山田 太郎 歌手。 山田太郎_(歌手)

山田親太朗

山田 太郎 歌手

この記事には 複数の問題があります。 やノートページでの議論にご協力ください。 出典が不足しています。 存命人物の記事は特に、検証可能性を満たしている必要があります。 ( 2019年4月)• ほとんどまたは完全に に頼っています。 ( 2019年4月) 山田 太郎 出生名 西川 賢(にしかわ けん) 生誕 1948-08-24 (71歳) 出身地 学歴 ジャンル 職業 、 「」 担当楽器 活動期間 - レーベル 事務所 新栄プロダクション 公式サイト 山田 太郎(やまだ たろう、 - )は、出身の、、。 本名は、 西川 賢(にしかわ けん)。 「」代表取締役社長、副会長、中山馬主協会会長、ウエスタンファームオーナー。 妻は元歌手の紅屋おかめ。 父は新栄プロ会長及び有限会社北西牧場(現:ウエスタンファーム)の創業者である。 来歴 [編集 ]• 1963年、「清らかな青春」で。 1965年にした「新聞少年」がヒットし、となった。 同年の『』に同曲で初出場。 紅白歌合戦には3回連続出場している(詳細は下記参照)。 1967年には、「勤労少年もの」の第二弾「牛乳少年」をリリースした(1966年に山田寛一が歌った「牛乳少年の歌」とは別曲)。 、『第44回年忘れにっぽんの歌』(テレビ東京)に生出演「新聞少年」を披露、以後歌謡特別番組などにも度々出演をしている。 現在は歌手業の傍ら、の代表取締役社長を務めている。 代表曲 [編集 ]• 清らかな青春(1963年)• 清く明るく美しく(1964年)• 明日を信じよう(1964年)• 新聞少年(1965年)-作詞、作曲• 友情のうた(1965年)• ああ俺たちの鐘が鳴る(1965年)• 北風吹いても(1965年、NHK「」)• オスパー(1965年、テレビアニメ「」主題歌)• 幸福はこだまする(1966年)• 牛乳少年(1967年)-八反ふじを作詞、島津伸男作曲• 若衆笠(1967年)-八反ふじを作詞、島津伸男作曲• あの娘が恋をつれてきた(1967年)• 神州天馬侠(1967年、テレビドラマ「」主題歌)• 人妻(1969年)• 花街艶歌(1973年)• どっこい野郎(1973年、テレビドラマ「」主題歌)• 好きさブラックデビル(1982年9月5日、「オレたち昔・アイドル族」名義、とデュエット)• 音頭(1983年、「山田太郎、美樹克彦、、」名義、TBSテレビ「」)• 恩義(1990年、1000勝記念曲。 作曲は山田自身)• 以心伝心(2002年7月24日、「恩義」以来12年ぶりの新曲)• B面:親ごころ• 大黒柱(2003年7月24日)• B面:男一代• 夫婦咲き(2005年9月21日、この曲より12cmシングルで発売。 B面:お江戸 浅草 歌暦• 花と竜(2010年9月8日、5年ぶりの新曲。 