おすすめ 光回線。 [2020年7月]厳選!おすすめ光回線15社を比較

固定回線(光回線)のおすすめ6選【徹底比較】

おすすめ 光回線

スマホとのセット割引がある• 電話対応が丁寧• 引越し時のサポートが手厚い ソフトバンク光は 顧客満足度調査で1位となった人気の固定回線です。 ソフトバンクスマホとセットで契約すると割引されるため、ソフトバンクユーザーから特に人気があります。 条件を満たすと毎月1,000円割引になるので、2年契約で24,000円も安くなる計算です。 スマホも光回線も長く数年~数十年単位で契約し続けるものなので、ソフトバンクを使っているなら断然ソフトバンク光をおすすめします。 ソフトバンクユーザーだけでなく、 光回線を初めて契約する方・今後引越しの予定がある方にもおすすめです。 ソフトバンク光は特に電話対応が丁寧なため、光回線契約前のあらゆる疑問・質問に答えてくれます。 そのため、契約の流れがわからない方や、初めての契約で不安な方はまずソフトバンク光へ電話してみると良いでしょう。 また、引越し時のサポートが手厚い点も大きな魅力です。 通常、引越し前後はインターネットが使えない期間が発生しますが、ソフトバンク光は モバイルWiFiやホームルーターを無料で貸してくれます。 ソフトバンク光なら、回線工事前や引越し移転後にすぐインターネットを使えるので便利ですね。 ソフトバンク光では、契約を検討中の方向けに 電話相談を受け付けています。 ソフトバンクの正規代理店の専門オペレータが、1人1人の要望に合わせて案内してくれるのです。 スマホから通話料無料で利用できます。 営業時間外はネットでの申し込みも可能です。 受付時間:10:00-20:00 年末年始除く• 電話番号: ソフトバンク光の月額料金 ソフトバンク光 月額料金 戸建て 5,200円 マンション 3,800円 ソフトバンク光の月額料金は、 戸建てタイプが5,200円、マンション・アパートタイプが3,800円ととてもシンプルです。 マンションタイプによって料金が細かく分かれている光回線もありますが、ソフトバンク光は最終的に支払う金額がわかりやすくなっています。 さらに、ソフトバンクスマホと光回線をセットで契約すると、「 おうち割 光セット」で月額料金が安くなります。 出典: 「おうち割 光セット」は毎月1,000円割引が永年続くサービスです。 1,000円安くなるということは、戸建てが4,200円、マンションが2,800円で使えることになります。 ポケットWiFiやWiMAXが大体2,000~3,000円であることを考えると、 マンションタイプの2,800円はかなり安いことがわかるでしょう。 ソフトバンク光を契約するなら、おうち割 光セットはぜひとも使いたいキャンペーンの1つです。 ソフトバンク光のキャンペーン ソフトバンク光では、 1 現金キャッシュバックと 2 乗り換え違約金実質無料の2つのキャンペーンを行っています。 光回線のキャッシュバックキャンペーンでは、オプション加入が必須だったり振り込みが半年先だったりすることがざらにあります。 その点、ソフトバンク光は安心です。 ソフトバンク光のみの契約でキャッシュバックがもらえる上、 契約から最短2ヶ月で振り込みされます。 引越しですぐに現金が欲しい方や、受け取り手続きなく簡単にキャッシュバックが欲しい方におすすめです。 さらに、他社からソフトバンク光に 乗り換える際の解約金も 最大10万円まで補償してくれます。 違約金がネックになって乗り換えをためらっている方も、ソフトバンク光なら安心して乗り換えできますね。 auひかり|独自回線で速度が速い 出典:• 回線混雑で速度が遅くなりにくい• auスマホとのセット割がある auひかりは、携帯事業で有名なKDDIが提供している光回線です。 光回線の多くはフレッツ光 NTT東日本・西日本 の回線を借りてサービス提供していますが、auひかりはKDDI独自の通信回線を使っています。 