精神 障害 者 手帳 3 級 年金。 障害年金は精神障害者も受給できる? 1級,2級,3級の基本情報まとめ

障害者手帳について|厚生労働省

精神 障害 者 手帳 3 級 年金

現在、3級を保持しています。 長いので以下では「手帳3級」といいますが、よく混同されるのが3級と手帳3級です。 実は、これらは別々の制度では(旧)が、手帳は府県が運営しています。 全く関係がないわけではないのですが、運営母体が違うため、それぞれ別々に申請しなければもらえません。 障害状態になったからと言って自動的にもらえるわけではなく、わざわざ手帳であれば府県、年金であればに申請しなければもらえないことになっています。 年金の場合受給権も「申請してはじめて発生する」ものなので、たとえ老齢年金でも65歳になったら自動的にもらえるわけではなく、申請しなければなりません(そして、恐ろしく面倒です)。 今回は「手帳」の話です。 手帳には手帳1級、手帳2級、手帳3級の3段階があり、数字が小さいほど重い障害状態を表します。 私は現在、一番障害状態が軽い3級を保持しています。 他にもに付与される、に付与されるがあり、合計3種類の手帳があります。 3等級なのはだけの話であり、、にはもっと階級があり、しかも府県によって異なったりします。 だけは、全国統一で3等級になっています(しかし、こののちどこかの府県が気まぐれで3級を廃止したりと言ったことが皆無とはいえません)。 そして、3種の手帳のうちだけは差別されており、飛行機やJRの割引が受けられません。 と言うと真っ先にJR半額と思う人もいると思うのですが、だけは例外です。 一昨年くらいから、この格差を是正する動きが出てきて、一部のでそれまで差別されていたも同じく割引を受けられるようになってきていますが、相変わらず適用範囲は極めて狭いです。 最大のメリットは27万円の障害者控除を受けられること。 年収にもよりますが、例えば年収500万円だと年2万円ほどの節税になります(も下がるのでトータルではもうちょっと税負担が下がりますし、も若干安くなります)。 しかし、それ以外のメリットは乏しいです。 住んでいる自治体によっては地下鉄無料とか半額といったなかなか使いでのいいメリットがあったりするのですが、田舎の自治体の場合そういうのもあまりありません。 あまりにメリットがないので、手帳3級は取らない人も多いと聞きます。 障害者呼ばわりされて差別される割にはメリットがなさすぎるということです。 しかし、私はメリットはないことはないと思っています。 市営駐車場2時間無料とか地味なメリットを最大限活用しつつ、節税メリットも享受します。 そして、最大のメリットは失業したときに発揮されます。 障害者として求職する場合、ハロワのあのクソ長い行列に並ぶこともなく、2階の別室で個別対応を受けることができます。 障害者の雇用には企業にメリットがあるので(有り体に言うと、1年分の給料はハロワが払ってくれるので、障害者は実質タダで雇えるのです)割とすぐ見つかります。 まあ、私は経験ありませんけど、そういうものらしいです。 企業が雇いやすいのは、また別のメリットに秘密があります。 普通の人は、失業保険は一度給付を受けると、またまとまった期間(5年とか)働かないと給付期間が回復しませんが、なんと障害者は半年働けば360日の給付が復活します!(自己都合の場合3ヶ月の待機期間はある)なので、障害者は半年雇ってもらえたら、クビになってもまた1年失業保険がもらえるのです。 自己都合退職でも待機期間はあるものの、受給期間が短くなったりしません(健常者の場合、自己都合だと期間が短縮される)。 大企業が責任をもって雇ってくれるならあまり役立つことのないメリットなのですが、私は新卒で入社した会社(責任をもって雇ってくれそうな会社)を辞めて、に転職してしまったので、自己防衛のためこの手帳を入手しました。 もう一つのメリットがです。 前述のとおり、と手帳は別制度であり、直接の関係はないことになっています。 しかし、実際には年金3級を持っている人には半自動で手帳3級が付与されることになっています。 そして、を申請する書類には当然のように手帳の等級を記載する欄があり、もちろん手帳のコピーも提出させられます。 年金機構の内部を見たわけではないですが、手帳のコピーが付いていなければ当然審査にもいい影響を与えないだろうと私は思っております。 まあ、な水際作戦である可能性もありますが。 診断書(5000円〜7000円もする)の枚数や時間が余分に必要になりますが、ここでサンクコストを負えないような人には年金受給はおぼつきません。 もちろん、もらえないかもしれませんが、パチンコですったと思えば安いカネです。 もらえたらめっけもん、私はこれらの先行投資はことごとく取り返せて一安心でいま攻勢に出ようとしているところなわけです。 私はどういうわけかサラリーマンとして給料はもらっていますが平日の昼間にある程度自由に動けてしまうという身の上ですので、これらの手続きは全部自分でやりました。 恐ろしく面倒くさかったですが、やったかいはありました。 手帳2級は、家で過ごすくらいなら平気だけど外に出るのはちょっとキツイ・・・、と言った基準になります。 私の現在の病名「一型」であれば、基本的にはこの水準を軽くクリアするはずです。 最初の手帳申請時には医師が手加減して「」という軽い症状で診断書を書いたため、3級にとどまってしまいました。 まあでも、これはこれでよかったかなと思っています。 まだその頃は年収800万円弱もらっていましたからね・・・。 そして、今は年収も順調に下がってきたので2級は十分狙えると思います。 前職で「の末 解雇まがいに退職させられた」というエピソードは、かなり役に立ちます。 同じような境遇の皆さん、開き直りましょう。 人間、誰しも頑張れるときと頑張れない時があるように、頑張れる人と頑張れない人がいます。 頑張れない人は、頑張れる人に助けてもらっていいんです。 それが、人権というものなのです。 頑張れるのに頑張らない人ではなく、頑張れない人は、頑張れる人に守ってもらって当然なのです。 daibutsuda.

