ブースター 育成 論。 ブースターの育成論・調整|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

ブースター

ブースター 育成 論

鎧の孤島攻略ガイド 注目記事• お役立ち• 人気記事• ポケモン図鑑 分類別• 世代別ポケモン一覧• ワイルドエリア 攻略情報• ストーリー攻略 攻略チャート• トレーナーバトル• お役立ち• 育成論• 新着育成論• 人気の育成論• パーティ レンタルパーティ• パーティの対策• 掲示板• お役立ち 初心者におすすめ• やり方・方法まとめ• 新要素 鎧の孤島からの新要素• 剣盾からの新要素• English Walkthrough Wiki 英語版)•

次の

【ポケモン剣盾】ブースターの進化と覚える技&種族値【ポケモンソードシールド】

ブースター 育成 論

【ポケモン剣盾】リーフィアの育成論と対策【晴れパエース】 こんにちは 44 です。 やってますか? 今回はリーフィアの育成論と対策を考えていきたいと思います。 ブイズは特殊アタッカーのイメージが強いですが、リーフィアとブースターは数少ない物理アタッカー系ブイズです。 今回は晴れパのエースとしても有名なリーフィアの強さを探っていきましょう。 リーフィアの基本ステータス という神サイトを見てみると、下記のようなステータスになっています。 【リーフィアの特徴1】物理方面に強いステータス リーフィアは攻撃種族値110、防御種族値130と、物理方面については非常に強いステータスをしています。 一方で特殊方面については特攻種族値60,特防種族値65と非常に低いステータスになっています。 HP種族値は65とあまり高くないため、特殊耐久は低いと考えて扱ったほうがいいでしょう。 【リーフィアの特徴2】そこそこ速い素早さ種族値&夢特性:ようりょくそによる圧倒的素早さ リーフィアは素早さ種族値95と、タチフサグマ、ヒヒダルマなどと同じくミミッキュより「1」だけ低い数値になっています。 とはいえトップレベルの使用率を誇るミミッキュが抜けないとしても、物理方面に強いリーフィアにはvsミミッキュに限って言えばそこまで致命的ではありません。 しかし、リーフィアより速くかつ弱点のなかでも特に炎・飛行・氷については強力なアタッカーがいるので、上から殴れるほうが嬉しいです。 リーフィアは夢特性ようりょくそというフシギバナと同じ特性を持っています。 これは晴れのときに素早さが2倍になるという特性なので、晴れにすることができればほぼ上から殴れます。 リーフィア自体はにほんばれ以外に自前で晴れにする技は覚えないので、コータスやキュウコンといった特性で晴れにできるポケモンと組んだり、他のポケモンでダイバーンをうったあとにリーフィアを出すような動きが必要になるでしょう。 なお、通常特性のリーフガードは晴れのときに状態異常を防ぐというものなので、いずれにせよ以下にして晴れにするかが重要です。 参考 「」 「」 「」 「」 【リーフィアの特徴3】物理版ソーラビーム=ソーラーブレード ランクバトルでそこまで見かけるポケモンでもないので見たことがないトレーナーも多いかもしれませんが、実は物理技にもソーラービームのように晴れのときに1ターンの溜めが不要で威力125の高火力をうてるソーラーブレードという技があります。 物理攻撃種族値がそこそこ高く、晴れのときに特性が発動するリーフィアと相性がいいので、天候をうまくコントロールできるかどうかがリーフィアをアタッカーとして使う上での1つのキーとなるでしょう。 リーフィアの育成論と戦い方 リーフィアは晴れパのエースとして育てられることが多いですが、素の物理防御もかなり高く他のブイズ同様対面操作技を覚えるので数は少ないもののこちらの型も見られます。 【リーフィアの育成論】晴れパエースリーフィア• 特性:(夢)ようりょくそ• 個体値:C抜け5V• もちもの:弱点保険• わざ:ソーラーブレード・こうごうせい・タネマシンガン・アイアンテール 特徴 普通の晴れパエース型リーフィアです。 基本的には前段に特性日照り持ちをおくなど起点作成後に出します。 できればダイマックスを切りますが、晴れのときであればダイマックスせずとも高火力のソーラーブレードとこうごうせいで戦うことができます。 また、ミミッキュやみがわり持ち、きあいのタスキ持ちにもタネマシンガンで削っていくことができます。 そのため、性格補正をかけてぶっぱをします。 S188ラインまで落とすと、準速ロトム系やリーフィアに飛行打点(弱点を突きつつS逆転が可能な技)がない最速74族を抜けるため、ここを調整ラインにしています。 それを嫌う場合はリーフブレードや、そもそも別の技(技範囲を広げるあなをほるなど)を採用するのもありでしょう。 それ以外のときはじこさいせいと同じく半分回復ですが、耐久にあまり振っていないリーフィアなので晴れのとき以外に使ってもあまり意味はないでしょう。 ダイマックスのときのダイウォール枠でもありますが、あまり使わないようであれば対面操作ができるあくびの採用もありです。 パルシェンのスキルリンクつららばりのように5回必ずあたるわけではないので、できるだけソーラーブレードの方を選択する方がいいでしょう。 基本的には素の状態で戦う=晴れ下でソーラーブレードを打てる状態なのであまりこの技を素の状態でうつことはないでしょう。 技が違いますが弱点保険リーフィアを紹介しているトレーナーがいたのではっておきますね。 【リーフィアの育成論】対面操作型リーフィア• 特性:(夢)ようりょくそ• 個体値:C抜け5V• もちもの:たべのこし• わざ:つるぎのまい・あくび・バトンタッチ・リーフブレード 特徴 ブイズ恒例対面操作型です。 タイプ不一致弱点(ドラパルトのだいもんじなど)なら耐えます。 とはいえ命の珠トゲキッスのようにタイプ一致弱点を突いてくる相手にはここまで振っても一撃でやられるほど弱いので気をつけましょう。 防御無振りでもミミッキュの命の珠じゃれつくを確定3くらいの物理耐久があります。 HPはたべのこし調整をしています。 あくび・まもる・ねがいごとのブラッキーセットも一応できなくはないです。 大体は前段にコータスかキュウコンが出てきて起点作成を行い、後ろからリーフィアが出てきます。 コータスのあくびなどで晴れ+眠りにされてしまうと、リーフィアが剣の舞を持っていることもあってそのまま積んで超高速高火力から全抜きにうつられることもあるため注意しましょう。 コータスやキュウコンがいなくても、ダイバーンをうてるポケモンがダイマックスしてきたあとにリーフィアが出てきて、ちょい残ししたポケモンを超高速+ソーラーブレードの高火力で一掃してくる動きも考えられるため、こちらも出すだけで天候操作が可能なバンギラス・ペリッパー・カバルドン・アローラキュウコンなどを後ろに控えておくのもおすすめです。 とはいえリーフィア自体そこまで個体数の多いポケモンでもないので、相手のパーティの構成をみて柔軟に対応するのが王道の対策となります。 まとめ:【ポケモン剣盾】リーフィアの育成論と対策【晴れパエース】 いかがでしたでしょうか。 ブイズの中では珍しい物理アタッカー型のリーフィア、晴れパでその真価を発揮するのでコータス・キュウコン・リザードン・フシギバナなどと合わせて晴れパを組んでみるのも面白いかもしれませんね。 では、今日もポケモン剣盾楽しみましょう! 構築については下記記事もおすすめです。 「」 Youtuberなどゲーム実況やりたい方はこちらの記事もどうぞ。 「」 長時間座ってポケモンやってると腰やお尻が痛くなる方は、ゲーミングチェアがコスパ最強でおすすめです。 このブログでは毎日更新で「過去の自分が知りたかったこと」をジャンル問わず書いているので、もしあなたの役にも立ちそうなことを書いていたらまた読みに来てください。

