ソフトバンクエアー 5g 2g。 PS4が速くなるのはどっち?ソフトバンクエアーの2Gと5G|ソフトバンクエアー丸わかりガイド

Amazon製品が5GHz帯Wi

ソフトバンクエアー 5g 2g

5GHz) TDD-LTE 3. 5GHz 4GLTE方式 FDD-LTE 2. 1GHz 通信速度 下り最大962Mbps WiFi IEEE 802. 3Gbps WiFi最大接続 64 通信速度は下り最大962Mbps 現在主流のソフトバンクエアー3と最大速度を比較してみました。 Airターミナル機によって、最大速度が違いますね。 やはり最大のポイントはココでしょう。 下り最大962Mbpsであれば、光回線とさほど変わらない速度も期待できます。 Airターミナル3 350Mbps Airターミナル4 481Mbps (一部エリアで962Mbps) しかし、現状最大962Mbpsの速度で利用できる地域はほんの一部のようで。 比べるインターネット管理人ピカコ調べでは、東京23区内でも千代田区・中央区・台東区・墨田区・葛飾区の一部エリアのみ(令和元年8月1日現在) が本格的に始動したら、もっとエリア拡大されるのではないでしょうか。 「遅い」ばかりTwitter上に上がっていたソフトバンクエアーの評判も、徐々に「速い」に解消されていくかもしれません。 上戸彩さんや竹内涼真さんが登場するソフトバンクのCMで「みんな家族」というフレーズを聞いた事がある方も多いと思いますが。 まさにその通りで、同じ屋根の下に暮らしている人は「みんな家族」として家族割を適用することができるのが、ソフトバンクの大きな特徴の一つなのです。 シェアハウスに暮らしている人や、パートナーでもOK。 みんな家族割で、スマホ代を更にお得にすることができます。 30分以内の作業料が無料。 作業によっては、部品代や特殊作業代・延長料などが発生しますが、もしもの備えとして嬉しい特典です。 なくてもいいけど、あったら嬉しいサービス。 それぞれ、電力エリア内のソフトバンク・ワイモバイルショップで申し込み可能です。 ソフトバンクエアー4の申込は代理店がお得 ソフトバンクエアー4の契約・申込は、ショップよりも断然お得な代理店のキャンペーンサイトがおすすめです。 自宅で電話で申し込みをし、数日でソフトバンクエアーターミナルも届き、すぐにWiFi環境が整います。 実際には、 どこで申し込んでも、月額料金に変わりはありません。 上位の代理店NEXTとアウンカンパニーと違い、キャンペーン特典は普通為替で届きます。 郵便局でわざわざ期日内に現金に替えなければなりません。 信頼のおけるソフトバンクグループのYahoo! BBですが、少し面倒なので、第3位に。 まとめ 以上、ソフトバンクエアー4について紹介してきました。 公式サイトでも、しれっと画像が変わっていて、情報がまだまだ少ないのがもどかしいですが、今後は5Gの普及とともにソフトバンクエアー4が主流となっていくはずです。 今後もTwitterなどの情報に目を光らせて、評判調査し、アップしたいと思います。

