メンズ 髪型 種類。 女性のショートカットヘア19選!ショートの髪型の種類やセットの方法も

メンズヘアスタイル・髪型の種類【似合う輪郭からセット方法も解説】 | VOKKA [ヴォッカ]

メンズ 髪型 種類

面長におすすめショートの髪型の二つ目は、美サイドシルエットカットです。 ショートカットは普通に顔に合ったヘアスタイルであるのかが一番大切ですが、それ以上に横からの美しさがもっとも大切なポイントです。 横顔のときのヘアスタイルが美しいと雰囲気もとても美しくなります。 みなさんはヘアセットをすると全体的な髪型チェックをしているでしょうか。 意外と鏡に映る顔に合っているかどうかだけの確認だけになっていると思います。 ですが他人からはいろいろな方面から見られることになります。 どこからも見ても美しいシルエットになっていると髪型に気を遣っているとして女子力は高くなります。 アッシュカラーは灰色がかったくすみのある色です。 ですがその色調は幅広く、シルバーに寄せていったり、黒髪に近い色にすることもできます。 面長の人は少し明るいアッシュカラーも良いですがダーク系にするのもおしゃれです。 面長は女性にとって気にする人が意外と多いです。 自分に似合うヘアスタイルを見つけ出すことができず長年同じ髪型だという人もいることでしょう。 そんな人にはぜひ下記の記事お併せて読んでみることをおすすめします。 面長カバーの髪型を紹介されていますのでチェックしてみてくださいね。 パーマヘアもナチュラルなくせ毛風にすると丸顔のアクセントにすることができます。 ただのストレートマッシュであると全体的に丸くなってしまいます。 丸みがくどくならないようにパーマヘアにすると丸顔を強調することも軽減されます。 丸顔の女性は愛らしさがあり、大人ファッションが浮いてしまうこともあります。 そんな丸顔さんに似合うショートヘアは下記の記事も参考にしてみてください。 自分の丸顔に合ったショートヘアを見るけることでファッションの傾向も変わってきます。 ぜひチェックしてみてください。 ベース顔はあごがどうしても強調されてしまします。 それを気にする女性は悩みになっていることでしょう。 ベース顔に悩んでいる人にはベリーショートは不向きです。 マニッシュやボブで前髪を下ろすことをまずしてみましょう。 ベース顔を小顔に見せるには前髪なしや前髪が短いと顔の面積が広くなってしまうため顔の大きさが目立ってしまいます。 その解決策はやはり前髪やサイドの長さで調節することをしてみてください。 さらに髪の長さと顔の長さや形のバランスを考えて小顔効果のある自分に合ったヘアスタイルを探していきましょう。 バングとは前髪のことです。 ベース顔を隠すには前髪を下ろすことがポイントですが、ただ前髪を下ろすだけでは重たく、また顔の表情も固くなりがちです。 そこで前髪をシースルーのように薄目にカットすることをしてみましょう。 顔の表情は前髪次第であると言っても過言ではありません。 そのため自分の顔が決まる前髪の長さにこだわる女性は多いです。 それがたった一ミリでも大きな差になることがあります。 そんな前髪をたまには違ったカットをしてみると意外な発見があるかもしれません。 ぜひチャレンジしてみましょう。 ボブとマッシュヘアの中間的な髪型で全体的に丸くさせてみましょう。 またベース顔はサイドを伸ばして顔の形を隠すことをする人がいますが、顔のエラ部分まで髪を短くすることが可能です。 正面から見て丸みのあるようにカットしましょう。 ボブとマッシュの種類を組み合わせたヘアカットは最近主流になってきています。 ボブのようなおかっぱは子供っぽくさせてしまうので、マッシュヘアと組み合わせることで大人のヘアスタイルへ寄せることができます。 ベース顔を隠すロングも良いですが、ぜひショートで軽くしてみましょう。 ショートカットはボリュームを持たせることで生きるヘアスタイルです。 ヘアアイロンで伸ばしたりするのはショートではあまりおすすめしません。 手ぐせでくしゅくしゅとふんわりさせて遊ばせてみましょう。 髪にクセのある人はヘアセットはそのクセを活かしてセットすることが可能です。 むしろクセを活かせるショートカットにするとスタイリングが楽になります。 スタイリング剤はクセ付けができるタイプを選びましょう。 一日ヘアスタイルを持たせるような髪質にあったスタイリング剤を探してみましょう。 もしスタイリング剤で困ったら、口コミサイトや情報サイトで知ることはできますが、自分の髪質をよく知ってくれている美容師さんに聞いてみるのも方法です。 人の髪質はそれぞれで合うスタイリング剤も違います。 ショートヘアはスタイリング次第でいろいろな髪型へチェンジすることができます。 ハード系のワックスでクシュクシュさせてみたり、軽い手グセウェーブにしてみたり毎日のスタイリングで楽しんでみてください。 そんなスタイリング剤は下記の記事も併せて読んでみてください。 人気アレンジのスタイリングも紹介しています。

