こう くん ウインナー。 【楽天市場】プリマハム プリマハム 香薫 あらびきポーク 大袋 630g

商品紹介ーウインナー

こう くん ウインナー

77gになります。 全部が18本入りかどうかは分かりません。 ですので、香薫の比較対象はシャウエッセンになります^^; 味 全然許容範囲内ですが、シャウエッセンよりも多少しょっぱさ(塩辛さ)が強いようです。 でも香薫の100gあたりの食塩相当量は1. 一方のシャウエッセンは、2. 1gです。 塩分の多さと舌に感じる塩気は、イコールではないようですね。 「しょっぱ!!!」というほどではないので、好みの問題かと思います。 個人的には、どちらかというと柔らかな味のするシャウエッセンの方が好みですが、香薫もじゅうぶん美味しく感じられます。 どちらもアリです。 風味 シャウエッセンに比べて、燻製の香りが強かったです。 私は燻製の香り・・・、特に桜チップの香りは大好きですので、香りに関していえば香薫の方が好みです。 さすが、商品名が「香薫」だけのことありますねw 食感 粗挽き度はハッキリと分かりませんが、シャウエッセンと大差ないような? 特に「粗挽き度が足りない」とも「粗挽き度が凄い!」とも思いませんでした。 噛むとジュワッと溢れてくるジューシーさは合格点です! パリッと感はそこそこあります。 これくらいあれば満足はできますが、シャウエッセンの方がさらにパリッと感があると思います。 でも去年見ていたテレビ番組では(シャウエッセンの平均金額を当てるクイズ)、都内の平均だか全国の平均だかは忘れましたが、400円オーバーでしたね。 でもそのネットスーパーの価格だけで考えると、香薫の方がちょっと安いようですね。 私の知っているシャウエッセンの最安値348円ですと、100gあたり137円。 仮に400円だとすると、100gあたり157円。 香薫は630gだと100gあたり127円、180gだと151円。 今回業務スーパーでセールになっている香薫は、 100gあたり117円になります! まとめ ひたすらシャウエッセンと同等かそれ以上のパリッと感を求めるのなら香薫は撃沈してしまいますが、ある程度パリッとしていれば満足できる人にとっては、コスパ良いと思います。 ただ、セールが終わったらいくらになるのかが・・・^^; もし同じ金額なら、やはりこれからもシャウエッセンを中心に買うと思いますし。 でもこれ、燻製の香りがしっかりしているところは気に入りましたし、より塩気が強いのを好む人には合っているのではないでしょうか。 (そこまで強くはなく、あくまで普通レベルではありますが) 塩分もシャウエッセンと比べたら少ないですしね。 安くても二度と買わない!と思うウィンナーソーセージもある中で、さすがプリマハムの商品といいますか。 2020年6月27日• 2020年6月23日• 2020年6月21日• 2020年6月12日• 2020年6月7日• 2020年6月1日• 2020年5月22日• 2020年5月14日• 2020年5月7日• 2020年5月3日 アーカイブ• 6 最近のコメント• に より• に より• に より• に より• に より• に より• に より• に より• に より• に より プロフィール.

次の

ウィンナーソーセージのカロリー グラムのわかる写真館

こう くん ウインナー

特徴 豚肉と牛肉をブレンドしたあらびき肉に、挽き立ての香辛料を加え、天然の羊腸に詰めて、桜のチップでじっくりスモークし、香り深い風味でパリッとしてジューシーな食感に仕上げました。 調理例 バーベキューやホットドッグなどに最適です。 栄養成分・原材料 栄養成分表示 100g当たり エネルギー:269kcal たんぱく質:13. 3g 脂質:21. 4g 炭水化物:5. 7g 食塩相当量:1. 調理例 お弁当の具材やお鍋などに最適です。 栄養成分・原材料 栄養成分表示 100g当たり エネルギー:269kcal たんぱく質:13. 3g 脂質:21. 4g 炭水化物:5. 7g 食塩相当量:1. 調理例 ホットドッグやお鍋などに最適です。 栄養成分・原材料 栄養成分表示 100g当たり エネルギー:227kcal たんぱく質:13. 4g 脂質:16. 8g 炭水化物:5. 5g 食塩相当量:1. 調理例 お弁当の具材やバーベキューなどに最適です。 栄養成分・原材料 栄養成分表示 100g当たり エネルギー:261kcal たんぱく質:13. 1g 脂質:21. 9g 炭水化物:2. 9g 食塩相当量:1. 調理例 お弁当の具材やべーべキューなどに最適です。 栄養成分・原材料 栄養成分表示 100g当たり エネルギー:221kcal たんぱく質:13. 8g 脂質:15. 8g 炭水化物:5. 9g 食塩相当量:2.

