ストーリー質問。 【インスタグラム】ストーリー「質問」スタンプの使い方 回答・返信方法なども解説

Instagramのストーリーにタップして回答できる「質問」スタンプ

ストーリー質問

インスタグラムストーリーでは様々なスタンプが提供されています。 その中で投稿者の質問に対してフリーワードで回答できる質問スタンプがあります。 質問スタンプの種類は複数あって、アンケートのような選択式の質問スタンプとフリーワードでテキスト回答を募集できる質問スタンプがあります。 絵文字スライダーと呼ばれているのも質問スタンプの種類の一つですね。 今回は回答者にフリーワードでテキスト回答ができる質問スタンプについて使い方をまとめました。 質問スタンプの作り方や回答方法、そして質問に対しての回答を閲覧する方法などを解説してます。 また、フリーワードで回答できる回数や通知などの仕組みについても調査したので気になる方は参考にして下さい。 インスタストーリーで提供されているこれまでの質問スタンプは回答を選択させるパターンが一般的でした。 よくあるアンケートのように決まった回答を選択してもらうというやり方です。 しかし、今回解説している質問スタンプはフリーワードのテキスト回答なので回答者は自由に好きな文章や絵文字などを使って回答する事ができます。 また、この質問スタンプはストーリーを見た人に質問を募集する事ができる形になってます。 つまり、自分に対してストーリーの閲覧者から質問を集めるための機能として活用できるという事です。 だからこの質問スタンプを使う時のデフォルトの質問は『質問はありますか?』という質問になっているのです。 ストーリーを見た人から自分に対する質問を募集しているという状態ですね。 このスタンプは特に芸能人やインフルエンサーと呼ばれる有名人が活用できそうです。 芸能人に質問したい人は多いでしょうから。 逆に一般人であれば質問を募集するというよりもアンケートのようにフォロワーに質問するという使い方の方が使いやすいかもしれませんね。 そんな使い方ができる質問スタンプですが、実際に作り方や回答方法などを解説していきます。 いくつか試してみたところ、回答が表示される順番は回答された順ではなく関心度の高い順になっているようです。 つまり、足跡の表示順番と同じく、新しい順とかではなく自分との関連性や関心度が高い順番で回答の順番も変わっているようですね。 新しく回答した内容が右側や中に表示されたりしているケースがありました。 この辺りの仕組みはアップデートによって変更される可能性がありますが、とりあえず現状ではこのような順番になっているので注意しておきましょう。 その為、場合によっては自分のインスタグラムに反映してないというケースがありえます。 基本的にインスタのアップデートで使用できるようになっているはずですが、新機能などは使えるまでに多少の時間が掛かります。 使用できる人と使用できない人がいる場合や、アカウントによって使えるアカウントと使えないアカウントが存在するという事が結構多いです。 時間が経てば自動的に使えるようになっているという事がほとんどなので、質問スタンプがない場合や表示されない場合は少し待つしかないでしょう。

