ヤマハ発動機 売上。 2021年に売上高2兆円、営業利益率9%、ヤマハ発動機らしいソリューションで

事業別売上高

ヤマハ発動機 売上

バイクやマリンモーター事業、電動自転車パスなどを展開する、ヤマハ発動機、2019年12月期までの通期本決算の業績の推移や財務を紹介します。 公開された財務諸表の数字を、5つのグラフと表で分析。 最後に、売上、利益、総資産、保有する現金と有利子負債(借金)、利益剰余金(内部留保)を、同じ縮尺(スケール)で作成したグラフで、会社の決算と規模をわかりやすく視覚的にご確認いただけます。 このサイトが、あなたの株式投資や企業分析、就職転職活動などに役立てば幸いです。 (日本方式での会計基準。 項目によって公開されていない場合もあります) Contents• 会社計画(予想)と決算情報 2020年12月期の会社計画(予想) 金額 売上高(収益) Net sales (Revenues) 1兆7,600億円 営業利益 Operating income 1,230億円 経常利益 Ordinary income 1,280億円 親会社の所有者に帰属する当期利益 Net income attributable to owners of parent 800億円 2020年2月発表の決算短信、業績予想より 企業情報 Company profile• 会社名 ヤマハ発動機株式会社 Yamaha Motor Co. , Ltd. 設立年月日 1955年(昭和30年)7月1日• 本社所在地 静岡県磐田市新貝2500• 代表者 代表取締役社長 日髙 祥博(総額 1億8,300万円)• 資本金 859億5百万円(2019年12月末現在)• 従業員数 ヤマハ発動機(株)連結会社計:55,255人(2019年12月末現在) ヤマハ発動機(株):10,567人(2019年12月末現在)• 平均年間給与 745万6,224円(2019年12月31日現在)• 3億円 営業利益率 Operating margin ratio 6. 9% 粗利益率(売上総利益率) Gross margin 26. 6% 売上原価率 Cost of sales ratio 73. 94% ROE(自己資本利益率) Return on equity 10. 07% 流動比率 Current ratio 176. 2億円 投資キャッシュフロー Cash flows from Investing activities -796. 6億円 財務キャッシュフロー Cash flows from financing activities -367. 6億円 フリーキャッシュフロー Free cash flow 194.

次の

事業別売上高

ヤマハ発動機 売上

84 単位:百万円 (1株当りの項目 単位:円)• 決算情報 ヤマハ発動機 7272 の決算発表情報。 前期実績・前々期実績と比較して増益・減益など企業の業績をわかりやすくお知らせします。 直近決算期:2019年12月期 連 【売上高】1,664,764百万円【当期純利益】75,736百万円【自己資本比率】46. 00 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の

