ダンゴムシ オスメス。 ダンゴムシ

ダンゴムシ

ダンゴムシ オスメス

よく見るダンゴムシは「オカダンゴムシ」という種類である。 このオカダンゴムシは雌雄によって形が違うところがある。 性別を見分けるポイントを5つあげていく。 2と4はワラジムシ、フナムシにも適用可。 5も? 1. 甲羅の色 おす オスは黒い部分が多く、黄色い斑点が少ない めす メスは黄色い斑点が多い めす 茶色いものもいる ただし微妙なこともあり、性別を完全に分けるのは難しい。 腹肢 確実な見分け方は腹肢を見ることである。 ダンゴムシの腹肢は、呼吸と交尾のために使われる。 エビで言うと、身の内側の殻につく何本ものピラピラしたやつ。 オス オスは腹部の腹面に2本の突起が見える。 メス メスはない。 オスの突起の名称は、第1腹肢内肢である。 オスの右の第1腹肢をはずして拡大した写真。 腹肢は外肢(上)と内肢(下)からなり、内肢が突起として見えている。 (オスの子どもは、長さが短く不完全である。 大人でも微妙な長さ(雄っぽくないオス)が見られる場合もあるらしいが、よく知らない。 ) これは、ペニスではなく、変形した脚である。 交尾時に、メスの生殖孔に内肢の先端部(写真左側)を挿入する。 ペニスから出た精子をメスに送るパイプのような役割を担うらしい。 メスの生殖器については以下を見て下さい。 ダンゴムシの交尾方法については以下を見て下さい。 第1胸脚のすね毛 オカダンゴムシ標本から脚を外した。 胸部には脚が14本ある。 このうち一番前にある脚(第1胸脚)を見ると、オスメスの違いがみえてくる。 メスの第1胸脚(一マスは0. 腕節には、まばらに毛が生えている。 (矢印) つまり、オスのオカダンゴムシの太ももは毛深いということである。 一番前の脚のすね毛の濃さを見れば、雌雄がわかる。 [注意] 一部のダンゴムシだけで見られる。 雌雄で差がない種類もある。 オカダンゴムシ以外では、例えば南西諸島にいる 英語 が知られる。 オスの胸脚(pereiopod)の第1、2、3、7は毛深いと書かれている。 (写真つき) なぜオスが毛深いのか? 交尾のときに必要なのではないか、と先生は言っていた。 オスはメスの背中に抱き付き、脚でしがみつく。 毛が長い方がメスをキープしやすいのではないだろうか、長い毛は邪魔なのでメスは短いのではないか、とのこと。 あり得そう。 毛を剃ったら、交尾に失敗するのだろうか? しかし抱き付く種類でもオスが毛深くないものもいる。 謎である。 ダンゴムシのアレ 黒枠で囲った胸節と腹節の間を拡大するとペニスが見える。 オス 写真ではかなりわかりにくいが、1本の突起物がある メス 何もない メスの生殖孔はここではなく、脇腹(第5胸脚のつけ根付近)にある 5.触角 オスは触角が長めになる。 オスは触角を振ってメスの匂いを探すので、長い方がメスを見つけやすいからだとされる。 Lefebvre F, Limousin M, Caubet Y 2000 Sexual dimorphism in the antennae of terrestrial isopods: a result of male contests or scramble competition? Can J Zool 78: 1987—1993.

