子供 が 幸せ に なる 言葉。 子どもが幸せになることば

子供が見違える「短い声かけフレーズ10」 賢い親が繰り返し言う魔法の言葉 (3ページ目)

子供 が 幸せ に なる 言葉

この記事の目次• 常に心に置いておきたい名言 どんな時でも忘れたくない心が詰まった名言を集めました。 時々、ふと思い出してください。 一対一のね。 そんなときにママを励ましてくれる名言です。 すべては考え方しだいでそうなるのです。 もし失敗を恐れていたら何もできません。 問題は失敗にあるのではなく、失敗したときどう対処したかにあるのです。 「今ここで、何かできることはあるのか」と。 ないのなら、ぐっすり寝ればいい。 (L・L・コルベルト/クライスラー元社長) 育児法に迷ったときにはこの名言! こんなとき、どうすれば良いの?と迷ったとき、ちょっと耳を傾けたい名言を集めてみました。 ぜひ参考にしてください。 苦しむのは、あなた自身です。 子供は「親のいう通りにはしないが、親のする通りにはする」からです。 パパとママの絆、愛こそが子供を幸せにすることを忘れてはなりません。 相手を信用しないと笑えないよ。 すなわち、相手を変えようとしないことだ。 (ジャック・シャルドンヌ/小説家) 喜びのヒントが見えてくるかもしれません。 『言霊』という言葉があるように、言葉にはそれを現実に変える力が宿っています。 まずは唱えてみてください。 子育中のママたちは、子供と過ごすかけがえのない毎日の中で、傍から見るといつも幸せそうに思われるかもしれません。 しかし、常に幸せで毎日に満足しているママはいないはず。 時には壁にぶつかり、苦しみ、泣きながら…それほどまでに、『人を育てる』ということは難しくもあり大変なのです。 だからこそ、その先に得られる喜びはかけがえのないくらい大きく、その喜びを得るために頑張ることができるのも子育ての醍醐味です。 そんな喜びに出会うため、壁にぶつかったら、これらの名言を思い出してみてください。 気になる言葉があれば唱えてみてください。 そこからヒントが見えてくるかもしれません。

次の

子供が見違える「短い声かけフレーズ10」 賢い親が繰り返し言う魔法の言葉 (3ページ目)