次の

ソフトバンクエアーが遅い!クレームはどこに入れたらいい?|ソフトバンクエアー丸わかりガイド

ソフトバンクエアー 5g 2g

2Gと5Gとは、ソフトバンクエアー独自の言葉なのね。 ふつうは2. 4Ghz、5Ghzといいます。 4Ghzと5Ghz) が表示されるので、どちらか選んで接続するわけです。 2Gと5Gの違いとは? なぜ2つの周波数帯域があるのかというと、どちらにもメリットとデメリットがあるので、状況によって使い分けるためです。 4Ghz: 基本はこれでOK 使い勝手が良くて、いろんな機器によく使われるのが、2. 4Ghzです。 遠くまで届きやすく、障害物があっても周りこんでくれるので、比較的つながりやすいというのが、メリットですが、他の電波に邪魔されやすいので、電波が飛び交っているところでは、つながりが弱くなってしまい速度が遅くなるというデメリットがあるんです。 5Ghz: 混線や短距離に強い 2. 4Ghzと違って、どちらかというと直線的な短距離の電波なので、障害物には弱いですが、他の電波に妨害されにくいので、電波が飛び交っている場所や、端末との距離が近いときなどに力を発揮します。 こんな時は設定を変えてみると改善するかも ソフトバンクエアーは2. 4Ghzと5Ghzの違いを知らないと、無駄に遅かったりつながりにくかったりということもあるので、改善策をまとめてみました。 ソフトバンクエアーが置いてあるのと違う部屋でインターネットをするとき おすすめは2. 4Ghzです。 壁やドアなどが障害物となり、距離も遠いなら5Ghzだと、遅くなってしまうことがあるかもしれません。 ソフトバンクエアーの近くでインターネットに接続するとき おすすめは5Ghzです。 とくに速度が必要な、動画の視聴やオンラインゲームに力を発揮するのが5Ghzです。 パソコンやゲーム機(PS4 などのLANポートがある機器なら、ソフトバンクエアーと有線で繋ぐこともできるので、試してみるとさらに安定した通信が期待出来るかも知れませんよ。 速度がいつもより遅いと感じるとき 5Ghzに設定を変えてみると改善するかも。 他の電波に邪魔をされて速度が遅くなっている可能性があるので、5Ghzにすることで速くなることがあります。 電波は自宅だけではなく、隣の家や外から入ってくるものだってあるのです。 端末に5GのSSIDが表示されない 古いPCやスマホだと5Ghzに対応していない場合があり、SSIDが表示されないことがあります。 5Ghzは外で使うと電波法に触れます! ソフトバンクエアーは自宅用なので、大丈夫だと思いますが、5Ghzを外で利用する場合は、屋外用の5Ghzを使わなければ電波法に違反してしまうことになります。 ソフトバンクエアーには屋外用の5Ghzは用意されていないので、屋外でつかわないように注意しましょう。 ソフトバンクエアーの2Gと5Gまとめ 基本的にはどちらの設定で接続してもかまいませんが、遅いと感じたときにいつもと違うSSIDで接続してみると改善されることがあるかも知れません。 通常は2. 4Ghzで、状況に応じて5Ghzに変更するのがおすすめ。 ソフトバンクエアーは64台まで同時接続できるので、多数のWiFiに対応した端末をつなげるときは、設置場所や周波数帯の性質によって使い分けてみるといいでしょう。 ソフトバンクエアーは2. 4Ghzと5Ghzを使い分けることができるから、状況に応じて快適にインターネットを楽しむことができるのです。 ソフトバンクエアーは、いろんな販売代理店がキャンペーンを行っていますが、悪質な代理店には注意してください。 ・最初だけ安いことを説明しない ・オプションを付けさせようとする ・キャッシュバックが条件付きである ・本体のレンタルを選べない(購入だけ) こういったキャンペーンを避けるには、ソフトバンクから表彰されている代理店を選ぶことがいちばんです。 なぜなら、ユーザーからの満足度が高く、みんなに選ばれている証拠になりますよね。 表彰されているは、すべての基準を満たし、高額のキャッシュバックをもらうことが出来る優良店なので、おすすめすることができます。

