麒麟 が 来る 原作。 麒麟がくる大河ドラマあらすじネタバレ!原作との違いを解説

麒麟がくる原作ネタバレ!結末はオリジナルになる!?

麒麟 が 来る 原作

「麒麟がくる」は脚本・池端俊策氏のオリジナル作品 まず、2020年大河ドラマ「麒麟がくる」には原作はありません!脚本を担当する池端俊策氏のオリジナル作品となります。 最近の大河ドラマは原作なしの作品が多く、「麒麟がくる」もこの形ですね。 なので原作小説はある?みたいな思わせぶりな記事は見るだけ無駄だと思っておいて下さい。 よく見かけるので(笑 しかし、事前に見ておくとより「麒麟がくる」を楽しむことができるはず!という作品はいくつかあるので、以下にそんなおすすめ作品をまとめてみました。 麒麟がくると併せてチェックしておきたい作品8選 麒麟がくるドラマガイド前編(1) リンク 司馬遼太郎氏の「国盗り物語」は「麒麟がくる」とほぼ同じ時代を描いた小説なので、おおよそのストーリーを予習するのにもってこいの作品です。 ちなみに国盗り物語は小説だけでなく、1973年には第11作目の大河ドラマとしても放映されてますね。 国盗り物語の主人公は斎藤道三・織田信長・明智光秀の三人。 前半は斎藤道三が主人公、後半は織田信長が主人公となってますが、後半に関して言えば光秀視点の部分も多く、実質ダブル主人公という感じで話が進行します。 ですが野心的な部分だけじゃなく、老いて行くと共に変わっていく姿も描かれていて人間味も感じさせます。 そんな道三の異なる側面から多くのことを学んだ信長と光秀が主従関係となり、天下統一へと突き進んでいくわけですね。 現在では親子2代で行われた事が分かっている道三の「国盗り」が一人の功績として描かれていたり、軍記物のエピソードをふんだんに使っているので史実を知るには向きませんが、物語として非常に面白いので読んだことがないなら必読の作品です。 織田信長(山岡荘八) リンク 「国盗り物語」と併せておすすめしたい作品が山家荘八氏の「織田信長」です。 こちらは信長が主人公で、幼少時代から本能寺の変で討たれるまでの一生が描かれます。 もちろん明智光秀も登場しますが・・・ とりあえずこの作品は信長と濃姫のキャラクターがめちゃくちゃ面白いです!特に青年期の信長のお茶目な感じがたまりません。 個人的にはこの信長のキャラクターが凄く好きなんですよね。 「国盗り物語」の信長は完全にサイコパスなのに対し、こちらの信長は実に人間味があります。 そんな信長に振り回され、疑心暗鬼に陥り、最終的には謀反を起こすことになる光秀がかなり気の毒ではありますが(汗 楽しみながら歴史に触れたいって方には実にちょうど良い作品です。 豊臣秀吉(山岡荘八) リンク こちらも同じく山岡荘八氏の小説ですが、主人公は秀吉です。 農民時代から始まり、天下を取って亡くなるまでの秀吉の一生が描かれますが・・・やっぱり山岡荘八氏の描く秀吉が面白いので楽しみながら読める点が魅力ですね(笑 あんまりこういう歴史物の小説を読んだことがないって方も楽しめる作品です。 ちなみに。 この作品をおすすめしたのには他にも理由がありまして。 