ケツメイシ 夏 の 思い出 歌詞。 夏の思い出

夏の思い出 ケツメイシ 歌詞情報

ケツメイシ 夏 の 思い出 歌詞

「」において、Creepy Nutsのお二人がケツメイシの『夏の思い出』を紹介しました。 松:いぇーい 最高。 R:みんなの知ってる日本語ラップについて、ラッパーの目線から聞いてもらおうと。 松:斬新だね。 R:今は夏じゃないですか。 ケツメイシで夏といえば R,松:「夏の思い出」 R:これ当然のようにみんな大ヒットナンバーとして聞いてると思うんすけど、なぜケツメイシが売れたか?それは曲がいいから。 なぜ曲がいいか?ラップグループの曲がいいのはラップが上手いから! 松:間違いない! R:ケツメイシはRyojiさんRyoさん大蔵さんDJ KOHNOさんというメンバーなんです。 この曲はまず、サビから始まって、Ryojiさんのテクニカルなラップが始まるんすよ。 長めの韻を踏むというか、細かい韻を気持ちよく後ろに繋いでいく感じなんですよね。 夏の連休 早 めから 計画立て 正確な集合時間 「今から夏の楽しい旅が始まるぞ!」みたいな感じで、みんな集まって男女混合で車乗ってビーチ向かっていく中で 窓を開け 切る クーラー 辛すぎるほどの暑さ ってメロディーも入れつつ、こう2文字ぐらいの気持ちいい韻で。 松:細かく韻がパッパッてなるとリズムがすごく気持ちいいよね。 R:そうそう。 それで始まって、次の2バース目が特筆すべき所でRyoさん。 この人がめちゃくちゃラップが上手い。 韻が長くて固いんですよ。 その踏むタイミングが素晴らしいんですよ。 例えばですね 潮風に 抱かれ 素晴らしい 眺め 見に行く連れと 気の合う 仲間で 抱かれ、眺め、仲間で っていくんすけど、その次から6文字で畳み掛けます。 隙あらばさ 無理な体に 鞭 打ち向かう 海 山 川 これ 6・6・6かましていくんすよ。 松:すごっ R:長い韻で文章としても繋がってるんすよ。 松:すごっ R:すごい韻がいいんすよ。 薄着ギャル横目 うずきだす横で これ8文字踏んでます。 これがすごい気持ちいいんですよ。 カラオケで歌ってみたら分かるんすけど、Ryoさんのパートは口に出して気持ちいんですよ。 なぜなら韻が固くてタイミングが素晴らしいから。 リリック的には、旅行が始まる夏の楽しい旅に向かうぞってRyojiさんのパート。 海についてギャルとかに声をかけて、ちょっとエロいことあんのかな?みたいなRyoさんのパート。 そして3番目大蔵さんのパートは、夏の終わりというか恋が終わった後のことを歌ってるんですよね。 響く古い恋の歌も 今では真夏の夢 思い出す 二人通った渚 夕日で黄金色に輝いた 昔の過ぎ去ってしまった恋を歌うんですけど、フローのつけかた、リズムもすごい良くて。 君が 夏が好きで いつかノリで確か 海へ行ってからそのまま っていう細く刻んでいって 灼けた肌から 見せた笑顔に君と海の虜に ちょっと三連符っぽいはめ方もして。 松:めちゃめちゃ気持ちよくて、予想を裏切る展開をしてくるから最高だよね。 R:全員のラップの上手さに着目して、もっかい聞いて下さい。 ケツメイシで「夏の思い出」 松:いぇい。 <書き起こしおわり> 関連記事 その他の紹介は まとめ記事よりご覧になれます Creepy Nutsのオールナイトニッポン0は毎週火曜日の深夜3:00より生放送.