次の

だんご虫の飼い方や生態が分かる昆虫サイト!ダンゴムシ博士になろう [子供とインターネット] All About

ダンゴムシ オスメス

よく見るダンゴムシは「オカダンゴムシ」という種類である。 このオカダンゴムシは雌雄によって形が違うところがある。 性別を見分けるポイントを5つあげていく。 2と4はワラジムシ、フナムシにも適用可。 5も? 1. 甲羅の色 おす オスは黒い部分が多く、黄色い斑点が少ない めす メスは黄色い斑点が多い めす 茶色いものもいる ただし微妙なこともあり、性別を完全に分けるのは難しい。 腹肢 確実な見分け方は腹肢を見ることである。 ダンゴムシの腹肢は、呼吸と交尾のために使われる。 エビで言うと、身の内側の殻につく何本ものピラピラしたやつ。 オス オスは腹部の腹面に2本の突起が見える。 メス メスはない。 オスの突起の名称は、第1腹肢内肢である。 オスの右の第1腹肢をはずして拡大した写真。 腹肢は外肢(上)と内肢(下)からなり、内肢が突起として見えている。 (オスの子どもは、長さが短く不完全である。 大人でも微妙な長さ(雄っぽくないオス)が見られる場合もあるらしいが、よく知らない。 ) これは、ペニスではなく、変形した脚である。 交尾時に、メスの生殖孔に内肢の先端部(写真左側)を挿入する。 ペニスから出た精子をメスに送るパイプのような役割を担うらしい。 メスの生殖器については以下を見て下さい。 ダンゴムシの交尾方法については以下を見て下さい。 第1胸脚のすね毛 オカダンゴムシ標本から脚を外した。 胸部には脚が14本ある。 このうち一番前にある脚(第1胸脚)を見ると、オスメスの違いがみえてくる。 メスの第1胸脚(一マスは0. 腕節には、まばらに毛が生えている。 (矢印) つまり、オスのオカダンゴムシの太ももは毛深いということである。 一番前の脚のすね毛の濃さを見れば、雌雄がわかる。 [注意] 一部のダンゴムシだけで見られる。 雌雄で差がない種類もある。 オカダンゴムシ以外では、例えば南西諸島にいる 英語 が知られる。 オスの胸脚(pereiopod)の第1、2、3、7は毛深いと書かれている。 (写真つき) なぜオスが毛深いのか? 交尾のときに必要なのではないか、と先生は言っていた。 オスはメスの背中に抱き付き、脚でしがみつく。 毛が長い方がメスをキープしやすいのではないだろうか、長い毛は邪魔なのでメスは短いのではないか、とのこと。 あり得そう。 毛を剃ったら、交尾に失敗するのだろうか? しかし抱き付く種類でもオスが毛深くないものもいる。 謎である。 ダンゴムシのアレ 黒枠で囲った胸節と腹節の間を拡大するとペニスが見える。 オス 写真ではかなりわかりにくいが、1本の突起物がある メス 何もない メスの生殖孔はここではなく、脇腹(第5胸脚のつけ根付近)にある 5.触角 オスは触角が長めになる。 オスは触角を振ってメスの匂いを探すので、長い方がメスを見つけやすいからだとされる。 Lefebvre F, Limousin M, Caubet Y 2000 Sexual dimorphism in the antennae of terrestrial isopods: a result of male contests or scramble competition? Can J Zool 78: 1987—1993.

次の

ダンゴムシのオスとメスの見分け方

ダンゴムシ オスメス

ダンゴムシは、ゆびさきにのぼってきても テントウムシのようにとびたちませんが・・・ * てのひらに のせるようにはなりました。 つぎは、えほんにのっているのをみて ゆめでもあった テントウムシのように、 ダンゴムシをゆびさきに のぼらせて みたくなりました。 のせたいきもちとは うらはらに からだはカチコチでうごきません。 ダンゴムシのすすむまえに ゆびをだしてえ~ ゆびにとまらせたくてとまらせたくて しかたがなくて ゆびをだす だすにはだすけれど、 ダンゴムシがちかづいてくると ズリとあとずさり またズリ、ズリ・・・ とまらせたい だけどこわ~い だけどとまらせたい。 とまらせたいと こわい。 そのフンはミミズなど土壌動物の餌になり、そのフンを土壌微生物が分解し、栄養豊かな土にかえします。 その土に根をはって草や木が育ってきます。 ・・・・ ダンゴムシは自然をきれいにする掃除屋のイメージが強いけれど、野菜の新芽なども食べます。 そうなると農作物に被害をもたらす害虫ということになります。 しかし、畑での大量発生は、まずないようです。 ほんとうにすくないのかな? なぜだろう? かんがえられることは? ダンゴムシが勢いよく活動する4月~6月の、家庭菜園はあぶない。 とはいえ、発芽次期をずらすなどの工夫をして、殺虫剤はむやみと使わないようにしたいですね。 ジメジメと湿ったうす暗いところにかたまって住み、腐ったものを食べている。 こうしたイメージからダンゴムシを不快害虫にしてしまい駆除しがちですが、 土壌生物は生態系の底辺を支えている。 しっかりと底辺を支えてくれると、ほかの動物も植物もよろこぶ。 人間もよろこぶ。 それは、どんなダンゴムシ? どこでみつけた? いっぱいいた? ダンゴムシおどろいてにげだした? ほかにも気が付いたことを、おもいだして、かきとめておこう。 少しずつ、自分でかんがえてつくりあげた、かんさつえにっきにしていこう。 どんな ダンゴムシ? かんたんな見わけかた おおきいの。 ちいさいの。 ちょっとちいさいの。 くろいの。 ちゃいろの。 しろいの。 ・・・ * 大きくて、ちょっとツルピカで灰色がかった黒色をしている。 * オスよりも小さくて、茶色ぽく、黄色のもようがある。 * 小さいのは子ども・幼生。 * それぞれ、何センチある? 体長をはかってみよう。 工夫した方眼紙にのせるとはかりやすい。 大きいケースでオス・メス多めにかうとタマゴが生まれる可能性が高くなるよ。

次の