野球 の 記録 で 話 したい。 5G時代の野球観戦スタイルはこれだ! みんなでワイワイ観戦できる「バーチャルハマスタ」が完全に未来

最終打席、走者なしでバントのサイン ノンスタ石田さん

野球 の 記録 で 話 したい

新着ソフトレビュー 2009. 打率や防御率など、野球に関するさまざまな記録の計算を簡単に行えるソフト。 「野球記録自動計算ソフト」はその名の通り、野球のチーム、打者、投手それぞれの計算を自動で行えるソフト。 勝率や打率、防御率などを計算できる。 メイン画面にはチーム、打者、投手別に計算可能な項目のボタンが用意され、項目を選択すると計算用の別画面が表示される仕組み。 表示された別画面で必要な数値などを入力して、計算を行える。 「野球記録自動計算ソフト」で計算できるのは、• チーム:勝率、貯金、ゲーム差、マジックナンバー、自力優勝の可能性の有無、ランク確定の有無• 打者:打数、打率、塁打数、規定打席• 投手:防御率、規定投球回数、リリーフポイントの各データ。 マジックナンバーの計算では、算出方法を「セ・勝率マジック」「セ・優勝マジック」「パ・優勝マジック」から指定することが可能。 リリーフポイントは、煩雑な計算を簡単に行えるよう、「アウトを奪った場合」「登板した回に得点を許さなかった場合」などの状況別に、あらかじめ選択肢のプルダウンメニューが用意されている。 例えば、「アウトを奪った場合」では、プルダウンメニューから「チームが勝利」「チームが敗戦」「チームが引分」のいずれかを選択して、「アウト数」を入力すればよい。 団体競技とはいっても、実質的には個人競技的な色合いの強い独特の性質から、数字が重要になってくるのだろう。 また、多民族国家であるアメリカのスポーツは、数字のようなわかりやすい指標がなければ価値観を共有しにくいため、やたらと数字に置き換えたがるという話も聞いたことがある。 それはともかく、さまざまな要素を数値化するのは野球ファンの楽しみのひとつになっているわけで、「野球記録自動計算ソフト」は、その計算を簡単にするために作られたものだ。 インタフェースはシンプルで、使いやすい。 強いて注文をつけるとすれば、「計算結果がもう少し目に入りやすいデザインなら、さらによいかな」と思う程度だ。 なかには「規定投球回数」のような、計算が必要とは思えない(チームの試合数=規定投球回数だから、試合数を入力する段階で答えは出ている)ものもあるが、規定投球回数の定義を知らなくても大丈夫ということなのだろう。 「本格的な成績管理は必要としないが、ちょっと計算してみたい」というときに重宝するソフトだ。 (土屋 佳彦) ソフト作者からひとこと ソフトを開発しようと思った動機 野球にはさまざまな記録があり、それぞれの計算方法は異なっています。 すべての計算方法を覚えている方は少ないと思います。 その計算を簡単にできるようにするために開発したのが、このソフトです。 開発中に苦労した点 このソフトを開発する前の話になるのですが、私が個人で運営している「」では、独自に順位表を作成しています。 そのため、マジックナンバーの計算方法も知る必要があります。 マジックナンバーの計算方法を見つけ出すのに苦労しました。 インターネットに載っている計算方法は、たいてい引き分け試合が考慮されていませんので、自ら考えねばなりませんでした。 マジックナンバーを計算する機能を搭載したことは、この「野球記録自動計算ソフト」の大きな特徴のひとつだと思っております。 ソフト開発の際、最初はExcelを使った開発をしていました。 その後、日本語プログラミング「」、現在は「ActiveBasic」を使って開発しています。 ソフト開発は初心者で、開発するだけでも苦労しました。 今後のバージョンアップ予定 バージョンアップは、いまのところは考えておりません。 「野球記録自動計算ソフト」とは別になるのですが、もしかしたら日程表から順位表を自動で作るソフトを公開するかもしれません。 現在、出てきている問題点としては、ユーザインタフェースがあります。 ユーザインタフェースをどうやって作るかにおいては、勉強不足な面があります。 なので、実現の可能性は五分五分です。

