メルセデス cla シューティング ブレーク。 ひと目でわかる! メルセデス・ベンツCLAシューティングブレークのすべて〈写真とスペックで見る最新コンパクトMercedes

CLAクラス シューティングブレーク(メルセデス・ベンツ)の中古車を探すなら【グーネット中古車】

メルセデス cla シューティング ブレーク

CLAシューティングブレークはメルセデス・ベンツが2015年から販売しているミドルサイズのステーションワゴンです。 わかりやすく解説するためステーションワゴンのカテゴライズとさせていただきましたが、ベンツが公表しているボディタイプはシューティングブレークあるいは4ドアクーペとなり、全高を抑えリアにかけて流れ落ちるようなハッチバックスタイルが特徴的な、位置付けとしてはスポーツクーペよりのステーションワゴンとなります。 シューティングブレークの起源は1960年代にまで遡り、当時イギリスで流行していた狩猟用にクーペとハッチバックを組み合わせた車が登場したことが始まりで、この車の名前にベンツがシューティングブレークを用いたことで再び脚光を浴びることとなったわけです。 なお CLAシューティングブレークは2019年にフルモデルチェンジを行っており、現在販売中の車両は2代目モデルとなります。 (2代目モデルはフルモデルチェンジ直後で市場に出回っている中古車がわずかなため割愛します。 ) 以下では CLAシューティングブレークの型式やグレード、簡単なスペックなど基本情報を説明したあとで、型式ごとの維持費の目安、中古車価格帯を紹介していきます。 6-2015. 11- ー 維持費の算出根拠 ー 維持費はすべて1年間の費用として算出しています。 また重量税と自賠責の支払いは車検と同時に行いますので、重量税、車検費用、自賠責は2年に1回の車検の際に発生する費用を1年分に按分した金額になります。 自動車税 自動車税は排気量によって異なりますが、初代CLAシューティングブレークはすべて同じ課税クラス(1500〜2000cc)に該当するため39,500円となります。 重量税 重量税は車両重量によって異なります。 その愛車、下取りに出すつもりじゃありませんか? 車を売却する場合にまず考えるのが販売店への下取りですが、• 車の適性売却価格がわからない• 販売店の査定が妥当か判断できない• 交渉が苦手で販売店の提案をそのまま受けてしまう といった方がほとんどのため 下取りでは買取価格が安くなりがちです。 ユーカーパックの愛車買取査定サービスなら、• 査定はユーカーパックや地域の提携業者の一回のみ• たくさんの業者と直接価格交渉する必要なし• 5000社以上の業者がオークション形式で競り合うため売却価格が高くなる といったメリットがあり、 交渉が苦手な方でも手間をかけずに高く愛車を売却可能です。 もちろん無料のサービスとなりますので、 下取りで『損』をしないためにも積極的に活用していきましょう。

