千と千尋の神隠しリン。 千と千尋の神隠しのカエル、リン、坊、ハクの声優は誰?うまいか下手かも

【リンの正体】は白狐、それとも人間!?「千と千尋の神隠し」の裏話

千と千尋の神隠しリン

千尋が湯屋に来てからリンがいたからこそ、馴染めました。 先輩お姉ちゃんとして面倒を見てくれます。 そんな、リンの正体は2つの説があります。 「白狐説」と「人間説」の2つです。 まず、湯婆婆にいるキャラクター達はそれぞれ、ナメクジやカエルといった類の生き物が多い中で、リンのみ少し変わった容姿で、人間にかなり近いです。 一方、面長で色白なリンは、動物に例えるのであれば、雰囲気も含め白狐が妥当だと思います。 では、その真相について考察していきます。 白狐説が最有力な理由について 千と千尋のリンって14歳で人間界じゃなくて狐らしいね ゜. スタジオジブリの公式ブックには「The art of spirited away」にてリンのラフ画が公開されています。 The Art of Spirited Away de Hayao Miyazaki. — Hiro HiroManga ラフ画には「白狐」と記載されている事がわかっています。 よって、作画段階・公式の情報であれば、「白狐」がリンの正体として有力であることがわかっています。 もともと、狐自体も化ける力を有していることが、伝承としてご存知な方も多いと思います。 また、作中ではイモリが好物で食べている点も大きな理由の一つです。 狐の食性から考えるとイモリが好物な事にも納得できます。 よって、他の生物や動物に比べて、より人間に近い姿に化けているため、人間感が強い印象を受けるのはそのためだと考察します。 述べてきたように、人間感がかなり強いキャラであるリン。 千尋との距離感も誰よりも近くなり、人間同士の友情に近いものを感じます。 動物同士の距離ではここまで近づけない点も理由の一つですが、 決定的な証拠として、千と千尋の神隠しの公式パンフレットには「リンは人間である」と記載されていました。 神保町で『千と千尋の神隠し』のパンフレット売ってたから、買ってしまった。 — ニコ Nico08111925 そして、パンフレット内のインタヴュー内容が同梱されています。 リンのモデルとなったキャラが存在し、過去に製作する予定だった「煙突描きのリン」という作品があり、その主人公になる予定だったキャラがモデルとなっています。 「煙突描きのリン 」では人間としてリンは登場する予定だったので、そのまま人間として「千と千尋の神隠し」に登場させた可能性も信ぴょう性は高いです。 まとめ 今回は千と千尋の神隠しに登場するリンの正体は何者なのか?狐説と人間説・モデルの秘密について紹介しました。 結論としては、どちらにせよ白狐と人間のどちらも含んだキャラクター設定になっていると思います。 よって、公式でもどちらも公開しているのだと思います。 今作ではサブキャラでありながらも、存在感があるのは宮崎駿監督の想いも詰め込まれたキャラクターであることが推測できます。 本当の正体は、スタジオジブリ作品の中で、大事なキャラクターの想いや願いが込められた唯一無二の存在が正しいのかもしれませんね。 「千と千尋の神隠し」関連記事.