次の

【インスタ】ストーリー新機能!質問を募る&答えることができるスタンプが追加!『質問はありますか?』

ストーリー質問

インスタ 新機能の「質問」ってどんな機能? インスタのストーリーに新しいスタンプの「質問」が、2018年の6月28日頃に追加されました!「質問」は、インスタと連動して使えるとして大反響だった匿名質問アプリ「Saraha」のように、募集した質問にストーリーの中で返信することができる新機能です。 今回は待望のインスタ内に搭載された機能なので、「Saraha」よりも手軽に利用することができます。 今回はインスタの「質問」の詳細や使い方について徹底解説していきます。 質問を募集する方法 まずはストーリーを見てくれる人から質問を募集しましょう! 質問付きストーリーを投稿する ストーリーで質問を募集するために、いつものようにまずストーリーを投稿しましょう。 「質問マーク」をタップしましょう。 36文字まで入力する事ができます。 【相手の方の】他の人のストーリーに質問するには 質問を自分のストーリーで募集するだけでなく、他の人がストーリーに質問タグをつけていた場合は、質問文を応募してみましょう。 質問に回答すると誰かわかる? 質問に回答をすると、その人のユーザーネームが表示されるので、 質問投稿者にはバレてしまいます。 今のところ、回答者の名前を匿名にする機能はありません。 その人が ストーリーで回答に返信をする場合、ユーザーネームが表示される事は無いので、第三者にバレる事はありません。 しかし、後述しますが、ある方法を利用してストーリーで回答すると、ユーザーネームが表示されています。 それが嫌な場合は、相手に一言連絡を入れておくのが良いでしょう。 ストーリーで届いた質問を確認・返信(コメント)する方法 ストーリーで届いた質問は、通知が来ない為、自分で確認をする必要があります。 また、返信やコメントをする方法も2種類あり、相手や質問内容などに合わせ、変更する事ができます。 届いた質問を確認する 自分の設定したストーリーの募集に他のユーザーが応募すると、インスタに通知が届きます。 どんな質問が届いたのか、確認してみましょう。 確認の方法はシンプルで操作もしやすいです。 この画面に、「何食べたの?」など、回答が一覧で表示されるので、確認しましょう。 アクティビティから確認する ストーリーを開かなくても、1度に全て、質問の回答を確認可能です。 ホーム画面下部のハートアイコンをタップし、アクティビティを開きます。 画面上部に、質問に対しての回答が出るので、そこをタップすれば確認可能です。 ストーリーから確認でも、アクティビティから確認でも、どちらでも変わりありません。 好みの方法で確認してください。 質問の回答への答え方(ストーリー上で) 届いた質問に答える際、ストーリーでみんなにも見てもらえるように質問を返せます。 有名な人のインスタで、よく見たことがある返信方法だと思ってください。 質問に対しての回答が返ってきたら、返したい人の回答にある「返信」をタップし、画面下の「返答をシェア」をタップしてください。 そうすると相手の回答が表示されるので、写真を撮るか、フォルダから選び、背景の画像を選択します。 編集画面に移ったら、コメントを書いたり、スタンプを押して、再度ストーリーを送信しましょう。 相手に気付かせる、もしくはその人から送られてきた回答だよ、と見せたい場合は、上部のスタンプアイコンをタップし、「 メンション」というものをタップします。 回答が来た人のユーザーネームを入力し、回答の下や上にメンションをつける事で、回答者に伝わりやすくなります。 友だちが多いアカウントの場合は、ストーリー上で返信をするのが楽しいでしょう。 メッセージを送る 質問の回答に対し、相手に直接メッセージを送る事も可能です。 メッセージ入力画面になるので、文字を入力して送信すれば、回答に対しての返答を相手にDMで伝える事が可能です。 あまり他の人には見せられない、見せたくないなどの場合は、メッセージで返信するのが良いでしょう。 回答を確認したら、「返信」をタップし、「返答をシェア」をタップします。 背景の選択をしたら、編集画面で質問のボックスを画面の端の方に寄せます。 その状態で、画面上部の保存アイコンをタップしてください。 そしたら一度編集を終了し、そのストーリーを破棄します。 次に、もう一度回答画面に戻り、別の人の回答から「返答をシェア」をタップします。 ここで、左下のギャラリーから、背景を先ほど保存した画像にしてください。 すると、先ほどの回答を背景にし、別の人の回答を出す事ができます。 これを繰り返す事で、複数の人の質問に回答する事が可能です。 これで一度に答える際は、1つ注意があり、 背景の色を統一したい場合、最初に保存した画像の背景が全て元になります。 最後に塗りつぶそうとすると、先に保存した回答が全て塗りつぶされてしまうのでお気をつけ下さい。 この方法を利用すると、 回答者の名前が表示されません。 回答の確認画面で、「すべて見る」をタップします。 「返答」に、回答された答えが全て表示されるので、この画面をスクリーンショットで撮ってください。 ホーム画面に戻り、左上のアイコンからストーリーの作成をします。 左下のギャラリーから、先ほどスクショした画像を選択します。 これで後はコメントを入力するなどして投稿すれば完了です。 ただし、この方法だと 回答者の名前が出てしまいます。 インスタの「質問」の回答はみんなに見られるのか? ストーリーで「質問」に回答した場合、質問内容も回答内容も普通のストーリーと同様に、第三者からも見ることができます。 またストーリーに質問を応募する場合、「〇〇さんが回答内容をシェアする場合、ユーザーネームは表示されません」という断り文が表示されます。 これは質問を募集した側の方がストーリーを利用して返信をシェアする際に、そこに質問を応募した人の名前は表示されないという意味です。 そのため、ストーリーを見る第三者には質問を応募したのが誰なのかはわかりませんが、質問を募集した人にはだれが応募したのかわかるようになっています。 完全に匿名で利用したい場合は、メッセージ送信の方で、返信をしましょう。 編集後記 2018年6月26日に新しくインスタに搭載された質問機能をご紹介しました。 質問機能を使えば、ストーリー上でメッセージのやり取りができます。 質問機能をどんどん使うことでストーリー上にメッセージの履歴が貯まっていくので、最終的により楽しいストーリーが完成します。 ぜひ利用してみてくださいね!.

