里芋 鶏肉 こんにゃく。 ゴマ油香る!こっくり里芋とコンニャクの煮物(副菜)のレシピ・作り方

簡単うまい!いかと里芋の煮物のレシピ/作り方:白ごはん.com

里芋 鶏肉 こんにゃく

筑前煮の材料の下ごしらえ 筑前煮はたくさんの根菜類に、うまみの鶏肉と椎茸、食感のこんにゃく、これらが味を作ります。 手間はかかりますが、 筑前煮で大切なのが、これら具材の下ごしらえ。 一つずつ工程を紹介していきます。 まずはじめに時間のかかるものから。 干し椎茸はひたひたの水に浸けて戻しておきます。 また、里芋は皮をむいて大きければ2〜3等分に切ります。 里芋だけは火が通りづらいので事前に下ゆでしておきます(水から火にかけ、沸いたら3〜4分ゆでてざる上げします)。 こんにゃくはスプーンでちぎり、塩もみしてから2〜3分ゆでてざる上げします(スプーンでのちぎり方など詳しくはを参考に。 れんこんとごぼうは食べやすい大きさの乱切りにして、それぞれ水にさらします。 にんじんは小さめの乱切りにして、椎茸は軸を除いて2〜3等分に切ります。 椎茸の戻し汁はごみがあれば茶こしなどで除き、150mlはかっておきます。 鶏肉は余分な脂や皮を切り落とし、2〜3㎝四方に切っておきます。 これで具材の下ごしらえが完了です。 もし150ml以上あれば、残った戻し汁は他の料理などに使うとよいです。 まず鍋にサラダ油を入れて中火で熱し、鶏肉をさっと炒めてから、水気を切ったれんこん、ごぼう、にんじん、こんにゃくを加えて炒め合わせます。 全体に油がまわって、野菜の表面に少し透明感が出てくれば、里芋と干し椎茸を加えます。 続けて椎茸の戻し汁150mlと調味料すべてを加えてから混ぜ合わせます。 すぐに落し蓋をして煮ていきます。 煮るときの火加減は弱めの中火、煮る時間は10分です(落し蓋をして煮る時間)。 鍋肌からぐつぐつと煮汁が煮立つ火加減で煮ます。 途中1〜2度落し蓋を取って、鍋を少し傾けてアクがあれば除きます。 アクを除いたら、全体を軽く混ぜ、また落し蓋を戻して煮ます。 10分後には煮汁が少なくなってきているので、そこからは落し蓋をはずし、 照りが出るまで鍋をときおり振りながら煮汁を軽く煮詰めていきます。 完全に煮汁を飛ばすと味が濃くなるので、煮汁が鍋底に少し残るくらいで一度味見をしてみるとよいです(下の写真2番目は鍋を傾けて見た状態です)。 食べる時には塩ゆでした絹さやを彩りよくちらすなどするとよいです。 煮汁が少なくないか、煮詰めすぎていないか鍋の中を時おり見て、注意しながら煮詰めるようにしてみてください。 今回、筑前煮はたっぷりの量で作ったほうが美味しくなるので、少し多めのレシピになっています。 日持ちも冷蔵庫で5日ほど(目安として)するものなので、ぜひ多めの分量で作ってみてください。 レシピ分量を作るのには3〜4Lの鍋が必要です。 大きな鍋がなければ、フライパンで作ったり、半量にするなどして作ってみてください。 こんにゃくの下ごしらえは、時間のない時は「下ゆでだけ」もしくは「塩もみだけ」でも行うとよいです。 おせちなどの"煮しめ"はどちらかというと、「中までしっかり味をしみ込ませた煮物」で、筑前煮は「味を中までしみ込ませない煮物」。 表面の濃い目の味と素材の持ち味のコントラストを楽しむものです!• レシピ更新情報:椎茸の戻し汁を150mlに固定し、醤油を大さじ6から大さじ5に減らしました(2017.

次の

こんにゃくと里芋の簡単人気レシピ!鶏肉・豚肉の煮物から洋風おかずにも!