B面:男の土俵(A面と共に村田英雄のカバー) NHK紅白歌合戦出場歴 [編集 ]• (1965年12月31日、) 『新聞少年』• (1966年12月31日、東京宝塚劇場) 『幸福はこだまする』• (1967年12月31日、東京宝塚劇場) 『あの娘が恋をつれてきた』• このうち、第16回と第17回は山田の歌唱シーンの映像が現存する。 そして、両方の回とも『思い出の紅白歌合戦』(NHK-BS2)で、山田の歌唱シーンも含め全編がされている。 第18回は映像は現存するが、山田の歌唱シーンの映像については詳細不明。 テレビ番組 [編集 ]• (1965年、)• (1966年、) - 役• (1966年 - 1967年、)• オヤジも受験生(1967年、)• 文五捕物絵図(1967年、NHK)• 彦左と一心太助(1969年、TBS)• 第19話「処女(むすめ)狩り」(1972年、) - 伊之吉役• (1973年、)• 第1シリーズ第48話「兇悪のサンバ」 1974年、NET - 林順太• (1974年、NET)• (1974年、NTV)第51話「兄いずこ涙の辻占」- 佐助/弥太郎役• 第143話「霧の旅」(1975年、NTV)• (2003年、NHK) 2010年以降の主な歌番組 [編集 ]• 第44回 年忘れにっぽんの歌(テレビ東京、2011年12月31日)• 第48回 (NHK総合、2016年8月27日)• (、2017年8月19日)「新聞少年」他当時のエピソード等を披露した。 映画 [編集 ]• 人間魚雷 あゝ回天特別攻撃隊(1968年、) 馬主として [編集 ] 本名の西川賢名義で(JRA)の馬主資格を所有。 は「 - 」、の柄は。 に生産牧場ウエスタンファーム(旧有限会社北西牧場、2009年名称変更)を持ち、所有馬のほとんどを自家生産するでもある。 また、日本馬主協会連合会副会長、中山馬主協会会長といった要職を務めている。 1968年に弱冠20歳(当時史上最年少)で馬主資格を取得。 初勝利は1970年のミスコマコ(同馬はにも出走し20着)。 1975年に法人馬主である西川商事株式会社の代表に就任。 頃、再び個人馬主となる(法人馬主である株式会社西川代表となった父の勝負服を受け継ぐ)。 個人馬主となって数年は所有馬の勝ち数が1桁や0の年もあり苦戦していたが、2007年には11勝し、翌2008年も2桁勝利に加え、で西川商事時代のウエスタンファイブ(1984年、1985年)以来23年ぶり(北西牧場生産馬としても23年ぶり) に重賞競走を制覇するなど飛躍している。 また近年は短距離路線での活躍が目立つ。 重賞勝ち馬(西川商事時代を含む) [編集 ]• ウエスタンダッシュ(1975年)• ウエスタンバード(1976年)• ウエスタンジョージ(1980年、1981年・)• ウエスタンジェット(1981年・)• ウエスタンファイブ(1984年、1985年)• (2008年) ウエスタンファーム(北西牧場)の主な生産馬 [編集 ]• (1971年産、1975年、1976年・)• (1975年産、1979年・)フジノパーシアの半弟、父の共同所有馬 脚注 [編集 ]• この項目は、に関連した 書きかけの項目です。

