夜 に かける コード。 夜を駆ける(スピッツ) / コード譜 / ギター

「夜に駆ける / YOASOBI」の楽譜一覧

夜 に かける コード

イントロ イントロ全体 イントロです。 この部分でのコード進行が以降のパートにたくさん使用されています。 解説はこれ以降で記載しています。 Aメロ Aメロ全体 Aメロでは大きく分けて 4つのコード進行が使用されており、 これらの進行がBメロ、サビでも使用されてい ます。 これらについて順番に解説していきます。 どれも多くの楽曲で使用される定番進行であり、応用も効きやすい進行になっていますので是非、覚えてみてください。 結果、おしゃれな感じがするということです。 この曲ではこの進行がEDMチックなアレンジとともに使用されているため、ほかの楽曲とは違ったエモい雰囲気に仕上がっています。 Just The Two Of Us進行の詳しい解説はこちらの記事を参考にしてみてください。 先ほど紹介したコード進行の後半部分がツー・ファイブ・ワン進行になっているバージョンです。 これも多くの楽曲で使用されている定番進行ですね。 ダイアトニックコードで構成されているのでかなりシンプルなコード進行ですが、Aメロ、Bメロ、サビ、どの場面でも使用しやすいコード進行です。 王道進行の詳しい解説はこちらの記事を参考にしてみてください。 このように随所で楽曲のキーがマイナーとメジャーで行き来することで浮遊感が出ます。 この曲で顕著に多用されている手法です。 解説はAメロの項にて。 前後のコードを半音でつなぐことによってコード進行をスムーズにすることができます。 サビ サビ全体 王道進行と Just The Two Of Us進行の組み合わせによって楽曲が展開していきます。 各進行の解説はAメロの項にて行っています。 解説はAメロの項にて。 解説はAメロの項にて。 解説はAメロの項にて。 解説はAメロの項にて行っています。 サビ(中間) サビ(中間)全体 転調しています。 なかなか珍しい転調です。 一般的にキーが下がると盛り上がりに欠けてしまうからですね。 ただ、このパートは落ち着いた感じを演出したいと思われるので、逆に、効果が際立った転調になっています。 コード進行はサビとほぼ同様です。 サビ(ラスト) サビ(ラスト)全体 ここでさらに転調しています。 短3度転調となっており、これもなかなか珍しい転調です。 そちらで解釈するといいでしょう。 これもコード進行はサビとほぼ同様です。 まとめ いかがでしたでしょうか。 なかなかのボリュームとなってしまいましたが、ポイントはJust The Two Of us進行と王道進行。 さらに終盤のかけての転調ですね。 参考になれば幸いです。 では! 音源、ストリーミング.

次の

夜に駆ける / YOASOBI のコード進行を分析して解説!

夜 に かける コード

ピアノ• すべて• 弾き語り• 2台4手• 教則・音楽理論• 合奏・伴奏• その他• エレクトーン• すべて• アンサンブル• 弾き語り• メロディ• すべて• メロディ• バンド• すべて• バンドスコア• ドラム• ギタースコア• ベース• ギター• すべて• 弾き語り• コード• デュオ• 教則・音楽理論• ギタータブ• ギターリード• ギターアンサンブル• その他• ウクレレ• すべて• 弾き語り• コード譜• アンサンブル• その他• 合唱/ボーカル• すべて• 合唱(児童合唱)• 合唱(女声3部)• 合唱(女声4部)• 合唱(男声合唱)• 合唱(男声4部)• 合唱(同声3部)• 合唱(同声2部)• 合唱(混声3部)• 合唱(混声4部)• 合唱(混声6部)• 合唱(その他)• アカペラ• ゴスペル• 管楽器• すべて• フルート• オーボエ• オーボエ(二重奏)• ファゴット• クラリネット• アルトサックス• テナーサックス• ソプラノサックス• バリトンサックス• ホルンソロ• トランペット• トロンボーン• チューバ• ユーフォニアム• ヴェノーヴァ• アルトヴェノーヴァ• 弦楽器• すべて• バイオリン• チェロ• 弦楽アンサンブル四重奏• コントラバス• その他弦楽器• 吹奏楽• すべて• フルスコア+全パート• フルスコア• パート• ビッグバンド(スコア+パート譜)• ビッグバンド(スコア)• ビッグバンド(パート)• アンサンブル• すべて• フルスコア+全パート• フルスコア• パート• 器楽合奏• オーケストラ• すべて• フルスコア+全パート• フルスコア• パート• その他• その他• すべて• オカリナ• リコーダー• ピアニカ• ハーモニカ• ブルースハープ• 大正琴• ミュージックベル.

次の

夜に駆ける (動画プラス) / YOASOBI ギターコード/ウクレレコード/ピアノコード

夜 に かける コード

イントロ イントロ全体 イントロです。 この部分でのコード進行が以降のパートにたくさん使用されています。 解説はこれ以降で記載しています。 Aメロ Aメロ全体 Aメロでは大きく分けて 4つのコード進行が使用されており、 これらの進行がBメロ、サビでも使用されてい ます。 これらについて順番に解説していきます。 どれも多くの楽曲で使用される定番進行であり、応用も効きやすい進行になっていますので是非、覚えてみてください。 結果、おしゃれな感じがするということです。 この曲ではこの進行がEDMチックなアレンジとともに使用されているため、ほかの楽曲とは違ったエモい雰囲気に仕上がっています。 Just The Two Of Us進行の詳しい解説はこちらの記事を参考にしてみてください。 先ほど紹介したコード進行の後半部分がツー・ファイブ・ワン進行になっているバージョンです。 これも多くの楽曲で使用されている定番進行ですね。 ダイアトニックコードで構成されているのでかなりシンプルなコード進行ですが、Aメロ、Bメロ、サビ、どの場面でも使用しやすいコード進行です。 王道進行の詳しい解説はこちらの記事を参考にしてみてください。 このように随所で楽曲のキーがマイナーとメジャーで行き来することで浮遊感が出ます。 この曲で顕著に多用されている手法です。 解説はAメロの項にて。 前後のコードを半音でつなぐことによってコード進行をスムーズにすることができます。 サビ サビ全体 王道進行と Just The Two Of Us進行の組み合わせによって楽曲が展開していきます。 各進行の解説はAメロの項にて行っています。 解説はAメロの項にて。 解説はAメロの項にて。 解説はAメロの項にて。 解説はAメロの項にて行っています。 サビ(中間) サビ(中間)全体 転調しています。 なかなか珍しい転調です。 一般的にキーが下がると盛り上がりに欠けてしまうからですね。 ただ、このパートは落ち着いた感じを演出したいと思われるので、逆に、効果が際立った転調になっています。 コード進行はサビとほぼ同様です。 サビ(ラスト) サビ(ラスト)全体 ここでさらに転調しています。 短3度転調となっており、これもなかなか珍しい転調です。 そちらで解釈するといいでしょう。 これもコード進行はサビとほぼ同様です。 まとめ いかがでしたでしょうか。 なかなかのボリュームとなってしまいましたが、ポイントはJust The Two Of us進行と王道進行。 さらに終盤のかけての転調ですね。 参考になれば幸いです。 では! 音源、ストリーミング.

次の