里芋 鶏肉 こんにゃく

ぬめりのある野菜の代表格と言えば里芋です。 里芋はサトイモ科の植物で、縄文後期には日本に伝来していたと言われいます。 日本人になじみの深い野菜で、里芋のにっころがしなど、ほっとするおふくろの味的なやさしい味わいの料理によく使われます。 里芋は秋に収穫され、全国的にも有名な東北地方各地で行われる芋煮会は秋の風物詩になっています。 里芋には血中のコレステロールの付着を防ぎ、血圧を下げる効果のあるガラクタンが含まれています。 ガラクタンは摂取しても脂肪にならないため、ダイエット中の方にもおすすめの野菜です。 この記事では、「里芋」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 ご飯と相性抜群の、里芋と牛カルビ肉のバター炒めのレシピ。 作り方は里芋を一口大に切って下茹でして、牛カルビに塩・こしょうを振って揉み込みます。 フライパンで里芋をこんがり焼いて、牛カルビ肉を加えて炒めます。 バターを溶かして醤油とみりんを加えて、粉チーズをふったらできあがり。 バター醤油にチーズの組み合わせが絶妙で、お代わりしたくなるおいしさです。 簡単に作れておいしい、里芋とベーコンの炒め物のレシピ。 作り方は里芋の皮を剥いてカットして水にさらして、熱湯で茹でてザルにあげて湯切りします。 フライパンでベーコンを炒めて、里芋を炒めてコーンを入れて炒めて塩・こしょうで味を調えたらできあがり。 ベーコン入りなので子供にも食べやすく、外はカリッと中はホクホクの里芋の食感を楽しめる一品です。 レモンバターがアクセントになった、えびと里芋の醤油炒めのレシピ。 作り方はえびの殻を剥いて下処理をして、下味をつけます。 里芋は皮を剥いてレンジで加熱してスライスして、フライパンで里芋をこんがり焼きます。 片栗粉をまぶしたえびを入れて炒め、調味料を合わせ入れ少し煮詰まって味が絡んだらお皿に盛りつけて仕上げにレモンを添えたら完成です。 バター醤油にレモンの風味がマッチして、とってもおいしく仕上がっています。 里芋と胡桃の中華風サラダのレシピ。 作り方は里芋をホイルで包んでウォーターオーブンで蒸し焼きにし、胡桃を細かく刻んでおきます。 フライパンに里芋・胡桃・調味料を入れて炒め、酢を入れて絡めたらできあがり。 ホクホクとした里芋と中華風の調味料がマッチして、また食べたくなるおいしさに仕上がっています。 ご飯のおかずやお弁当のおかずにも活躍する一品です。 にんにくの風味が効いた、里芋とブロッコリーの味噌炒めのレシピ。 作り方はブロッコリーを一口大に切って湯がいておき、里芋は皮をむき一口大に切って下茹でします。 にんにくと青唐辛子をカットして炒め、調味料を合わせ入れてよく炒めます。 里芋とブロッコリーを加えて炒めたらできあがり。 野菜を使った献立を一品プラスしたい時におすすめのレシピで、里芋とブロッコリーがよく合っておいしく仕上がっていますよ。 中華風の味わいがおいしい、里芋とキクラゲの炒め物のレシピ。 作り方は里芋を茹でて皮を剥いてカットし、生きくらげを食べやすい大きさにカットします。 フライパンで里芋を炒めて、キクラゲを入れてさらに炒めます。 調味料を合わせ入れて里芋に絡ませて味が染み込んだら完成です。 オイスターソースを使った濃いめの味付けで、ご飯がすすむ一品です。 里芋を使った和風レシピに飽きた時にもおすすめですよ。 里芋は野菜の中でも何となく地味な印象の野菜です。 芋と言えばじゃがいもやさつまいもを思い浮かべる方が多いと思いますが、里芋は紀元前から日本で食べられいたという記録があり、日本人と関係の深い野菜です。 年中スーパーで買えますが、旬は秋から冬にかけて最も流通量が多くなります。 里芋には独特のぬめっとした感じがあり、その成分は「ガラクタン」と「粘液糖タンパク質の混合物」の食物繊維になります。 特に粘液糖タンパク質は胃腸の働きを活性させる効果があるので、便秘解消に役立つうれしい野菜です。 この記事では、「里芋」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 ほくほくとした味わいがおいしい「里芋」。 里芋は縄文後期には日本に伝わってきていたと言われており、古くから食べられている歴史の長い野菜です。 里芋の旬は8~12月で、特に10月に収穫される里芋が一番おいしいと言われています。 里芋には独特のぬめりがあり、そのまま茹でるとぬめりがさらに強くなるため塩もみをして茹でる下準備が必要になります。 里芋には「ガラクタン」と呼ばれる成分が含まれており、血中のコレステロールの付着を防ぐ効果があります。 ガラクタンは脂肪として蓄積されないため、ダイエットにも最適な野菜です。 体にいい栄養素をたくさん含んでいる里芋は、ぜひ料理に取り入れたいですね。 この記事では、「里芋」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 8月から12月が旬の里芋。 皮を剥いたらぬるぬるとした特徴です。 このぬるぬるは「ガラクタン」という成分と「粘液糖たんぱく質の混合物」の食物繊維によるものです。 ガラクタンにはコレステロールを下げる効果、高血圧予防、肥満予防など生活習慣病対策に効果が期待されます。 粘液糖たんぱく質の混合物は、粘膜保護、便秘予防、滋養強壮など、日常生活に欠かせない健康効果が期待されます。 煮物のイメージが強いですが、煮物が苦手な男性や子供も食べやすくするには揚げ物がおすすめです。 揚げることでねっとりとしてホクホクな食感になる里芋はクセになりますよ。 この記事では、「里芋」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 里芋はタロイモ類の仲間でサトイモ科の植物で、独特のぬめりがあるのが特徴です。 縄文後期には日本に伝来していたと言われる歴史の長い野菜で、晩夏から秋にかけて収穫されます。 東北地方各地で行われる秋の季節行事と言えば「芋煮会」です。 大鍋で里芋や他の材料を煮て大勢で一緒に食べる行事は、秋の風物詩になっています。 里芋は和食とよく合い、煮物やスープ、鍋料理によく使われます。 里芋に含まれるガラクタンは、血中のコレステロールの付着を防ぐ効果があるとされ、血圧を下げてくれる効果も期待できます。 コレステロールが気になる方や血圧が高めの方におすすめの野菜で、ガラクタンはたくさん摂取しても脂肪にならないためダイエット中の方にもおすすめですよ。 この記事では、「里芋」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

