津波災害警戒区域 横浜市。 水戸市ハザードマップ

土砂災害警戒区域等指定箇所情報/京都府ホームページ

津波災害警戒区域 横浜市

津波防災地域づくりに関する法律とは 津波防災地域づくりに関する法律は、 東日本大震災の津波による被災をきっかけに、 津波災害の防止と将来にわたって安心して暮らすことのできる安全な地域の整備を目的に、2011(平成23)年に制定されました。 「 津波防災地域づくり法」と略されます。 東日本大震災により甚大な津波の被害を受けたことから、復興にあたっては、将来を見据えた津波災害に強い地域づくりを推進する必要があり、また、 将来起こりうる津波災害の防止・軽減のため、全国で適用できる一般的な制度を創設する必要があったことが背景にあります。 津波防災地域の整備は、国土交通大臣による基本指針の策定、および 都道府県知事による津波浸水想定をふまえて、 市町村が地域づくりの推進計画を作成します。 推進計画にもとづいて推進計画区域を指定し、区域内でさまざまな特別措置を行います。 まず、防災のためので、高台やによる安全な地区に、住宅や公益的施設を集約する区域( 津波防災住宅等建設区)を定め、区域内に換地を申し出ることができる特例を定めます。 そして、津波に対して安全な構造で屋上を持つ建物(津波避難建築物)については、災害用備蓄倉庫や自家発電設備室部分のを参入しない特例( 津波からの避難建物の容積率の特例)を定めます。 集団移転促進事業は市町村が計画を策定しますが、市町村の枠を超えた広域的な見地から策定する必要がある場合は、都道府県が行います( 集団移転促進事業の特例)。 また、津波の被害は住宅だけではなく、業務施設や学校・病院・官公庁などの公共共益施設にも及ぶので、これらの各施設を一体的に整備し、都市機能を維持する拠点となる 一団地の津波防災拠点市街地形成施設を都市計画で決定できるようにします。 直接的に津波の被害を防ぐために 津波防護施設(つなみぼうごしせつ)の整備を行います。 津波防護施設とは、内陸部への浸水を防止する護岸・胸壁(きょうへき:河川・海岸の堤防上などに設けて、波浪などを防ぐ壁体)、既存の道路等を活用した盛土構造物、道路・鉄道の盛土の開口部に設置する閘門(こうもん)のことです。 (津波防護施設[浜岡原子力発電所の防波壁]:参照) この津波防護施設の敷地や津波防護施設を保全するために必要な土地を 津波防護施設区域(つなみぼうごしせつくいき)に指定します。 津波防護施設区域内の土地で、津波防護施設以外の施設またはの新築・、土地の掘削やを行うときは、津波防護施設管理者(津波防護施設を管理する都道府県知事または市町村長)の許可を受けなければなりません。 また、津波防護施設の敷地である土地の掘削・、および津波防護施設の改築・除却(じょきゃく:取り壊すこと)を行うときは、都道府県知事に届出なければなりません。 津波防護施設管理者(津波防護施設を管理する都道府県知事または市町村長)は、津波防護施設区域を指定するものとしているが、その指定区域内において土地の掘削等をしようとする者は津波防護施設管理者の許可を得なければなりません。 () 都道府県知事は、浸水想定区域に存する施設について一定の要件を満たすものを指定津波防護施設として指定できるものとしているが、その指定津波防護施設の改築等をしようとする者は都道府県知事に一定の届出をしなければなりません。 () そして、都道府県知事は、津波浸水想定をふまえて、津波の警戒避難体制を整備すべき土地を 津波災害警戒区域(つなみさいがいけいかいくいき)に指定し、津波災害警戒区域のうち、津波が発生した場合に建築物が損壊・浸水して著しい危害が生ずるおそれがある土地を、 津波災害特別警戒区域(つなみさいがいとくべつけいかいくいき)として指定します。 津波災害特別警戒区域内では、次の用途の建築を目的とする、建物の建築、用途変更するときは 都道府県知事の 許可が必要です。 津波災害特別警戒区域内の制限• 高齢者、障害者、乳幼児が利用する社会福祉施設、学校、医療施設• 津波のときに円滑かつ迅速な避難ができない住宅・旅館等の建築物 特別警戒区域内において、政令で定める土地の形質の変更を伴う開発行為で当該開発行為をする土地の区域内において建築が予定されている建築物の用途が制限用途であるものをしようとする者は、あらかじめ、都道府県知事、指定都市または中核市の区域内にあっては、それぞれの長(以下「都道府県知事等」という。 )の許可を受けなければならない。 () 特別警戒区域内において、用途の建築物の建築をしようとする者は、あらかじめ、都道府県知事等の許可を受けなければならない。 () 津波災害警戒区域内では、津波に対して安全な施設を、市町村長が避難施設に指定します( 指定避難施設)。 指定避難施設を廃止し、または改築により現状に重要な変更を加えるときは、市町村長に届出なければなりません。 市町村長は、警戒区域内に存する施設について一定の要件を満たすものを指定避難施設として指定できるものとしているが、その指定避難施設の管理者は改築等のその指定避難施設の現状に重要な変更を加えようとするときは市町村長に一定の届出をしなければなりません。 () 市町村長は、円滑かつ迅速な避難の確保を図るため警戒区域内の施設で一定の基準に適合するものの所有者と管理協定を締結し、その施設の避難用部分の管理を市町村長が自ら行うことができるものとしているが、公告のあった管理協定については公告後においてその管理協定に係る協定避難施設の所有者等となった者に対してその効力が及びます。 () 売買の対象となる不動産が、津波災害特別警戒区域内・津波防護施設区域内・指定避難施設に該当する場合には、制限の内容を調査するとともに、不動産の重要事項説明書の「津波防災地域づくりに関する法律」の項目にチェックをつけて、制限内容を説明する必要があります。 加えて、 宅地建物が津波災害警戒区域内にあるときは、その旨を重要事項として説明しなければなりません。 これは、 宅地・建物の売買、交換、賃借のいずれの場合でも義務づけられています。 )として指定することができる。 () 津波災害警戒区域に指定されない限り、津波災害特別警戒区域に指定されることはありません。 ・ 坂根 大介 さかね だいすけ• イクラ株式会社代表。 共同代表。 1986年大阪生まれ。 関西大学文学部卒業。 に入社し、国内リテール業務を経て、その後()にて不動産売買仲介を行う。 また、司法書士事務所では、不動産登記の専門家として登記だけでなく、離婚協議書の作成や遺産分割協議書の作成、相続登記、自己破産の申請を数多く行っており、住宅ローンなど金銭的問題・離婚・相続などを中心に法律に関わる不動産売却の相談が年間1000件以上ある。 イクラ株式会社では、売買実績豊富な信頼できる不動産会社だけを集めた「」と、LINEで売却相談できる来店不要の不動産屋さん「」を運営。 主な資格は、宅地建物取引士、JSHIホームインスペクター、2級FPなど。 合わせて読みたい記事•

