彼氏 妊娠 報告。 親への妊娠報告はいつするべき?報告のタイミングと体験談 [ママリ]

彼氏(学生)に妊娠を報告した時の話|images.foodieblogroll.com|note

彼氏 妊娠 報告

赤ちゃんができたことを真っ先に報告する相手は、夫や彼氏という人が多いかもしれません。 夫や彼氏への妊娠報告は、いつがベストなのでしょうか。 妊娠報告するタイミングとして、以下の時期を目安にする人が多いようです。 ・妊娠検査薬で陽性が出た(妊娠4週頃) ・産婦人科で胎嚢(たいのう)と心拍を確認した(妊娠6週頃) ・早期流産の可能性がなくなる(妊娠12週以降) ・安定期に入った(妊娠16週以降) 妊娠検査薬で陽性が出ても、産婦人科の超音波検査で子宮内に赤ちゃんが入っている小さい袋(胎嚢)が確認できるまでは、妊娠確定とはなりません。 しかし、産婦人科に行く前に夫に報告したというママは多いようです。 流産を経験したことがある人や、高齢出産や持病がある人などハイリスク妊娠とされる人は、心拍確認まで待って夫に妊娠報告をすることもあるようですね。 タイミング良く夫の誕生日や結婚記念日などが重なった場合は、サプライズな報告をする人もいるようです。 妊娠を直接伝える方法以外にも、メールや電話などで伝える方法があります。 最近は、メッセージカードや動画などを利用したサプライズ報告も多いようですね。 赤ちゃんの小物を渡したり、妊娠報告動画を見せたりと、サプライズな報告の仕方もいろいろあるようです。 二人目の子どもを妊娠したときは、夫と上の子どものふたりに対して、同時に妊娠報告をするのも良いですね。 ケーキやメッセージカードに「おめでとう、お兄ちゃん(お姉ちゃん)になりますね」などの文字を添えるのも素敵かもしれません。 ママが妊娠報告をしたとき、パパの反応が薄いこともありますが、まだ実感がわいていないのかもしれません。 少し時間を置いてから、また改めて話をしてみても良いですね。 耳で聞くより目で見るほうが理解しやすい人もいるので、エコー写真を渡しても良いでしょう。 結婚前、婚約前の彼氏に妊娠を伝えることは勇気がいるかもしれません。 彼が喜ばないかもしれないから、突き放されたら怖いからといって、出産間近まで報告しないのは避けたほうが良いでしょう。 親も含めて、ふたりで今後をしっかり話し合う必要があります。 可能であれば直接会って話すのがベストでしょう。 体調が悪いときや遠距離の場合は、電話で話すのも良いですね。 メールやSNSでは相手の反応がわかりにくいので、感情が伝わりやすい手段を選んでみてはいかがでしょうか。 言い方は悩むところですが、相手を責めたりするのではなく、妊娠したことや出産予定日、赤ちゃんの状況などを細かく伝えたほうが良いかもしれません。 彼氏の反応が思ったより薄くても、喜んでいないとは限りません。 妊娠の実感がなかなかわかない男性は多いものです。 時間が空いてから泣くほど喜んだり、嬉しくて叫んだりすることもあるようですよ。 ふたりで結婚のことや出産のことをじっくり話し合う時間を作るようにしましょう。 夫に報告した後は、自分の両親や義父母に報告する人が多いでしょう。 ベストな時期は、夫婦でよく話し合ってから決めてくださいね。 流産の可能性が低くなる妊娠12週以降に報告したという人もいるようです。 夫の両親に報告するときは、夫婦で時間を作り、なるべく直接会って伝えるのが好ましいですね。 義父母が遠距離にいる場合や、ママの体調が悪いときは、電話で伝えても良いでしょう。 手紙やメールで伝えても構いませんが、事前に一本電話をかけておいたほうが印象が良いですよ。 仕方がなく電話やメールで報告するときは「直接会って報告すべきでしたが」など、一言添えておくと良いですね。 LINEなどSNSでの報告は、よほど仲が良い場合以外は控えましょう。 義父母によっては、LINEだけで連絡を済ませることを快く思わないことがあります。 相手との関係性に合わせて方法を検討してくださいね。 職場にいつ妊娠を伝えるかは難しい問題です。 ママ自身の職場であれば、産休などの取得のために早く知らせることが多いですが、パパの職場に報告するタイミングは個人差が大きいようですね。 育休は男女を問わず取ることが可能ですが、男性の育児休業取得率は3. 16%(平成28年度)とそれほど高くはありません。 パパが育休を取ろうと考えている場合は、早めに妊娠のことを報告し、引継ぎや労働力の確保などの負担が大きくならないようにしたいですね。 ママの体調が落ち着き、流産率が低くなる妊娠5ヶ月頃が、タイミングとしてはちょうど良いかもしれません。 パパの会社の規定によっては、ママの妊娠中や出産のときに有給を取れることがあります。 妊娠がわかったら、妊娠・出産に関わる会社規則を確認しておきましょう。