そのため、契約者数増加や使用 時間帯集中による回線混雑の影響を受けにくく、いつでも快適にインターネットが使える仕組みなのです。 光回線の中でも月額料金が安く、価格と通信速度のバランスが取れたおすすめの光回線となっています。 auひかりの月額料金 auひかり 月額料金 戸建て 5,100円 マンション 3,800円 auひかりの月額料金は、マンションタイプが3,800円、戸建てタイプは5,100円です。 フレッツ光と違い、プロバイダ料コミコミの金額なのがわかりやすいですね。 契約年数による料金変動もないため、安心して契約できます。 出典: auひかりには、「 auスマートバリュー」という割引サービスがあります。 工事費用は分割で月額料金から割引されるので、実質無料です。 auひかりのキャンペーン 出典:• ネット+電話で 60,000円 ネットだけで 50,000円キャッシュバック• 5万円キャッシュバック キャンペーンは、高額現金キャッシュバックと違約金負担の2つです。 高額現金キャッシュバックでは、auひかり+ひかり電話加入で 60,000円、auひかりのみでも50,000円キャッシュバックされます。 キャッシュバックにはオプション加入が必要な光回線が多い中、auひかりはオプションなしでも50,000円キャッシュバックがもらえます。 さらに、インターネット 開通の翌月に振り込まれるため、すぐに受け取ることが可能です。 もう1つの違約金負担キャンペーンでは、他社光回線から乗り換える際の違約金を最大3万円まで還元してくれます。 違約金が上乗せでかかる方には、期間限定でさらに最大2. 5万円がキャッシュバックされます。 つまり、違約金を 最大5. 5万円まで保証してくれるので、乗り換え時の違約金がかかることはほぼないといってもいいでしょう。 こちらの違約金負担は前述のキャッシュバックと併用できるため、キャッシュバック6万円+違約金負担5. 5万円で、 最大11万5,000円もらえるということです。 乗り換えで高額キャッシュバックをもらうなら、auひかりに決まりですね。 ドコモ光|ドコモユーザーにおすすめ 出典:• フレッツ光からの乗り換えなら工事不要• スマホとセットで毎月1,000円割引• 2年更新ごとにdポイントがもらえる ドコモ光は、フレッツ光の通信回線を使っている光回線 いわゆる光コラボ です。 そのため、 通信速度はフレッツ光と同じ下り最大1Gbpsが出ます。 同じ速度ですが、ドコモ光の方がフレッツ光よりも安いです。 出典: フレッツ光の場合、「フレッツ光基本料金+プロバイダ料金」で月5,000~7,000円かかりますが、ドコモ光なら4,000~5,000円で済みます。 ドコモ光はプロバイダ料金込なので、フレッツ光から 乗り換えるだけで毎月1,000円~2,000円安くなるのです。 また、ドコモ光は2年更新ごとにdポイントが3,000ptもらえる点も魅力です。 dポイントはドコモの携帯料金やお買い物などで貯まる、ドコモのポイントです。 長期契約での特典やポイント還元を用意している光回線は少ないため、長く使えば使うほどお得になるのもドコモ光のメリットといえるでしょう。 ドコモ光の月額料金 ドコモ光 月額料金 戸建て 5,200円 マンション 4,000円 ドコモ光は戸建ての場合が5,200円、マンション・アパートの場合が4,000円となっています。 光回線としては平均的な月額料金ですが、 契約年数によって料金が変わらない点は1つの魅力です。

次の

沖縄の光回線おすすめランキング【コチラの厳選4つから選んでおけば安心】

おすすめ 光回線