次の

メルセデス・ベンツ CLAシューティングブレーク 価格・車種カタログ情報

メルセデス cla シューティング ブレーク

Contents• AMG CLA 45 シューティングブレークの概要 エクステリア AMG CLA 45 シューティングブレーク CLA 35 シューティングブレークとは違い、パナメリカーナグリルだ。 エアロも強化されているが、AMG A45ほどの過激さは無い。 車高を落としたワゴンはかっこいい 赤キャリパーはCLA 45 S シューティングブレークに装着される。 リアスポイラーは車のキャラクターに合わせて控えめ。 外観はCLA 35よりもアグレッシブです。 フロントはパナメリカーナグリルに変更されています。 しかしのような大型のスプリッターやスポイラーなどは装着していません。 インテリア CLA 45 シューティングブレークのインテリア 赤のコントラストが施されているが、Sモデルではこれが黄色になる。 インフォテイメントはMBUX。 AMG Performanceステアリングはナッパレザー仕上げ。 室内は人工皮革のARTICOとDINAMICAマイクロファイバーで仕上げられている。 スポーツシートおよびステアリングは、A45と同じものです。 インフォテイメントはすっかりおなじみとなったMBUXなので、音声認識でコントロールすることもできます。 ラゲッジスペース容量は505リッター(5名乗車時)ということで、流石の大容量です。 開口部の幅も旧型比で236mm拡大されており、荷物の積み下ろしがしやすくなっています。 シャシー AMG A45と同じく、 AMG TORQUE CONTROLによる左右後輪への選択的なトルク配分により、ドリフトモードが可能となっています。 シューティングブレークでドリフトしたら大迫力だと思いますが、実際にする人はいるのでしょうか。 ドリフトモードは「S」モデルか、AMG DYNAMIC PLUSパッケージ装着車に搭載されます。 フロントに追加されたアルミ製のせん断プレートやストラットタワーブレースなど、ボディ補強も万全です。 サスペンション形式はフロントがマクファーレンストラット、リアが4リンク式で、こちらの剛性も向上しています。 オプションでアダプティブ・ダンパーのAMG RIDE CONTROLを装着可能です。 パワートレイン ベースモデルは 387ps・480Nmを生み出す2. 0リッター・直列4気筒ターボエンジンを搭載しています。 「S」モデルも同一のエンジンですが仕様が異なり、 421ps・500Nmです。 1秒(Sモデルは4. スポーツカーも顔負けのパフォーマンスですね。 トランスミッションは8速デュアルクラッチの「AMG SPEEDSHIFT DCT 8G」です。 価格・発売日 価格も発売日も今のところ不明ですが、それほど間を置かずに発売されると思います。 米国では販売されないようですが、日本には導入されるでしょう。 最後まで読んでいただきありがとうございます。 以下の関連記事もぜひご覧ください。

次の

ベンツCLAシューティングブレークの評価や口コミは?乗り心地改善で快適に!?

