ムーディーズ 格付け 発表。 ムーディーズ

ムーディーズ、2020年世界ソブリン格付け見通し「ネガティブ」に

ムーディーズ 格付け 発表

この2社が南アフリカランドに対して、どのような評価をしているのか見てみましょう。 格付けは、金融商品または企業・政府などの信用力をある一定の基準に基づいて、 「Aa3」「BBB」などの記号や等級で示すものです。 またS&Pは、アメリカ国債の格付けを上から2番目に位置付けるなど、審査が厳しめです。 新型コロナウィルスの感染拡大により財政と成長見通しはさらに悪化するとの予測からです。 2020年3月27日 米格付け会社ムーディーズは、南アフリカの格付けを「Baa3」から「Ba1」に引き下げました。 今回の格付け引き下げは、継続的に財政が悪化していることと、経済成長の弱さが原因です。 今回の見通し引き上げは南アフリカ新政権の構造改革を反映したものです。 今回の引き下げは、南アフリカ経済の見通し低下を反映したものです。 2017年6月9日 米格付け会社ムーディーズは、南アフリカの格付けを「Baa2」から「Baa3」へ引き下げています。 今回の引き下げは南アフリカ政府の政策の不確実性と、構造改革の遅れによる成長見通しの低下を反映したものですが、投資不適格級(Ba以下)への格下げにはなりませんでした。 南アフリカ政府は3月31日、市場からの信任が厚いゴーダン財務相を解任し、後任にギガバ内相を充てると発表しました。 今回の格下げは、財務相交代で南アフリカの政治的不確実性が増したことを反映したものです。 2014年11月6日 米格付け会社ムーディーズ、南アフリカの格付けを「Baa1」から「Baa2」に引き下げています。 慢性的なエネルギー不足に加え、金利上昇、外資依存の投資環境などの構造的弱さによる低成長によって、財政赤字縮小の見通しがたたないことを反映したものですが、見通しは「安定的」です。 弱い経済成長によるものですが、見通しは「安定的」です。 各付け会社の評価は信用できる? 格付けは、複数のアナリストの意見をもとにできるだけ公平・中立な評価のもとに行なわれていますが、格付け対象の将来について評価をするため、ある程度主観が入ってしまうことは避けられません。 そのため、100%信用することは出来ませんが、私たちのように詳しい情報を持っていない個人投資家にとっては、投資の判断材料に出来る貴重な情報の1つといえるでしょう。 次に、南アフリカランドの取引通貨量から、流動性リスクについて調べてみました。

次の

ムーディーズ、ソフトバンクGの格付け見通しを「ネガティブ」に変更(ロイター)

