ウクライナ 疑惑 と は。 トランプ氏の疑惑めぐる「暴露本」 ボルトン氏が出版へ:朝日新聞デジタル

ドナルド・トランプとウクライナ論争

ウクライナ 疑惑 と は

ウクライナのガス会社をめぐる疑惑 [ ] 元でへの立候補を目指すの次男であるは、からまで、の会社であるブリスマ・ホールディングスの取締役を務めていた。 同社は、2016年までに何らかの疑惑を抱えウクライナ検察当局の捜査対象となっていたが、父親のバイデン副大統領がウクライナを訪問した際に同国のを罷免するよう要求すると、まもなくウクライナ議会は検事総長を罷免。 会社は、検察当局からの追及を免れていた。 2019年、大統領は、ウクライナへの軍事支援を進めているタイミングで大統領と電話で会談。 秘密裏にバイデン親子のウクライナにおける活動について捜査するよう要請していたが、同年8月頃、会談の内容が何者かの手で明るみになった。 下院議長を始めとした民主党議員らは、であるとして大統領の姿勢を一斉に批判し始めた。 大統領弾劾裁判 [ ] 民主党側は、2017年のトランプ政権誕生以降、などを足がかりに大統領を模索してきた。 明るみになったウクライナへの要請は、軍事支援を背景とした干渉で、国のと引き換えに政敵への妨害を試みたとの解釈もできることから、大統領の弾劾に向けた新たな材料となった。 2019年9月24日、ペロシ下院議長は民主党の会合後、弾劾調査を開始すると発表した。 2019年、トランプ側は電話会談の記録を公表。 ウクライナ側に捜査を促す発言はあったが、軍事支援関連のやりとりはなく「いかなる圧力もなかった」と改めて主張した。 また、ウクライナのゼレンスキー大統領も、会談記録の公表に合わせてトランプからの圧力を否定するコメントを発表した。 2019年、トランプは証人喚問や証拠提出を求める下院民主党に反発し、ペロシらにあてた書簡で弾劾に向けた調査には協力しないと表明。 全面対決の姿勢を鮮明にした。 弾劾に関してホワイトハウスの顧問は、ペロシらあての書簡の中で手続きを始めるためには下院本会議で採決にかける必要があると主張。 一方の民主党側は、下院本会議での採決は憲法で義務付けられていないと指摘して対立した。 2019年、ウクライナ論争の切っ掛けを作ったったジョー・バイデンは、で行われた選挙集会に出席。 「トランプが国を裏切り就任宣誓を破った」、「大統領は弾劾されるべき」として初めてウクライナ論争に関する批判を行った。 民主党から大統領選への立候補者を選ぶ戦いで終始リードしてきたジョー・バイデンではあったが、夏場以降、健康問題なども加わり支持率が低下。 批判を行った前日には、二番手候補だったに支持率で逆転を許したとする調査結果も現れていた。 2019年、民主党はドナルド・トランプ大統領による、議会妨害を理由に弾劾訴追状を作成したことを発表した。 職権乱用は、トランプ大統領がウクライナ政府への軍事支援を保留し、バイデン親子への捜査を求めたこと。 また議会妨害は、下院の弾劾調査に応じない連邦当局者らに命じたこととなっている。 手続き的には、下院で大統領訴追の是非を問う採決の準備、続いて上院での弾劾裁判を行う準備が整ったこととなる。 12月18日、下院は弾劾訴追決議案に関する審議を行い、職権乱用について賛成230反対197、議会妨害について賛成229反対198でそれぞれ可決し、トランプは弾劾訴追された史上3人目の大統領となった。 2020年2月5日、上院の弾劾裁判で陪審員を務める上院議員による評決があり、職権乱用については有罪48人、議会妨害については有罪47人と、罷免に必要な3分の2(67票)以上の有罪票が得られず、無罪評決となった。 脚注 [ ] []• 2019-05-20 2019年5月20日. 2019年9月26日閲覧。 BBC 2015年9月25日. 2019年9月26日閲覧。 ダイアモンド・オンライン 2019年6月25日. 2019年10月9日閲覧。 ロイター 2019年9月25日. 2019年10月9日閲覧。 時事通信 2019年9月26日. 2019年10月9日閲覧。 時事通信 2019年9月25日. 2019年10月9日閲覧。 CNN 2019年10月9日. 2019年10月9日閲覧。 AFP 2019年10月10日. 2019年10月10日閲覧。 AFP 2019年10月9日. 2019年10月10日閲覧。 AFP 2019年12月11日. 2019年12月10日閲覧。 NHK NEWSWEB. 2019年12月19日. 2019年12月19日閲覧。 朝日新聞 2020年2月6日 関連項目 [ ]• - 当時の駐ウクライナ大使.