メルセデス cla シューティング ブレーク

販売期間 2013年 - 5人 4ドア 5ドア 直4 1. W176型 および W246型 と基本的な構造を共有する。 ので発表されたである コンセプトスタイルクーペ とほぼ同じスタイルである。 生産工場は、Bクラスも生産するのケチケメート工場である。 システムは4MATICとなり、他のメルセデス車と同様だが、システムが違い、上級車種が駆動力を固定で四輪に分割するのと違い、CLAなどエントリーモデルには通常走行時はFFで走行し、駆動力が必要な場合に応じて後輪へも駆動力を分配するというシステムを採用している。 日本市場での販売 [ ] 2013年7月24日、日本仕様を東京にて発表(この模様は同大阪にも生中継された)。 キャッチコピーは「躍動する新しい感性」。 グレードはベースとなったAクラスとは異なり、「CLA180」「CLA250」「CLA250 4MATIC」、そしてのハイパフォーマンスモデル「CLA45 AMG 4MATIC」の4種となる(なお、「CLA250 4MATIC」・「CLA45 AMG 4MATIC」は同年秋より納車開始)。 同日、日本発売記念特別モデルとして、18インチAMGマルチスポークアルミホイールとクローム付ルーバーフロントグリルにハイグロスブラックを、ドアミラーとウインドライントリムにブラックをそれぞれ施すとともに、イエローとグレーのが鮮やかなネオンアートとした専用スポーツシートやブラックとイエローのコントラストが際立つ専用インテリア、自動緊急ブレーキで追突回避や被害軽減に寄与する「CPAプラス(緊急ブレーキ機能)」などで構成された「セーフティーパッケージ」を備えた「CLA250 Edition1」も同時発売された(ポーラーシルバー200台、コスモスブラック100台の計300台の限定販売)。 2015年4月14日、特別仕様車「CLA180 Edition Black」を6月上旬に250台限定で発売することを発表し、受注受付を開始。 AMGライン、ベーシックパッケージ、レーダーセーフティパッケージの3つのパッケージを標準装備したほか、ハイグロスブラックペイントを施した18インチAMGマルチスポークアルミホイール、ブラックドアミラー、ハイグロスブラックウインドウライントリム、クローム付ハイグロスブラックルーバーフロントグリルを装備し、カルサイトホワイトのボディカラーに黒のアクセントを配したデザインとした。 同年6月18日には、2代目にも設定されている、後席の居住性とラゲッジスペースを確保したモデル「CLAシューティングブレーク」を発表。 ルーフラインをリアエンドまで緩やかな曲線を描くように延ばすことによって後席にステーションワゴン並みの室内空間が与えられ、後席のヘッドクリアランスがCLAクラスよりも42mm拡大。 ラゲッジルームは通常時で495L(VDA方式)を確保するとともに、後席バックレストを倒すと通常時の約2. 7倍にあたる最大で1,354Lまで拡大。 また、一部グレードを除く全車にワンタッチ操作でテールゲートが自動開閉し、開口角度の調整も可能なEASY-PACK自動開閉テールゲートも採用。 さらに、張り出しの少ないフラット形状と後席バックレストを2:1の比率で前方に倒せる分割可倒機構も採用したことで乗員数や荷物の形状・大きさに合わせて使い分けができるようにした。 最新鋭の装備も充実しており、緊急ブレーキ機能の「CPAプラス」や「アテンションアシスト」を全車に標準装備したほか、「レーダーセーフティパッケージ」の設定や一部グレードを除く全車に「アクティブパーキングアシスト」を標準装備した。 また、発表と同時に特別仕様車「OrangeArt Edition」を発表。 「CLA250 Shooting Brake」をベースに、フランジ部にオレンジ塗装を施した専用18インチAMGマルチスポークアルミホイールをはじめ、内外装の随所にオレンジのアクセントを配したほか、レーダーセーフティパッケージを特別装備した。 さらに、カタロググレードには設定されていない、クーペモデルの「Mercedes-AMG CLA45 4MATIC」と同じ2. 0L直噴ターボエンジンである133型とパフォーマンス指向の四輪駆動システム「AMG 4MATIC」を搭載したメルセデス・AMGモデル「Mercedes-AMG CLA45 4MATIC Shooting Brake OrangeArt Edition」も併せて設定された。 「CLA250」は200台、「Mercedes-AMG CLA45」は110台の限定販売である。 なお、カタロググレード・特別仕様車共に同日から注文の受付を開始・6月下旬より発売を開始する。 同年11月26日には、「CLA250 SPORT 4MATIC Shooting Brake」と「Mercedes-AMG CLA45 4MATIC」を一部改良。 エンジン出力を向上し、「CLA250 SPORT 4MATIC Shooting Brake」は7PS 5kW 向上して218PS 160kW に、「Mercedes-AMG CLA45 4MATIC」は21PS 15kW 向上して381PS 280kW にそれぞれ強化するとともに、「CLA250 SPORT 4MATIC Shooting Brake」には2つのモードを切り替えることにより減衰特性を調整できる電子制御式油圧アダプティブダンピングシステムを、「Mercedes-AMG CLA45 4MATIC」には電子制御ダンピングシステムを搭載した「AMG RIDE CONTROLスポーツサスペンション」を新たに搭載し、オプション設定の「AMGアドバンスドパッケージ」には「AMGフロントアクスルディファレンシャルロック」を追加。 