実はこの作品、光秀が山崎の戦いで討たれずに生き延び、天海となった設定でストーリーが展開します。 なので山崎の戦い後も光秀(天海)が登場し、秀吉の天下統一に裏から手を貸す姿が描かれるんですね。 明智光秀・秀満:ときハ今あめが下しる五月哉(小和田哲男) リンク 「麒麟がくる」で時代考証を担当している小和田哲男氏の著書です。 小和田氏は過去にも大河ドラマの時代考証に何度も参加されてる方ですね。 そんな小和田氏の明智光秀をテーマとした著書なので、「麒麟がくる」のストーリーにもある程度の影響はあるかもしれません。 特に本能寺の変を起こした理由・経緯などについては小和田氏の考えも多少反映されるのではないか?と個人的には予想もしてまして(笑 そんな意味でも読んでおくとより「麒麟が来る」を楽しめるんじゃないかな?という感じ。 本書では平成30年あたりまでの最新の研究結果も踏まえ、明智光秀の出生や信長に仕えるまでの経緯、信長に仕えてからの行動や本能寺の変に至る経緯、そして明智光秀の人物像など、明智光秀に関する「定説」としてよく聞く情報がまとめられています。 明智光秀に関する書籍も多いですが、光秀に関する基本的な情報を一通り知っておきたいという方におすすめって感じですね。 ちなみに題名が「明智光秀・秀満」となってますが、秀満に関してはあまり記載はありませんでした(笑 天下人の父・織田信秀 — 信長は何を学び、受け継いだのか(谷口克広) リンク 「夏目漱石の妻」は「麒麟がくる」と同じく池端俊策氏が脚本を担当し、夏目漱石役として長谷川博己が登場します。 言うまでもありませんが長谷川博己は「麒麟が来る」で光秀を演じますね! つまり池端俊策と長谷川博己が関わる映像作品なわけで、「麒麟が来る」がどんな雰囲気の作品になるか?イメージする材料にもなりうるって事ですね。 作品そのものは夏目漱石の妻・鏡子が主人公で、時代も明治なので時代そのものは重なりませんが、2016年と最近の作品ですし、池端俊策氏の作品に触れてみてはいかがでしょうか? ちなみに夏目漱石の妻はNHKオンデマンドで視聴可能。 NHKオンデマンドはU-NEXT経由で申し込みが可能です。 U-NEXTは31日間の無料期間があるので、無料期間を利用して見放題作品を視聴することも出来ます。 リンク 「太平記」は1991年、29作目の大河ドラマとして放送された作品で、池端俊策氏が脚本を担当しました。 池端俊策氏が大河ドラマの脚本を担当するのは太平記以来なので、池端氏の作品を知る上で欠かせない作品と言えますね。 ちょっと全て見るのには時間がかかりますが(笑 太平記は大河ドラマでも珍しい鎌倉時代末期から南北朝時代が舞台。 主人公は足利尊氏です。 この時代を描いた大河ドラマは後にも先にもこの作品のみで、大河ドラマの中でも名作と言われることが少なくありません。 完全版DVDも販売されていますが、レンタルで全話見てみるのも良いですね。 まとめ というわけで「麒麟がくる」を見る前にチェックしておくとよいおすすめ作品をまとめてみました! とりあえず、「国盗り物語」を読んでおけばざっくりとした時代の流れは予習できるんじゃないかな?という感じですね。

