月 が 綺麗 です ね 類義語。 月の類語・関連語・連想語: 連想類語辞典

光をあらわす言葉・単語・異称の一覧:日本語表現インフォ

月 が 綺麗 です ね 類義語

山や川などの自然の景色が清らかで、美しい様子を指し、すばらしく風景が良い様子を言い表した四字熟語です。 「風光」とは自然の景色、風景を、「明媚」とは景色が清らかで美しいという意味です。 この四字熟語も風光明媚と同じぐらい馴染みのある四字熟語ではないでしょうか。 そのことを四字熟語で雪月風花といいます。 自然の美しい景色という意味だけでなく、それを眺めながら詩歌を作ったりするという意味もあります。 「 風花雪月(ふうかせつげつ)」ともいいます。 景色がすっきりと見えるのも美しいですが、少し霞んでいる景色もまた美しいです。 この四字熟語は月が明るい静かで清らかな夜の景色を表しており、「明月」とは清らかな風が吹く中の静かで、すがすがしい佇まいという意味です。 なんとなくどんよりとしていた空気が雨が降って綺麗に洗い流され、雨が止むと空はすっきりと晴れ渡っている、そんな雨上がりの景色を碧落一洗は言い表しています。 百花繚乱はいろいろの花が咲き乱れていることを指します。 「百花」はさまざまなさくさんの種類の花という意味で、「繚乱」は花などがたくさん咲き乱れている様子を表しています。 「爛漫」は、花が美しく豊かに咲き乱れているという意味です。 手紙などの時候のあいさつの言葉でも使われます。 いろいろな形や色の花が一斉に咲く季節の春を表す四字熟語として使うのにぴったりです。 千紫万紅の「千」と「万」は数の多いという意味があります。 その様子を言い表した四字熟語が花枝招展です。 華やかな様子をいい、女性が着飾って歩く様子を言い表した言葉としても使われます。 「落英」は散る花びらや散ったあとの花びら、「繽紛」で花の乱れ散る様子という意味があります。 春和景明もそんな四字熟語の一つで、春になり、穏やかで、明るい日の光の様子という意味の四字熟語です。 花紅柳緑は花が咲く春の美しい景色を表しています。 また、人の手が加わっていないそのままの自然の美しさという意味でも使われます。 「柳緑花紅(りゅうりょくかこう)」ともいいます。 「駘蕩」には春ののどかなで、のびのびした様子という意味があります。 また、のんびりとして、温和な人を例えるときの言葉にも使われます。 春ののどかな風景を表す春風駘蕩と同じような意味の四字熟語として「鳥語花香(ちょうごかごう)」があります。 趣深く、のどかな春の景色や情景を指す四字熟語です。 日が短かった冬から春になって日が長くなった景色を表しています。 「春日」には、春の太陽、「遅遅」には日が暮れるが遅くなるという意味があります。 花天月地は花が綺麗に咲いて月の光に美しく照らされた春の景色を表しています。 花が天を埋め尽くすほどに咲き乱れ、月の光が地上を照らすという意味がこの四字熟語にはあります。 九夏三伏は夏の最も暑くなる季節である土用のころを指す四字熟語です。 「九夏」とは、夏の90日間のことで、「三伏」とは、初伏(夏至以降の三回目の庚(かのえ)の日)、中伏(四回目の庚の日)、末伏(立秋以降最初の庚の日)を指します。 夏雲奇峰は夏の青々とした空に浮かぶ変わった形の白く美しい入道雲が峰のように連なっている景色をこの四字熟語は表しています。 この四字熟語は中国の詩人が作った言葉とされています。 同じ言葉の意味で「白沙青松」と書いたり、「はくしゃせいしょう」とも読むこともあります。 秋のすがすがしい景色、さっぱりとした気候をこの四字熟語で表すことができます。 「刻露」とは落葉し、山の姿が現れることで、「清秀」は空気が澄み、眺めが美しい様子をいいます。 「風霜高潔(ふうそうこうけつ)」、「天高気清(てんこうきせい)」など、すがすがしい澄み切った秋の景色を表す四字熟語はほかにもあります。 秋天一碧はそんな秋の空を言い表した四字熟語で、真っ青な秋空を指します。 「秋天」は秋の晴れた空のこと、「一碧」とは、見渡す限り青一色であることを意味しています。 秋の寂しい風景という意味があるこの四字熟語がぴったりです。 「秋日」は字のままの意味で秋の日を指し、「荒涼」は荒れ果てたという意味があります。 「索莫」は寂しい様子という意味があり、「莫」は「寞」「漠」と書くこともあります。 初秋涼夕は美しい月が出て、さわやかな風が吹いている秋の夜を表すときにこの四字熟語が使えます。 「初秋」は秋の初めのころのことを指し、「涼夕」は気温が下がって涼しい夜のことをいいます。 月寒江清はそんな冬の冷たい空気の中、冴え冴えとした月の光りをしんと静まり返った川面が照り返している夜の景色をこの四字熟語は言い表しています。 雪中四友は雪の中に咲く四種類の花を指しています。 四種類の花とは黄梅、ロウ梅、水仙、山茶花のことで、 この冬の花は画題としても好まれています。 冬のとても寒い日は滴る水もすぐに氷ることがあります。 この四字熟語はそんな冬の寒い様子を表しています。 また、極寒の地を言い表す言葉としても使われることがあります。 この四字熟語は非常に厳しい冬の寒さを言い表しており、「凛冽」は氷に触れたときの身が引き締まる寒さという意味があります。 美しい自然と一緒に四字熟語に込められた景色を楽しもう 四字熟語はたった四文字ですが、そこにはたくさんの自然の美しい景色や意味が込められています。 美しい景色を簡潔に四文字の言葉で言い表すことができるのも四字熟語の魅力です。 たくさんの美しい景色を楽しみながら四字熟語も使って楽しみましょう。

