妊娠 中 甘い もの 食べ たい。 妊娠中のママ必見!甘いものが食べたい衝動の乗り切り方!

妊娠中に甘いものが食べたい・やめられない!食べ過ぎの影響とオススメの甘いもの

妊娠 中 甘い もの 食べ たい

妊娠中は、食べ物の好みが大きく変わりませんでしたか? あっさりしたものばかりが食べたいわけでもなくて、体に優しくなさそうな油っぽいものだったり、その食感にまで強いこだわりが出てきたり……。 ママスタBBSのママたちもその話題で盛り上がっています! みんなが妊娠中に食べたくなるものとは? みんなが妊娠中に食べたくなるものはなんでしょうか? 中には、つわりで苦しい中唯一食べられたというものも……。 ジャンル別にご紹介します。 妊娠中食べたくなるものはなぜかジャンクフード! 『上の子はマックのポテト』 『上2人はポテト』 『マックのポテト、テリヤキバーガー、「スッパムーチョ」、赤飯。 特に「スッパムーチョ」は手放せなかった』 『3人目はケンタッキーフライドチキンの「ツイスター」』 『モスバーガー』 『マックの「フィレオフィッシュ」』 『マクドナルドの「チキンタツタ」とポテト、せんべいのサラダ味とか』 なぜかフライドポテトを食べたくなるママが……。 そのほかにもハンバーガーなどのジャンクフードに心惹かれるようです。 妊娠中なのになぜか「ガッツリ!揚げ物系」が食べたい 『後期になったらカキフライや海老フライ』 『中期くらいからは、唐揚げ定食や天丼やカツ丼などの油と炭水化物』 『それまでは肉類や油物はあまり好きじゃなかったのに、とにかく食べたくて、夕飯は週に3回くらい唐揚げになっていた』 『カツ丼!』 太りすぎは良くないはずなのに、無性に油っこいものをがっつり食べたくなるんですよね。 妊娠中はとにかく甘いものが食べたい……! なぜか甘くてこってりしたものが食べたくなったママもいるようですよ。 『下のときはとにかく甘いもの。 一度無性に甘いものが食べたくて家に帰って何もなくて食パンに砂糖かけて食べたわ』 『息子のときは甘いもの、娘のときは辛いものとオレンジジュース』 『普段はほとんど食べないんだけど、甘いもの。 生クリームが入ったメロンパンが最高で、買ってすぐ我慢できなくて車の中で食べたのを覚えている』 『あんこ。 和菓子好きじゃなかったしあんこもあんまりだったのに、1人目妊娠してから和菓子大好きになった』 『ひたすらミスド。 元々甘いもの嫌いだからみんなはびっくりしていた(笑)。 そして産まれた子は甘党』 『元々嫌いだったけどケーキ、甘いもの。 産んでからまったく食べなくなったよ(笑)』 『甘いもの好みじゃないけど、シュークリームとかクリーム系のもの。 妊娠糖尿病になり毎回採血食事制限だった』 『ドーナツ! 仕事前によくミスドに行ったなー。 カフェインレスのカフェオレとドーナツのモーニングセット食べていた! 産まれてからはほとんど食べてない』 『ドーナツね! しかも妊娠してないときは甘いものが嫌いで1年に1回も食べないようなもの! 1日1回は食べていたよ』 妊娠前までは苦手だったはずなのに妊娠中には食べたくなったママもいるようで、不思議なものですね。 妊娠中食べたいものランキング上位!?野菜のなかでもなぜかアレだけを。 『フルーツトマト。 普通のトマトじゃダメだった』 『私も妊娠中トマトよく食べてたけど産まれた子もトマト大好きだわ』 『とにかくトマト!!』 『夏だったからと言うのもあるけどトマトジュース、スイカ、蒟蒻畑。 貪り食ってたなー』 『1人目はトマト。 たぶん一生分食べた』 野菜の中でもトマトは食べられたという声が寄せられましたよ。 あっさりと冷たくて、主張しすぎない味がいいのかもしれませんね。 普段は飲むと気持ち悪くなってたのに、あのときだけ飲めた』 つわりがひどい場合は水を飲むだけでも辛いもの。 そんなときにも飲めるようなものがあれば非常に助かりますね。 妊娠中、唯一これなら食べたくなりました 妊娠中は食材もメニューもコレと決まったものが食べたくなるようですよ。 毎日食べていたという声もありました! 妊娠中に食べたくなるもの1. 冷たいもの系 『病的なくらい氷が食べたくて食べたくて、ずっと食べていた。 家でも仕事中でも食べていた(笑)』 『アイスばかり食べていた』 『妊娠後期は「ガリガリくん」ばっかり食べていた!』 妊娠中に食べたくなるもの2. 麺類 『担々麺とかカルパッチョ』 『トマトソースのパスタ』 『たこやきとそうめん』 妊娠中に食べたくなるもの3. 酸っぱい系 『梅干し。 毎日2、3個食べていた』 『1人目のときにトマト、梅干し』 『もずく酢! 3人目妊娠中はコレばっかりだったなー』 妊娠中に食べたくなるもの4. 魚 『焼きタラコと鮭です(笑)』 『寿司とガリ』 妊娠中に起こる食に関する好みの変化。 本当に不思議なものですね。 出産を機にさらに好みが変化する場合もあるので、短い間のことなら食べたいものをがっつり食べるのもアリですよね。 辛いつわり中かもしれませんが、食べられるものを食べて乗り切りましょう。 文・山内ウェンディ イラスト・ 編集・物江窓香.