auのスマホを契約している人:• ソフトバンクのスマホを契約している人:• ドコモのスマホを契約している人: 以上の通り、皆さんが利用しているスマホと同じ系列の会社が提供する光回線を契約するというのが、近年の正しい光回線の選び方となります。 ですから、色々と検討して選ぶのが面倒だという人は、基本的に上でオススメした回線を選んでおけば間違いはないでしょう。 しかし細かい話をしてしまうと、以上の選択肢は「料金を安く抑える」ためにベストな選択肢であって、「もっと早い光回線がいい」となれば選択肢は変わりますし、契約する代理店によってもキャンペーン内容が変わってきます。 なので、突き詰めればオススメの光回線は複数出てきます。 というわけで以下より、複数の選択肢の中から慎重に光回線を選びたいという人向けに解説をしていきます。 現在の光回線 光回線を選ぶにはどんな選択肢があるのかを知っておく必要があります。 木を見る前に森を見る、ということですね。 まずは簡単に光回線の現状を説明させていただきます。 現在、光回線事業者と言えば大きく分けて• 光コラボ• auひかり• NURO光• 電力系 以上の4種類の選択肢があります。 光コラボ NTT回線を使用している光回線が 光コラボです。 と言っても光コラボという名前の光回線があるわけではありません。 元々NTTの光回線と言えば「 回線 フレッツ光 」と「 プロバイダ」の2社と契約をしてそれぞれに料金を支払う必要がありました。 しかし数年前からNTTがプロバイダ各社に回線を卸売りして、回線とプロバイダの窓口をすべて一本化し、全てプロバイダの名前をブランド名として統一するようになりました。 この、 NTTとプロバイダがコラボレーションしたブランドの総称を光コラボというわけです。 さすがNTT回線というだけあって4種類の光回線事業者の中では 最も提供エリアが広いのですが、回線速度に関して言えばauひかりやNURO光には劣ります。 auひかり KDDI回線を使用している光回線がauひかりです。 その名の通りauのスマホを利用していればセット割が適用されるので、auユーザーにはオススメの光回線です。 また、2018年から回線速度が 最大5Gbpsのプランと最大10Gbpsのプランが提供開始されたため、速度を求めているユーザーにもおすすめです。 ちなみにauひかりは光コラボとは異なり、プロバイダとの窓口は一本化されていないため、別途プロバイダも選ぶ必要があります。 提供エリアは光コラボよりは狭いので、auひかりを選ぶ場合には必ず提供エリアの確認をしましょう。 NURO光は参入当初より回線速度を売りにしており、 最大5Gbpsと10Gbpsのプランを提供しております。 auひかりも後から5Gbpsと10Gbpsプランをリリースしたので追い付かれてしまいましたが。 また、NURO光はソフトバンクのスマホを利用していればセット割が受けられるので、ソフトバンクユーザーにオススメしたい選択肢です。 ただしNURO光は完全自前で光回線を構築しているわけではなく、NTTが敷設後に使用していない回線を自社向けに構築しているので現状では限られたエリアでしか使用できません。 徐々にエリアを拡大しているみたいなので、現時点で提供エリア外に住んでいる人も今後に期待をしましょう。 もともと光回線業界はNTTのフレッツ光がダントツで広い提供エリアを誇っていたため、これに対抗すべくKDDIは電力系の光回線を傘下におさめました。 そのため電力系の光回線はすべて auのスマホとのセット割が適用されます。 各電力系の光回線が提供されているエリアに住んでいて、なおかつauのスマホを利用している人は電力系も視野に入れてみましょう。 1 回線速度の違いを知る 光回線は回線事業者によって、プランによって速度が異なります。 さらに集合住宅にお住まいの方は、配線方式によっても速度が変わってきます。 回線速度は高画質な動画を見たりゲームをするような人は速度が速い方が快適に楽しめますし、逆にWEBサイトの閲覧程度でしか利用しないという場合はそこまで速い速度は必要ありません。 いずれにしても選ぶ事業者によって利用できる最大速度が変わってくるということは念頭に置いておきましょう。 