次の

精神障害とは? 手帳・雇用・年金まとめ

精神 障害 者 手帳 3 級 年金

精神障害者保健福祉手帳(障害者手帳)とは? ひとことで障害者手帳と言ったとき、精神障害者保健福祉手帳・身体障害者手帳・療育手帳をまとめて指すいることがありますが、このページでは精神障害者保健福祉手帳に絞って解説します。 精神障害者保健福祉手帳には、1級~3級までがあります。 障害の程度によって等級が定められ、それによって受けることのできる福祉サービスが異なります。 しかし、どの等級の方でも、社会参加や自立を促していく制度となっています。 例えば、利用できる福祉サービスには、バスや電車の運賃の割引、所得税や住民税の控除、就労時の優遇措置などがあります。 (サービスの種類は各自治体によって異なります) 手帳の有効期限は2年で、更新も可能です。 また、精神障害者保健福祉手帳(障害者手帳)の交付対象精神障害者保健福祉手帳の対象となるのは、以下の条件を満たす方となっていますので、覚えておきましょう。 精神疾患を持っている方であること 精神障害者保健福祉手帳を取得するには、何らかの精神疾患により日常生活や社会生活の制限をやむなくされている方が対象となります。 精神疾患の種類は、主に次のようなものがあります。 統合失調症• 感情障害(うつ病、双極性障害など)• 高次脳機能障害• てんかん• 発達障害(注意欠陥性多動性障害、学習障害など)• 薬物やアルコールなどによる急性中毒や依存症• その他のストレス関連による精神疾患 ご自身の疾患が当てはまるかどうか分からない場合は、主治医や専門の社労士に相談することがおすすめです。 初診から6ヶ月以上経っていること 精神障害者保健福祉手帳を申請するには、初診から6ヶ月以上の期間が経っていることが必要です。 そして今も、その障害により日常生活や社会生活に対して、支障がある状態であることがポイントとなります。 つまり、6ヶ月以上経っても疾患が完治しておらず、障害として残っているという考え方です。 また、初診から6ヶ月までの間に通院している病院を変えたとしても、期間には影響しません。 最初の病院から現在までで6ヶ月以上が過ぎていれば、条件に当てはまります。 さらに、精神疾患は治療を続けて行く過程の中で、初診時と診断名が変化する場合も多くあります。 しかし、診断名が変わっても初診時から6ヶ月以上の期間を経ていれば申請は可能です。 ただし、医療機関や担当医師によっては「一定期間以上の診察期間がなければ情報が足りないので診断書の作成はできない」と言われてしまうこともあります。 そのような場合には転院後すぐの申請は難しいでしょう。 障害年金の申請について 一方、障害年金とは20歳以上65歳未満で、障害で働くことが難しい方や日常生活に支障がある方に対して、経済的支援を行う制度のことを言います。 障害年金にも、1級~3級までがあり、対象者の障害の程度や生活状況などから等級が決まります。 障害者手帳と同様に、障害者の方の社会参加や自立を目指す制度ではありますが、主に年金としての金銭給付が行われ、年金額も等級によって異なります。 また、精神障害により障害年金を受けている場合の多くは、2年~5年ごとに更新日が訪れ、必要に応じて更新の申請が可能です。 障害年金の対象となる精神障害 精神疾患で障害年金を受給するには、以下のような疾患に該当している必要があります。 