次の

千と千尋の神隠しでリンが優しいのは秘密がある?モデルの正体や設定についても

千と千尋の神隠しリン

「千と千尋の神隠し」の姉御キャラ、リンの正体は白狐!? 口は悪くてちょっと気も短いけど、千のことをいつも妹のように見守ってくれる リン。 その姿は千と同じく人間のようで、湯婆婆の下で働いているものの… 実の正体はナメクジやカエルといった類の生き物。 そんな中、彼女の正体は 白狐ではないかという噂が出回っているのです。 確かにその可能性は否めません。 正体は狐と聞いてまず思い当たるのが彼女の容姿。 確かに面長で目は細く、色白なところが狐っぽいですよね。 どことなく彼女の醸し出す雰囲気も狐的なものがあるように見受けられます。 また本編の中で、銭湯の湯を管理する釜爺から黒イモリを受け取る場面。 元来、狐はトカゲを食することから「 リンの正体=白狐説」が浮かび上がっているのでしょう。 そしてさらに、スタジオジブリ公式の本「The art of spirited away」にてリンのラフデザインが載っているのですが… リンの名前の横に「白狐」と説明書きがあり、白狐説がさらに有力視されています。 気になるリンの正体。 「白狐」以外にもいくつかの説が… 正体は白狐だと噂されるリンですが、他にも説があります。 まず挙げられるのは、千と同様に「 人間」であるという話。 確かに彼女は湯婆婆の下で働く他の湯女よりも人間寄りに描かれているように思います。 千とリンの仲も当初は少しギクシャクしていましたが、時が過ぎるにつれて2人の距離が縮まっていく様がまさしく人間同士の心のふれあいのように描かれているのです。 2人が夜中の窓辺で肉まん(らしきモノ)を食べながら語り合っている場面は、個人的に大好きなシーン。 また正体がヒトだと思われる有力な裏付けとして、「千と千尋の神隠し」の公式パンフレットに「 リンは人間である」という内容が明記されていること。 その他、湯女と同様に「ナメクジやイタチでは」といった説まで存在します。 地味だけど欠かせない「リン」の存在 「千と千尋の神隠し」のヒロインはご存知の通り「千尋」ですが、彼女以外のサブキャラクターについても魅力的な人物が目白押しです。 恋模様を連想させるハク、湯婆婆と銭婆の姉妹、そして釜爺にカオナシと… いかにもジブリの、そして宮崎駿監督らしい印象的な人物が登場していることが「千と千尋の神隠し」の世界を魅力的なものにしている点は疑いようもありません。 そんな個性的なキャラたちに囲まれては、さすがの リンも地味な部類に入ってしまいますが… 彼女はこの「千と千尋の神隠し」のキーパーソンと見ても過言ではない存在。 名前を湯婆婆に奪われてしまった千のことをまるで本当の妹のようにサポートするリンがいたからこそ、千も立ち直っていけたのだと感じます。 とりわけ、2人が協力して「腐れ神」をお風呂に入れるシーンはかなりコミカルで印象に残る場面でした。 筆者的には「千と千尋の神隠し」の中で最も好きなキャラクターの1人です。 まとめ 「 千と千尋の神隠し」において欠かせない存在とも言えるリン。 今回はその正体について明かしてきました。 果たして彼女は人間、それとも白狐?はたまた別の生き物なのか? ハッキリとした答えは本作品の中で描かれていないものの、それだけ想像の幅も広がって自由な視点で楽しむことができますね。 「千と千尋の神隠し」は世界各国からも愛されるジブリの代表作として今後も語り継がれていくことでしょう。

次の

【千と千尋の神隠し声優一覧】カエル・リン・坊のキャストは?

千と千尋の神隠しリン

千尋が湯屋に来てからリンがいたからこそ、馴染めました。 先輩お姉ちゃんとして面倒を見てくれます。 そんな、リンの正体は2つの説があります。 「白狐説」と「人間説」の2つです。 まず、湯婆婆にいるキャラクター達はそれぞれ、ナメクジやカエルといった類の生き物が多い中で、リンのみ少し変わった容姿で、人間にかなり近いです。 一方、面長で色白なリンは、動物に例えるのであれば、雰囲気も含め白狐が妥当だと思います。 では、その真相について考察していきます。 白狐説が最有力な理由について 千と千尋のリンって14歳で人間界じゃなくて狐らしいね ゜. スタジオジブリの公式ブックには「The art of spirited away」にてリンのラフ画が公開されています。 The Art of Spirited Away de Hayao Miyazaki. — Hiro HiroManga ラフ画には「白狐」と記載されている事がわかっています。 よって、作画段階・公式の情報であれば、「白狐」がリンの正体として有力であることがわかっています。 もともと、狐自体も化ける力を有していることが、伝承としてご存知な方も多いと思います。 また、作中ではイモリが好物で食べている点も大きな理由の一つです。 狐の食性から考えるとイモリが好物な事にも納得できます。 よって、他の生物や動物に比べて、より人間に近い姿に化けているため、人間感が強い印象を受けるのはそのためだと考察します。 述べてきたように、人間感がかなり強いキャラであるリン。 千尋との距離感も誰よりも近くなり、人間同士の友情に近いものを感じます。 動物同士の距離ではここまで近づけない点も理由の一つですが、 決定的な証拠として、千と千尋の神隠しの公式パンフレットには「リンは人間である」と記載されていました。 神保町で『千と千尋の神隠し』のパンフレット売ってたから、買ってしまった。 — ニコ Nico08111925 そして、パンフレット内のインタヴュー内容が同梱されています。 リンのモデルとなったキャラが存在し、過去に製作する予定だった「煙突描きのリン」という作品があり、その主人公になる予定だったキャラがモデルとなっています。 「煙突描きのリン 」では人間としてリンは登場する予定だったので、そのまま人間として「千と千尋の神隠し」に登場させた可能性も信ぴょう性は高いです。 まとめ 今回は千と千尋の神隠しに登場するリンの正体は何者なのか?狐説と人間説・モデルの秘密について紹介しました。 結論としては、どちらにせよ白狐と人間のどちらも含んだキャラクター設定になっていると思います。 よって、公式でもどちらも公開しているのだと思います。 今作ではサブキャラでありながらも、存在感があるのは宮崎駿監督の想いも詰め込まれたキャラクターであることが推測できます。 本当の正体は、スタジオジブリ作品の中で、大事なキャラクターの想いや願いが込められた唯一無二の存在が正しいのかもしれませんね。 「千と千尋の神隠し」関連記事.

次の