次の

バーバースタイルとは?髪型の種類と特徴

メンズ 髪型 種類

1.髪全体を施術するスタイル スタイル名・外観 概要 髪のトップ部分をオオカミのたてがみのように立たせ、えり足(首筋の生え際)や耳周りを長く伸ばしたヘアスタイル。 ワイルドかつオシャレな髪型 前髪、サイド、バックがそれぞれ同じ長さに切り揃えられた髪型。 丸くキノコのような形の「マッシュボブ」や、耳〜あごくらいまでの長さのショートボブが主流です 顔を正面から見た時の中央部分の髪を他よりも長く立たせ、中央からサイドに向かって滑らかにひし形を描くヘアスタイル。 男らしくワイルドでナチュラルな印象を与える髪型 B系ヘア(黒人風ヘア) 細い三つ編みをたくさん作ったヘアスタイル。 作るのに大変手間がかかりますが見た目のインパクトが強い創作的・芸術的な髪型です B系ヘア(黒人風ヘア) 地肌に沿って細い三つ編みをたくさん作るヘアスタイル。 編みこみを作る箇所や太さ、ラインの方向や形によっても大きく印象が変えられる、創作的・芸術的な髪型 空気を含んだような軽やかで、ふんわり柔らかな質感・雰囲気のヘアスタイル。 様々な技法を駆使して髪を軽く見せる 髪の先っぽを尖らせたツンツンヘアー。 トゲトゲしい印象を与えるスタイルで、ソフトに立たせれば若々しく、軽めの爽やかな印象も与えられます スポンサーリンク 2.髪の一部を施術するスタイル スタイル名・外観 概要 髪の左右で長さやスタイルが異なる髪型。 前髪の左右の長さを変えたり、サイドの長さや形を変えるなどの方法があります サイドの耳から下や耳周りを短くカットし、耳より上は長めにして短くカットした部分にかぶせるスタイル。 上と下で髪の長さが違い、2つのブロックに分かれているように見えることからこう呼ばれます 髪のサイドの主に耳周りや、後頭部の襟足付近を短くカットした清潔感のある髪型。 他のショート系スタイルに取り入れることも多い えり足(首筋の生え際)付近を短めにカットするスタイル。 刈り上げほど短くカットせず、すきバサミ等を使って自然な仕上がりにしたもので、レイヤーやツーブロックと合わせるケースが多く見られる もみあげを耳の上のラインから真っ直ぐ鋭角に切り揃え、バックのえり足を刈り上げたヘアスタイル。 1980年代に大流行した髪型で、現在はあまり見かけなくなりました。 3.カット技法・カラーリング技法• 髪に部分的に特殊なカットを入れる技術・技法です。 部分的に髪の長さを変えて段を作ったり、毛先を鋭くすることによって、ヘアスタイルをより繊細に、よりおしゃれに、より自然に見せることができます。 髪を部分的にカラーで染めたり脱色することで、髪に動きや立体感、派手さや華やかさを出す手法です。 ハイライト、ローライト、3Dカラーなどの種類があります。

次の

メンズヘアスタイル・髪型の種類【似合う輪郭からセット方法も解説】 | VOKKA [ヴォッカ]

