デス スト ランディング エンディング。 『デス・ストランディング』発売日が11月8日に決定! 最新トレーラーも公開

DEATH STRANDING

デス スト ランディング エンディング

こんにちは。 山本アンドリュー()です。 今回は、小島秀夫監督のPS4ゲーム『DEATH STRANDING(デス・ストランディング)』の海外レビュー(評価・評判・感想)をご紹介します。 『デス・ストランディング』は、小島秀夫監督率いるコジマプロダクションの開発により、2019年11月8日に発売されたゲームです。 私も初めての試みですが、メタクリティック(Metacritic)という、映画・音楽・ゲーム・ドラマなど幅広いエンタメコンテンツのレビューが集まるサイトの翻訳を行いました。 メタクリティックの特徴として、批評家のレビュー(Critic Review)とユーザーのレビュー(User Review)の二つがありますが、今回は批評家のレビュー、つまり海外のゲーム情報誌の評価を取り上げます。 ちなみに、発売から約1週間ほどたった11月19日時点での、批評家のレビュー平均は100点満点中 83点、ユーザーレビュー平均は10点満点中 6. 1点の結果となっています。 ユーザーレビューは特に強弱が強く、低評価と高評価が見事に二分する結果となりました。 果たして、小島秀夫監督が企画・脚本・監督・ゲームデザインまで全ての陣頭指揮を行い、「メタルギア」シリーズ以来の初めての新規タイトルとなった本作の海外の評価はどうだったのでしょうか。 ミュールからの強奪専門の配達人 「Stevivor」「Giant Bomb」は評価する気がまったくない 何がどう悪いかというところも不明確 感じだな。 だけど下記は一応評価していると思う。 「VGC」は乱暴な評価ではあるが、まあそういう捉え方もあるかもね。 「AusGamers」は必要悪だと言っているが、それってコナミへの批判でもあるよなぁ。 >行き過ぎたSF要素が残念でならない。 え?そっち? 時雨は荷物や設備が時間経過で劣化していくというゲーム性、BTはいわば見えない敵であり、よりステルス性が増した内容ってだけだと・・・ 絶滅体、個々のビーチ、ネクローシスしない遺体というところが分かりにくいってのはあるだろうけど・・・ >シナリオを追うよりも爽快感を求めているユーザーは低評価するだろうな >俺もMGS4は面白いと思ったけど、周回プレイをやりたいほど思わなかった MGS4は確かにシナリオ的にてんこ盛りだったけど、ゲーム性を堪能する 感覚にはならなかったなぁ。 2と3は結構殺戮を楽しんでた気がする。 >万人受けなんてクソくらえってものを いや、市場の期待に応えた作品だったと思う。 その期待は万人ではないってことだと思う。 >SFで設定周りで独自用語や死の概念の説明など頭に >すっと入っていかない点があるためストーリーが入ってきづらい まあ小島さんがMGS以外にずっとやりたかったSF小説的側面だったからだろう。 FF7でいう「魔晄」と比べればちょっと独自的ではあったけど似たようなものかも。

次の

デスストランディングのエンディングをネタバレで解説

デス スト ランディング エンディング

2019年のもっともすぐれたタイトルに贈られるGame of The Yearに輝いたのは、フロム・ソフトウェアの『』。 さらに日本タイトルでは、Best Fighting Gameを『』が、Best Strategy Gameを『』が、Best Action Gameを『』が、Best Family Gameを『』がそれぞれ受賞している。 あわせて、イベントで明らかにされた新作や新情報をまとめてお届けする。 おめでとうございます! 宮崎英高氏(フロム・ソフトウェア ディレクター)コメント 正直、いますごく驚いています。 (ゲーム・オブ・ザ・イヤーを)まさか取れるとは思っていなかったし、結構尖ったシングルプレイのアクションゲームを作って、まさかこんなに大きな賞をもらえるなんて夢にも思っていなかったので、すごく感激しています。 フロム・ソフトウェアのスタッフ、(海外でのパブリッシャーである)アクティビジョンのメンバーも、みんな真剣に作った結果だと思っているので、帰国してからまたみんなと喜びを分かち合いたいと思います。 リリースしたのはもう結構前になりますが、またこういう「良かったね」といえる機会ができて、本当に良いプロジェクトだったなと。 嬉しいです。 これは日本のゲーマーの皆さんにお伝え頂きたいのですが、皆さんがすごく支援してくれたこと、遊んでくれて評価してくれた結果がこの賞だと思っているので、本当に感謝しています。 次もまた面白いものを作ろうと思っていますし、それに向けて努力しますので、よろしくお願いします。

次の

デスストの“泣ける”エンディング曲こと「Almost nothing feat. Okay Kaya」のMVが公開

デス スト ランディング エンディング

2019年のもっともすぐれたタイトルに贈られるGame of The Yearに輝いたのは、フロム・ソフトウェアの『』。 さらに日本タイトルでは、Best Fighting Gameを『』が、Best Strategy Gameを『』が、Best Action Gameを『』が、Best Family Gameを『』がそれぞれ受賞している。 あわせて、イベントで明らかにされた新作や新情報をまとめてお届けする。 おめでとうございます! 宮崎英高氏(フロム・ソフトウェア ディレクター)コメント 正直、いますごく驚いています。 (ゲーム・オブ・ザ・イヤーを)まさか取れるとは思っていなかったし、結構尖ったシングルプレイのアクションゲームを作って、まさかこんなに大きな賞をもらえるなんて夢にも思っていなかったので、すごく感激しています。 フロム・ソフトウェアのスタッフ、(海外でのパブリッシャーである)アクティビジョンのメンバーも、みんな真剣に作った結果だと思っているので、帰国してからまたみんなと喜びを分かち合いたいと思います。 リリースしたのはもう結構前になりますが、またこういう「良かったね」といえる機会ができて、本当に良いプロジェクトだったなと。 嬉しいです。 これは日本のゲーマーの皆さんにお伝え頂きたいのですが、皆さんがすごく支援してくれたこと、遊んでくれて評価してくれた結果がこの賞だと思っているので、本当に感謝しています。 次もまた面白いものを作ろうと思っていますし、それに向けて努力しますので、よろしくお願いします。

次の