次の

【参加者募集中】アイリー★起業ストーリー質問 オンラインお茶会|カラーコーディネートオフィス・アイリー

ストーリー質問

インスタストーリー使ってる?質問機能や文字入れ、保存方法やURLリンクなど紹介!【2020年最新】 公開日時 : 2020-07-26 13:30 更新日時 : 2020-07-26 13:42 インスタの愛称で親しまれるInstagram(インスタグラム)。 この記事では気軽に投稿できるインスタのストーリー、その使い方について、投稿から保存・足跡の確認方法、ストーリーを見られたくない人にブロックせずにストーリーを非公開方法までを、画像付きで解説していきます。 この記事を読めば、インスタのストーリー投稿の基本がわかりますので、ぜひ最後までチェックしてみてくださいね。 Instagram ストーリーズとは? Instagram ストーリーとは、正確には ストーリーズという機能で、24時間限定で画像・動画を投稿する機能です。 ストーリーの投稿は写真なら1枚、動画なら15秒ごとに(4つに分割されますが、実質は最長60秒まで)投稿可能で、文字入れなどの 加工もインスタのアプリを使って直観的におこなえます。 ストーリーは24時間限定での公開ということもあって、気軽にその時に出会った素敵な料理・景色などにコメントを添えて、すぐにシェアできるのが魅力です。 公開が24時間限定なので、通常のインスタ投稿やTwitter投稿のように、いつまでも人に見られる状態で残ることがありません。 そのため、過去の悪意のない投稿が揚げ足をとられて炎上する心配もなく安心です。 『今』を気軽にシェアできるのが、インスタのストーリーです。 インスタのストーリーで写真・動画を投稿する方法! インスタのストーリーの投稿は、インスタのアプリから簡単にできます。 インスタでストーリーを投稿するには、ホーム画面でカメラアイコンをクリック、または画面を左にスワイプします。 上記の操作をすると撮影モードになり、撮影ボタン(画面中央下の丸いアイコン)を短くクリックで写真を撮影します。 長押しで動画の録画が可能です。 ストーリーでは、通常投稿と同じようにアルバムから画像・動画を選択することも可能です。 アルバムからストーリーに使いたい写真・動画を選ぶ場合は、撮影画面の左下のアイコンをクリックするとアルバムが開きます。 そこから使いたい写真・動画を決定後、左下の「ストーリーズ」をクリックすると投稿できます。 自分で投稿したストーリーがある場合、インスタのホーム画面上にあるストーリーズアイコンの枠が、レインボーの色付きに変化します。 とはいっても、これだけでは物足りないですよね。 ストーリーに投稿する 画像や動画に加工を行って、ストーリーを魅力的に仕上げていく方法を続いてご紹介します。 インスタストーリーは多彩な加工で自分なりにアレンジ! インスタのストーリーは、下記のような様々な加工が可能です。 ストーリーの加工について、簡単な使い方を解説していきます。 インスタストーリーの加工方法1:文字入れ ストーリーの写真・動画は文字入れでコメントを追加できます。 ストーリーに投稿する写真・動画を決めたら、投稿ボタンを押す前に画面右上の「Aa」をクリックすると、文字入力がスタートします。 「Aa」をクリックするとテキスト入力モードになるので、使いたいコメントを入力します。 コメントは、文字の位置・大きさ色などをさらに加工可能です。 【1】文字の位置を、左寄せ・中央・右寄せから調整できます。 【2】文字背景を選択できます。 【3】文字色をカラーパレットから選んで変更できます。 【4】スライダーを上下に動かすことで、文字サイズの変更ができます。 【5】フォントを変更できます。 画面上の波線アイコンをクリックで、手書き入力モードになります。 直接画面に描くことで文字やイラストなどが描けます。 手書き入力も様々な装飾が可能です。 【1】画面上のアイコンから、ペンの種類を変更できます。 消しゴム 【2】画面下のカラーパレットから色を選択できます。 インスタストーリーの加工2:GIFスタンプ ストーリーには GIF(アニメーション)スタンプを追加することも可能です。 投稿したい写真・動画を選択後、画面上の左から3番目のアイコンをクリックするか、画面を上にスワイプします。 アイコンの中から、GIFと書かれたアイコンをクリックすると、GIFスタンプの選択画面になります。 (ちなみにこの画面を下にスクロールしていくとすると、そのほかアニメーションではないスタンプも選べます。 使いたいGIFスタンプが見つかったら、クリックで選択すると、ストーリーにGIFスタンプを追加できます。 