メンズ 髪型 種類

黒髪メンズにおすすめの髪型8種類 最近では、カラーリングすることだけがおしゃれではなくなってきています。 茶髪男子や金髪男子が増えた結果、日本人ならではの黒髪を維持しているメンズが魅力的になっているのです。 プライベートでもビジネスシーンでも、黒髪ほど好印象な髪型はありません。 しかし、ただ黒髪にしたからと言って印象が良くなるわけではありません。 黒髪だからこそ、よりかっこよく見せるために髪型を工夫しなければなりません。 男としてより魅力的になるための髪型を8選ご紹介します。 最近はマッシュと呼ばれているヘアスタイルが流行しています。 そのスタイルを取り入れたショートヘアスタイルです。 全体をマッシュベースカットします。 サイドと襟足も短くカットして、清潔感をアップさせます。 髪が直毛の方は、ニュアンスパーマをかけることで髪の動きが出やすくなるでしょう。 男らしくて清らかな黒髪に、ワイルドで清潔感あふれるベリーショートの組み合わせは最高です。 全体をショートレイヤーベースでカットし、トップは長めに残しながらカットしていきます。 パーマやカラーをしないのでナチュラルな印象に仕上がります。 セット方法も簡単です。 好感度をアップさせる要素満載のさわやかな髪型です。 サイドから襟足は刈り上げ、全体はモヒカンベースでカットします。 もちろん、カラーもパーマも必要ないスタイリングです。 ですから、学生に最もおすすめできる髪型です。 スタイリングの方法はほとんどありません。 寝癖が気になる方は全体に濡らしてから、ワックスを根元からなじませると良いでしょう。 髪に動きが欲しい方は、トップの部分を手でねじりながらスプレーでキープすると良いでしょう。 すっきりとした印象と大人っぽく落ち着いた雰囲気が、好感度アップさせます。 サイドを軽く刈り上げ、全体はショートレイヤーベースでカットします。 直毛の方で髪に動きや束感を出したい方は、ニュアンスパーマをかけておくとスタイリングが楽になるでしょう。 自然に動く毛束が ナチュラル感をアップさせます。 全体をマッシュレイヤーベースでカットし、隠れツーブロックを作ります。 ロッドで強めに巻いて、動きをダイナミックにします。 全体の毛束感とパーマによるウェーブ感、黒髪ならではの落ち付きによって、 男らしい色気が出ている髪型です。 襟足は長めに残し、ショートウルフベースでカットします。 パーマは強めにかけます。 シークレットパーマなどではなく、パーマをかけていることがはっきりわかる髪型になります。 顔の形を補正したり、よりすっきりスマートに見せることのできる髪型です。 全体はショートレイヤーベースでカットします。 前髪の片方は短く切ります。 くせ毛を生かしながら髪に束感を作ります。 動きが出にくい方はワンカールパーマをかけるとよいでしょう。 しっかりとおでこを出すことで 大人っぽくなりますし、清潔感がアップします。 サイドとバックはタイトに刈り上げます。 トップはボリュームを残し、柔らかな髪質にセットします。 直毛の方は緩めのパーマを後ろ向きにかけることで、スタイリングを楽にすることができるでしょう。 こんな悩みを持つ、黒髪メンズにおすすめのイメチェン可能な髪型をご紹介したいと思います。 人の印象は髪色だけで変わるものではありません。 黒髪のままでも髪型を変えれば印象も変わります。 今流行っている、 少しミステリアスな雰囲気のあるマッシュショートスタイルです。 襟足やサイドは刈り上げることでさわやかに見えますが、トップや前髪を重めに残すことで、黒髪ならではの 神秘的な雰囲気を作ることができます。 逆に前髪をアップバングにしてみたり、アシメントリーにしてみるとことでイメチェンすることも可能です。 清潔感がアップしますし、イケメン度も上昇します。 前髪を作ることで 少し若々しい雰囲気にすることもできます。 サイドから後ろにかけてはグラデーションカットを施し、ナチュラルなショートヘアにすることができます。 ツーブロックのような極端なカットではないので、学校でもビジネスでも好印象なの間違いありません。 顔の横の部分が隠しながらおでこを見せることで、 顔がタイトにスマートに見えるようになります。 また、おでこが見えていることで、 清潔感やさわやかさも感じられることでしょう。 髪に程よい艶をプラスしたり、動きをつけることで、さりげないムーブ感が大人っぽい色気を感じさせます。 毛先はクルクルにするのではなく、外に向かって逃げるような動きがおすすめです。 さわやかというより、 男らしい、ワイルドな印象になります。 今まで顔の印象を消しがちだった方は、この髪型にすることでガラッとイメチェンになるでしょう。 くっきりとした顔立ちの方はツーブロックが非常に似合います。 