沢田 研二 tokio。 TOKIO(沢田研二) / コード譜 / ギター

TOKIO 沢田研二 歌詞情報

沢田 研二 tokio

TOKI Oこの曲以降の路線対立で井上堯之バンドと沢田研二さんは離れていきます。 だけど結果的にそれは良かったことだとファン歴30年の僕は思っています。 ビジュアル路線への積極的転向になったからです。 テレビでは 井上堯之バンドがTOKI Oを演奏していました。 また途中からはカラオケでテレビ出演してました。 そんなこれのアルバムです。 楽曲はバラエティに富んでいます。 ただまとまりという点では次のバットチューニングの方が上です。 ただ捨て曲のないよいアルバムには間違いありません。 沢田研二さんはこのアルバムの中からロンリーウルフをT OKI Oの前に歌っていますが ヒットしませんでした。 この時冷静に 良い楽曲というより大衆が求めている 曲を歌わないといくら人気者でも不発に終わると肝に命じなかったのが後々彼がヒット曲に恵まれなくなっていく 要因だったのではないかと感じます。 まっそれは置いておいてこのころ沢田研二さんと糸井重里さんがふたりで ポスターになっていて世界中の好奇心集まれっていうキャッチコピーが書かれていました。 そんな今後をワクワクさせるアルバムです。

次の

「TOKIO」とは?

沢田 研二 tokio

TOKI Oこの曲以降の路線対立で井上堯之バンドと沢田研二さんは離れていきます。 だけど結果的にそれは良かったことだとファン歴30年の僕は思っています。 ビジュアル路線への積極的転向になったからです。 テレビでは 井上堯之バンドがTOKI Oを演奏していました。 また途中からはカラオケでテレビ出演してました。 そんなこれのアルバムです。 楽曲はバラエティに富んでいます。 ただまとまりという点では次のバットチューニングの方が上です。 ただ捨て曲のないよいアルバムには間違いありません。 沢田研二さんはこのアルバムの中からロンリーウルフをT OKI Oの前に歌っていますが ヒットしませんでした。 この時冷静に 良い楽曲というより大衆が求めている 曲を歌わないといくら人気者でも不発に終わると肝に命じなかったのが後々彼がヒット曲に恵まれなくなっていく 要因だったのではないかと感じます。 まっそれは置いておいてこのころ沢田研二さんと糸井重里さんがふたりで ポスターになっていて世界中の好奇心集まれっていうキャッチコピーが書かれていました。 そんな今後をワクワクさせるアルバムです。

次の

「TOKIO」とは?

沢田 研二 tokio

「」 リリース:• 「」 リリース: TOKIO(トキオ)は、のであるの13作目となるオリジナル。 に (現)からでリリースされた。 その後化され、とにから、またにはから再リリースされている。 解説 [ ] 本作はこれまで多数の楽曲を提供してきたをプロデューサーに迎え、前作までとは大きく異なりを意識した作品になっている、コンビがメインのソングライターから外れたことに加え、も一部メンバーの参加のみで楽曲、演奏共に大幅に人員が変貌を齎したといえる。 またのビジュアルデザインも話題となり [ ]、特にシングルカットされた「」での演出(電飾を鏤めた衣装にパラシュートを背負わせる)は後々まで語り草になっている [ ]。 がで演じた「」のデザインはこの時の衣装のである。 作詞ではその「TOKIO」などをが手がけた他、喜多條忠、武衛尚子、、など、作曲では、などといったそれまで共演歴のないアーティストを多く迎えている(後藤はレコーディングには参加している)。 また歌手のが1曲提供している。 編曲は全て後藤が担当している。 本作は沢田が最後にリリースした作品であり、シングルカットされた「TOKIO」は最初のリリースとなった。 先行でシングルカットされたのは「ロンリーウルフ」だがこれは沢田の意向によるもの。 プロデューサーの加瀬は「TOKIO」を推していた。 収録曲 [ ]• 全編曲:• 作詞:/作曲:• MITSUKO• 作詞:糸井重里/作曲:加瀬邦彦• 作詞:/作曲:• KNOCK TURN• 作詞:武衛尚子/作曲:• ミュータント• 作詞:/作曲:後藤次利• DEAR• 作詞:/作曲:• コインに任せて• 作詞:武衛尚子/作曲:• 捨てぜりふ• 作詞:康珍化/作曲:BORO• 作詞・作曲:• 夢を語れる相手がいれば• 作詞:/作曲:大野克夫• アルバム発売から7年後の1986年6月4日『』で歌われた。 参加ミュージシャン [ ]• Electric Bass:• Electric Guitar:、、• Acoustic Guitar:• Keyboards:、、田代真紀子、渋井博• Latin Percussion:、石井宏太郎• Sax:• Strings:加藤グループ• Chorus:、、.

次の