モスノウ 技構成。 ポケモン 剣 盾 モスノウ 育成 論

【ポケモン ソード&シールド】モスノウの育成論(種族値・努力値・技構成など)まとめ!│ホロロ通信おすすめゲームと攻略裏技最新まとめ【ホロロ通信】

モスノウ 技構成

5倍 0. 25倍 なし 無効 なし 解説 自分の特攻・特防・素早さを一度に上昇させる「ちょうのまい」を使用でき、夢特性の「こおりのりんぷん」によって特殊攻撃を無条件で半減できるので、特殊アタッカー相手には素で積む事も可能な積みアタッカーです。 攻撃も技も威力命中共に安定したものが揃っていますが、鋼タイプで止まりやすい技範囲であるという特徴もあるため、パーティの構築によって扱いやすさがや爆発力が大きく左右されるポケモンです。 特殊防御に特化し、特殊受けとして使用する事もできます。 素の特攻が高い事もあり攻撃性能が大きく上昇する他、特性の「こおりのりんぷん」の特殊技半減と併せて特殊アタッカーには無類の強さを誇ります。 ほとんどの場合確定となる技です。 「ちょうのまい」を使用した後であれば大きなダメージを見込めます。 素の特攻が高いので、積まずに使用してもダメージに期待が出来ます。 天気が「あられ」だと必ず命中する。 天候があられ状態の場合は必中となるので、先にダイアイスとして使用し、あられを降らせてから使用すると非常に強力な技として扱えます。 相手がわざ「みがわり」を使っていても攻撃が当たる 解説 同じくタイプ一致の命中威力安定したメイウエポン候補です。 範囲は「れいとうビーム」と大きく変わらないので選択となりそうです。 「ふぶき」を採用する場合は、命中安定のメインウエポンとしての採用が見込めます。 くさ 特殊 威力 75 命中 100 PP 10 効果 相手に与えたダメージの半分の量だけ回復する 解説 「ちょうのまい」を使用した後であれば回復ソースとしても使用出来るサブウエポン候補です。 氷技、虫技と併せても範囲が大きく広がるわけではないのでどのように使用したいかで採用の可否が決まる技です。 威力も高くなく命中不安ですが追加効果が優秀で、ワンチャンスを握り続ける事が出来ます。 特攻、素早さに努力値を大きく割けるようになるのでアタッカーとしての性能も上がります。 効果 持たせると「こうかばつぐん」になる、ほのおタイプ技のダメージを半減する 解説 炎技を抜群で受けた際に半減できる木の実です。 耐久に努力値を割くと4倍の特殊炎技も安定して耐えられるようになります。 効果 持たせると攻撃するたびにHPが減るが、技の威力が1. 3倍になる 解説 積んだ後の突破力を更に増加させます。 場合によっては不利タイプも強引に突破できる程の火力になるので、他のポケモンでサポートをするのであれば有用な持ち物候補です。 ご指摘ありがとうございました。 メインメニュー•

次の

【ポケモン剣盾】モスノウがキョダイラプラス対策にぴったり【種族値と育成論】

モスノウ 技構成

図鑑説明 はねの おんどは ど。 れいきを こめた りんぷんを の ように ふりまき のやまを とぶ。 のやまを あらすものには ようしゃ しない。 つめたいはねで とびまわり を して こらしめる。 のようにくの姿をしている。 名前の由来は+スノウと思われる。 版限定の、の先鋒を務めるでもある。 雰囲気もどこか似ている。 特攻がと高く、後述のや覚える技も優秀なのだが、攻撃技としてな炎・が4倍弱点なのが。 味方でのフォローは必須といえる。 せめて並みに素ければ・・・• の「こおりのりんぷん」は、特殊攻撃で受けるを半減する優秀な性。 弱点を突かれない特殊アタッに繰り出して、おいかぜ・ちょうのまいを使う機会を確保したい。 で敵として出てきた場合、では困難なの1匹と化す。 全体攻撃技が多く、それらの威をちょうのまいで更に高めてくるため、自分がいくら強くても味方がバタバタ倒されてしまう。 で活躍しやすいも、モスノウ相手だと氷技で弱点を突かれワームで特攻を下げられと相性最悪である。 関連動画 まだありません 関連商品 まだありません 関連項目•

