ゼンリー 友達 追加 やり方。 Zenly(ゼンリー)使い方&評判レビュー!位置がバレない対処法も

Zenly(ゼンリー)危険!?怖い!?位置がバレないようにする方法や退会方法など徹底解説

ゼンリー 友達 追加 やり方

Zenlyはどんなアプリ? 「Zenly」はネット環境とスマホさえあれば、どんな場所にいても現在地をフレンド全員に任意で共有できる位置共有アプリです。 」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、最新のSNSアプリですので、そのあたりの心理面の不安も対策・機能が実装されています。 TOP 「Zenly」のTOP画面では基本的に現在地のマップが表示されています。 メッセージ 「メッセージ」画面では、登録した友達・家族からのメッセージや、グループチャットを見ることができます。 プロフィール 「プロフィール」画面では、自身のプロフィールや、友達の追加、Zenly IDの変更などができます。 Zenly IDの変更・選択 「Zenly IDを選択」をタップすると、IDの変更画面に移動できます。 友達追加の方法としては• 連絡先から招待• Zenly IDで追加• 電話番号(SMS)で招待• スマホ同士をBump• 別アプリのフレンドを招待 の5つの手段が提供されています。 追加された友達の位置は、以下のようにマップ上で表示されます。 アプリのメリットと危険性について 「Zenly」では、スマホの位置共有を随時有効にすることで様々なメリットが得られる一方、下記のような危険性もいくつか考えられるので、ご利用の際は 自己責任でお願いします。 メリット• 子供の現在地が分かるから見失わない• 相手の位置が把握できるので、行き違いの頻度が減る 危険性• 居場所がバレるから、お互いのプライバシーリスクが上がる• スマホが盗まれた場合、登録した友達の現在地を知られるリスクがある Zenlyを退会したい…。 その方法は? 位置情報をリアルタイムに共有するその便利さ故、 「常に位置が知られている」という不安もあるなか、ある程度位置をごまかす方法もありますが、 結局の所「位置をごまかしている人」というラベルが付けられている状態になり、人によっては 「気が休まらないアプリ」となる可能性もあります。 そんな方のためZenlyを潔く「辞める」という手段もあります。

次の

‎「Zenly ゼンリー: あなたの大切な人との、あなたのMAP」をApp Storeで

ゼンリー 友達 追加 やり方

初期設定は5段階 ただし必須事項は2つだけ LINEの初期設定は5段階になっています。 LINEのインストールする 必須 2. LINEで表示する名前の設定する 必須 3. 年齢認証をする 任意 4. メールアドレスとパスワードを登録する 任意 5. メールに記載された認証番号を入力する 4. でメールアドレスを登録した時のみ必須 この5段階ですが、実は必須項目はインストールと名前の設定だけです。 それ以外の行程はパスする事も可能なので、最低限の初期設定だけなら、スマホに慣れた人だと10分もかからない、とても簡単な設定です。 STEP1 LINEをインストールしよう まずはLINEをスマホにインストールする必要があります。 機種によっては最初からLINEが入っている機種もありますが、無い機種もありますので、Playストアを起動し画面上部のGoogle Playと書かれた箇所に『LINE』と打ち込んで検索してみて下さい。 英語じゃなくても、カタカナで『ライン』、ひらがなの『らいん』でも出てきます。 さて、LINEが出てきたら緑色のインストールと書かれたボタンを押しましょう。 この時に許可が求められたら、許可の箇所を全て押して下さい。 後はスマホが自動でLINEをインストールしてくれます。 『開く』と表示されたらインストール完了です。 『開く』をタップして次の行程に移ります。 STEP2 LINEで使う名前と友だち自動追加を外そう 友だち自動追加のチェックを外そう 『開く』をタップするとLINEが立ち上がります。 この時、完全に初めてLINEを利用する場合は、画面右下の緑色文字の新規登録を押して下さい。 最初にLINEがスマホの電話番号を登録するので、このまま登録を押して下さい。 以前は認証番号を手打ちする必要がありましたが、今はスマホが自動で入力してくれます。 (電話番号をお持ちでない場合や使いたくない場合は、Facebookアカウントでログインして登録もできます。 ここでは、電話番号で登録を行っています。 ) 電話番号を認証後は、LINEで表示する名前を登録する事になりますが、その前に、画面下部に注目です。 『友だち自動追加』 『友だちへの追加を許可する』 この二つの項目にチェックが入っているのが分かるかと思います。 ここに両方チェックが入ったまま登録を進めると、LINEのアプリがスマホの電話帳のデータを読み込み、既にLINEに登録されていると、友だちに自動で追加されます。 一見、便利な機能に思えますが、自動で追加されるという事は、つながりたくない人、LINEを始めた事を知らせたくない人とも自動でつながってしまいます。 『友だち自動追加』をタップして両方のチェックを外しておきましょう。 名前を登録しよう 名前の入力ですが、実はこの名前。 後からでも自由に変更出来ます。 特定の人達としかやらないのであれば本名でも良いですし、ニックネームでも登録しても問題ありません。 名前を登録し、友だち自動追加を外したら次の行程に移ります。 STEP3 年齢認証をしよう 次に行うのは年齢認証です。 この年齢認証を行うと ・LINEのID設定が可能となる LINEのIDを設定が可能になると、IDを設定して他人から自分を探すID検索が可能となります。 年齢認証はキャリアごとに異なっており、auならau ID。 docomoならdアカウント。 My SoftBankに登録された生年月日で年齢認証します。 ただ、別にLINEのID設定は必須ではありません。 もしID設定自体が不要なら、『年齢確認をしない』をタップしてスキップしても問題ありません。 この後はLINE公式アカウントの同意を求められるので、ここで『同意する』をタップします。 STEP3-1 auならauスマートパス会員かどうか聞かれる auのスマホを使っている場合auスマートパスに加入しているか聞かれます。 auスマートパスに加入していると、特典としてLINEのスタンプが一種類増えます。 auスマートパスに加入していてスタンプが必要なら、スマートパス会員の箇所をタップしましょう。 auスマートパスに未加入、あるいは加入していてもスタンプはいらないなら、auスマートパス未加入はこちらをタップして次の行程に移ります。 STEP4 メールアドレスとパスワードを登録しよう いよいよLINEの初期設定も大詰め。 ここではLINEにメールアドレスとパスワードを登録します。 メールアドレスとパスワードを登録しておくと、別機種でLINEを引き継ぐ事ができます。 また、PC版LINEにログインするときにも使います。 逆に言うと、メールアドレスとパスワードを登録しておかないと、機種変更等をした時に、LINEを引き継ぎできず、一からやり直しになってしまいます。 『いまは登録しない』をタップして後からでも登録出来ますが、可能であればこの段階で登録するのがオススメです。 STEP5 LINEから届いたメールの認証番号を打ち込もう 最後にSTEP4で登録したメールアドレスにLINEからメールが送られます。 LINEからのメールに4桁の認証番号が書いてありますので、それを認証番号と書いてある所をタップして入力します。 この画面が出てきたらLINEの初期設定は完了です。 今回はテストでGmailを登録しましたが、もちろん他のメールアドレスを登録すると、上記のメールアドレスの内容は変更されます。 OKボタンを押すと、LINEの画面に移動します。 お疲れ様でした。 この後にやる事は友だちの招待 ここまでがLINEの初期設定です。 この後にやる事はLINEで、つながりたい人に招待を出して相手から同意を得る必要があります。 それが終わってから初めて相手とのやり取りが出来るようになります。 とは言え、初期設定が終わっていないと始めることすら出来ませんので、まずはこの記事を参考に初期設定を完了してみて下さい。