さらに、センターコンソールの操作でトランスミッションのシフトプログラム・エンジン特性(エグゾーストシステムを含む)・サスペンションの減衰特性・ステアリング特性・3ステージESP・ECOスタートストップ機能が連動して変化する5つのモードを備えた「AMGダイナミックセレクト」とマフラー内のフラップによりエグゾーストノートを切り替える「AMGパフォーマンスエグゾーストシステム」を標準装備した。 併せて、同年6月に特別仕様車で先行設定されていた「Mercedes-AMG CLA45 4MATIC」のシューティングブレークモデルとなる「Mercedes-AMG CLA45 4MATIC Shooting Brake」が新たに設定された。 2016年8月24日にマイナーチェンジ。 外観に最新のメルセデスデザインを採用し、フロントマスクにダイヤモンドラジエターグリルとLEDハイパフォーマンスヘッドライトを標準装備。 リアデザインはバンパーをエグゾーストエンドと一体化させ、LEDコンビネーションランプのデザインを刷新。 ボディカラーには新色の「カバンサイトブルー」を設定した。 ディスプレイを8インチワイドに大型化したほか、インストゥルメントクラスターの文字盤や赤い指針に新デザインを採用。 の「Apple 」との「」に対応し、のインターフェイスをCOMANDシステムにケーブルでつなぐだけでCOMANDディスプレイ上に表示・操作することが可能で、両社の機能も使用可能である。 また、グレード体系が変更となり、CLAは「CLA250」を廃止する替わりに「CLA180 Sports」を追加し、「CLA250 4MATIC」を「CLA250 SPORT 4MATIC」に改名。 CLAシューティングブレークは「CLA250 Shooting Brake」を廃止したことで、CLA・CLAシューティングブレーク共通のグレード体系となった。 2017年3月21日に90台限定の特別仕様車「Mercedes-AMG CLA45 4MATIC Racing Edition」を発表し、注文受付を開始した(4月上旬販売開始)。 「レーダーセーフティーパッケージ」はベースモデル同様に標準装備される。 ボディーカラーは、「カルサイトホワイト」 51台)と「コスモスブラック」 39台)の2色を用意した。 なお、注文受付は正規販売ディーラーのAMGパフォーマンスセンターとAMGモデル専売店である「AMG東京世田谷」限定で行われる。 同年5月2日に、特別仕様車「CLA180 STAR WARS Edition」を発表し、注文受付を開始した(6月上旬販売開始)。 ボディカラーは「ストームトルーパー」をイメージした白系の「カルサイトホワイト」と「ダース・ベイダー」をイメージした黒系の「ナイトブラック」の2色を設定。 ボディカラー毎に外観や内装が異なっており、外観は「カルサイトホワイト」ではカタロググレードでは設定されていないブラックアクセントが設定され、「ナイトブラック」ではホイールにブラックペイント18インチAMGマルチスポークアルミホイールを採用した。 内装色は2色ともブラック(レザーDINAMICA)だが、「カルサイトホワイト」ではホワイト系のアクセントが、「ナイトブラック」はレッドのアクセントがそれぞれ配される。 各色60台ずつ・120台の限定販売である。 同年7月26日に一部改良を行った。 「CLA250 SPORT 4MATIC」はパノラミックスライディングルーフを標準装備し、ドアミラーやリアバンパー等をボディ同色からブラックに変更、ナビゲーションシステムとレーダーセーフティパッケージをオプション設定としたことで、車両本体価格を40万円値下げした。 また、「CLA180」と「CLA180 Sports」を廃止する替わりに、従来の「CLA180」にAMGスタイリングパッケージを装備し、内装を一部変更した「CLA180 AMG Style」と、270M20型エンジンを採用し、「MOExtended」を装備し、全モデルで唯一「AMGスタイリングパッケージ」が装着されておらず、ヘッドレスト独立型シートが採用されている(W246 Bクラスと同形状)四駆動モデルの新グレード「CLA220 4MATIC」を追加した。 また、全車にメタリックペイント「990 オリエントブラウン」 有料 を追加した。 4kg・m AMGスピードシフト 7速DCT(7G-DCT) Mercedes-AMG CLA 45 4MATIC Shooting Brake 2015年11月26日 - 2019年8月26日• 販売期間 2019年 -(日本) 5人 4ドアクーペ 5ドアシューティングブレーク ガソリン直列4気筒1. 4リットル ガソリン直列4気筒2. 0リットル ディーゼル直列4気筒2. 2019年3月8日、2019において、新型CLAシューティングブレークが発表された。 2019年4月5日、「Mercedes-AMG CLA 35 4MATIC」が発表された。 エンジンはM260型直噴2. 0リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンで、最大出力は306ps、最大トルクは40. 8kgm。 2019年6月5日、「Mercedes-AMG CLA 35 4MATIC Shooting Brake」が発表された。 日本市場での販売 [ ] 、日本仕様車のフルモデルチェンジが発表され、予約注文の受付が開始された。 