次の

簡単うまい!いかと里芋の煮物のレシピ/作り方:白ごはん.com

里芋 鶏肉 こんにゃく

ぬめりのある野菜の代表格と言えば里芋です。 里芋はサトイモ科の植物で、縄文後期には日本に伝来していたと言われいます。 日本人になじみの深い野菜で、里芋のにっころがしなど、ほっとするおふくろの味的なやさしい味わいの料理によく使われます。 里芋は秋に収穫され、全国的にも有名な東北地方各地で行われる芋煮会は秋の風物詩になっています。 里芋には血中のコレステロールの付着を防ぎ、血圧を下げる効果のあるガラクタンが含まれています。 ガラクタンは摂取しても脂肪にならないため、ダイエット中の方にもおすすめの野菜です。 この記事では、「里芋」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 ご飯と相性抜群の、里芋と牛カルビ肉のバター炒めのレシピ。 作り方は里芋を一口大に切って下茹でして、牛カルビに塩・こしょうを振って揉み込みます。 フライパンで里芋をこんがり焼いて、牛カルビ肉を加えて炒めます。 バターを溶かして醤油とみりんを加えて、粉チーズをふったらできあがり。 バター醤油にチーズの組み合わせが絶妙で、お代わりしたくなるおいしさです。 簡単に作れておいしい、里芋とベーコンの炒め物のレシピ。 作り方は里芋の皮を剥いてカットして水にさらして、熱湯で茹でてザルにあげて湯切りします。 フライパンでベーコンを炒めて、里芋を炒めてコーンを入れて炒めて塩・こしょうで味を調えたらできあがり。 ベーコン入りなので子供にも食べやすく、外はカリッと中はホクホクの里芋の食感を楽しめる一品です。 レモンバターがアクセントになった、えびと里芋の醤油炒めのレシピ。 作り方はえびの殻を剥いて下処理をして、下味をつけます。 里芋は皮を剥いてレンジで加熱してスライスして、フライパンで里芋をこんがり焼きます。 片栗粉をまぶしたえびを入れて炒め、調味料を合わせ入れ少し煮詰まって味が絡んだらお皿に盛りつけて仕上げにレモンを添えたら完成です。 バター醤油にレモンの風味がマッチして、とってもおいしく仕上がっています。 里芋と胡桃の中華風サラダのレシピ。 作り方は里芋をホイルで包んでウォーターオーブンで蒸し焼きにし、胡桃を細かく刻んでおきます。 フライパンに里芋・胡桃・調味料を入れて炒め、酢を入れて絡めたらできあがり。 ホクホクとした里芋と中華風の調味料がマッチして、また食べたくなるおいしさに仕上がっています。 ご飯のおかずやお弁当のおかずにも活躍する一品です。 にんにくの風味が効いた、里芋とブロッコリーの味噌炒めのレシピ。 作り方はブロッコリーを一口大に切って湯がいておき、里芋は皮をむき一口大に切って下茹でします。 にんにくと青唐辛子をカットして炒め、調味料を合わせ入れてよく炒めます。 里芋とブロッコリーを加えて炒めたらできあがり。 野菜を使った献立を一品プラスしたい時におすすめのレシピで、里芋とブロッコリーがよく合っておいしく仕上がっていますよ。 中華風の味わいがおいしい、里芋とキクラゲの炒め物のレシピ。 作り方は里芋を茹でて皮を剥いてカットし、生きくらげを食べやすい大きさにカットします。 フライパンで里芋を炒めて、キクラゲを入れてさらに炒めます。 調味料を合わせ入れて里芋に絡ませて味が染み込んだら完成です。 