ストーリーに投稿する写真・動画を決めたら、GIFスタンプを挿入する手順と同じように画面上の左から3番目のアイコンをクリックか、画面を上にスワイプします。 アイコン一覧から、質問スタンプ(画像の赤枠部分)をクリックします。 画面上に、質問スタンプが開きます。 「質問はありますか?」の部分をクリックすると、質問文章を自由に変更できます。 画面上のカラーアイコンをクリックすると、質問スタンプの背景色が変更できます。 今回は山吹色にしてみました。 質問スタンプは、ドラッグで位置の変更。 ピンチアウトで拡大・縮小も可能です。 顔などが写っている写真など、質問スタンプと見せたいものがぶつからないように加工できます。 他にも2択のアンケートや、カウントダウン、ミュージックの埋め込みなど、たくさんの加工ができます。 ストーリーに慣れてきたらいろいろ使ってみましょう。 画面上部の検索欄から例えば「ハート」など言葉を打ち込んで、今の気持ちにぴったりなスタンプを探すことも可能です。 場所(位置情報)• @メンション• #ハッシュタグ• ミュージック• GIFスタンプ• アンケート• #チャレンジ• DMして• カウントダウン• 感情ゲージ• クイズ この下に、動的スタンプ以外にも多数のスタンプが続きます。 インスタグラムが用意してくれているスタンプのほか、アルバムから写真を引用して貼ったり、スマホの絵文字をスタンプとして貼ることもできます。 インスタストーリーの加工5:リンク・URLは追加できる・できない? ストーリーにはURLの追加も可能です。 ただし、ストーリーにURLリンクを追加するには下記のうち どちらかの条件を満たす必要があります。 認定バッジを手に入れる• フォロワーが1万人を超える インスタの認定バッジとは、アカウント名の横に青いチェックマークがついている状態を指します。 主に有名人や企業のアカウントが本人・公式であることを示すものです。 認証バッジを持っているとストーリーにURLの加工が可能です。 ストーリーにURLを貼れるようになるもう一つの条件は、 フォロワーが1万人を超えていること。 上記のいずれかの条件を満たしていないと、ストーリーにリンクの追加機能そのものが表示されません。 ストーリーにURLを貼りたい場合、一般人ならまずはフォロワー1万人を目指してみてください。 あなたがインフルエンサーになれる日も近いかもしれません! インスタストーリーを保存する方法 投稿後24時間で見れなくなってしまうストーリーですが、24時間経つと消えてしまうわけではありません。 インスタで作成し、シェアしたストーリーは自動的にインスタのストーリー アーカイブに保存されます。 ストーリーをアーカイブに保存するかはアプリで選択できるのですが、初期設定ではアーカイブに保存が設定されています。 そのため自分で変更していない限り、インスタアプリのプロフィールから確認できるアーカイブに過去のストーリーが保存されています。 インスタアプリ、ホーム画面下の自分のアイコンをクリックし、右上の横3本線のアイコンをクリックするとメニューが開きます。 一番上にアーカイブがあるので、ここから過去に投稿したストーリーの閲覧が可能です。 ただし、ストーリーの投稿を自分で削除してしまうと、アーカイブに保存されません。 アーカイブに保存されたストーリーは、アーカイブから再度投稿することも可能です。 端末にストーリーを保存する方法 ストーリーは 端末に保存することも可能です。 ストーリーを端末に保存するには、インスタアプリのプロフィール画面右上の設定アイコンをクリック。 メニューから、アーカイブをクリックします。 アーカイブの中から、端末に保存したいストーリーを選んで、そのストーリーを上にスワイプ。 インスタストーリーはリポスト(再シェア)も可能 ストーリーは、自分以外の人が投稿した、他の人にも見てほしいストーリーを リポスト(再シェア)することも可能です。 リポストというのは、他人の投稿したストーリーをシェアして投稿することを言います。 Twitterのリツイートのようなものと考えていいでしょう。 しかし、ストーリーのリポストはTwitterのリツイートと違い、だれでも簡単に拡散できるというわけではありません。 ストーリーをリポストするには、原則として そのストーリーに自分がタグ付けされていることが必要です。 自分がタグ付けされたストーリーは、ストーリーの画面上に「これをストーリーズに追加」というアイコンが画面上に表示され、そこから「自分のストーリー」に追加できます。 「自分のストーリー」に追加したストーリーは、通常の投稿同様に加工して投稿(リポスト)が可能です。 自分がタグ付けされていないストーリーは、外部アプリを使えば一応リポストすることはできるようです。 