納車はCLAは同年10月より、CLAシューティングブレークは同年12月より順次開始される。 キャッチコピーは、「それは、他の誰とも違う、 あなたを証明するメルセデス。 」である。 日本仕様車ではフルモデルチェンジ当初、CLA・CLAシューティングブレーク共通のグレード体系となり、日本仕様車では初設定となる2. 0L直列4気筒クリーンディーゼルターボエンジンOM654q型を搭載する「CLA 200 d」と2. 0L直列4気筒ターボエンジンM260型を搭載する四輪駆動モデル「CLA 250 4MATIC」の2種となる。 全モデルに液晶メーターとナビ画面が繋がったワイドディスプレイが標準装備される。 ナビ画面は、タッチパネル式となる。 周囲の交通状況に応じて、自動加減速とステアリングアシストを行う『アクティブディスタンスアシスト・ディストロニック&アクティブステアリングアシスト』やドライバーがウインカーを点滅させると、行き先の車線に車両がいないことを確認して自動で車線を変更する『アクティブレーンチェンジングアシスト』、ドアを開ける際、後方から自転車やバイク、人が近づくと警告灯や警告音で危険を知らせる『アクティブブラインドスポットアシスト(降車時警告機能付)』など、と同等の安全装置を備え、最高峰の安全性能を実現する「レーダーセーフティパッケージ」を設定した。 新世代インフォテインメントシステム「MBUX(メルセデス・ベンツ・ユーザー・エクスペリエンス)」を搭載し、AIを用いた音声認識を可能にした。 「Hey,Mercedes! (ヘイ、メルセデス)」(日本仕様は「Hi,Mercedes! (ハイ、メルセデス)」)で起動する優れた音声認識システムを備えており、自然な対話で、カーナビの目的地設定やエアコンの温度調節など、車両の機能をコントロールすることができる。 納車は12月以降開始される。 0kg・mの高出力・高トルク仕様となる2. 、、は、当初、日本仕様では使用できなかったが、Mercedes me Storeで権利を購入する事で使用出来るようになった。 2020年2月27日、日本仕様車に「CLA 180」と「メルセデスAMG CLA 35 4MATIC」の追加が発表され、予約注文の受け付けが開始された。 納車は各グレード共にCLAクーペは3月、CLAシューティングブレークは5月となる。 「CLA 180」は1. 3LエンジンのM282型に7速DCT(7G-DCT)を組み合わせたエントリーグレード。 「メルセデスAMG CLA 35 4MATIC」は前輪駆動アーキテクチャーモデルをベースとしたハイパフォーマンスグレードで、エンジンには既存の「CLA 250 4MATIC」と同じM260型を搭載するものの、最高出力306PS・最大トルク400N・m(40. 8kg・m)を発生する高出力・高トルク仕様となり、ねじれ剛性を強化するため、エンジンルーム下部に製のプレートを、アンダーボディ前部に2本のブレースを追加。 サスペンションにはフロントにマクファーソンを、リアはサブフレームを介してボディにリジットマウントされたマルチリンク式サスペンションを採用。 オプションの「AMGパフォーマンスパッケージ」を装着した場合は、セッティングが異なる3種類のサスペンション制御から選択可能な「AMG RIDE CONTROL サスペンション」となる。 また、全グレードに無償カラーとして用意されていた「ジュピターレッド」が廃止された。 2013年7月14日閲覧。 2013年7月14日閲覧。 PDF プレスリリース , メルセデス・ベンツ日本株式会社, 2015年4月14日 , 2015年4月16日閲覧。 PDF プレスリリース , メルセデス・ベンツ日本株式会社, 2015年6月18日 , 2015年6月18日閲覧。 PDF プレスリリース , メルセデス・ベンツ日本株式会社, 2015年6月18日 , 2015年6月18日閲覧。 PDF プレスリリース , メルセデス・ベンツ日本株式会社, 2015年11月26日 , 2015年11月26日閲覧。 PDF プレスリリース , メルセデス・ベンツ日本株式会社, 2016年8月24日 , 2016年8月26日閲覧。 PDF プレスリリース , メルセデス・ベンツ日本株式会社, 2017年3月21日 , 2017年3月23日閲覧。 PDF プレスリリース , メルセデス・ベンツ日本株式会社, 2017年5月2日 , 2017年5月2日閲覧。 PDF プレスリリース , メルセデス・ベンツ日本株式会社, 2017年7月26日 , 2017年7月27日閲覧。 レスポンス(Response. jp). 2019年6月29日閲覧。 レスポンス(Response. jp). 2019年6月29日閲覧。 レスポンス(Response. jp). 2019年6月29日閲覧。 レスポンス(Response. jp). 2019年6月29日閲覧。 MoTA 自動車ニュース(オートックワン) 2019年8月27日. 2019年8月27日閲覧。 webCG 2019年11月12日. 2019年11月12日閲覧。 Mercedes-Benz Japan.. 2019年11月27日閲覧。 Car Watch(インプレス) 2020年2月27日. 2020年2月28日閲覧。 外部リンク [ ]• メルセデス・ベンツ日本公式サイト• メルセデス・ベンツ日本公式サイト• ヤナセ公式サイト この項目は、に関連した です。 ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の