光コラボ auひかり NURO光 電力系 最大速度 一戸建て 最大1Gbps 最大1Gbps~10Gbps 最大2Gbps~10Gbps 最大100Mbps~1Gbps 最大速度 集合住宅 最大100Mbps~1Gbps 最大100Mbps~1Gbps 最大2Gbps 最大100Mbps~1Gbps 5 キャンペーンを比較する どの光回線を申し込むか決まり、提供エリア内であることも分かり、いざ申し込み!と行きたいところですがちょっと待ってください。 光回線は各社キャッシュバックや割引といったキャンペーンを実施しています。 さらに言えば同じ光回線であっても契約窓口となる代理店はいくつもあり、代理店によってキャンペーンの金額は大幅に異なります。 少しでもお得に光回線を契約したい人はなるべくキャンペーンを比較しましょう。 今月のオススメ回線 プロバイダでおなじみBBエキサイトが展開する光コラボ「MEC光」は回線速度を重視する人にオススメです。 MEC光は次世代ネットワークであるIPv6 IPoEを採用しており、混雑ポイントを回避することでネット回線が混み合う夜間帯でも快適な速度でインターネットが楽しめます。 現在、新規お申込者限定で初期・工事費用無料&12ヵ月間月額割引のキャンペーンを実施しております。 一戸建てに住んでいる場合とマンションに住んでいる場合とで光回線の選び方は微妙に異なるので、建物ごとに紹介していきます。 戸建てにおすすめランキング まずは戸建てにお住まいの人にオススメの光回線を紹介させていただきます。 戸建てに住んでいる方は電柱から自宅に直接光ファイバーを引き込めるので、提供エリア内であれば基本的に好きな光回線を選ぶことが出来ます。 好きな光回線が選べると言っても、皆さんにとってお得なのは「スマホとのセット割が適用される光回線」です。 ですから、スマホごとにオススメの光回線を紹介させていただきますので、それぞれのランキングをご確認ください。 さらにキャッシュバックもドコモ系やソフトバンク系の光回線と比較しても非常に高額です。 しかし選択肢が豊富にあり、キャッシュバックも高額であるということは、裏を返せばその分きちんと光回線・申し込み窓口をしっかり比較する必要があるということです。 ここではauユーザーにオススメの光回線・申し込み窓口をランキング形式で紹介します。 auもソフトバンクもセット割が受けられる光回線の選択肢が複数ありますが、良くも悪くもドコモはドコモ光しかセット割が受けられません。 ですので、ドコモユーザーは悩むことなくドコモ光を選びましょう。 ただし、一点だけ注意が必要なのが、ドコモ光は他の光コラボとは異なり、プロバイダを別途選ぶ必要があります。 光コラボは通常、回線とプロバイダが同じ会社で一本化されているのですが、ドコモ光だけはなぜか回線とプロバイダが別々の会社になります。 なぜかは分かりませんが、選ぶ必要がある以上はしっかり比較をしましょう。 基本的に格安SIMがセット割を受けられるのは1社しかないので選択の余地はありません。 NTT回線の契約があれば光コラボ、KDDI回線の契約があればauひかりを利用することになります。 (NTT回線が導入されている集合住宅が圧倒的に多いです) あるいは、そもそも建物で光回線が導入されていなければ、光回線自体が利用できません。 しかし光回線が導入されていなくても、低層階にお住まいの人は、管理会社・不動産仲介・大家さんに相談をすれば戸建てタイプで個別に光回線を導入できる可能性があります。 いずれにしても、集合住宅にお住まいの方は光回線の申し込みをする前に「自分が住んでいる建物では何の回線が契約されているのか」というのを必ず確認するようにしてください。 どの格安SIMでも必ずセット割が用意されているわけではないので、以下の表でご確認ください。 auひかり最大の魅力はなんといってもキャッシュバック金額が非常に高いという点です。 代理店限定キャンペーンで30,000円近いキャッシュバックが受けられるだけでなくプロバイダのキャッシュバックも併用できるので、合計で 5万円近いキャッシュバックが受けられます。 auひかりは取り扱い代理店も非常に多いのですが、キャンペーン条件的に アウンカンパニーか NEXTのどちらかで申し込むことをオススメします。 