ムーディーズ 格付け 発表

世界の国債格付けランキング2019。 気になる日本の位置と世界経済の俯瞰 2020年はコロナウイルスの影響で全世界に与える経済損失は計り知れなくなっています。 そういった意味で2019年の国債格付けランキングは、それ以降の年と比べるにおいて大変重要な数値となります。 ご活用ください。 ソブリン格付け機関はアメリカのS&P(スダンダードド&プアーズ)、ムーディーズ、米英フィッチ・レイティングス、カナダのDBRSなどがありますが、今回はスタンダード&プアーズの最新版(2019年2月)のものでみていきたいと思います。 (参照:) 世界のS&P国債格付けAAAの国々一覧 人口、GDP、一人当たりGDPの順番です。 【ヨーロッパ】 スイス 経済やや減速気味 840万人 65兆円 800万円 ドイツ 8200万人 360兆円 480万円 オランダ 食品価格上昇過去十年で最高値 1700万人 83兆円 480万円 デンマーク ユーロではなくデンマーク・クローネ流通 570万人 29兆円 520万円 スウェーデン 経済堅調 1000万人 53兆円 530万円 ノルウェイ 北海油田の原油依存度が高い 500万人 39兆円 700万円 【北アメリカ】 カナダ 3600万人 165兆円 420万円 【アジア】 シンガポール 成長率見通し下方修正 560万人 33兆円 600万円 【オセアニア】 オーストラリア 20数年続いた景気拡大にピリオドか 2400万 120兆円 500万円 国債格付けトリプルAの国はほぼヨーロッパに集中していると言えます。 国債格付けAA+およびAA、AA-の国々 【ヨーロッパ】 AA+オーストリア ドイツ企業の下請け多く経済はドイツ次第 880万人 40兆円 400万円 AA+フィンランド 北欧での失業率トップ 550万人 22兆円 460万円 AA フランス 黄色いベスト運動で怒れる庶民 6700万人 258兆円 390万円 AA ベルギー 実質GDP成長率1.5%前後 1100万人 47兆円 410万円 AA イギリス 6500万人 262兆円 420万円 AA-チェコ 日本はチェコへのグリーンフィールド投資をドイツに次いで多く行っている 1000万人 19兆円 180万円 【北アメリカ】 AA+アメリカ 3億2000万 1900兆円 580万円 【中東】 AA-イスラエル 食料自給率90%超 860万人 29兆円 350万円 AA-カタール 2022年のサッカーワールドカップインフラ需要にピリオド。 経済失速中。 270万人 16兆円 600万円 【アジア】 AA+香港 730万人 34兆円 480万円 AA 韓国 5000万人 140兆円 320万円 AA-台湾 アメリカ向け、日本向けの輸出が好調 2300万人 57兆円 240万円 【オセアニア】 AA ニュージーランド ジュージーランド中郷銀行1%の大幅利下げ 470万 20兆円 410万円 AAAからAA-までにヨーロッパの国は12カ国も入っています。 AAマイナスになると少しアジアと中東が入ってきます。 日本と同じA+、A、A-の国債格付け国一覧 【ヨーロッパ】 A+スロバキア 失業率低し 540万人 9兆円 170万円 A+アイルランド ダブリンの家賃高騰が社会問題に 470万人 33兆円 700万円 A+スロベニア 日本からスロベニアの投資が拡大している 200万人 5兆円 230万円 A ラトビア 200万人 3兆円 150万円 A リトアニア 経済成長著しい 280万人 5兆円 170万円 A アイスランド 2008年の金融危機からの生還 35万人 2兆円 700万円 A-マルタ EUのブロックチェーン先進国 46万人 1兆円 270万円 A-スペイン 失業率低下は派遣社員の増加による 4600万人 130兆円 280万円 A-ポーランド 27年間ずっと経済成長している 3800万人 52兆円 130万円 【南アメリカ】 A+チリ が増え失業率が上がっている 1800万人 27兆円 150万円 【アフリカ】 A-ボツワナ 220万人 1兆円 80万円 【アジア】 A+日本 1億2600万人 480兆円 380万円 A+中国 止まらない内需の縮小 13億9000万人 1200兆円 86万円 A-マレーシア 景気若干ブレーキ気味 3200万人 31兆円 97万円 日本は韓国より格付けが低く、中国と同等のA+です。 ボツワナはアフリカでの格付け最高峰。 安定した民主主義の国。 ヨーロッパで言うと日本はバルト三国と同等かと少し納得がいかない感じがします。 国債格付けBBB+、BBB、BBB-の国々一覧 【ヨーロッパ】 BBB イタリア 低迷横ばい中 6000万人 193兆円 320万円 BBB-ブルガリア IT企業集まるブルガリア 700万人 5兆円 80万円 BBB-ポルトガル 緊縮政策をやめ経済回復 1000万人 20兆円 210万円 BBB-ハンガリー 労働力不足で賃金上昇 900万人 13兆円 140万円 BBB-ルーマニア 内需より外需を優先して経済回復 1900万人 12兆円 100万円 BBB-キプロス 観光産業からの脱却に尽力 86万人 2兆円 250万円 BBB-ロシア 低い経済成長率 1億4300万 157兆円 100万円 【南アメリカ】 BBB+メキシコ 利下げで経済に刺激を 1億2300万 115兆円 93万円 BBB ペルー 3100万人 21兆円 67万円 BBB- コロンビア 南米の中では経済成長率高い 4900万人 31兆円 63万円 【アフリカ】 BBB- モロッコ 日系の企業の拠点がアフリカで2番目に多い 3400万人 11兆円 30万円 【アジア】 BBB+ タイ 物価やや上昇 6900万人 45兆円 65万円 BBB フィリピン インフラ整備が進む 1億400万人 31兆円 30万円 BBB- インド 経済成長率7%が嘘である可能性あり 13億1600万 260兆円 19万円 BBB- インドネシア カリマンタン島への首都移転予定 2億6000万 100兆円 38万円 Bまでくると一人当たりGDPが100万円に満たない国が 増えてきます。 日本の国債格付けが低い理由は何か 2019年5月の財務省の発表によると3月時点での日本の国の借金は1103兆円ほどになります。 内訳は国債が約980兆、借入金52兆円、政府短期証券72兆円(全て億の単位切捨て)となっています。 ということで日本の借金の殆ど全ては国債ということになります。 そしてその買い手はと民間銀行で全体の85%ほどを占め、海外からの買いは10%未満となっています。 つまり日本国債の9割程度は日本国内で調達されています。 アメリカ国債は6割が国内調達、4割もが保有高1位中国(1兆1200億ドル)2位日本(1兆800億ドル)など海外です。 中国日本を筆頭に4割の米国債が一気に売られれば(そんなことはありえませんが)アメリカはデフォルトします。 日本国債は1割しか外国に所有されてていませんのでそのようなことにはなりません。 長期的デフレと国の借金の増加、そしてアベノミクスがうまく機能していない点を鑑みてアメリカ格付け会社が打ち出した格付けでしかないといえます。 国債の格付けは市場においてはそれほど重要視されるものではそもそもありませんし、格付け会社がアメリカの会社ということで自国に有利になるような適当な格付けをしている可能性が十二分にあります。 そのことは米国格付け会社が破綻したエンロンなどに高評価を与えていたことで裏付けられています。 しかし韓国よりも格付けが低いとなると大変気分が悪いです。 ソブリン格付けが地に落ちている国はアフリカに集中 水色がトリプルAでそこから色が濃くなるにつれて悪くなります。 一番悪い真っ黒はアフリカに集中しています。 北から見ていきましょう。 チュニジア(レーティングなし) 1100万人 4兆3000億円 37万円 外国人ターゲットのテロの頻発で格付けなし。 2015年に日本人3名の命が奪われたテロが記憶に新しいです。 ベナン共和国(レーティングなし) 1000万人 7400億円 17万円 元フランスの植民地 NBA八村塁選手のお父様の母国 ガボン共和国(レーティングなし) 200万人 1800億円 73万円 産油国であるので一人あたりGDPがベナンの4倍以上ある。 モザンビーク共和国動画3本 モザンビーク共和国(デフォルトより少し上) 3000万人 1500億円 5万円 このページで一人あたりGDPが低い国はインドの19万、ベナンの17万円でしたが5万円という突出して貧しい国が最後に来ました。 1日140円で生活していることになります。 5年前の映像ですが、モザンビークに旅行された日本人の方の動画です。 もうひとつの動画はちょっと長いですが比較的最近のモザンビークです。 お金持ち黒人女性の旅行記なので経済が回っているところしか行っていません。 これではこの国の貧しさが全く伝わってきませんね。 国民の半数以上は以下の動画のような生活をしています。 凄まじい格差社会ですね。