次の

妊娠と言い伝え、妊娠中に甘いものを食べたい、性別は女の子?

妊娠 中 甘い もの 食べ たい

もくじ• なぜ甘いものが食べたくなるの? 妊娠中に甘いものが食べたくなるのには、何か理由があるのでしょうか!? 妊娠前は甘いものが苦手だった人も、となぜか甘いものが無性に欲しくなったりします。 それには、次のような理由があります!• ホルモンバランスの変化によって味覚が変わった• ママの身体の中の代謝の変化 どういうことか詳しく説明しますね! ホルモンバランスの変化によって味覚が変わった 妊娠の状態を維持するには、黄体ホルモンというホルモンが欠かせません。 このホルモンは、妊娠初期にママの身体の中で急激に増えはじめ、妊娠後期になると一定の濃度に落ち着きます。 黄体ホルモンは、 味覚に影響を与えます。 それまで好きだった味が、急にダメになったり、反対に苦手な味のものを食べたくなったり・・・。 薄い味を感じにくくなるので、 甘いものを食べたくなるママが多くなるようです。 塩辛いものも同じく・・・。 この辺は個人差がありますね! ママの身体の中の代謝の変化 特に、妊娠後期に起きやすいことです。 妊娠8ヶ月頃になると、赤ちゃんの成長をスピードアップさせるために、 ママの身体の中のブドウ糖がどんどん赤ちゃんに送られるようになります! が変化するわけです。 今までママのエネルギーとして使われていたブドウ糖が、赤ちゃんのほうへ行ってしまうので、ママはそれを補おうとして 自然と甘いものが食べたくなってしまいます! 甘いものが食べたくなるのは、ある意味仕方がないことですね。 しかし、砂糖や脂質がたっぷりの、お菓子やジュースが簡単に手に入るようになってしまった今! ついついそういうものに頼っていると、大変なことになりかねないかも・・・!? スポンサーリンク コワい砂糖の害と赤ちゃんへの影響・・・!! ここからは甘いものの食べ過ぎ、つまり 「砂糖の摂りすぎ」が招く身体への影響について、解説していきます。 妊婦さんが砂糖たっぷりの、甘いものを食べ続けるとどうなるでしょう? もちろん、太ります。 そりゃそうです。 それ以外にも、 こんな病気になる可能性があります!! 妊娠糖尿病 その名の通り、妊娠中の食べ物や生活が原因でかかってしまう 糖尿病です。 ママには• 高血圧症候群• 羊水量の異常• 体重が増えることによる難産 赤ちゃんには• 巨大児• 心臓の肥大• 最悪の場合死亡 など、さまざまなリスクをともなう病気です!! 母子手帳にも、妊娠糖尿病を予防するために「甘いお菓子やジュースは控えるように」と書かれていますね! 低血糖症 分かりやすく言い換えると 「砂糖中毒」です。 甘いものを食べ続けることで、ができなくなり、疲れやすくなったり、感情の起伏が激しくなったりします。 この状態を「低血糖」と言います。 とくに、甘いお菓子に含まれている 「白砂糖」が、この病気を引き起こす原因になっています。 白砂糖が身体に入ると、 血糖値が急激に上昇します。 このとき人間は、 満足感や、疲れがとれたような感覚になります。 ですが、血糖値は身体にとって一定に保たれているのがベストの状態なので、身体は上がった血糖値を下げようとホルモン(インシュリン)を出します。 