基本的に光回線は公式サイトで申し込むよりも代理店から申し込んだ方がお得になるケースが多いのですが、NURO光に関しては代理店よりも 公式サイトから申し込んだ方がお得です。 キャッシュバックの受け取り時期に関しても代理店は申し込みから半年以上たたないと振り込まれないところが多いのですが、公式サイトであれば開通から4ヶ月後と若干ですが早めです。 またソフトバンクユーザーはNURO光だけでなく ソフトバンク光もセット割の対象です。 キャッシュバック金額に関してはNURO光には多少劣るものの、他の光コラボに比べればソフトバンク光のキャッシュバック金額は高い方なので、NURO光が提供エリア外だった人はソフトバンク光を申し込みましょう。 ドコモ向け 回線 申し込み窓口 キャンペーン 公式サイト ドコモ光 GMOとくとくBB ・ 最大15,500円キャッシュバック ・ インターネット接続設定パック無料 ・ 無線WiFiルーター無償レンタル ドコモ光 ネットナビ ・代理店限定 dポイント5,000ptプレゼント ・東海地域 dポイント10,000ptプレゼント 残念ながら3大キャリアの中では一番キャンペーン内容が微妙なのがドコモ光です。 ちなみにドコモ光の公式サイトで直接申し込むとdポイントしかもらえないので絶対にやめましょう。 比較的まともなのが15,500円のキャッシュバックが受けられる GMOとくとくBBなので、特別公式サイトから申し込まなければならない理由がないならGMOとくとくBBから申し込むことをお勧めします。 ちなみに格安SIMとのセット割が使える光回線の中でもBIGLOBE光はダントツで取り扱い代理店が多く、キャッシュバック金額もかなり高額な部類に入ります。 と言っても3万円を超えている NEXTがダントツなので、BIGLOBE光はNEXTから申し込みましょう。 NifMo向け 回線 代理店 キャンペーン 代理店HP nifty光 アウンカンパニー 【新規】 ・ 20,000円キャッシュバック ・ 15,000円+次世代高速無線ルーター 【乗り換え】 ・ 10,000円キャッシュバック nifty光 ブロードバンドサービス 【新規】 ・ 25,000円キャッシュバック 【乗り換え】 ・ 10,500円キャッシュバック nifty光 シナジーパートナーズ 【新規】 ・ 25,000円キャッシュバック nifty光 NEXT 【新規】 ・ 20,000円キャッシュバック 【乗り換え】 ・ 10,000円キャッシュバック nifty光 ムーン&サン 【新規】 ・ 20,000円キャッシュバック 【乗り換え】 ・ 10,000円キャッシュバック nifty光はauのスマホだけでなく自社で展開しているMVNO「NifMo」もセット割の対象です。 正直 nifty光はどこの代理店もキャンペーン内容は ほぼ横並びで、振り込み時期に関してもどこも最短2ヵ月と非常にスピーディーです。 強いて言うならアウンカンパニーだけ 無線LANルーターが付いてくるキャンペーンがあるので、無線LANルーターをご自身でお持ちでない人は アウンカンパニーを選択しましょう。 OCNモバイルONE向け 回線 代理店 キャンペーン 代理店HP OCN光 フルマークス 【新規】 ・ 21,000円キャッシュバック 【乗り換え】 ・ 8,000円キャッシュバック OCN光 NEXT 【新規】 ・ 10,000円キャッシュバック 【乗り換え】 ・ 10,000円キャッシュバック OCN光 ラプター 【新規】 ・ 10,000円キャッシュバック 【乗り換え】 ・ 10,000円キャッシュバック OCN光 ムーン&サン 【新規】 ・ 10,000円キャッシュバック 【乗り換え】 ・ 10,000円キャッシュバック OCN光 ネットナビ ・ 月額利用料1か月無料 OCN光は自社で提供している格安SIM「OCNモバイルONE」のセット割が適用されます。 