次の

彼氏を驚かせない妊娠報告のポイントまとめ

彼氏 妊娠 報告

前回の妊娠が判明した時の話の続きです。 今回は、彼氏に妊娠を報告した時の話をまとめました。 妊娠検査薬で陽性判定が出た後、すぐに彼氏に連絡しなくてはと思い、連絡しました。 しかしながらら、連絡しようと思った時の心境は、率直に言うとナーバスになっていました。 自分の中では、子供を育てたいという気持ちでしたが、彼氏が同じ思いかは少し自信がありませんでした。 普段の会話の中で結婚についての話はしていましたが、急に妊娠したという話になったら、どう思うか自信がありませんでした。 また、不安な気持ちに追い打ちをかけたのがネットの記事です。 同じような状況の人が、どのように連絡したのか調べたところ、悲しい展開になってしまった体験談が数多くありました。 彼氏と連絡が取れなくなってしまった、別れを切り出されたというような話が沢山ありました。 そのような話を見ていたら、自分の彼氏も同じようになるのではと不安になっていきました。 連絡方法 私は、LINEで最初に「妊娠したかもしれない」ということを伝えました。 理由は、単純にいきなり直接言う勇気がなかった為です。 どんな反応が来るか色々なパターンを考えていても、やっぱり否定的な反応が最初から目の前で返ってきたら辛いと考えてしまいました。 しかし、どんな感じなのか直接会って知りたい気持ちもあったので、LINEした後に会って直接伝えました。 彼氏の反応 直接、会って伝えた時の彼氏の反応は戸惑っているようでした。 当然と言えば当然ですね。 しかし、取り乱したり、攻撃的になるようなことはなかったです。 どうしたいか聞かれ、自分の意思を伝えました。 そして、これからしなければならないことの計画を立てることにしました。 報告後の心境 彼氏と会って話し合えた後は、とてもほっとしました。 まだ、これからどうなるかはわからない状況でしたが、一緒になって色々考えてくれる姿を見て一安心しました。 一人で悩まず、すぐに報告して良かったです。 まとめ 結婚していない状況で、ましてやお互い学生ということで連絡する時はとても不安な気持ちになりました。 唯一のプラス材料は、日頃から結婚などの話をしていたことでした。 将来的に子供も欲しいということは分かっていたので、それだけが大丈夫かもと思えるところでした。 逆に大きく不安材料となったのが、ネット記事です。 自分の彼氏とは違う人の話とは分かっていても、同一視してしまい不安になりました。 しかし、シングルでも上手く生活出来ている方も多く、その点は自分ももしシングルになったら参考になると感じました。 まとめとしては… 日頃からお互いの将来の話をしていると良い ネット記事に振り回され過ぎない 彼氏の反応の色々なパターンを想定した方がいい ということを感じました。

次の

胸キュン!夫への妊娠報告サプライズ!5つのエピソード

彼氏 妊娠 報告

pixabay. com カップルであれば、お互いの性欲を満たすために、気持ちを確認し合うために、エッチをすることもあると思います。 でもエッチをすれば、子供が出来てしまう可能性があります。 「まだ子供がほしいとは思ってない」という2人の気持ちが優先されるわけではないので、エッチをすればするほど妊娠をする可能性は高くなります。 もちろん、子供を作らないためにきちんと避妊をすれば、妊娠してしまう可能性を下げることは出来ますが、避妊具を正しく使っていないとか、たまたま避妊具をつけずに行為をしてしまったなどがあると、妊娠の可能性は高くなります。 妊娠したら結婚していようがいなかろうが、彼氏に妊娠したことを告げなければいけません。 なぜなら妊娠した子供を産むのか産まないのか、どのように育てていくのかなどは、あなただけの責任ではないからです。 よく男性側は「女性の責任」と女性側に責任を擦り付けようとしますが、妊娠は女性1人で出来るものではありませんし、男性にも責任があります。 「彼氏に妊娠を打ち明けるのが怖い」と思っている人も多いと思いますが、これは必ず伝えなければいけないことです。 そこで今回は、妊娠したことを彼氏に伝える時の注意点について紹介していきたいと思います。 pixabay. com 彼氏に妊娠を伝える時の注意点1つ目は、「妊娠の有無を確かめる」です。 妊娠をすると、生理が止まったり悪阻が起きたりするので、女性はこのような自分の体の変化から「もしかしたら妊娠したかもしれない」と気付くことが出来ると思います。 多くの人はこの時点で彼氏に「妊娠したかもしれない」と伝えると思いますが、結婚して子供が欲しかった夫婦ならまだしも、まだ結婚の約束もしていないカップルがこの時点で相手に妊娠を伝えるのは少し早いです。 なぜなら相手も子供を望んでいたわけではない可能性が高いので、早々に逃げられてしまう可能性があるからです。 本当に妊娠していれば、これから話し合っていかなければいけないことが沢山あるのに、逃げられてしまったらあなたが1人で、全ての責任を追わなければいけなくなってしまいますよね。 また、妊娠したことを喜んでくれた場合であっても、妊娠していなかった時に酷く落ち込んでしまう男性もいるそうです。 いくら生理が来なくなったからとか、悪阻のような症状があったからといっても、それだけで「妊娠」と決めつけることは出来ませんので、「妊娠したかも」と思ったらまずは、自分だけで確認してみましょう。 妊娠の確認は、妊娠検査薬を使うことと産婦人科に行くことで出来ます。 多くの人はまず妊娠検査薬を使って、妊娠の有無を確かめてから産婦人科に行きます。 産婦人科で妊娠していることが確定したら、彼氏に「妊娠している」ということを伝えましょう。 冗談や笑い話にはしない.

次の