オイスターソースを使った濃いめの味付けで、ご飯がすすむ一品です。 里芋を使った和風レシピに飽きた時にもおすすめですよ。 里芋は野菜の中でも何となく地味な印象の野菜です。 芋と言えばじゃがいもやさつまいもを思い浮かべる方が多いと思いますが、里芋は紀元前から日本で食べられいたという記録があり、日本人と関係の深い野菜です。 年中スーパーで買えますが、旬は秋から冬にかけて最も流通量が多くなります。 里芋には独特のぬめっとした感じがあり、その成分は「ガラクタン」と「粘液糖タンパク質の混合物」の食物繊維になります。 特に粘液糖タンパク質は胃腸の働きを活性させる効果があるので、便秘解消に役立つうれしい野菜です。 この記事では、「里芋」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 ほくほくとした味わいがおいしい「里芋」。 里芋は縄文後期には日本に伝わってきていたと言われており、古くから食べられている歴史の長い野菜です。 里芋の旬は8~12月で、特に10月に収穫される里芋が一番おいしいと言われています。 里芋には独特のぬめりがあり、そのまま茹でるとぬめりがさらに強くなるため塩もみをして茹でる下準備が必要になります。 里芋には「ガラクタン」と呼ばれる成分が含まれており、血中のコレステロールの付着を防ぐ効果があります。 ガラクタンは脂肪として蓄積されないため、ダイエットにも最適な野菜です。 体にいい栄養素をたくさん含んでいる里芋は、ぜひ料理に取り入れたいですね。 この記事では、「里芋」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 8月から12月が旬の里芋。 皮を剥いたらぬるぬるとした特徴です。 このぬるぬるは「ガラクタン」という成分と「粘液糖たんぱく質の混合物」の食物繊維によるものです。 ガラクタンにはコレステロールを下げる効果、高血圧予防、肥満予防など生活習慣病対策に効果が期待されます。 粘液糖たんぱく質の混合物は、粘膜保護、便秘予防、滋養強壮など、日常生活に欠かせない健康効果が期待されます。 煮物のイメージが強いですが、煮物が苦手な男性や子供も食べやすくするには揚げ物がおすすめです。 揚げることでねっとりとしてホクホクな食感になる里芋はクセになりますよ。 この記事では、「里芋」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 里芋はタロイモ類の仲間でサトイモ科の植物で、独特のぬめりがあるのが特徴です。 縄文後期には日本に伝来していたと言われる歴史の長い野菜で、晩夏から秋にかけて収穫されます。 東北地方各地で行われる秋の季節行事と言えば「芋煮会」です。 大鍋で里芋や他の材料を煮て大勢で一緒に食べる行事は、秋の風物詩になっています。 里芋は和食とよく合い、煮物やスープ、鍋料理によく使われます。 里芋に含まれるガラクタンは、血中のコレステロールの付着を防ぐ効果があるとされ、血圧を下げてくれる効果も期待できます。 コレステロールが気になる方や血圧が高めの方におすすめの野菜で、ガラクタンはたくさん摂取しても脂肪にならないためダイエット中の方にもおすすめですよ。 この記事では、「里芋」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

次の