自分の顔に自信がないという方も是非一度挑戦してみましょう。 逆に塩顔の方にはおすすめできません。 さりげなく髪の束感がおしゃれなヘアスタイルです。 セットするのが比較的難しい髪型ですが、興味がある方はぜひ。 美容師さんの腕によって、前髪やサイドなどの毛流れを非常に美しく作ることができます。 髪をどれほどどのように梳くのかによって完成度が異なるので、信頼できる美容師さんにお願いするようにしましょう。 関連記事 ・ 黒髪風おすすめヘアカラー6種類 黒髪がモテるし、印象が良いことはわかっているけれども、やっぱり何だか物足りない…そう思われる方におすすめの黒髪風のヘアカラーをご紹介します。 これなら、就活でも問題ないほどです。 グレージュ まずはグレージュです。 黒髪に透明感を与えてくれるカラーです。 お休みの日はグレージュ感がより分かるセットに決めるのもよし。 ダークベージュ ダークベージュはベージュの色味が入っている黒髪です。 前髪を下ろしてもかきあげても 色っぽい雰囲気になるヘアカラーです。 カーキグレージュ カーキグレージュは 艶感が出るグレージュです。 黒髪のようなのに抜け感があり、キュートな髪色です。 パーマをかけることでこなれ感が出ますね。 ブルージュ ブルージュは、ブリーチをしなくても透明感のある黒髪っぽく仕上がります。 重すぎず軽すぎない、まさに黒髪に見えるのにおしゃれな髪色です。 スモーキーグレー 一見黒に見えるのに 柔らかい髪質に見えるのがスモーキーグレー。 マットなヘアカラーにしたい方におすすめです。 髪を巻くことで光が当たりやすくなり、髪の透明感が増すこともあります。 ダークグレー 黒くしたくないけど黒っぽくしたい、そんなわがままな希望も叶えてくれるのがダークグレーです。 外はねの髪型にピッタリです。 地毛に見えますが、 本当の黒髪にはない透明感が感じられます。 関連記事 ・ 黒髪メンズの魅力5つ 黒髪メンズが大人気なのはなぜでしょうか?その理由をご紹介します。 茶髪も確かに雰囲気が柔らかくなりますし、おしゃれに見えます。 しかし、誠実さとは正反対の遊び慣れているチャラい印象を与えることになります。 実際にそうであるかどうかは別として、 黒髪にすることで引き締まった雰囲気になり、まじめな印象を与えることができるのです。 男性が、女性に上品で清楚なスタイルを求めるのと同じです。 ですから、黒髪の男性は自然で、相手も自然に接することができます。 髪色やファッションが個性的すぎて過度に飾っている人は、一般的に好まれないものです。 美意識が高すぎる男性よりも、いつも自然体の男性の方が人気なのです。 その方が安定感があるからです。 いつも自然に見える男性は 一緒にいて気が楽で、いつまでも一緒にいたくなります。 その印象を黒髪で与えることができるのです。 それは、どれだけきれいに毎日シャンプーしていても、どれだけきれいに髪型をセットしていても同じことです。 黒髪が与える清潔感は他の髪色を凌駕しています。 特にきれいにセットされている黒髪は、 清潔感があふれ出ています。 逆にぼさぼさの黒髪、フケがついている黒髪などは壊滅的に不潔ですので、「黒髪だから」と安心しきらないようにしましょう。 男らしい落ち着きが感じられるのです。 女性は余裕があって落ち着いている男性を好みますので、男ならではのその魅力を黒髪でアピールすることができます。 もちろん、茶髪や金髪の男性の中にもそのような方はたくさんおられることでしょう。 しかし、一目見て知的、落ち着いている、と思えるのは黒髪の男性なのです。 大人っぽさを演出したいのなら絶対に黒髪がおすすめです。 黒髪に艶が必要なわけでもありませんし、日本人ならではの黒髪は日本人のどんな肌でも似合います。 そして、なぜか不思議なほど色気が感じられるのです。 黒髪で人気のある俳優さんを思い浮かべてみてください。 綾野剛さんやオダギリジョーさんなど、魅力的な方はたくさんおり、どの方も 大人の色気がある方ではないでしょうか。 ・黒髪は男性の魅力を引き出せる上に第一印象が抜群に良く、アレンジ方法も様々ある。 ・黒髪のままでも髪型を変えれば印象も変わる。 ・黒髪の男性は知的で真面目に見える上に大人の色気もある方が多い。 黒髪メンズにはたくさんのメリットがあります。 茶髪や金髪では、実際はまじめで誠実で知的な方でも、第一印象ではそれと正反対のイメージを持たれてしまうかもしれません。 最初の印象を良くするのに黒髪は最高です。 黒髪に見える黒髪風の髪色でも大丈夫です。 暗い髪色だからこそ、服装はシンプルに、そして髪型はおしゃれにしておきましょう。 そうすることで、メンズとしての魅力を最初から最大限アピールできること間違いなしです。

次の