次の

麒麟がくる原作ネタバレ!結末はオリジナルになる!?

麒麟 が 来る 原作

麒麟がくるは、 完全オリジナルストーリーです。 完全オリジナルの物語ですが、 織田信長、 羽柴秀吉(豊臣秀吉)、 徳川家康は戦国時代に実際に実在した人物ですので、歴史書などを参考にしながら人物像を忠実に描くと思います。 戦国ファンにはたまらない 天下統一を目指した3人の武将の物語なので、誰もが聞いたことのある戦いや、戦国最大のミステリーと言われた本能寺の変、さらには秀吉の有名な政治など、戦国・江戸時代での3人の活躍が描かれるのではないでしょうか。 歴史といえば、難しいというイメージが強く、抵抗のある方も多いですが、ドラマだったら楽しく学べるのではないでしょうか。 戦国時代で起きた事には、色々な説があり、特に 本能寺の変に関しては、多くの説がありますので、このドラマでどんな風に描くのか楽しみです。 また麒麟がくるの麒麟は、中国の神話に出てくる 霊獣ですので、麒麟がくるというタイトルから、麒麟がどこかで登場するのではないかと思います。 1990年 忠臣蔵• 1991年 太平記• 2009年 僕の妹• 2014年 足尾からきた女• 2001年 聖徳太子• 2016年 夏目漱石の妻• 2017年 破獄 どれも名作で、歴史好きなファンからは絶賛の声が上がっています。 池端さんが担当されたドラマはどれも趣があり、ドラマを通して歴史を味わえる作品な印象を受けます。 聖徳太子が放送された当時、毎回拝見していましたが独特の世界観で、引きこまれすぎて匂いさえ感じられるようなそんな体験をしたことを今でも覚えています。 今回のドラマは、 天下統一を目指す戦国三英雄の物語ですので、池端さんも歴史書などを見ながら当時の雰囲気を大事に作られると思いますので、また引き込まれるような物語が見られるのは、とても嬉しいです。 日本史の本は、難しい内容のものばかりですが、今回のこのドラマでは分かりやすく当時の歴史の流れが描かれていると思いますので、 日本史を勉強中の学生さんや歴史好きな方は必見ですね! 楽しみ!という声がTwitterで多く上がっています。 麒麟が来るって、本能寺の変をどう描くか楽しみ— 日々是決戦だぞーん zone56561 おはようございます。 今年の大河ドラマ「麒麟がくる」がかなり面白そう!キャストも豪華だし、久々の戦国時代だから見るのが楽しみ。 もうこれは一話から最終話まで録画するしかいね。 — hiromasa masakon128 PR見ましたが、それだけでぐっと胸にくるものがありました。 長谷川博己のかっこよさと戦争のない世をという光秀さまの思いが切なくて。 来年の大河終盤は号泣してるに違いないと思わされました。 期待度が増しました。 NHKさん、役者の皆さま、楽しみにしてます!— にこ NIKO14639964 太閤全盛期より関ヶ原よりこのへんの時代が好きで、しかも信長に限りなく近い人間ばかりだから楽しみで仕方ない。 信玄公たくさん出るといいな… — ナツキ シノブ アマビエスタンプリリース ntksnb 中には、武田信玄や真田幸村など 3武将以外の戦国武将も登場してくるのではないかという声もあります。 個人的には、濃姫や浅井長政、柴田勝家などが登場するのではないかと思います。 スポンサードリンク 麒麟がくるの結末を予想! 歴史の通りならば、最後は家康が天下統一! 歴史の通り、忠実に行くのであれば、最終的な結末は 家康が天下統一を果たすという内容だと思います。 その前にも、織田信長の天下統一への道や、本能寺の変、そして信長死去後の秀吉の政治での活躍など、色々と展開が多いですので、最終回で徳川家康の半生を描くのではないでしょうか。 まさに歴史こそがドラマの連続ですので、見ごたえはかなりあると思います。 信長や秀吉、家康がどのような半生を過ごしたのか気になる方も多いですし、ドラマだからこそ戦国武将たちの生き様や日常を表現できるのではないでしょうか。 私たちは、後に書物に書かれた歴史書などで戦国時代を知っていますので、実際のリアルな戦国はどんな世界だったのか、どんな日常があったのかこのドラマを通して知りたいなと思いました。 戦国は特に、色々な乱世が起き様々な戦いが勃発し、たくさんの事件があったので、忠実な物語でも、毎話楽しめると思います。 まさに飽きないドラマになりそうですね! 歴史とは違う物語の可能性も!結末はオリジナル? 忠実に再現する部分は再現して、半分は オリジナルのストーリーが入ってくるかもしれません。 例えば、最終回で信長、秀吉、家康が並ぶシーンで終わるとか、歴史には存在しなかった架空の武将が登場するなどの展開が予想できます。 確かに忠実に再現するのも、それはそれで見ごたえがあり楽しめると思いますが、オリジナルのストーリーが入ることでドラマにいい盛り上がりが出来て、さらに楽しめるのではないかと思います。