ヤマハ発動機の売上高や利益、経営指標などの最新業績

ヤマハ発動機 売上

ヤマハ発動機の日高祥博氏 ヤマハ発動機は2018年12月11日、東京都内で記者会見を開き、2019〜2021年の中期経営計画を発表した。 「モビリティの変革」「ヤマハらしいソリューション」「ロボティクス活用」を注力領域と位置付け、技術の組み合わせや協業によって、新しい市場や技術の開拓を進める。 最終年度に売上高2兆円、営業利益1800億円、営業利益率9. 0%を目指す。 2018年の業績は売上高1兆6500億円、営業利益1430億円、営業利益率8. 7%を見込んでいる。 2021年度の売上高目標は、既存事業で3250億円、手掛けるモビリティの領域拡大や金融サービスなどの戦略的成長で250億円を積み増すことで達成する計画だ。 公表していた四輪の乗用車の開発は、一時凍結とすることも明らかにした。 ヤマハ発動機 代表取締役社長の日高祥博氏は「投入する地域や車両のタイプなどを検討してきたが、大量生産には難しさがあった。 また、投資の回収も難しいという判断になった。 普通の乗用車はいったんフリーズとなるが、複数のタイヤがあるモビリティの開発は今後も続く」とコメントした。 二輪、三輪から低速自動運転へ ヤマハ発動機の木下拓也氏 二輪車やRV、電動自転車などが対象となる事業分野「ランドモビリティ」では、中計の最終年度に売上高1兆3500億円、営業利益920億円、営業利益率は6. 8%を目指す。 今ある能力をアップデートしながら柔軟な経営を行い、モビリティの進化に対応した新領域へのシフトを進める。 先進国の二輪車事業では、構造改革や経費の改善による黒字転換が重点テーマとなる。 LMW(リーニング・マルチ・ホイール)製品の市場開拓や中大型車の販売強化により、ブランドをけん引する。 日米欧の先進国市場は、2009年のリーマンショック以降、収益が改善しきれていなかった。 日本は、これまで20万〜40万台を利益の出る台数として設定して生産体制を作っていた。 しかし、想定通りの需要が回復していないことから、16万台でも収益の出せる体制を目指す。 一方、成長が見込まれるASEAN市場向けは、フィリピンを伸ばす他、新中間層向けに注力して強い収益基盤を作る。 フィリピン、ベトナム、タイ、インドネシアの4カ国で2021年に売上高6999億円を目指す。 売り上げ拡大に対応して、ASEAN全体の生産拠点を最適化し、生産性向上を図る。 注力領域と位置付けるモビリティの変革に関しては、安心や快適が強みになるLMW製品をより幅広いユーザーに提供する。 LMW製品は既に「Tricity」「NIKEN」を発売している他、排気量300ccの「3CT」を展示会で披露した。 LMW技術に、低速で自律走行可能な「MOTOROiD」や、人型自律ライディングロボット「MOTOBOT」で培っている制御技術を組み合わせ、より安心快適な乗り物を提供していく。 また、電動自転車や車いす、スクーター、ゴルフカートなど、幅広い同社製品で蓄積した電動化技術は、高出力化と多用途展開を進める。 こうしたモビリティの変革への取り組みにより、ヤマハ発動機らしいソリューションとして低速自動運転システムにつなげる。 低速に絞ることで、インフラへの依存度や事故のリスクを抑え、低コストなラストワンマイルのソリューションとして普及させる。 高齢者や過疎地域が対象の移動システムや、人だけでなくモノも運ぶマルチユースに向けて開発を進めていく。 止まらない、不良が出ない、自律的な工場へ ヤマハ発動機の太田裕之氏 ロボティクス分野では、2021年に売上高1015億円、営業利益260億円を目指す。 工場の自動化加速や、新分野の精進化に貢献することがテーマとなる。 既存のサービスと市場に向けては、ソリューション強化に取り組む。 自動車向けに関しては、変種変量生産やトレーサビリティーへの対応に注力し、拡大を図る。 既存の市場に向けて新たに提案していくのは「工場丸ごと最適化」だ。 設備同士の連携や遠隔支援、自律制御などにより、「止まらない、不良が出ない、自律的な工場を実現する」(ヤマハ発動機 ロボティクス事業部長の太田裕之氏)という。 既存の製品を生かし、農業や医療といった新しい分野での自動化にも取り組む。 農業向けでは、産業用無人ヘリコプターのノウハウを生かしたドローンを発売。 医療向けには表面実装機の技術で細胞を1つ1つより分けることが可能な細胞ハンドリング装置を開発する。 これは医薬品の開発期間短縮につながる。 UGV(Unmanned Ground Vehicle)や無人ヘリを物流に応用することも検討している。 こうした取り組みの中で、NVIDIAと共同開発する知能化プラットフォームも取り入れていく。 ロボティクスの次世代の成長を支える基盤の強化として、人工知能(AI)を使ったピッキング技術、マシンビジョン、リニアモーター、自律的な飛行、走行、航行といった内製技術の向上も力を入れる。 また、ヤマハ発動機は、中計の発表と同日に、自社ファンドを米国に設立したと発表した。 アーリーステージのベンチャー企業への投資を加速する。 運用期間は10年間で、総額1億ドル(約113億円)を運用する。 パーソナルモビリティや都市交通、航空、農業や医療の自動化技術などを対象にする。 関連記事• ヤマハ発動機は、取締役会において代表取締役の異動を決定した。 2018年1月1日付で代表取締役社長 社長執行役員に日高祥博氏(ヤマハ発動機 取締役 上席執行役員 企画・財務本部長)が就任し、社長の柳弘之氏は代表権のある会長を務める。 ヤマハ発動機がIoTやAIに代表されるデジタル戦略を加速させようとしている。 このデジタル戦略を推進しているのが、インテル出身であり、同社唯一のコーポレートフェローでもある平野浩介氏だ。 平野氏に、ヤマハ発動機のデジタル戦略について聞いた。 ヤマハ発動機は、研究開発中の製品群の自動化や知能化に向けてNVIDIAと協業する。 今後は、NVIDIAの組み込み機器向けGPUコンピューティングシステム「Jetson AGX Xavier」などを用いて、あらゆる製品に展開可能な「万能型の知能化プラットフォーム」を構築する方針だ。 国土交通省は2018年11月14日、福井県永平寺町において、1人の遠隔ドライバーが2台の遠隔型自動運転車を運用する実証実験を行うと発表した。 1人の遠隔ドライバーが複数台の自動運転車を運用するのは「世界初」(同省)だという。 期間は同月19日から。 自転車歩行者専用道「永平寺参ろーど」の一部区間2kmを利用して運行する。 地域住民や観光客に体験してもらい、自動運転サービスのニーズや受容性を調べる。 ヤマハ発動機は2018年10月26日、農業用ドローン「YMR-08」を2019年3月から発売すると発表した。 ヤマハ発動機と台湾の二輪車メーカーGogoroは2018年9月11日、台湾市場向けの電動スクーターに関する協業の検討を開始したと発表した。 協業の対象は、電動スクーターの開発と生産委託、バッテリー交換システムの共用で、2018年内の正式契約を予定している。 エンジン車も含めて台湾市場向けのラインアップを拡充する。 ヤマハ発動機は2018年8月31日、東京都内で会見を開きバイオベンチャーのイーベックに5億円を出資すると発表した。 ヤマハ発動機が医療分野のベンチャー企業に投資するのは今回が初めてとなる。 ヤマハ発動機は中期経営計画で成長戦略の1つとして掲げる「ソリューションビジネスへの挑戦」を加速させる。 イーベックに対するヤマハ発動機の出資比率は23%で、筆頭株主となる。 関連リンク•

次の