次の

ソフトバンクエアーの最適な設置場所はどこ?周波数帯2.4GHzと5GHzを場所で使い分けよう

ソフトバンクエアー 5g 2g

ソフトバンクエアーを契約してWi-Fiに接続するときは、2つのSSIDのどちらかを選ぶようになっています。 それぞれのSSIDの末尾には、「2G」と「5G」という文字が表記されています。 どちらのSSIDを選んでも、利用するインターネット回線はソフトバンクエアーです。 しかし、「2G」と「5G」のそれぞれには長所と短所があり、インターネットを利用する場所によって使い分けが必要です。 そこで、ここではソフトバンクエアーの「2G」と「5G」の違いについて、わかりやすく解説します。 どちらのSSIDに接続すればいいのか悩んでいる人は、参考になるので読んでみてくださいね。 ソフトバンクエアーの2Gと5Gの違い6つを解説! スマホやタブレットをソフトバンクエアーに接続するときに、側面にあるシールを見るとSSIDが2つ書かれていることがわかります。 どちらのSSIDを利用しても、利用するインターネット回線はソフトバンクエアーであることに間違いありません。 しかし、 末尾に書かれている「2G」と「5G」は、それぞれ持っている性質が違います。 「2G」と「5G」のどちらを使うか判断するには、それぞれの性質を知る必要があります。 違いその1. 通信の規格が違う! 「2G」と「5G」はWi-Fiの電波の周波数を意味する数字で、正確には「2G」は「2. 4GHz」、「5G」は「5GHz」と表記します。 わかりやすく言えば、「2G」はWi-Fiの電波の中でも旧規格で、「5G」は新しい規格になっています。 これだけを読むと、ほとんどの人は「新しい規格の5Gを使ったほうがいいじゃん!」と思うのではないでしょうか? しかし、「2G」と「5G」にはそれぞれ長所と短所があり、単に新しい規格の「5G」を使えばいいわけではありません。 違いその2. 通信速度が違う! 現在の形状のソフトバンクエアーには「2」と「3」の2種類があり、最大の下り速度がそれぞれ違います。 ソフトバンクエアー 通信速度 種類 最大速度 ソフトバンクエアー2 下り261Mbps 上り7Mbps ソフトバンクエアー3 下り350Mbps 上り7Mbps どちらも、最大値と実際に出る速度は、ウェブサイトの閲覧からインターネット動画の視聴まで難なくこなせるものになっています。 しかし、 「2G」と「5G」では実際に出る通信速度が大きく違い、新しい規格である「5G」のほうが「2G」よりも速度が優れています。 ただ、「2G」は「5G」よりも速度が遅い代わりに、「5G」にはない長所を持っています。 違いその3. Wi-Fiの飛ばせる距離が違う 「2G」と「5G」は、Wi-Fiの電波を発信できる距離が違います。 「2G」は通信速度が遅い代わりにWi-Fiを発信できる距離が長くなっていて、「5G」は通信速度が速い代わりにWi-Fiを発信できる距離が短くなっています。 違いその4. 障害物への強さが違う ソフトバンクを始めとした携帯電話キャリアは、あらゆる周波数帯の電波を発信しています。 数値が大きい周波数帯は、通信速度が速い代わりに建物などの障害物に弱い特徴があります。 数値が小さい周波数帯は、通信速度遅い代わりに建物などの障害物に強い特徴があります。 これは、ソフトバンクエアーの「2G」と「5G」にも同じことが言えます。 「5G」は通信速度が速いですが、壁などの障害物には強くありません。 「2G」は通信速度が遅いですが、壁などの障害物があっても安定したWi-Fi接続が可能になっています。 ちなみに障害物は以下の記事で解説している通りソフトバンクエアーの電波が遅くなる原因になりやすいので、特に気をつけた方がいいですよ。 違いその5. 他の家電との相性が違う 「2G」はWi-Fiだけでなく、電子レンジをはじめとしたさまざまな家電で利用されている周波数帯です。 同じ周波数帯が飛んでいると、複数の電波が干渉して通信速度が遅くなるリスクがあります。 また、 マンションやアパートなどで利用すると、隣の部屋から発信されている電波の影響を受ける恐れもあります。 「5G」は、Wi-Fiルーターの他の製品では使われていない周波数帯なので、他の電波と干渉することがありません。 そのため、とても安定したWi-Fi接続ができるようになっています。 違いその6. 接続できるデバイスの種類が違う 「2G」はWi-Fiの中でも古い規格なので、古いモデルから新しいモデルまでの幅広いデバイスで利用することができます。 