次の

モスノウ育成論 : ドラパ狩り特殊エース|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略モバイル

モスノウ 技構成

ピタゴーラ!です! S7お疲れ様でした。 自分としては最高は更新できなかったものの初の2ロム最終2桁で終わることができ満足しています。 今期のパーティの紹介をしていきます。 新しく珠入れたのでこのタイトルです。 以下常体 【戦績】 TN ピタ;ゴラス 114勝57敗 最終48位 レート2067pt TN 三平方 175勝116敗 最終74位 レート2060pt 切断バグは序盤に計3回くらいされました。 解消されて良かったです。 【コンセプト】 純正受けループ。 パーティ全員が回復技持ちの受け。 【パーティ】 ・ 特性:再生力 持ち物:黒いヘドロ 技構成:熱湯、毒毒、トーチカ、自己再生 育て方:穏やかH252 B92 D164 調整意図: のメガネ10万耐え あまりB 最強の。 ここ何シーズンか毒菱を使っていたがただマイノリティに酔っているだけだったので毒毒に変更した。 毒毒は本体である。 特に対面でキッスな圧力をかけたりパーティで受け出しが困難なサザン等への誤魔化しになる。 熱砂の大地を覚えた巨大球が大量発生したためHDベースで採用した。 HB特化ではないので鉢巻ウオノラゴンが受からないが環境から死滅したので困らなかった。 三平方ロムではHD特化で使用した。 元からエースバーンに強めながいてよかった。 球でなければ受かるが球持ちを意識するとドヒドと一緒に選出してを枯らしてからカウンターで処理したい。 時間稼ぎ要員としても優秀で物理方面に伸ばしているが残飯のおかげで守る再生で特殊攻撃を何回も耐えられる。 ドラパのメガネシャドボ、ミトム、ガルドに数的有利を取ってからできる。 ・ 特性:頑丈 持ち物:オボンの実 技構成:氷柱ばり、プレス、鉄壁、自己再生 育て方:腕白H236 B244 S28 調整意図: HBベース H 4n ステロ2回でオボン発動 S 4振り抜き 物理受け。 ゴリランダーが増えたのでよく投げたが鉢巻ウドハンが受からなかった。 かといってアマガはやどみがに勝てないから難しい。 ・モスノウ 特性:氷の鱗粉 持ち物:カゴの実 技構成:冷ビ、ギガドレ、蝶舞、眠る 育て方:穏やか H204 B4 C28 D252 S20 調整意図: 無振りアマガ抜き。 冷ビで無振りドラパ乱1 96. この世のは全て残飯瞑想なのでこいつで頑張る。 入りに初手に出すと冷ビ押すだけで3対2で試合が始まる。 ストリンダー使ってるやつ全員初手出してくるから合わせる。 ・ 特性: 持ち物:命の珠 技構成:、雷、瞑想、自己再生 育て方:穏やかH228 C36 D244 調整意図: キッスの特化ジェット乱2 10. ここ最近で一番しっくりきた補完枠。 環境に合わせた受けループのパーティの完成度で言えばS1に並ぶくらい高いと思う。 特にピクシーに関してはドヒドの毒ケアでマジガしか来ないのでショックがある分積み合いに有利。 またなのでアシパみたいなのにも有利。 ピクシーのマジガ天然マジ勝てんねん問題を解決した。 はドヒドで焼いてから対面させることを意識した。 ・アーマーガア 特性:ミラーアーマー 持ち物:弱点保険 技構成:アイへ、プレス、霧払い、羽休め 育て方:腕白H252 A140 B116 調整意図: ダイスチルで無振り確1 Hぶっぱ B プレスで無振りドリュ確2 ステロ意識で霧払いを採用。 キッス対策アイへ、ドリュ対策プレス羽休め。 今まではプレッシャー襷守るでドリルを枯らす烏だったが、守るを霧払いにしたことでドリル耐性はなくなりアイテムと特性を変更することにした。 特性はマジフレフェアリー意識でミラーアーマー。 アイテムはキッスとお互いしても勝てる弱点保険を持たせた。 ドリュにはを合わせてウォールスチルウォールプレスで倒す。 以前は腕白でこのAラインにBぶっぱあまりHだったがHぶっぱあまりBに変更した。 このままでもプレスでドリュ確2で弱保を持たせる関係で特殊耐久も多少は確保できる。 アマガは調整ラインが無限にあって難しい。 【使用感】 ・への回答 受けループはステロを撒いてからテキトーに切ればぐちゃぐちゃにできるので多少ケアができるようにした。 特にモスノウはステロに非常に弱いがを持たせるとカゴに比べて単体性能が非常に落ちる。 そこでアマガに霧払いを採用してステロを消せるようにした。 更に、ステロカバは初手に来やすく初手モスノウで冷ビ2回してカゴで眠りを消して突破できたりもする。 また、はマジガでステロを受けず、残飯ヌオーやヘドロ再生力ドヒドはステロのダメージをほぼ無効化できるこの三体が出せる時もステロはあまり気にならなくなった。 