次の

夏の思い出

ケツメイシ 夏 の 思い出 歌詞

タイトルからして 「さらばなみだ」、母音の音をならべると「aaaaia」と語感が良いのが特徴。 まず、このタイトルを持ってくることができるのが、このグループの力。 「さらば涙 いつか泣いた」「胸に咲いた花びらが」「今描いた物語が」このあたりの 「さらば」「なみだ」「いつか」「ないた」「さいた」「はなびらが」「いまえがいた」「ものがたりが」という「あ」の音の重ね方に無理がないのが良いですね。 歌唱力もあいまって、音の流れが気持ちよく耳に入ってくるようにできています。 この曲が涙というマイナス要素にさよならをして、 「幸せ」「花びらが色づいて」「いい波」というポジティブな要素に満ちていくことを最初の段階で示しています。 そしてこの曲は、最初に「さらば涙」と言っているにも関わらず、その後何回も「涙」という単語が出てくるのが特徴。 涙の効用を説明したうえで、その先に行こうとうったえます。 もうその心の傷癒えている。 そう、断定していいところをあえて疑問形「?」にして、聴く者に問うています。 これで聴くほうが自分の頭で一瞬考え、確かにそうだと理解する。 ここで涙が 「心の傷癒し」効果があることをさりげなく説明しているんですね。 思いっきり泣くことで、ものの見方が変わる効果があるんですね。 一人になって泣くという一見マイナスに思える行動を肯定しています。 涙の 「ストレス発散」効果を肯定。 瞼が腫れるほど泣いたのは本気になった証拠だとも言っています。 「本気度の証明」。 さらに泣いたことで心が軽くなり、精神的に強くなるという「心の成長」の効果まであります。 泣くのも良いことなんですね。 ここまでで涙が 「心の傷癒し」「視点の変化」「ストレス発散」「本気度の証明」「心の成長」と様々な効果を持っていることが分かりました。 泣くのもいいじゃないか!どんどん泣こう!もうむしろずっと泣いてよう!とすら思うかもしれません。 「まだその涙に頼ってる」。 そう、人は自分のマイナス感情に頼ってしまう、ひきずられてしまうことがあるのです。 そこをひきずらずに「新たな自分」「始まる第二章」へ行こう、と歌う。 次のステージに導いているんですね。 涙の効果を肯定しつつ、 「さらば涙」と言う。 まるでお医者さんのようですね。 それもそのはず!ケツメイシは、薬剤師の資格を持つメンバーがいるグループ。 グループ名のケツメイシは下剤などに使われる薬草のことで、 「全てを出し尽くす」意味も込められています。 「涙を全て出し尽くして次に行こう」というこの歌。 このグループだからこそ生まれた曲なんですね。 TEXT:改訂木魚(じゃぶけん東京本部).

次の

夏の思い出の歌詞

ケツメイシ 夏 の 思い出 歌詞

「」において、Creepy Nutsのお二人がケツメイシの『夏の思い出』を紹介しました。 松:いぇーい 最高。 R:みんなの知ってる日本語ラップについて、ラッパーの目線から聞いてもらおうと。 松:斬新だね。 R:今は夏じゃないですか。 ケツメイシで夏といえば R,松:「夏の思い出」 R:これ当然のようにみんな大ヒットナンバーとして聞いてると思うんすけど、なぜケツメイシが売れたか?それは曲がいいから。 なぜ曲がいいか?ラップグループの曲がいいのはラップが上手いから! 松:間違いない! R:ケツメイシはRyojiさんRyoさん大蔵さんDJ KOHNOさんというメンバーなんです。 この曲はまず、サビから始まって、Ryojiさんのテクニカルなラップが始まるんすよ。 長めの韻を踏むというか、細かい韻を気持ちよく後ろに繋いでいく感じなんですよね。 夏の連休 早 めから 計画立て 正確な集合時間 「今から夏の楽しい旅が始まるぞ!」みたいな感じで、みんな集まって男女混合で車乗ってビーチ向かっていく中で 窓を開け 切る クーラー 辛すぎるほどの暑さ ってメロディーも入れつつ、こう2文字ぐらいの気持ちいい韻で。 松:細かく韻がパッパッてなるとリズムがすごく気持ちいいよね。 R:そうそう。 それで始まって、次の2バース目が特筆すべき所でRyoさん。 この人がめちゃくちゃラップが上手い。 韻が長くて固いんですよ。 その踏むタイミングが素晴らしいんですよ。 例えばですね 潮風に 抱かれ 素晴らしい 眺め 見に行く連れと 気の合う 仲間で 抱かれ、眺め、仲間で っていくんすけど、その次から6文字で畳み掛けます。 隙あらばさ 無理な体に 鞭 打ち向かう 海 山 川 これ 6・6・6かましていくんすよ。 松:すごっ R:長い韻で文章としても繋がってるんすよ。 松:すごっ R:すごい韻がいいんすよ。 薄着ギャル横目 うずきだす横で これ8文字踏んでます。 これがすごい気持ちいいんですよ。 カラオケで歌ってみたら分かるんすけど、Ryoさんのパートは口に出して気持ちいんですよ。 なぜなら韻が固くてタイミングが素晴らしいから。 リリック的には、旅行が始まる夏の楽しい旅に向かうぞってRyojiさんのパート。 海についてギャルとかに声をかけて、ちょっとエロいことあんのかな?みたいなRyoさんのパート。 そして3番目大蔵さんのパートは、夏の終わりというか恋が終わった後のことを歌ってるんですよね。 響く古い恋の歌も 今では真夏の夢 思い出す 二人通った渚 夕日で黄金色に輝いた 昔の過ぎ去ってしまった恋を歌うんですけど、フローのつけかた、リズムもすごい良くて。 君が 夏が好きで いつかノリで確か 海へ行ってからそのまま っていう細く刻んでいって 灼けた肌から 見せた笑顔に君と海の虜に ちょっと三連符っぽいはめ方もして。 松:めちゃめちゃ気持ちよくて、予想を裏切る展開をしてくるから最高だよね。 R:全員のラップの上手さに着目して、もっかい聞いて下さい。 ケツメイシで「夏の思い出」 松:いぇい。 <書き起こしおわり> 関連記事 その他の紹介は まとめ記事よりご覧になれます Creepy Nutsのオールナイトニッポン0は毎週火曜日の深夜3:00より生放送.

次の