「5G」は新しい規格なので、ある程度新しいモデルのデバイスでなければ使うことができません。 インターネットを利用するデバイスが古いモデルのため、「2G」しか利用できないという事例は少なくありません。 実際にソフトバンクエアーを使っている人たちの感想は、以下の記事で詳しく紹介しています。 こちらも参考にしてみてください。 2Gと5Gを使い分ける方法を知ろう! 「2G」と「5G」はそれぞれ長所と短所があるので、 状況に合わせた使い分けをするとソフトバンクエアーをより快適に使うことができます。 それぞれを使い分ける方法を知っておくと、ソフトバンクエアーの通信速度が遅くなる問題を解消できることがあります。 2Gを使ったほうがいいとき2つ 「2G」は通信速度が遅い代わりに、Wi-Fiが飛ばせる距離が長いうえに障害物に強くなっています。 また、 古い規格なので、幅広いデバイスで利用可能です。 なので、「2G」はこんなときに使うといいでしょう。 ソフトバンクエアーから遠い場所でネットを使うとき 「2G」の強みは、ソフトバンクエアーから遠い場所でもWi-Fiが利用できることです。 「2G」はWi-Fiを発信できる距離が長く、壁などの障害物にも強いので、ソフトバンクエアーを設置しているところと別の部屋でWi-Fiを使うときに活用できます。 古いモデルのデバイスでネットを使うとき Wi-Fiに接続できるデバイスは、全てが「2G」と「5G」の両方を使えるわけではありません。 古いモデルのデバイスの中には、新しい規格である「5G」が使えないものがあります。 スマートフォンやパソコンで「5G」に接続できない場合は、「2G」にしか対応していない可能性があります。 なので、こんなときは「2G」に接続してインターネットを使いましょう。 5Gを使ったほうがいいとき3つ 「5G」は「2G」よりも通信速度が速いことがメリットです。 しかし、 「5G」の弱点となる場所で利用すると、本来の力を発揮してくれません。 「5G」の力をフルで発揮できる状況を覚えておきましょう。 とにかく高速でネットが使いたいとき 2Gと5Gは通信速度が違うといっても、そこまでたいして変わらないと思う人は多いのではないでしょうか? しかし、 実際にそれぞれの通信速度を計測してみると、違いがハッキリと見えてきます。 たとえば、ソフトバンクエアーで「5G」を利用すると、下り速度は90~100Mbps出ますが、 「2G」で利用すると、50Mbpsの下り速度になります。 これを見れば、2Gと5Gで通信速度がどれだけ違うのかが見えてきますね。 この結果から、通信速度を求めるなら5Gを使うべきだということがわかるでしょう。 電子レンジなどの家電が多い場所や、集合住宅でネットを使うとき 「2G」はWi-Fiルーターだけでなく、電子レンジをはじめとしたさまざまな家電で利用されています。 そのため、家電が多い場所で「2G」を利用すると、複数の電波が干渉して通信速度が遅くなってしまいます。 また、 マンションやアパートでは、他の部屋から発信されている電波と干渉することも考えられます。 「5G」はWi-Fiルーターでしか利用されていない規格なので、他の電波と干渉することがありません。 なので、電子レンジなどの家電が多い場所や、集合住宅では「5G」を使えば安定したインターネット通信ができるようになります。 ソフトバンクエアーから近い場所でネットを使うとき 「5G」はWi-Fiを発信できる距離が短く、障害物に弱い欠点があります。 しかし、 ソフトバンクエアーに近い場所にいるときは、「5G」が持つ本来の力が発揮され、とても速い通信速度がインターネットが利用できます。 なので、ソフトバンクエアーが設置されている部屋にいるときは、「5G」を使うといいでしょう。 これらを工夫しても電波がよくならない場合は他の原因が考えられます。 詳しくは以下の記事をご参照ください。 まとめ ソフトバンクエアーのSSIDに表記されている「2G」と「5G」は、Wi-Fiの電波の周波数帯を表しています。 数値が小さい周波数帯「2G」は通信速度こそ遅いですが、Wi-Fiを発信できる距離が長いうえに障害物に強いメリットがあります。 数値が大きい周波数帯「5G」は通信速度が速いですが、Wi-Fiを発信できる距離が短く、障害物に弱くなっています。 なので、インターネットを利用する場所にあわせて「2G」と「5G」を使い分けるといいでしょう。 他にもソフトバンクエアーについては以下の記事がございます。 興味のある方はこちらもあわせて参考にしてみてください。

次の