特にステロからギャラキッスを通してくる構築にはが打ち合える点も優秀だった。 ・の誤魔化し 低速で固めた受けループにおいてエアスラの怯みがあるキッスは天敵である。 そこでこのパーティはキッスに不利を取らないように組んだ。 具体的にヌオー以外キッスに対面から負担をかけられる。 は毒毒、他4体はいきなりックスをする事で耐久無振りのキッスをほぼ一撃で倒せる。 先にを切ることは相手にだけが残るのでうまく処理する必要がある。 ただ、例えばしたはパーティによっては流すのが難しく相手のを誘うことができたり、ミトムはなしでモスノウで受けられたり、キッスを倒して数的有利を取っているので役割のないを相手の枯らしに使ったりと色々対処法がある。 【受けループとはなんなのか】 をで強引に処理したり、ヌオーのカウンターで物理を対面処理したり、モスノウで蝶舞をして全抜きをしたり、クレベで頑丈を盾に殴ったり。 パーティ全員は回復持ちではあるが対面や積み的な立ち回りが多くなった。 別に戦い方なんてなんでもいいが受けループとは本来相手のを後出しから処理して安定行動だけで勝つことを目標にしたパーティだと考えている。 環境だからこそ殴り勝てる受けというのもの採用価値が上がってきて、そういう戦い方を取り込まざるを得ないと思った。 【感想、反省とか】 前期は純正受けルとは異なる並びを使って勝てなかったので今期は得意な純正受けルを使うことにした。 また、環境の変化としてエースバーンとの教え技があったがドヒドヌオーがエースバーンには強めで教え技も特に受けがきついものはなかったのでいつもの5体と新メンバーを加えて構築が完成した。 自分はすごく臆病でちょっと勝つと満足して潜る気がなくなる。 そのためにいつも2ロムで潜るのだがそれもある程度両方高くなるとやめたくなる。 そこで今期は1日20戦するというノルマを設けることにした。 課題があったりして結局計463戦で600戦に届かなかったが順位が高くても潜り続ける理由になってよかった。 一日たった24ずつレートを上げるだけで2200に行けるというのをイメージすると日々対戦をこなすことの重要性が見えてくると思う。 終盤2ロム40位くらいにつけて、そっから連敗して片方8000位くらいまで溶かしたが、気合いで上げた。 最終日300位と500位で深夜1時くらいから片方が片方の順位を超えるのを繰り返してこの結果になった。 最終日はかなり調子がよく進んで自身初の最終日2ロム2桁につけてよかった。 今まで最終は溶かしたり、1ロムしかなくてチキって撤退したり後悔ばかりしていた。 今回に関しては時間が足りなかった。 最終日バイトがあったり漫画読んだりしていたがこれだけ勝てるならあと数時間あるだけで最上位に行けたのではないかと思うと残念だ。 だが、2ロムを交互に上げたのは精神の安定にもなったし1ロムで特攻すればよかったともそこまで思わない。 はシーズン毎に自分が満足できるように終わるのが一番楽しめる。 今期に関しては最終日はゾーンに入りプレミを殆どせず決まった立ち回りを通して勝てて、パーティも現環境で最も対応範囲の広い受けループが組めたので満足である。 最終日39戦して31勝してた。 来期からは使えるも増えるのでパーティがガラッと変わりそうで楽しみだ。 今後も最強目指して頑張っていく。 【】 よく、純正受けループで勝てるのすごい!的なことを言われるが、それを聞くとおれの中のが怒り出す。 対面、サイクル、積み、とざっくり分けられることもあるが厳密にはもっと細かく分けられるだろう。 その中で自分に合ったものを見つけて極めた人が勝ちあがれると思う。 実際高頻度で上位にいるプレイヤーの構築は何か似たような印象を受ける。 そんな中で純正受けループを使ってるやつが少ない。 勝ち上がってるやつがいない。 だが、少ないから弱いということはない。 例えば入りの受けサイクルは殆どの人が使わないが何度も上位に行くプレイヤーがいる。 このパーティは序盤から考えていて終盤まで使い続けた。 自分は普段等で対戦の放送をするがそこで立ち回りがどうとかこの調整の方がいいんじゃないかとコメントと言い合いながら練度を上げている。 純正受けループで強くなりたい人は是非ともキャスを見に来てほしい。 立ち回りを参考にしたり並びをそのままパクってもいい。 質問にも答える。 しかも仕留め損ねて逃げられた。 買ってきてセットしました。 皆さん部屋は清潔にしましょう。 その6月のシーズンで最終2桁をとりました。 あんまりデュエプレしてるフォロワーがいなくて仲間欲しいので宣伝。 あと、おれにとデュエプレで勝てるやつおるか?っていう挑戦です。 戦略ゲームの才能ある気がするんでいつか将棋で天下とります。 【ルサンクス】 課題手伝ってくれたロースくん。 今期もありがとうございました。 PythaPoke.

次の