次の

ブースターの育成論・調整|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

ブースター 育成 論

特殊 基本 - - 10 次のターン終了時に相手を『ねむり』状態にする。 変化 基本 40 100 35 通常攻撃。 物理 基本 - 100 40 相手の『こうげき』を1段階下げる。 変化 基本 - 100 30 相手の『ぼうぎょ』を1段階下げる。 変化 基本 - 100 15 相手の命中率を1段階下げる。 変化 Lv. 3 - 100 30 相手の『ぼうぎょ』を1段階下げる。 変化 Lv. 6 40 100 30 必ず先制できる。 物理 Lv. 10 30 100 30 1ターンに2回連続で攻撃する。 物理 Lv. 14 - 100 15 相手の命中率を1段階下げる。 変化 Lv. その間相手は逃げたり交代したりできない。 特殊 Lv. 特殊 Lv. 24 - - 30 技を使ったあとの攻撃が急所に当たりやすくなる。 変化 Lv. 自分が『こおり』状態の時でも使う事ができ、使うと『こおり』状態が治る。 物理 わざマシンで覚える技 覚える技 威力 命中 PP No. 物理 No. 3 - - 20 必ず先制できる。 使用したターンの間、味方の技の威力を1. 5倍にする。 変化 No. 5 - - 10 HPと状態異常をすべて回復した後、2ターンの間『ねむり』状態になる。 変化 No. 7 - - 10 必ず先制することができ、そのターンは相手の技を受けない。 連続で使うと失敗しやすい。 変化 No. 9 - - 20 5ターンの間、相手の物理攻撃のダメージを半分にする。 変化 No. 10 80 100 10 1ターン目に地中にもぐり、2ターン目で攻撃する。 物理 No. 11 - 85 15 相手を『やけど』状態にする。 変化 No. 12 70 100 20 自分が『どく』『まひ』『やけど』状態の時、威力が2倍になる。 物理 No. 物理 No. 27 - 90 10 相手を『もうどく』状態にする。 変化 No. 特殊 No. 特殊 No. 特殊 No. 48 150 90 5 次のターンは行動ができない 特殊 No. 49 120 100 5 攻撃後、自分の『こうげき』『ぼうぎょ』が1段階ずつ下がる。 物理 No.

次の