次の

広尾晃

野球 の 記録 で 話 したい

「この200円でカープを助けてください」 こんな話もあります。 当時、野球選手を目指していた9歳の少年。 その少年がカープの初代監督である石本秀一と出会った時、彼は貯金箱を割り、グローブを買うためにコツコツと貯めていた貯金200円を石本監督に手渡しました。 そんな大切なお金はもらえないと断る石本監督に対し、少年は「これはカープの選手になった時に使うグローブのための貯金です。 カープが無くなるならグローブはいりません。 この200円でカープを助けてください」という話をしたそうです。 当時の物価を調べると、うどん、そばが15円ほど。 わずか9歳の子どもにとって、そのお金がどれだけ大切だったか。 石本監督は少年に何度も頭を下げながら、その大切なお金を受け取ったそうです。 そう、広島からカープが無くなることは「復興の光を消す」こと、郷土の未来を諦めることに他ならなかったのです。 こうして誕生したカープはファンの期待を一身に背負って闘いましたが、創設1年目の成績は41勝96敗1分。 なんと優勝チームから59ゲーム差を付けられての最下位でした。 それでもカープは広島の希望。 トランペットを使った鳴り物での応援、ジェット風船、選手ごとの応援歌。 のちに他球団ファンが追随することになる様々なアイデアでカープファンはチームを盛り上げました。 また、原爆投下から12年が経過した1957年に旧広島市民球場が完成しナイター設備が整った時、まだ復興の途中で夜は暗闇だらけだった広島の街で、そのナイターの光は天まで高く伸び、まるで鯉が滝を昇るように見えたと言います。 過去のコラムでも書いたことがありますが、それを見た祖母は「原爆で犠牲になられた天国の人たちに試合を届けるような美しい光に見えたんよ」と私に伝えてくれました。 もし広島の人やファンが諦めてカープが無くなっていたら、いま、私たちはどうなっていたでしょう。 4年前、あの25年ぶりの優勝、そして3連覇。 これほど素晴らしい人生があるのかと喜び、歓喜で泣いた日々。 それらを考え、この時期になると、私は「もっと前向きにカープを応援しよう」と思うのです。 コロナのせいで野球があることが当たり前じゃない世の中になった。 でも、その何倍も苦しい中で作られた、守られてきたカープがある。 燃える赤ヘル、僕らのカープがある。 一喜一憂が一喜十怒くらいになっているのかもしれません。 でも私は、広島とカープが歩んだ道、野球がある喜びを胸に抱いて残りのシーズンを楽しみ、それこそSNSでも積極的に応援していきたい。 それはカープを残してくれた先輩たちに対しての「恩返し」にもなるはずだ。 そう強く信じ、今回のコラムを書かせていただきました。 コラムがおもしろいと思ったらオリジナルサイト でHITボタンを押してください。

次の

Vector: 野球記録自動計算ソフト

野球 の 記録 で 話 したい

西武・山野辺翔も大喜び「たくさん練習ができるという喜びの気持ちを持っています」 埼玉西武ライオンズの新しい選手寮、室内練習場が完成した。 寮には、監督、コーチや選手同士がコミュニケーションを取れる場所を増やし、食堂は居心地の良い空間づくりに力を入れた。 広い空間を創出することを一番に考えたという室内練習場は、ブルペンやバッティングレーンが増え、内野フィールドエリアは、メットライフドームに近い環境が整備された。 選手の居住エリアは4階。 旧若獅子寮の20部屋から28部屋に増設され、部屋にはウォークインクローゼットも完備されている。 これまでの寮には、腰を落ち着けて話をする場所がなかったが、映像、音響設備を充実させたミーティングルームが新設された。 食堂は、景色が良く明るい空間だ。 食べることが基本の選手たちが「ここでご飯を食べたい」と思えるように、使用する食器にもこだわっている。 また、食事が終わってもすぐに部屋に戻らず「ここで野球の話がしたい」と思えるよう、居心地のいい場所になってくれたらという思いが込められている。 ロッカールームは、MLBで導入されている「IXPASS Sports Locker」をNPB球団で初めて取り入れた。 また、全選手のロッカーがあり、これまではコミュニケーションをとる機会が少なかった1軍、2軍の選手達もロッカールームで話をすることが可能になった。 トレーニングルームには、人工芝が設置されており、奥にあるバスルームには、ジェットバス、サウナ、水風呂も完備されている。 トレーニングルームから直結している室内練習場の内野フィールドエリアは、12球団最大級の広さを誇る。 メットライフドームと同様の人工芝とアンツーカーを使用しており、ファームにいるときからメットライフドームをイメージして練習することが可能だ。 ブルペンは5か所に増え、このうち1か所には、トラックマンとフォームを数秒遅れで映像で確認できる装置が設置される予定だ。 これまで2か所しかなく、順番待ちができていたバッティングレーンは4か所に増えた。 この施設を見たルーキーの山野辺翔内野手は「内野フィールドエリアには、内野ノックができるスペースがあり、大きくて驚いていますし、たくさん練習ができるという喜びの気持ちを持っています」と話し「メットライフドームと同じ環境を整えてもらったので、たくさん練習して早く1軍に行けるように頑張ります」と活躍を誓った。

次の