次の

山田親太朗

山田 太郎 歌手

この記事には 複数の問題があります。 やでの議論にご協力ください。 が不足しています。 の記事は特に、を満たしている必要があります。 ( 2019年4月)• ほとんどまたは完全に に頼っています。 ( 2019年4月) 山田 太郎 出生名 西川 賢(にしかわ けん) 生誕 1948-08-24 (71歳) 出身地 学歴 ジャンル 職業 、 「」 担当楽器 活動期間 - レーベル 事務所 新栄プロダクション 公式サイト 山田 太郎(やまだ たろう、 - )は、出身の、、。 本名は、 西川 賢(にしかわ けん)。 「」代表取締役社長、副会長、中山馬主協会会長、ウエスタンファームオーナー。 妻は元歌手の。 父は新栄プロ会長及び有限会社北西牧場(現:ウエスタンファーム)の創業者である。 来歴 [ ]• 1963年、「清らかな青春」で。 1965年にした「」がヒットし、となった。 同年の『』に同曲で初出場。 紅白歌合戦には3回連続出場している(詳細は下記参照)。 1967年には、「勤労少年もの」の第二弾「牛乳少年」をリリースした(1966年にが歌った「牛乳少年の歌」とは別曲)。 、『第44回年忘れにっぽんの歌』(テレビ東京)に生出演「新聞少年」を披露、以後歌謡特別番組などにも度々出演をしている。 現在は歌手業の傍ら、の代表取締役社長を務めている。 代表曲 [ ]• 清らかな青春(1963年)• 清く明るく美しく(1964年)• 明日を信じよう(1964年)• 新聞少年(1965年)-作詞、作曲• 友情のうた(1965年)• ああ俺たちの鐘が鳴る(1965年)• 北風吹いても(1965年、NHK「」)• オスパー(1965年、テレビアニメ「」主題歌)• 幸福はこだまする(1966年)• 牛乳少年(1967年)-八反ふじを作詞、島津伸男作曲• 若衆笠(1967年)-八反ふじを作詞、島津伸男作曲• あの娘が恋をつれてきた(1967年)• 神州天馬侠(1967年、テレビドラマ「」主題歌)• 人妻(1969年)• 花街艶歌(1973年)• どっこい野郎(1973年、テレビドラマ「」主題歌)• 好きさブラックデビル(1982年9月5日、「オレたち昔・アイドル族」名義、とデュエット)• 音頭(1983年、「山田太郎、美樹克彦、、」名義、TBSテレビ「」)• 恩義(1990年、1000勝記念曲。 作曲は山田自身)• 以心伝心(2002年7月24日、「恩義」以来12年ぶりの新曲)• B面:親ごころ• 大黒柱(2003年7月24日)• B面:男一代• 夫婦咲き(2005年9月21日、この曲より12cmシングルで発売。 B面:お江戸 浅草 歌暦• 花と竜(2010年9月8日、5年ぶりの新曲。 B面:男の土俵(A面と共に村田英雄のカバー) NHK紅白歌合戦出場歴 [ ]• (1965年12月31日、) 『』• (1966年12月31日、東京宝塚劇場) 『幸福はこだまする』• (1967年12月31日、東京宝塚劇場) 『あの娘が恋をつれてきた』• このうち、第16回と第17回は山田の歌唱シーンの映像が現存する。 そして、両方の回とも『思い出の紅白歌合戦』(NHK-BS2)で、山田の歌唱シーンも含め全編がされている。 第18回は映像は現存するが、山田の歌唱シーンの映像については詳細不明。 テレビ番組 [ ]• (1965年、)• (1966年、) - 役• (1966年 - 1967年、)• オヤジも受験生(1967年、)• 文五捕物絵図(1967年、NHK)• 彦左と一心太助(1969年、TBS)• 第19話「処女(むすめ)狩り」(1972年、) - 伊之吉役• (1973年、)• 第1シリーズ第48話「兇悪のサンバ」 1974年、NET - 林順太• (1974年、NET)• (1974年、NTV)第51話「兄いずこ涙の辻占」- 佐助/弥太郎役• 第143話「霧の旅」(1975年、NTV)• (2003年、NHK) 2010年以降の主な歌番組 [ ]• 第44回 年忘れにっぽんの歌(テレビ東京、2011年12月31日)• 第48回 (NHK総合、2016年8月27日)• (、2017年8月19日)「新聞少年」他当時のエピソード等を披露した。 映画 [ ]• 人間魚雷 あゝ回天特別攻撃隊(1968年、) 馬主として [ ] 本名の西川賢名義で(JRA)の馬主資格を所有。 は「 - 」、の柄は。 に生産牧場ウエスタンファーム(旧有限会社北西牧場、2009年名称変更)を持ち、所有馬のほとんどを自家生産するでもある。 また、日本馬主協会連合会副会長、中山馬主協会会長といった要職を務めている。 1968年に弱冠20歳(当時史上最年少)で馬主資格を取得。 初勝利は1970年のミスコマコ(同馬はにも出走し20着)。 1975年に法人馬主である西川商事株式会社の代表に就任。 頃、再び個人馬主となる(法人馬主である株式会社西川代表となった父の勝負服を受け継ぐ)。 個人馬主となって数年は所有馬の勝ち数が1桁や0の年もあり苦戦していたが、2007年には11勝し、翌2008年も2桁勝利に加え、で西川商事時代のウエスタンファイブ(1984年、1985年)以来23年ぶり(北西牧場生産馬としても23年ぶり) に重賞競走を制覇するなど飛躍している。 また近年は短距離路線での活躍が目立つ。 重賞勝ち馬(西川商事時代を含む) [ ]• ウエスタンダッシュ(1975年)• ウエスタンバード(1976年)• ウエスタンジョージ(1980年、1981年・)• ウエスタンジェット(1981年・)• ウエスタンファイブ(1984年、1985年)• (2008年) ウエスタンファーム(北西牧場)の主な生産馬 [ ]• (1971年産、1975年、1976年・)• (1975年産、1979年・)フジノパーシアの半弟、父の共同所有馬 脚注 [ ]• この項目は、に関連した です。