次の

トランプ大統領弾劾?「ウクライナ疑惑」の真相

ウクライナ 疑惑 と は

民主党の見方によると、トランプ氏が 大統領権限をつかってウクライナ大統領に圧力をかけ、 自分が2020年大統領選で再選するために、民主党・最大のライバルである バイデン氏が選挙で不利になる情報を探り当てるよう働きかけた・・・ というのが本当なのかどうか、それがいわゆる「 ウクライナ疑惑」です。 なぜ問題が勃発したのか? 大統領と外国首脳との電話会談には、同時通訳がつき、情報機関の担当者が内容を聞いています。 この情報機関の担当者が、トランプ大統領とウクライナ大統領との問題の電話会談を聞いて、内容が「 あまりにも気がかりだ」と感じます。 8月12日、担当者は大統領のこの通話内容について、観察総監や国家情報長官代行、上下両院の情報委員長に書簡を送って報告、つまり、 内部告発をしたのです。 その手紙を、連邦議会は公表しました。 トランプ大統領は、告発者は民主党支持者だと反発していますが、民主党支持者による党利党略のためのスパイ行為なのかは定かではありません。 bbc. 現職の大統領にして重大な汚職になりえるため、 共和党内でも真実を知りたいという声が上がっています。 Critical for the facts to come out. — Mitt Romney MittRomney 「もし大統領が政敵の捜査をするようウクライナ大統領に頼んだり圧力をかけたりしたなら、それが直接であれ個人の弁護士を通してであれ、極めて問題となり得る。 事実が公になることが欠かせない」 ウクライナ大統領との電話会談の記録は? 7月25日に行われた、問題のトランプ大統領とゼレンスキー大統領(ウクライナ)の電話会談の内容はで確認できます。 ごもっとも。 会談内容をわかりやすい表現で、「ウクライナ疑惑」に関わる部分を要約すると、以下の通りです。 ゼレンスキーがアメリカからの追加支援を要請し、アメリカ製対戦車ミサイルの購入を申し出ると、トランプは不可解な交換条件を持ち出していた。 政府当局者が書き起こした通話記録によれば、こうだ。 「ご希望に沿いたいとは思うが、こちらにもいろいろ問題があってね。 newsweekjapan. php トランプは、次の大統領選で民主党の最有力候補と目されるジョー・バイデン前副大統領の息子ハンターが役員に名を連ねるウクライナのガス会社ブリスマへの捜査をウクライナ当局が中止した経緯についても調査を依頼した。 「バイデンは捜査を中止させたと得意げに話している。 newsweekjapan. php バイデン氏も「ウクライナ疑惑」? ここで前提となる情報が必要になります。 それは、 ウクライナに長年はびこる汚職の問題です。 残念ながら、ウクライナはソ連から独立して以来、内戦や汚職、景気低迷が続いています。 バイデン氏がまだ米副大統領を務めていた時、ウクライナに支援を続けていた複数の欧州首脳や国際通貨基金(IMF)首脳らと共に、 当時のウクライナ検事総長は汚職摘発に及び腰だと批判し、解任を求めていました。 それについて米ニューヨーク・タイムズ紙は、2016年3月、バイデン氏がウクライナを訪問した際に、そのウクライナ検事総長を辞めさせなければ、10億ドルの借款保証を取り下げると強く求めたと報道しました。 これを受けてウクライナ議会は検事総長を罷免しましたが、検事総長が汚職疑惑で捜査していた国内企業のうち、 バイデン氏息子が役員を務めていたガス会社もその中に含まれており、 この罷免によってバイデン息子及びバイデン氏は追及を免れることになったとしています。 電話会談でトランプ大統領は、このことを調べるように軍事支援と引き換えにゼレンスキー大統領に要求していたのです。 しかし、バイデン氏が当時の検事総長を他の首脳らと共に解任を求めていたことは確かでも、捜査を中止させた証拠はありません。 また、ウクライナ前検事総長は、彼がバイデン親子を捜査する理由はそもそもなく、もし捜査するとしてもそれはアメリカの司法管轄下になる、と述べています。 トランプ大統領によるこのような事態を受けて、バイデン息子は、 一切の不正はなかったとしつつも、父親が副大統領でなければウクライナのガス会社の役員にはならなかったと、後悔していることを述べました。 ただ、トランプ大統領は1期目で弾劾訴追されたという、不名誉な称号を得ることとなりました。 来年の大統領選でたとえトランプ氏の再選が決まったとしても、 民主党は下院に加え上院でも過半数を獲得することを目指し、 任期中に再びトランプ氏の弾劾を仕掛けるのではないかと見られています。 まとめ いかがでしたか? 今回はトランプ大統領の「ウクライナ疑惑」について、わかりやすくまとめてみました。 ウクライナ疑惑に関わる人物は他にもいるのですが、カタカナの名前を減らすために思い切って省きました。 至らない点が多いことは重々承知ではありますが、少しでも理解のお役に立ちますように。 最後までお読みいただきありがとうございました。