次の

津波ハザードマップ(平成25年度作成)|藤沢市

津波災害警戒区域 横浜市

土砂災害警戒区域等指定箇所情報 土砂災害警戒区域及び土砂災害特別警戒区域は、に基づいて調査を行い、指定・公示された区域です。 京都府では、土砂災害警戒箇所調査によって確認された箇所を対象として基礎調査を行い、土砂災害警戒区域等の指定・公示を行っています。 各市(区)町村を選択すると、市(区)町村ごとの指定箇所一覧、公示図書の一部(位置図・区域図)をご覧いただくことができます。 (一部HP用資料準備中の区域があります。 もうしばらくお待ち下さい。 ) 「現在指定の区域図」は土砂法に基づき指定がなされている区域です。 「再調査結果の区域図」は最新の調査結果であり、今後、指定の区域が変わる可能性があります。 縮尺はA3サイズで印刷した場合のものです。 最新の指定日• 現時点で最新の指定は令和2年2月28日です。 土砂災害警戒区域等指定 京都市域• 山城広域振興局管内(京都市域を除く)• (京都市にまたがる箇所を含む)(現段階での基礎調査結果は全て指定されています。 南丹広域振興局管内(京都市域を除く)• ) 丹後広域振興局管内• ) 注意事項• 本ページで提供する警戒区域等の区域図は、警戒区域等の境界を明示するものではありません。 表示される内容をよくご確認の上、概略位置を示した参考図としてご利用下さい。 不動産取引の資料とするもの、義務の発生するものなど、お知りになりたい内容に応じて、京都府建設交通部砂防課または、区域指定所在地を所管する土木事務所及び市(区)町村の役所・役場で必ず確認して下さい。 以下に記載した箇所数は土砂災害警戒区域の箇所数です。 土砂災害特別警戒区域については警戒区域の内側に設定されるものであり、箇所数は警戒区域よりも少なくなっています。 お問い合わせ先及び公示図書の確認場所 指定した区域を示す図面等は、次の場所で確認することができます。 指定区域について詳しく知りたい場合も下記のリンク先の機関にお問い合わせください。 (指定区域によってお問い合わせ先が異なります。 (対象地域:亀岡市、南丹市、京丹波町)• (対象地域:福知山市、舞鶴市、綾部市)• (対象地域:宮津市、京丹後市、伊根町、与謝野町).