次の

麒麟がくる

麒麟 が 来る 原作

ドラマの主人公は戦国の智将と呼ばれた明智光秀です。 光秀の前半生は謎が多いのですが、その光秀をどんな感じで描がいていくのかこれからが楽しみですよね。 ^^ なので原作本も知りたいですし、ドラマのあらすじの違いなんかも知りたいですよね。 そこで、ドラマの元(原作)となる小説はあるのか? あらすじも紹介していきますね。 「麒麟がくる」原作となる小説はある? 本日の戦利品。 歴史人 1月号。 明智光秀カレンダー入手😁 — 尾参遠州候。 owarihatsumono 物語は、先が見えない時代の中で常に希望をもって生きている明智光秀と有名な武将たち年若き頃の青春時代から描かれるエネルギッシュな群像劇となっております。 なので、従来の反逆者のような定説を覆す新たな明智光秀像が観れます。 ただ、原作となる小説や漫画本はないみたいです。 最近は、人気小説や人気漫画などを題材にしたドラマがテレビなどで放送されていますが、今回の大河ドラマは、数々の有名なドラマの脚本を手掛けた方が自ら書いた完全なる オリジナルストーリーのようです。 したがって、 原作本がないので、違いを解説することはできませんが、 制作側は今回のドラマについて• 戦国動乱期からの壮大な叙事詩ドラマ• 主人公明智光秀は少年時代から描く• 有名な武将たちは20代・30代から描く• 前半は青春劇• 斎藤道三は親子二代で息子からの視点で描く• 信長の中世的で保守的な部分を出しつつ、新たな信長像を描く 従来の大河ドラマよりも歴史の研究が進んでいるので新解釈を採り入れていくという人間ドラマになっていくようですね。 では、その作品の意図がつかめた時点であらすじはどんな流れになっているのでしょうか? 「麒麟がくる」あらすじネタバレ 応仁の乱後の1540年戦国初期の戦乱の中、 美濃の守護代土岐一族のなかでも 武士としては身分の低い美濃の牢人として生まれます。 美濃の斎藤道三に自身の勇猛果敢な性格、類いまれなる知力を見込まれ、道三の家臣として尽くします。 ある時、道三から「大きな世界と対峙することがおまえの使命だ」と諭され自分の生き方を問うことになります。 後に、主君道三が息子に討たれ、美濃を追われることになり、京に出ます。 そこで細川藤孝、足利義昭との出会いや 光秀の運命を左右する主君・織田信長とも対面することとなります。 後半生は織田信長に家臣として仕え尽くします。 そして、、、、あの 有名な出来事が起ころうとしています。。。。。。。 「麒麟がくる」脚本を書いた作者は? 今度の大河ドラマは明智光秀が主人公 池端俊策さんは90年の「太平記」の脚本家ですね。 もっくん主演のNHKドラマ「聖徳太子」もよかったなー。 信長ぶっさいくな人が演ればいいなあ。 「忍びの者」の若山富三郎みたいな・・・と思ったら染谷将太さん。 光秀といえば近藤正臣さんだなあ — 栗林佐知 KuribayashiS 麒麟がくる大河ドラマ『本能寺の変』後の明智光秀は天海になった? 日光東照宮 南光坊天海という家康の側近として、江戸幕府初期に朝廷・宗教政策 に深く関与した人がいますがこの人物明智光秀ではないか という説があります。 東照宮には明智の家紋の桐があり日光には 明智平の地名もあり天海の生年は不明ですが100歳以上の 長命だったようです。 従来の光秀の最後は『本能寺の変』を起こした後、謀反人として殺されてしまいますが 「麒麟がくる」制作発表の場で主人公明智光秀をを演じる長谷川博己さんがそのことについて意味深なことを言っておられましたね。 麒麟がくる大河ドラマあらすじネタバレ!原作との違いを解説まとめ しまった💦ジム行く気まんまんだったのに 家に一式忘れてきた💦 いやー 残念 残念 行きたかったなぁww 最近ハマっている漫画です めちゃ面白い 裏切り者ってイメージだったけど 明智光秀のイメージ変わった この漫画のままNHK大河ドラマやってほしいな — SAISAI saisai3131 いかがでしたか? 2020年麒麟がくる大河ドラマあらすじネタバレ!原作との違いを解説しました。 原作本はないので、ドラマとの違いは解説できませんでしたが、分かったことは、従来の反逆者のようなイメージの明智光秀ではなくもっと希望を持って生きている新たな明智光秀にしたい、戦国武将たちの青春群像劇もあるということなので、2020年1月からはじまる大河ドラマ「麒麟がくる」の放送を楽しみにしたいと思います。 そして、明智光秀に因んで小説や漫画本などがクローズアップされていますね。 ネットで検索すると、いろんな本がありました。 もしかすると、その中から大河ドラマ「麒麟がくる」に近い物があるかもしれませんね。 また、脚本家:池端俊策さんが描く明智光秀や英雄たちはどのように映っているのか? しかも明智光秀の最後も気になるところですね。 そして最後の最後で「麒麟」があらわれるかも。。。。。。 今回は、麒麟がくる大河ドラマあらすじネタバレ!原作との違いを解説をお届けしましたm(—)m.

次の