高次脳機能障害• 統合失調症、統合失調症型障害および妄想性障害• 気分(感情)障害(うつ病、双極性障害など)• てんかん• 知的障害• 発達障害(自閉症、注意欠陥多動性障害など)• 認知症(アルツハイマー型認知症、レビー小体型認知症など)• 高次脳機能障害 こちらも、自分の疾患が当てはまるかどうか分からない場合は、主治医や社会保険労務士と相談しながら申請を進めて行くことが効果的です。 また、病名が神経症(適応障害、パニック障害など)やパーソナリティー(人格)障害の場合は、原則として対象には含まれません。 ご自身の疾患が該当するか確認したい方は、もご利用ください。 初診から1年6か月以上が経過していること 精神疾患で障害年金を受給するには、初診日(メンタルの不調で初めて医師の診察を受けた日)から1年6か月以上が経っている必要があります。 つまり、初診日から数えて、上記の年月が過ぎるまでは申請できないのです。 この考え方は、1年6ヶ月が経過しても病気が回復に至っておらず、日常生活に支障を与える状態であるということを意味します。 また、精神障害者保健福祉手帳と同様に、初診の病院から現在の病院へ途中で受診を変更したとしても、それは1年6か月の期間に当てはまります。 ただ、障害年金の場合は受診状況等証明書と呼ばれる、初診日を証明する書類が申請時に必要です。 そのため、初診時と現在通院している病院が異なる場合は、手続きに労力がかかるケースもあります。 精神障害者保健福祉手帳と障害年金の両方を受けた方が良い? 精神障害者保健福祉手帳と障害年金は、同時に受けることができます。 そのため、両方を持っていると、生活をするうえで役に立つケースが増えるのは事実です。 ただ、申請時期に関しては、受給期間の条件を満たしているかに加え、それぞれの生活状況に合わせて決めることがふさわしいと言えます。 例えば、病気のせいで働くことが難しく、経済的に困っている状況であれば、まずは障害年金の申請をした方が、少しでも悩みが緩和されることでしょう。 また、精神障害の場合は、基本的に障害年金と同じ等級の精神障害者保健福祉手帳を取得できるため、医師に記載してもらう診断書も1枚で済みます。 診断書料もその分かかりませんので、本人の経済的負担を軽減することが可能です。 しかし、障害年金は精神障害者保健福祉手帳と比べて、さまざまな要件があり、障害の程度の審査なども厳しいため、申請が降りるまで時間を要します。 また、精神障害者保健福祉手帳の取得はできても、障害年金の受給は認められないこともあり得ます。 ただし、企業の障害者枠を利用して就職をしたい、通院時の交通費を節約するために公共交通機関の運賃の割引を受けたいなどの明確な希望がある場合は、精神障害者保健福祉手帳を優先して申請することをおすすめします。 特に急いで利用したい福祉サービスがない場合は、まずは障害年金の申請を先に行っておくと良いかもしれません。 【無料訪問相談対応地域】 神奈川県全域、横浜市(鶴見区、神奈川区、西区、中区、南区、保土ヶ谷区、磯子区、金沢区、港北区、戸塚区、港南区、旭区、緑区、瀬谷区、 栄区、泉区、青葉区、都筑区)、川崎市(川崎区、幸区、中原区、高津区、多摩区、宮前区、麻生区、相模原市、緑区、中央区、南区)、横須賀市、 平塚市、鎌倉市、藤沢市、小田原市、茅ヶ崎市、逗子市、三浦市、秦野市、厚木市、大和市、座間市、南足柄市、綾瀬市、三浦郡、葉山町、高座郡、 寒川町、中郡、大磯町、二宮町、足柄上郡、中井町、大井町、松田町、山北町、開成町、足柄下郡、箱根町、真鶴町、湯河原町、愛甲郡、愛川町、清川村、 東京都全域 及び 静岡県東部(沼津以東) そのほかの地域も交通費のみのご負担で、日本全国にお伺いします。