次の

月の類語・関連語・連想語: 連想類語辞典

月 が 綺麗 です ね 類義語

「青天白日」の英語表現と類義語 「青天白日」の英語の表現 続いて「青天白日」が英語でどのように表現されているのかをご紹介します。 An anclouded blue sky(青天白日)• Have clean hands(青天白日)• Be cleared of the charge(青天白日) 【例文】• To be cleared of the charge(青天白日の身となる)• He is clean hands(彼は青天白日だ) 「an anclouded blue sky」は、「雲ひとつない青い空」という意味で、「青天白日」のもともとの意味である「晴れ渡った青い空」を表しています。 次の 「have clean hands」は、直訳すると「綺麗な手」となりますが、これは「手が汚れていない」、つまり「潔白」や「罪を犯していない」という意味を表しています。 そして、最後の 「be cleared of the charge」は、「容疑が晴れる」という意味となっています。 「青天白日」をどのような意味で使うかによって、英文が変わってくるので注意しましょう。 「青天白日」の類義語 次に「青天白日」と似たような意味を持つ言葉をご紹介していきます。 清廉潔白(せいれんけっぱく)• 光風霽月(こうふうせいげつ)• 無罪放免(むざいほうめん) 「清廉潔白」とは、「心が清らかで私欲がなく、後ろめたいことがない」「行動や心が清らかで正しい」という意味です。 そして、 「光風霽月」は、「心に何のわだかまりもなく、綺麗さっぱり澄み切っていること」という意味です。 「後ろめたいことがない」や「心が綺麗」というのは、「やましいことがない」ということなので、「青天白日」と同じような意味で使えますね。 「無罪放免」は、「無罪が決まり釈放されること」という意味です。 つまり「疑いが晴れる」ということなので、「青天白日」と同じですね。 「清廉潔白」については、こちらの記事に詳しく書いています。