ただ、この場合外部アプリが必要になり、インスタグラム公式の使い方ではないうえに、元の投稿主の許可を得ているわけでもないため注意が必要です。 外部アプリを使ってリポストしたい場合は、よく考えてから使いましょう。 ストーリーは足跡機能で誰が閲覧したかわかる ストーリーには、誰が自分の投稿したストーリーを閲覧したかがわかる、 足跡機能が備わっています。 気軽なのが魅力のストーリーですが、その分親しい人にだけ見せたい顔というのもあります。 投稿したストーリーを誰に見られたか確認したい場合もあるでしょう。 ストーリーは投稿者当人であれば、 ストーリーを閲覧した人数、誰が閲覧したかを確認可能です。 足跡は48時間以上経過してしまうと、見れなくなってしまうので注意です。 足跡を確認するには、投稿したストーリーを開き、画面を上にスワイプします。 【1】目のアイコンの隣の数字が、閲覧した人の数です。 同じ人が何度も閲覧しても、このカウントは増えません。 【2】ここに閲覧した人のアカウントが表示されるので、だれがストーリーを閲覧したのか確認できます。 ストーリーを投稿したいけれど見られたくないユーザーがいる場合、「ブロックせずにストーリーを非公開」にすることも可能です。 インスタストーリーを見せたくない相手を「ブロックせずにストーリーを非公開」にする方法 インスタストーリーを他人に見られたくない場合、 ブロックするというのは一つの解決方法です。 しかし、インスタでブロックすると、相手にそれがバレる可能性は高いです。 職場の人・学校の友人などをブロックして相手にバレてしまった場合、非常に気まずい状態になるかもしれません。 ストーリーを見せたくないけど、ブロックはできない。 そういう場合は、特定のユーザーを選んで ストーリーだけを閲覧できなくすることが可能です。 インスタアプリで、右上のメニューをクリック。 開いた画面下部の設定をクリックします。 設定画面から、「プライバシー設定」をクリック。 プライバシー設定から「ストーリーズ」をクリックします。 「表示しない人を選択」の下にある人数をクリック。 表示された一覧の中から、ストーリーを公開しないユーザー(見せたくない人)を選択すれば、特定の人だけストーリーを非公開にできます。 同じようにストーリーを特定の他人に非公開にするには、もう一つ方法があります。 すでに投稿したストーリーを閲覧した人は、足跡機能で確認可能です。 足跡が残っているユーザーの中にストーリーを見せたくない人がいた場合、アドレス横の点が縦3つに重なったアイコンをクリックします。 「この人にストーリーズを表示しない」をクリックすることで、これから投稿されるストーリーをその人に対して非公開にできます。 ストーリーは上記の方法で、特定の人に対して非公開にできます。 ただし、外部アプリを使ってストーリーを見られてしまう可能性は0ではありません。 ストーリーはパソコンでも見れる?投稿できる?裏ワザあります! Instagramをパソコンで使う場合、ストーリーの 閲覧はアプリ同様に可能です。 しかし、ストーリーの投稿に関しては、普通の方法だとパソコンではできません。 パソコンからストーリーの投稿を行う場合、少々荒業ですが Googleクロームのデベロッパーツールを使います。 この方法を使うとパソコンから写真など静止画が投稿できるようになりますが、動画の投稿はできません。 パソコンでストーリーを投稿するには、Googleクロームを起動し、Instagramへログインします。 【1】クローム画面右上の点が縦3つに並んだメニューアイコンをクリック。 【2】「その他のツール」にマウスカーソルを合わせます。 【3】「デベロッパーツール」をクリック。 デベロッパーツールを起動すると、画面が下記のように変わります。 見えづらいですが、矢印先のアイコンにチェックを入れると、画面がスマホと同じ表示に切り替わります。 この後に、ページを再読み込みすると、パソコンのInstagramページがスマホアプリと同じ表示になり、 投稿機能も使えるようになります。 ただし、先述のように、パソコンから投稿できるストーリーは画像のみとなり、動画の投稿はできません。 また、画像ファイルも使えるものが限られています。 まとめ インスタのストーリーは、24時間限定で公開される投稿機能です。 ストーリーは、写真・15秒までの動画をコメント付きで、GIFスタンプ・質問・フィルターなどを使って簡単に加工できます。 ストーリーを見せたくない人にはユーザーのブロック機能を使わず非公開にでき、親しい人だけに限定公開することも可能です。 ストーリーの加工はインスタアプリだけで完結するので、これから初めてストーリー投稿をする人も、楽しみながらすぐに使えるようになるでしょう。

次の