次の

【うつ病で障害厚生年金3級を取得し、次回更新まで約87万円を受給されたケース】顧客満足度98.3%!障害年金・社会保険代行なら大阪社労士渡辺事務所!

精神 障害 者 手帳 3 級 年金

精神障害者の福祉施設で相談員をやっています。 私自身もうつ病で、障害厚生年金3級を受給しています。 >精神障害者手帳3級では障害年金受給は厳しいですか。 厳しいかどうかは、一概には答えられません。 確かに、審査基準となる等級表は似ています。 でも、障害年金の場合、初診日の証明や年金保険料の納付要件といったものをクリアーしないと受給できません。 よって、「一概には答えられない」と言わざるを得ません。 以下、少し詳しく述べてみます。 障害年金の場合、障害の程度は日本年金機構の審査によって決まります。 一方、精神障害者手帳の等級審査は都道府県・指定都市の精神保健福祉センターで行われます。 審査機関が異なりますので、一概に比較はできません。 ただし、障害年金の等級をそのまま手帳の等級にスライドできるようになっています。 その逆はできません。 手帳の等級が障害年金の等級としてそのまま採用されることはありません。 障害年金の場合、軽いか重いか(障害年金がもらえるほど重いか)は、主に精神科医の診断書に基づいて日本年金機構が決めます。 以下、障害基礎年金を受給するための4つの要件を簡略して述べてみます。 もしくは初診日の前々月から過去1年間未納がない。 保険料免除を受けている場合はその免除期間は、支払った期間とみなされます。 これは主に現在の主治医の診断書により判断されます。 もちろん診断書だけで判定されるわけではありませんが。 初診日時点で厚生年金保険に加入していれば、上記の障害基礎年金に障害厚生年金が上乗せ支給されると思います。 以上です。 身体障害で20歳前の障害基礎年金受給者です。 障害年金と障害者手帳の等級は、認定機関・認定基準が違いますので、一致しない事も多いです。 確かに精神障害では、認定基準が重複する部分もあるようですが、審査する機関も違いますので、別なものと考えた方が良いです。 日本年金機構のHPに申請するための資格が記載されています。 受給できるかどうかは、国民年金の納付要件を満たした上で、申請し裁定通知を受け取ってみないと誰にも分かりません。 特に精神障害では明確なデータ等で判断できないため、推測する事はできないと思います。 障害基礎年金 国民年金に加入している間に初診日(障害の原因となった病気やケガについて、初めて医師の診療を受けた日)のある病気やケガで、法令により定められた障害等級表(1級・2級)による障害の状態にある間は障害基礎年金が支給されます。 障害厚生年金 厚生年金に加入している間に初診日のある病気やケガで障害基礎年金の1級または2級に該当する障害の状態になったときは、障害基礎年金に上乗せして障害厚生年金が支給されます。 また、障害の状態が2級に該当しない軽い程度の障害のときは3級の障害厚生年金が支給されます。 なお、初診日から5年以内に病気やケガが治り、障害厚生年金を受けるよりも軽い障害が残ったときには障害手当金(一時金)が支給されます。 20歳前の障害基礎年金のみ、国民年金の納付要件が問われずに申請できますが、初診日時点で20歳前・いずれの年金にも加入していなかった場合に限られます。

次の