次の

「クライム」には2つの意味がある!正しい使い方・例文や英語の語源も紹介

月 が 綺麗 です ね 類義語

公開日: 2018. 06 更新日: 2018. 06 「花鳥風月」の意味と使い方、語源、類語、曲名、英語表現 「花鳥風月」という言葉をご存知でしょうか。 「花鳥風月を楽しむ」「花鳥風月を感じる」などと使います。 日常会話で使うことはあまりないかもしれませんが、見聞きしたことがあるという人が多いと思います。 では、「花鳥風月」と聞くと、どのような意味をイメージするでしょうか。 何となく字面から、美しい綺麗な印象を受けますよね。 意味を知らないという人も、しっかりと覚えておけばいざという時に使うことができます。 そこで今回は「花鳥風月」の意味や使い方、語源、類語について解説していきます。 「花鳥風月」を正しく知って、上手く使えるようにしましょう! 「花鳥風月」の使い方と例文 「花鳥風月」には2つ意味がありますが、主に1つめの意味で使うことが多いです。 目に映る美しい景色や、自然で綺麗な風景を味わい楽しむことを表す場合に「花鳥風月」を使います。 例えば、「お花見など、花鳥風月を愛でる風習は素晴らしい」などと言えます。 これは、「お花見は美しい風景を楽しむ風習である」ということを表します。 「花鳥風月」=「美しい風景」ということですが、「花鳥風月」と表現することにより 趣きが感じられて、綺麗な景色を思い浮かべることができます。 絵画や詩歌のテーマとして「花鳥風月」が用いられることもあります。 歌でも「花鳥風月」という曲名がありますよね。 言い回しとしては、 ・花鳥風月を愛でる ・花鳥風月を友とする ・花鳥風月を楽しむ ・花鳥風月をたしなむ ・花鳥風月を体感する ・花鳥風月を感じる ・花鳥風月に親しむ などとなります。 例文 ・今回の北海道旅行は、花鳥風月を楽しむことを目標とする。 ・今度の作品は、園庭の花鳥風月を描こうと思っている。 ・四季折々の花鳥風月をテーマとした限定ボトルが出される。 ・花鳥風月を体感できるというバスツアーに参加してみようかな。 ・日本では、季節に応じて色んな花鳥風月を楽しむことができる。 ・彼は毎日仕事で忙しいので、花鳥風月を愛でる余裕などないだろう。 ・花鳥風月を目にすると、腹が立っていたとしてもだんだん心が落ち着く。 ・彼女は花鳥風月を友として生きているので、上品な雰囲気を醸し出している。 ・花鳥風月を写真に撮っておけば、いつでも見返すことができ思い出として残せる。 「花鳥風月」の類語 四字熟語の類語 春花秋月(しゅんかしゅうげつ) (意味:四季折々の自然の美しさのこと) 「春花秋月を愛でることは素晴らしい」 風流韻事(ふうりゅういんじ) (意味:自然に親しみを持って、詩を作り楽しむこと) 「昔の人たちは風流韻事に励んでいた」 花鳥月露(かちょうげつろ) (意味:自然で美しい景色のこと) 「花鳥月露の風景を見ると、心が安らぐ」 雪月風花(せつげつふうか) (意味:四季折々の自然な風景) 「四季それぞれの花を見ると、雪月風花を感じられる」 琴歌酒賦(きんかしゅふ) (意味:世俗から離れた優雅な遊びや暮らしを送ること) 「琴歌酒賦するのも良いことだ」 花朝月夕(かちょうげっせき) (意味:春と秋の季節の楽しみや気候が良い日のこと) 「祖父は花朝月夕を嗜むことを趣味としている」 風光明媚(ふうこうめいび) (意味:自然の景色が優れて美しく、人の心を惹くこと) 「プラハは風光明媚の地として有名だ」 山紫水明(さんしすいめい) (意味:山は紫に染まり、澄んだ水ははっきりと見えること) 「この場所は山紫水明を味わうにはぴったり」 その他の類語 雪月花(せつげっか) (意味:四季折々の綺麗な眺め) 「雪月花に親しむようにする」 眩い(まばゆい) (意味: しっかりと見ていられないほど美しい) 「あの人は眩いほど美しい顔をしている」 絶景 (意味:言い表せ難いほど、素晴らしい景色) 「絶景が広がる」 秀峰(しゅうほう) (意味:形が整っていて、美しい山) 「秀峰は見ていて心が落ち着く」 見目よい(みめよい) (意味:顔立ちが優れていること) 「彼女は見目よいので、ずっと見ていられる」 麗しい(うるわしい) (意味:乱れたところがなく、美しいさま) 「麗しい景色を目指して頑張る」 絶佳(ぜっか) (意味:風景が非常に優れていて美しいこと) 「眺めが絶佳で見ていて飽きない」 婉美(えんび) (意味:上品で美しいこと) 「婉美な女性に惹かれる」 清澄(せいちょう) (意味:澄みきっていて美しいこと) 「清澄な空気が流れている」 煌びやか(きらびやか) (意味:華やかで光り輝くように美しいこと) 「煌びやかな衣装が並べられる」.

次の