子供 が 幸せ に なる 言葉

幸せな人が口癖にしている魔法の言葉 運が良くなる魔法の言葉とは「ツイてる」です。 何もない普通の時でも、口ぐせにしてみて下さい。 なぜかツイていることが起きます。 初めはよく観察してないと見逃してしまいそうになりますが、注意して観察してみて下さい。 ちょっとでもツイてることがあったら、さあ言いましょう「ツイてる!」 そして ツイてると言うとまたツイてると言いたくなることが起きます。 これは運がいい人から聞いた話で、自分も試したら納得してしまいました。 何か良くないことに遭遇した場合、すぐにはツイてるとは言えないかもしれませんが、 よく観察するとツイていたことを発見できる場合が多いです。 それを発見したら言いましょう「これだけの被害で済んでツイてたな!」、もしここで「ツイてないなあ」などと言うと次はさらにツイてないことに遭遇するらしいです。 良い言葉を言う時は感情をこめて、さらに・・などと言う人もいますが、 機械的に言うだけでも効果は同じだそうです。 自分を信じる言葉 普通の人は「どうせ私なんか」とか「私にはできっこない」などと言う自己否定をするようなつぶやきや考えをしがちです。 しかし、何かやる時、行動しようとするときは根拠なんかなくていい、気持ちを込めなくても全然いいので、必ず自分を信じる言葉をつぶやくようにしましょう。 「私は運がいい」「私はツイてる」「私ならできる」などと言った、自分を信じる言葉をつぶやくのです。 機械的に繰り返しつぶやくだけでも、身体や脳、心が頼もしく反応し始めると思いますので、ぜひやってみて下さい。 私はこれで、何度も不思議なgoodな体験をしています。 みんながうれしくなる言葉 私たちは毎日、職場の人たちや友達、家族など、いろいろな人と会話をしています。 その人たちとの会話の中で、普通の人は自分の感情をストレートに口にします。 裏表がなくてよさそうですが、大抵はマイナスな言葉、気持ちが暗くなる言葉を多用していることが多いですよね。 そうすると自分だけでなくまわりのいろいろな人の気持ちを暗くしてしまいます。 気持ちが暗くなれば、運も・・ 例えば、「まずい!もっとおいしいものが食べたい」とか「疲れた」、「ツイてないんだよ」また、相手の気にしているマイナスなことを言ったりなどは人の気持ちを暗くします。 みんなが明るくなる、うれしくなる言葉を使うようにすれば、場が明かりくなり自分の運も、まわりの人の運も良くすることが出来るようです。 自分の運を良くするのも大切ですが、人の運を上げてあげるような言動はもっと大切です。 それが出来れば自分の運はもっと良くなるそうです。 感謝の気持ちを伝える言葉 「ありがとう」「感謝してます」はかなりパワーのある言葉らしいです。 私も職場でいろいろな壁にぶち当たった時、この言葉で乗り切りました!? 一人になった時、トイレやお風呂の時、「ありがとう」とつぶやくようにしました。 ある人が呪文などは1000回言うと効果があると言っていたような気がしましたので、毎日1000回以上「ありがとう」とつぶやくことにしました。 すると本当に効果を実感する出来事が続発し・・不思議なラッキーな体験をすることになりました。 この体験から、今でも一人になった時は、「ありがとう」などプラスの言葉をつぶやくのが口癖になっています。 また、こうすることにより、「ツイてない」とか不平不満の言葉を言わないようにする効果もあるので、いいんですよ! さらに、「ありがとう」は自分で言うのもいいのですが、人からありがとうと言われるような言動をし「ありがとう」と言われたら、自分で「ありがとう」と言う時はそれで1回分ですが、人から言われた時は10000回分に相当するらしいです。 そして、1日4回?人から「ありがとう」と言われたら、さらにいい運になるとか。 それは、運が良くなる言葉を使う。 口癖になっていて普通にいつも使っているようです。 運が良くなる言葉とは、ここまでお読みのあなたならもう想像がつきますよね! そうです!プラスの言葉(例えば、愛してます・ツイてる・うれしい・楽しい・感謝してます・しあわせ・ありがとう・許します~斎藤一人さんの天国言葉より)を使うということです。 プラスの言葉にはプラスのエネルギーが、多くの人が使うマイナスの言葉にはマイナスのエネルギーが発せられるということ。 因果応報って聞いたことありませんか? 自分が発したものは自分に返ってくる。 プラスのエネルギーを発したらプラスのエネルギーが、マイナスのエネルギーを発したらマイナスのエネルギーが自分に返ってくるということ。 すぐに返ってくることもあるし、忘れたころに返ってくることもあるそうです。 そして、 幸せな成功者や幸せな大金持ちたちは、当然プラスのエネルギーを発しまくっているので、返ってきたプラスのエネルギーを浴びまくる人生。 幸せにならないわけがありませんね。 ここが多くの人たちと違うところらしいです。 普通の人は、つい、気付かないうちにマイナスの言葉を言ってしまう・・ 運を良くするおまじないを口ぐせに 外国のある大実業家の言葉に「幸福の芽は良好な人間関係の中から芽生える」というのがあります。 では、良好な人間関係を築くにはどうすればよいのか気になりますよね。 それはこの言葉を口ぐせにするといいらしいです。 「どうぞお先に」という言葉。 いつもせかせか急いでいる人、余裕のない人などにあまりいい運の人がいないと思いませんか? そうではなく、「どうぞお先に」というような心と行動に余裕を持ち、例えば、相手に道を譲ったりすれば、譲られた人は、大抵笑顔で「ありがとう」と言います、百歩譲っても笑顔だけは返すと思います。 (返さない人もいると思いますが・・) そうするとお互いいい気持になるはずです。 また、 この言葉をおまじないのように使っていれば、心に余裕ができチャンスにも気づきやすくなり、自分も周りの人も笑顔になることが増え、その結果として運が良くなるということではないでしょうか。 運を良くするおまじないは科学的? 人は 脳から出る神経伝達物質のドーパミンが分泌された時、幸せを感じるそうです。 例えば、先ほどのように「お先にどうぞ」と人に道を譲った時、相手から「ありがとう」と言われた時なども快感や達成感を感じドーパミンを分泌し、幸福感を味わったりするようです。 そして、さらなる快感や幸福感を味わいたいと次の行動のモチベーションが高まり・・と言った好循環につながり、さらに運が良くなっていくということではないでしょうか。 また、自律神経系は人から「ありがとうと」言われた時と、自分で「ありがとう」と言った時の区別が出来ないそうです。 習慣て恐ろしいですね。 いつも気づかないうちに自動的にやってしまっていますもんね。 今後の人生を良くするためにも、プラスの言葉を口癖にするとか、正しい習慣を身につけなければと改めて考えさせられました。 ここまでの話を信じるも信じないも自由です。 あなたはどう考えますか? 最後までお読みいただき、 ありがとうございました。 感謝しています。

次の

幸せを呼び込む魔法の言葉

子供 が 幸せ に なる 言葉

即興のあそびうたの効果 即興で作るあそびうたは、発達障がい児の内なる言葉を引き出します。 この時期、ほわほわのわたげをつけているたんぽぽを道端で見かけます。 たんぽぽには、強い生命力を感じませんか? ひとつのたんぽぽには200個のタネがついています。 子ども達に、たんぽぽをわかりやすく説明している絵本を読みます。 すごいねー。 きれいだねー。 読み手の感動を、そのまま伝えるように絵本を読みます。 そして。 子ども達のたんぽぽの話しを聞いて生まれた言葉を、マジックボードに書きます。 そして。 私の弾く電子ピアノの伴奏に合わせて、メロディを子ども達が歌います。 そうして、できた曲が、みんなのたんぽぽのうたです。

次の