キャンペーンに関してはフルマークスだけ2万円を超えていて頭一つ抜けているように見えますが、これは「おまかせマルチパック」という有料オプションに加入した場合の金額なので注意です。 とはいえ有料オプションに加入しない場合でも15,000円と他社より高額なので、OCN光を申し込むのであれば フルマークスがオススメです。 DMMモバイル向け 回線 代理店 キャンペーン 代理店HP DMM光 DMM光 公式 【新規】 ・ 工事費無料 18,000円分 + 5,000円キャッシュバック 【乗り換え】 ・ 初月基本料無料+ 3,000円キャッシュバック 格安SIM「DMMモバイル」とのセット割が受けられる光回線がDMM光です。 DMM光はDMMの動画や書籍のダウンロード・ストリーミング時間が時間帯に関係なく7割も削減される「 ダイレクトコネクト」という独自のサービスを提供しています。 当サイトでも総合ランキングではNURO光に次ぐ2位に位置付けるほどオススメの光回線です。 ただしDMM光は取り扱う代理店がないので、 公式サイトから申し込むしかありません。 かなり少額ですが一応公式サイトでもキャッシュバック金額は受けられます。 DTI SIM向け 回線 代理店 キャンペーン 代理店HP DTI光 DTI光 公式 【新規】 ・ ひかり電話を同時契約 …戸建て 19,000円 …マンション 16,000円 ・ DTI光のみ …戸建て 15,000円 …マンション 13,000円 ドリーム・トレイン・インターネットの格安SIM「DTI SIM」のセット割が受けられる光回線がDTI光です。 残念ながらDTI光もDMM光と同じく取り扱い代理店がないので、おとなしく 公式サイトから申し込みましょう。 まとめ 自宅の固定回線の主流がADSLから光回線に変わって長い時間がたち、人によっては光回線は日を重ねるごとに複雑になっている言う人もいます。 ただ、個人的には むしろ分かりやすくなったと考えています。 確かにひと昔前まではNTTのフレッツ光がおおもとの回線を一社で占めていましたが、今はNTT、KDDI、NURO光、地域電力系と沢山選択肢があります。 そして沢山選択肢がある分複雑に見えるかもしれません。 ただし、どれだけ選択肢があろうとも最近各社導入している スマホとのセット割によりお得に利用できる回線・プロバイダは限られているわけです。 光回線を探す際には「光回線」単体で探すのではなく、「スマホ+光回線」という通信費全体でお得かどうかという視点で探してみてください。

次の

熊本県の光回線はコレがおすすめ!【2020年版・プロバイダ】

おすすめ 光回線

戸建ての住宅か、アパート・マンションかでやることが少し変わってきます。 戸建の場合には… 戸建住宅の場合には、基本的に業者に光回線を通すための 開通工事(1〜2時間くらい)をしてもらう必要があります。 とはいえ、光回線に申し込みをすれば、 業者の方で工事の段取りをしてくれるので、とくに難しく考える必要はありません。 モデムはインターネット会社が用意してくれるので、自分が購入する必要はありません。 Wi-Fiルーターは、自分で用意することもあるのですが、最近では光回線を契約したときに一緒にレンタルとなる場合もあります。 ただし、使える光回線に制限があったり、使いたい回線が部屋まで通っていなければ工事をしてもらう必要があったりもします(規模はまちまち)。 光回線の申し込みをすると「工事が必要かどうかの調査」や「管理会社との連絡」も基本的に業者側で行ってくれます。 参考料金(アパート・マンション) 集合住宅での光回線を考えるために、まずは料金を比較してみましょう。 代表的な光回線をピックアップして並べてみました。 注意したいのが、各社の料金プランはとても複雑で、簡単に比較することはできないということです。 「他回線からの乗り換えなのか」「携帯はどの会社のものを使っているのか」「工事は必要なのか」「何年間使うのか」などなどによって最もお得な回線は変わってきます。 