次の

山田親太朗

山田 太郎 歌手

フライデー 山田親太朗が女性歌手Mをラブホに連れ込み 場所は、小劇場・雑貨屋・飲食店がぎっしり立ち並ぶ若者の街、東京都世田谷区の下北沢です。 当日は夜9時過ぎから土砂降りの雨で、いつもはごった返す駅前の飲食店も客足が遠のいていました。 しかし、駅に近いビルにある沖縄居酒屋Yの一番はワッショイワッショイと大盛り上がりしていました。 終電の時間が迫っていても、カラオケを大音量で始めたり、テンションは上がる一方です。 店の窓は全開なので、中の声やコールがダダ漏れです。 その中には「しんたろうさん、しんたろうさーん」という声がありました。 この日、沖縄居酒屋Yは山田親太朗たち一行による貸し切りだったので、入口は鉄の扉で封鎖されていました。 終電がなくなったあと、人影がまばらになっても宴は終わる気配がありません。 午前4過ぎ。 駅前から人気がなくなってゴミ収集車が動き出す頃、フライデーがその姿をキャッチしました。 沖縄居酒屋Yの入口への階段に、ロシアアニメ「チェブラーシカ」のようなシルエットの山田親太朗さんです。 巨大なハットがチェブラーシカの耳のようでした。 顔はハットとマスクでほとんど覆われていますし、人目を気にしているのか、コートも靴も黒の全身黒ずくめです。 ビルの隙間から顔を出して、周りをキョロキョロしています。 そして傍らには20代と思しき美女が、山田親太朗さんを見上げてニコニコしていました。 2人は念入りに左右を確認したあと、階段を離れ、またすぐに隠れて、再びキョロキョロ周囲を警戒します。 その後、沖縄居酒屋Yを出た山田親太朗さんは女性歌手Mさんは、2人でタクシーに乗って渋谷にラブホ街に向かったのでした。 連れ込み成功したんですね。 山田親太朗さんも出資していて、姉の山田優さん(31才)と一緒によく利用するそうです。 この日は、山田親太朗さんは店を貸し切りにして友人の誕生日パーティーをしていました。 沖縄居酒屋Yとは店名「炭火ダイニング ゆんたく」と思われます。 池尻にある「沖縄ダイニング ゆんたく」の姉妹店です。 ちなみに「ゆんたく」とは沖縄の方言で「おしゃべり」という意味です。 おひとりさまでも複数客でも店員さんはどんどん話しかけてくれるそうです。 メニューは、鳥取県産の「大山地鶏のももと胸の盛り合わせ900円、キリン一番搾り500円などです。 雰囲気も料理もよさそうなので、機会がある人は一度行ってみてはいかがでしょうか 店名:炭火ダイニング ゆんたく 住所:東京都世田谷区北沢2-14-7 第34東京ビル2FB号 時間:18:00~翌5:00 地図: 山田親太朗さんがキョロキョロした階段入口 女性歌手Mとは?誰? 山田親太朗さんがラブホに連れ込みした女性歌手Mとは、誰なのでしょう? フライデーが取材した山田親太朗さんの知人によると「レコチョククラブうた」で1位を獲得したことがある美人歌手だといういいます。 テレビやCMでも活躍しています。 わかっているプロフィール ・レコチョククラブうた1位 ・テレビやCMでも活躍 ・美人歌手 ・20代らしい ・イニシャルはM 調べてみると、 MIAKA(ミアカ)さんという女性歌手が、レコチョククラブうたのウィークリーチャートで1位に輝いたことがあります。 CMはわからないですが、テレビ出演はしていました。 年齢は非公開ですが、見た目的に20代のようです。 MIAKAさんの画像を見ると、フライデー画像のマスクをしたMさんと、目が似ていると思うのですが? MIAKA癒しボイスのシンガーMIAKA キミがいた夏 feat ブリスタ 素敵な曲! — guu yctcn041 Mさんはいったい誰なのか、ちょっとわからないですね・・・。

次の