次の

Zenly(ゼンリー)の使い方と退会方法から、便利(ベンリー)な活用方法

ゼンリー 友達 追加 やり方

Zenlyは、友達や家族が今どこで何をしているのか分かる地図アプリです。 Zenlyを使うことで、大切な人とより多くの時間を過ごせるようになり、たとえ実際に顔を合わせられなくても、もっと親しくなれることが世界中の何百万人ものユーザーによって裏付けられています。 Zenlyでできること: - 友達が今どこにいるか、何をしているかがわかります - 友達と連絡がつかない時に、友達のスマホがバッテリー切れだとわかります - 友達とお互いのスマホを軽くぶつけてバンプすれば、一緒に遊んでることを共通の友達に知らせることができます - 友達が自宅、学校、職場にいる時がわかります。 さらに、その場所へ移動中の状況もわかります - 住所を知らなくても、友達の現在地までお気に入りのナビゲーションアプリを使って行くことができます - 過去に自分が行った場所などを振り返れます - 友達が外国に行った時に通知を受けとれます - 絵文字(スタンプ)を使って友達と遊べます(より楽しむためのヒント:サウンドをON!) - 友達同士が集まっているとマップ上に炎のアイコンが表示され、タップするとグループチャットに参加できます - 必要であれば、位置情報を「あいまい」や「フリーズ」に設定して、自分の居場所を特定できないようにすることができます Zenlyは、少人数で使っても楽しいアプリですので、友達が何百人もいる必要はありません。 友達を追加する方法はいくつかありますが、Zenlyのマップ上で友達の現在地を見るには、その友達があなたの友達申請リクエストに同意する必要があります。 Zenlyは無料のアプリで広告表示もありません。 また、当社が9年をかけて開発した専用のアルゴリズムにより、バッテリーを消耗せずに長時間自分の居場所をシェアすることができます。 今後に期待を込めて、改善してもらえたら嬉しい点をいくつか。 今後に大いに期待素ています! デベロッパの回答 、 こんにちは、Zenlyサポートチームです。 lyまでお知らせくださいませ これからもZenlyをよろしくお願いします😊 Jonathan911. 文句は何一つ無いです。 位置情報が怖い〜的な事を言う人がかなり多いですが、ゴーストモードなど配慮がなされているので安心して使用できます。 地図もしっかりとしたもので重宝しています。 地図に渋滞状況や雨雲、気温などの表示、今はコロナウイルスの各地域の状況までもが見れるようになっています。 自宅への滞在時間を増やしたくなるような友達との滞在時間ランキングなど工夫があり、とても利用者の事を考えてくださっていると思えました。 ただ位置情報を見るだけではなく地図として、情報供給としても直感的にも使える素晴らしいアプリです。 位置情報を常に共有しているので、ギガを食うのは分かるのですが、開いただけで120MB減っていて、悲しかったです。 こればっかりは改善の余地はないと思うのですが、これが悲しかったということだけ伝えておきたいです。 zenlyを使う時はほぼ外だと思うので、月契約のギガが少ない人は、しっかり考えて使った方がいいと思います!機能はいいので、いいアプリだと思います!是非使ってください! デベロッパの回答 、 こんにちは、Zenlyサポートチームです😀 当アプリをご利用頂きありがとうございます。 嬉しいお言葉と、切実な貴重なご意見ありがとうございます😭 下記のリンクもご覧ください。

次の