下の価格はあくまでも参考価格として見てくださいませ。 というわけで「通信速度」の視点も含めてもう少し分かりやすく特徴をまとめてみます。 総費用の安さ(キャッシュバックなど諸々含めて考えた場合)は環境によって異なってきますが、あえて評価するなら「auひかり」がお得だと思います。 スマホ割も大きなポイントですね。 例えば「auスマートバリュー」や「SoftBankのおうち割」では、スマホやタブレットとセットで持つことで、家族1人につき1000〜2000円ものの値引きを受けることができます。 ただし、各社共通で、このスマホ割を受けるためには固定電話などのオプションに加入する必要があります(月500円ほどの場合が多いですね)。 アパート・マンションなら結局どこがおすすめ? スマホと合わせて考えるのが良いと思います。 というわけでパターン別におすすめ光回線をまとめていきます。 ソフトバンクユーザーでなくても「インターネットで動画をバンバン見たい」「オンラインに繋げてゲームをしたい」という場合には、NURO光がおすすめです。 NURO光の良いところ• 通信速度は最大2Gbps 業界最速。 実際にはそんなにスピードは出ませんが、それでもダントツで速い• キャッシュバック金額が大きい ほとんど常に数万円のキャッシュバックを行われています。 工事費用は実質無料• Wi-Fiルーターは無料レンタル 自分で用意する必要なし• 設定が楽 他の回線と比べて設定や手続きが何かと分かりやすいと思います• ただし、月500円ほどのオプション加入が必要です。 本当に最強の光回線なのですが、 問題は対応エリアが関東に限られるという点…。 ついに中部と関西でもNURO光が使えるようになりました! auひかりの良いところ• 料金が比較的安い(キャッシュバックが大きい)• スピードが(NURO光ほどではないけど)速い• 開設工事が実質無料に So-netのキャッシュバック・キャンペーンを選ぶと(キャッシュバックとは別に)工事費が実質無料になります• ルーターは自分で用意する必要なし(月500円でレンタル) スマートバリュー適用時にはレンタル機器が無料になることも auひかりには、プロバイダがいくつかあるのですが()、大手の「So-netのauひかり」がキャンペーン内容が充実しており、おすすめです。 各社のプランがかなり複雑なので(使用者の方の環境によって料金がコロコロ変わります)、料金を横並びに比較することが難しいのですよね。 これはどのサイトを見ても同じです。 あくまでも参考程度に見て頂ければと思います。 総費用(キャッシュバックや工事費なども含めて考えた場合)は、NURO光、コミュファ光、eo光のエリア限定の光回線が安めですね。 スマホ割とは、スマホやタブレットをセットで持つことで料金の割引が受けられることです(すでに持っている端末にも適用されるようになります)。 どの光回線もau、docomo、SoftBankのいずれかとのセット割が用意されています。 ただし、この割引を受けるためにはどの会社であっても 「固定電話」などのオプションサービスに加入する必要があります。 このオプション代が各社月500円くらいですね。 そのためオプション代以上に割引があるので、合計金額としては安くなります。 【結局】戸建住宅ならどの光回線がおすすめ? パターン別におすすめ回線を紹介します。 基本的には、スマホの割引と合わせて考えるのが良いと思います。 NURO光だと• 通信速度が速い! 業界最速と言われています。 キャッシュバック金額が大きい• 工事費用はキャンペーンで実質無料• Wi-Fiルーターは無料レンタル• 他の回線と比べて何かと手続きや設定が楽です• ただし、月500円ほどのオプション加入が必要です。 ソフトバンクのスマホを使っていればさらに安くなるわけですが、 ソフトバンクユーザーで無くとも、津晋速度を重視するならNURO光がおすすめです。 スマホ割(おうち割)なしでも十分安いですからね…。

次の