アメリカ同時多発テロ 英語。 対テロ戦争

世界を不安に陥れた同時多発テロ

アメリカ同時多発テロ 英語

アメリカ同時多発テロ 2001年9月11日ですから、 もう17年も経つんですね。 「 9. 11」とも呼ばれています。 その夜(アメリカとの時差のため)私は、当時つきあっていた、 今の夫と 電話をしながらテレビをながめていました。 テレビの 画面が突然入れ替わり、 ツインタワー(ワールドトレードセンタービル) とそこに突っ込んだ飛行機の画像が現れました。 「何これ?映画???」 速報ニュースでした Sponsored Link アメリカ同時多発テロを簡単に説明! 事件はアメリカ時間、 2001年9月11日の午前に起こりました 犯行は イスラム系テロ組織「アルカイダ」によるものとされています。 アメリカの国内便の 飛行機4機がハイジャックされ、 乗客乗員を乗せたまま、 目的地に突撃したのです。 その目的地とは? ニューヨーク世界貿易センタービル(ワールドトレードセンタービル) 4機の内2機がここに向かいました ニューヨークのシンボルともなっていたツインタワーです。 中にはたくさんの銀行・証券・金融等の企業が入っていました。 日本企業も入っていました。 つまり 多くの人がその中のオフィスに勤めていたんです。 アメリカ国防総省本庁舎(通称ペンタゴン) 1機が国防総省本庁舎に激突し、 乗客乗員は全員亡くなりました。 国防総省職員も125名が犠牲となりました アメリカ合衆国議会議事堂かホワイトハウス? 残る1機です。 テレビに最初に映った映像は、 ツインタワーのうちの1棟に飛行機が突き刺さっている映像でした。 「事故??」 その直後、もう1棟に向かって飛行機が飛んでいきました そしてもう1棟にも激突 現実とはとても思えませんでした。 まるで映画の予告編かなにかのようでした。 そしてビルが崩壊 時間的には以下の通りだったそうです。 午前8時46分: 1機が乗客・乗員を乗せたまま ツインタワー北棟に追突 午前9時03分: もう1機が南棟に突撃 午前9時59分: 南棟が崩壊 午前10時28分: 北棟が崩壊.

次の

No.03 9.11特集

アメリカ同時多発テロ 英語

2001年9月11日、アメリカのニューヨーク、ワシントン、ピッツバーグの3都市、4か所で起きたテロ事件。 午前8時45分から10時半ごろまでの短時間に、ハイジャックされた4旅客機が次々とビルに激突、または墜落した。 テロの目標となったのはニューヨーク・マンハッタンの世界貿易センター地区にあるツインタワー(110階建て、地上417メートルと415メートル)とワシントンの国防総省(ペンタゴン)。 最初に、ツインタワーのうちのノースタワー80階付近にアメリカン航空11便ボーイング767(乗員・乗客92名)が、続いて9時ごろサウスタワー中層部にユナイテッド航空175便ボーイング767(同65名)が突っ込んだ。 両タワーは10時半までに相次いで倒壊。 9時38分には国防総省西側部分にアメリカン航空77便ボーイング757(同64名)が激突した。 また、ユナイテッド航空93便ボーイング757(同45名)は10時半ごろピッツバーグ大学西方に墜落した。 一連のテロによる死者・行方不明者は、ハイジャックされた旅客機の乗員・乗客が計266名(うち日本人2名)、世界貿易センター地区で2801名(うち日本人24名)、国防総省で184名の合計3251名(うち日本人26名)となっている。 アメリカ政府はこのテロ事件をイスラムの反米過激派国際テロ組織の黒幕といわれるオサマ・ビンラディンとそのグループの犯行と断定、2001年10月には、ビンラディンを支援する過激なイスラム原理主義勢力であるタリバンが支配するアフガニスタンに報復攻撃を加えた。 同年11月アフガニスタンにおけるタリバン政権は崩壊した。

次の

同時多発テロ(どうじたはつてろ)とは

アメリカ同時多発テロ 英語

11 []〔2001年9月11日にニューヨークなどで起こった同時多発テロ。 ハイジャックされた旅客機が世界貿易センタービルを完全に崩壊させた。 不意打ち攻撃なので第二のパールハーバーとも呼ばれた。 〔2001年9月11日にニューヨークなどで起こった同時多発テロ。 ハイジャックされた旅客機が世界貿易センタービルを完全に崩壊させた。 不意打ち攻撃なので第二のパールハーバーとも呼ばれた。 [] 11 [11th, ] () 〔2001年9月11日にニューヨークなどで起こった同時多発テロ。 ハイジャックされた旅客機が世界貿易センタービルを完全に崩壊させた。 不意打ち攻撃なので第二のパールハーバーとも呼ばれた。 9月11日 同時多発テロ事件犠牲者補償基金.

次の