次の

ドナルド・トランプとウクライナ論争

ウクライナ 疑惑 と は

これが「ウクライナ疑惑」です。 同疑惑は米情報機関の内部告発により発覚しました。 同時通訳及び情報機関が、トランプ大統領と各国首脳の電話会談を聞いているからです。 仮に上の報道が真実であれば、再選を狙うトランプ大統領は外国政府に対して、軍事支援を取引材料にして大統領選挙の協力を引き出そうとしたことになります。 つまり、政敵のバイデン氏を倒して来年の米大統領選挙において勝利を収めたいという個人的な目的を果たすために、安全保障を利用したわけです。 実際、トランプ大統領は米議会で承認されたウクライナへの軍事支援を保留していました。 軍事支援を選挙協力への「見返り」として使うつもりだったのでしょう。 いずれにしても、トランプ大統領が「圧力」をかけて安全保障と大統領選挙協力の「取引」を外国政府に対して行ったのか否かが争点になります。 標的はバイデン親子 国連総会に出席しているトランプ大統領は「(ゼレンスキー大統領に)圧力を一切かけていない」と主張し、疑惑を全面的に否定しました。 さらに、記者団に対して「バイデンの息子はウクライナと中国からいくらお金をもらったのか」と問いかけました。 そのうえで、「ジョー・バイデンと息子は腐敗しているが、フェイク(偽)ニュースはそのことを報じない。 彼らは民主党支持者だからだ」と語気を強めて語りました。 トランプ大統領は、オバマ政権時代にウクライナ政策に関与したバイデン前副大統領が、ハンター氏を捜査していたウクライナの検事総長を解任するように同国の政府に「圧力」をかけたというのです。 しかし、一部の米メディアはこの検事総長は同氏を捜査していなかったと報道しています。 加えて米メディアは、ハンター氏はウクライナのガス会社「ブリスマ」の取締役として月に5万ドル(約538万円)の報酬を得ていたと報じています。 トランプ大統領はこの件に関して、「彼(ハンター氏)はエネルギー(産業)について知識がないのに高額の報酬を得た」と指摘しています。 バイデン氏は5月18日、東部ペンシルバニア州フィラデルフィアで支持者を集めて集会を開き、2020年米大統領選挙への出馬宣言を行いました。 筆者はその集会に参加しましたが、登壇したバイデン氏一族の中にハンター氏の姿はありませんでした。

次の