次の

ムーディーズ、2020年世界ソブリン格付け見通し「ネガティブ」に

ムーディーズ 格付け 発表

格付けは据え置き 見通しはネガティブ です! 2019年11月1日のムーディーズの格付け発表内容 2019年11月1日に大手格付け会社ムーディーズが 南アフリカの格付けを Baa3 据え置き と発表 見通しは 「ネガティブ」に変更 つまり、 将来的には格下げの可能性もあるということです。 ちなみに Baa3はギリギリ投資適格 投資に向いている であり 一つ下がると投機適格 ギャンブル となります。 その場合は 南アフリカランドが急落すると考えられるので注意が必要です。 南アフリカの格付けにについては 「 」 に詳しくまとめています。 格付けの意味なども解説しているのでぜひご覧下さい! 南アフリカの格付けの見通しがネガティブになってしまった理由 格付けは 来年あたりに下がる可能性があると思います。 ですが、投資方針に特に変更はありません。 レバレッジ1倍を守りながら慎重に投資していきたいですね! 南アフリカの格付けの今後の見通しと投資方針 南アフリカの格付けの今後の見通しとしては 「来年に格付けダウンの可能性あり」 と考えています。 慎重な投資をおすすめします! 長期保有なら下がった時が買いのチャンスです。 低レバレッジ 1倍 で長期目線の投資をしていくつもりです! 【まとめ】南アフリカ格付け据え置き!見通しはネガティブに。。。 今回は 「2019年11月の南アフリカの格付けが更新された」というお話をしました。 まとめると 2019年11月1日に大手格付け会社ムーディーズが以下の通り発表しました。

次の