれているなど、選挙関係者から「北海道の縮図」とも言われる。 小選挙区制になった1994年以降8回の総選挙と補選で、故・町村信孝氏は7回当選した。 民主は政権交代を果たした09年に町村氏を破り、14年の前回選挙では民主と共産の得票合計は町村氏の得票とほぼ並んだ。 小麦 (2014年07月28日 朝刊) 自給率1割と輸入に頼る小麦だが、消費者の国産志向や国際価格の上昇を背景に、使い手から道産品への注目は高まっている。 国内の小麦生産の68%を北海道が占め、道産小麦の45%が十勝産。 国内産の3割が十勝産という計算になる(2012年)。 道産の品種は、「きたほなみ」(ホクシンの後継種で、麺に向く中力)、「春よ恋」(もちもち感が特徴の強力)などがあり、超強力の「ゆめちから」が加わったことで、パンのほかにパスタなど用途も広がりつつある。 江別製粉( 江別市)に長く勤め、国産小麦普及のアドバイザー役となってきた佐久間良博さん(64)は「食パンなどで国産が外国産粉の増量剤に使われた時代を考えると、この10年の追い風は大きな変化」と話す。 ただし生産コストの競争には限度があり、国産の安全・安心を訴えるだけでは広がりがない。 「これから追求すべきは、日本人に合った味わいでしょう」.

次の