次の

土砂災害ハザードマップ・防災マップ|横須賀市

津波災害警戒区域 横浜市

津波防災地域づくりに関する法律とは 津波防災地域づくりに関する法律は、 東日本大震災の津波による被災をきっかけに、 津波災害の防止と将来にわたって安心して暮らすことのできる安全な地域の整備を目的に、2011(平成23)年に制定されました。 「 津波防災地域づくり法」と略されます。 東日本大震災により甚大な津波の被害を受けたことから、復興にあたっては、将来を見据えた津波災害に強い地域づくりを推進する必要があり、また、 将来起こりうる津波災害の防止・軽減のため、全国で適用できる一般的な制度を創設する必要があったことが背景にあります。 津波防災地域の整備は、国土交通大臣による基本指針の策定、および 都道府県知事による津波浸水想定をふまえて、 市町村が地域づくりの推進計画を作成します。 推進計画にもとづいて推進計画区域を指定し、区域内でさまざまな特別措置を行います。 まず、防災のためので、高台やによる安全な地区に、住宅や公益的施設を集約する区域( 津波防災住宅等建設区)を定め、区域内に換地を申し出ることができる特例を定めます。 そして、津波に対して安全な構造で屋上を持つ建物(津波避難建築物)については、災害用備蓄倉庫や自家発電設備室部分のを参入しない特例( 津波からの避難建物の容積率の特例)を定めます。 集団移転促進事業は市町村が計画を策定しますが、市町村の枠を超えた広域的な見地から策定する必要がある場合は、都道府県が行います( 集団移転促進事業の特例)。 また、津波の被害は住宅だけではなく、業務施設や学校・病院・官公庁などの公共共益施設にも及ぶので、これらの各施設を一体的に整備し、都市機能を維持する拠点となる 一団地の津波防災拠点市街地形成施設を都市計画で決定できるようにします。 直接的に津波の被害を防ぐために 津波防護施設(つなみぼうごしせつ)の整備を行います。 津波防護施設とは、内陸部への浸水を防止する護岸・胸壁(きょうへき:河川・海岸の堤防上などに設けて、波浪などを防ぐ壁体)、既存の道路等を活用した盛土構造物、道路・鉄道の盛土の開口部に設置する閘門(こうもん)のことです。 (津波防護施設[浜岡原子力発電所の防波壁]:参照) この津波防護施設の敷地や津波防護施設を保全するために必要な土地を 津波防護施設区域(つなみぼうごしせつくいき)に指定します。 津波防護施設区域内の土地で、津波防護施設以外の施設またはの新築・、土地の掘削やを行うときは、津波防護施設管理者(津波防護施設を管理する都道府県知事または市町村長)の許可を受けなければなりません。 また、津波防護施設の敷地である土地の掘削・、および津波防護施設の改築・除却(じょきゃく:取り壊すこと)を行うときは、都道府県知事に届出なければなりません。 津波防護施設管理者(津波防護施設を管理する都道府県知事または市町村長)は、津波防護施設区域を指定するものとしているが、その指定区域内において土地の掘削等をしようとする者は津波防護施設管理者の許可を得なければなりません。 () 都道府県知事は、浸水想定区域に存する施設について一定の要件を満たすものを指定津波防護施設として指定できるものとしているが、その指定津波防護施設の改築等をしようとする者は都道府県知事に一定の届出をしなければなりません。 () そして、都道府県知事は、津波浸水想定をふまえて、津波の警戒避難体制を整備すべき土地を 津波災害警戒区域(つなみさいがいけいかいくいき)に指定し、津波災害警戒区域のうち、津波が発生した場合に建築物が損壊・浸水して著しい危害が生ずるおそれがある土地を、 津波災害特別警戒区域(つなみさいがいとくべつけいかいくいき)として指定します。 津波災害特別警戒区域内では、次の用途の建築を目的とする、建物の建築、用途変更するときは 都道府県知事の 許可が必要です。 津波災害特別警戒区域内の制限• 高齢者、障害者、乳幼児が利用する社会福祉施設、学校、医療施設• 津波のときに円滑かつ迅速な避難ができない住宅・旅館等の建築物 特別警戒区域内において、政令で定める土地の形質の変更を伴う開発行為で当該開発行為をする土地の区域内において建築が予定されている建築物の用途が制限用途であるものをしようとする者は、あらかじめ、都道府県知事、指定都市または中核市の区域内にあっては、それぞれの長(以下「都道府県知事等」という。 )の許可を受けなければならない。 () 特別警戒区域内において、用途の建築物の建築をしようとする者は、あらかじめ、都道府県知事等の許可を受けなければならない。 () 津波災害警戒区域内では、津波に対して安全な施設を、市町村長が避難施設に指定します( 指定避難施設)。 指定避難施設を廃止し、または改築により現状に重要な変更を加えるときは、市町村長に届出なければなりません。 市町村長は、警戒区域内に存する施設について一定の要件を満たすものを指定避難施設として指定できるものとしているが、その指定避難施設の管理者は改築等のその指定避難施設の現状に重要な変更を加えようとするときは市町村長に一定の届出をしなければなりません。 () 市町村長は、円滑かつ迅速な避難の確保を図るため警戒区域内の施設で一定の基準に適合するものの所有者と管理協定を締結し、その施設の避難用部分の管理を市町村長が自ら行うことができるものとしているが、公告のあった管理協定については公告後においてその管理協定に係る協定避難施設の所有者等となった者に対してその効力が及びます。 () 売買の対象となる不動産が、津波災害特別警戒区域内・津波防護施設区域内・指定避難施設に該当する場合には、制限の内容を調査するとともに、不動産の重要事項説明書の「津波防災地域づくりに関する法律」の項目にチェックをつけて、制限内容を説明する必要があります。 加えて、 宅地建物が津波災害警戒区域内にあるときは、その旨を重要事項として説明しなければなりません。 これは、 宅地・建物の売買、交換、賃借のいずれの場合でも義務づけられています。 )として指定することができる。 () 津波災害警戒区域に指定されない限り、津波災害特別警戒区域に指定されることはありません。 ・ 坂根 大介 さかね だいすけ• イクラ株式会社代表。 共同代表。 1986年大阪生まれ。 関西大学文学部卒業。 に入社し、国内リテール業務を経て、その後()にて不動産売買仲介を行う。 また、司法書士事務所では、不動産登記の専門家として登記だけでなく、離婚協議書の作成や遺産分割協議書の作成、相続登記、自己破産の申請を数多く行っており、住宅ローンなど金銭的問題・離婚・相続などを中心に法律に関わる不動産売却の相談が年間1000件以上ある。 イクラ株式会社では、売買実績豊富な信頼できる不動産会社だけを集めた「」と、LINEで売却相談できる来店不要の不動産屋さん「」を運営。 主な資格は、宅地建物取引士、JSHIホームインスペクター、2級FPなど。 合わせて読みたい記事•

次の