次の

ウインナー生で食べますか?(汗)

こう くん ウインナー

出典:オエノングループサイト 「香薫」は、多くの酒類メーカーを傘下に擁するオエノングループの中心的存在、合同酒精が製造するウイスキーです。 「香薫」は、厳選した3種類のウイスキー原酒をブレンドしており、深い味わいに加え、芳醇な香りをたのしめるのが特徴。 とくに、ほのかなスモーキーフレーバーは、名前の由来をうかがわせるほどで、ウイスキー好きのココロをくすぐりそうです。 そんなクオリティの高さを保ちつつ、600ミリリットル瓶で700円前後と、とってもリーズナブル。 2,700ミリリットルのペットボトルも売れ筋です。 たのしみ方は造り手も推奨しているように、ハイボールがおすすめ。 じつにさわやかな口当たりで、どんな料理とも好相性です。 「香薫」を生んだ合同酒精のグループ力 出典:オエノングループサイト 「香薫」を製造する合同酒精は、しそ焼酎「鍛高譚(たんたかたん)」でも名高い老舗の焼酎メーカーです。 その歴史は、明治13年(1880年)、初代の神谷傳兵衛(かみやでんべえ)が東京・浅草で、酒の一杯売りをする「みかはや銘酒店」を開いたことに始まります。 ちなみに、みかはや銘酒店は現在、日本初のバー「神谷バー」として広く知られる存在になっています。 明治33年(1900年)には、傳兵衛が日本酒精製造を設立して、民間初のアルコール製造に着手。 その後、大正13年(1924年)に焼酎メーカー4社が合併し、合同酒精が誕生しました。 オエノンホールディングスとして、持株会社体制に移行したのは、2003年のこと。 前後して、福徳長酒類など中堅酒類メーカーを傘下に収め、幅広い酒類の製造販売を中心に、多角的に事業を展開する一大グループへと成長しています。 「香薫」だけでない合同酒精の洋酒ラインナップ 出典:オエノングループサイト 「香薫」に加え、合同酒精は話題性に富む数々の洋酒を提供しています。 そのひとつが、「マッキンレー レア・オールド ハイランド・モルト・ウイスキー」。 マッキンレーといえば、世界中で親しまれている銘柄ですが、これは興味深いエピソードをもとに造られています。 そのエピソードとは1907年、探検家アーネスト・シャクルトンが南極大陸にマッキンレーウイスキーを持ちこみ、数本を残してきたというもの。 約1世紀を経て、シャクルトンが残したウイスキーが発見され、その繊細な味わいが人々を驚かせたそうです。 「レア・オールド ハイランド・モルト・ウイスキー」は、氷の大陸で眠っていた、そのマッキンレーの味を再現した、じつにユニークな1本なのです。 マッキンレーのブランドでは、スタンダードな「マッキンレー スコッチウイスキー」も合同酒精のラインナップのひとつ。 5年熟成させた芳醇な味わいとフルーティな香りをたのしめるブレンデッドウイスキーです。 また、明治時代から受け継がれる秘伝のレシピで造られた「電気ブラン」も人気です。 ウイスキーの「香薫」をはじめ、合同酒精の洋酒は個性派ぞろいです。 飲みくらべてみてはいかがでしょう。 合同酒精の焼酎ファンも、ぜひ一度、ウイスキーも味わってみてください。 製造元:合同酒精株式会社• おすすめ情報• 関連情報.

次の