急激に上がったら、その分たくさん出します。 たくさんインシュリンが出ることで、今度は 血糖値が急降下します。 すると人間は、 疲れを感じたり、暗い気持ちになったりします。 すると、また 糖分が欲しくなり、 甘いものを食べてしまうのです。 これが繰り返されることにより、だんだん血糖値のアップダウンが激しくなりコントロールができなくなります。 甘いものを食べていないと落ち着かない・・・ すぐ疲れてしまう・・・ なんとなく気持ちが浮かない・・・ こんな状態になります。 低血糖は、 うつ病やマタニティブルーにも関係していると言われています。 妊娠中だけでなく、産後も影響を及ぼす場合があります。 そして、何度も何度も糖分が運ばれた 赤ちゃんの身体も、 低血糖症になる可能性があります! 低血糖症は、感情のコントロールがきかなくなるため、俗にいう「キレやすい子供」になる可能性も高くなります! このような病気のリスクがあることから、甘いものの食べ過ぎは、その時はママの満足になるかもしれませんが、だらだら続けてしまうのはいいこととは言えませんね!! 血糖値については、こちらの記事でもっと詳しく知ることができます。 でも、食べたい!!甘いもの!! 妊娠中の食欲というものは、もはや自分の意思を超えているときがありますよね。 笑 何かにとりつかれたように・・・。 わかります!!! 私もそうだったから!! でもコワい病気になるリスクがあるんだから、さすがに「妖怪のせい」とか言ってられないし・・・! じゃあ、なるべくストレスを溜めることなく、 甘いお菓子を控えるにはどうしたらいいのか!? 実際に私が試してよかった方法を、次の章でご紹介します!! 甘いものと上手に付き合う方法とは!? 妊婦さんが甘いものと上手に付き合っていくには、ポイントがあります! それは・・・• 自然の甘味をとるようにする• 飲み物で満足感を!• たまには息抜き の3つです!詳しく説明しましょう! 自然の甘味をとるようにする 果物や野菜で甘味をとる方法です。 オススメは プルーンとさつまいも!! プルーンはけっこう甘味が強いので、砂糖の入ったお菓子を食べているのと同じくらい満足感があります! 鉄分たっぷりなので貧血予防にも!! サツマイモも腹持ちがいいし、「食べた!」という感じがします!! 私は生のものをふかしたり、干し芋を買ってきて食べたりしてました。 自然のもので甘味をとっていると、 だんだん白砂糖の強烈な甘味が いらなくなってきます。 お通じも良くなるし! ちなみに、「糖類ゼロ」と書いてある人工甘味料入りの食べ物は、口にしませんでした。 人工甘味料は安全性が微妙なので・・・。 あくまで、自然の食べ物で!! 飲み物で満足感を! 甘いものが食べたくなったときには、ひとまず コップ一杯のお水を飲みました。 それから、 温めた豆乳に すこーし、きび砂糖を入れて飲みました。 ちなみに、豆乳は添加物の入っていない無調整のものです。 そうすると、食欲が少しおさまります! そのあと食べたとしても、ドカ食いは防ぐことができました! 水分をこまめにとることは、食べ過ぎを防ぐのに効果があります! たまには息抜き 甘いものが食べたいのにずーっとガマンしていると、さすがにストレスが溜まりますよね!! ストレスは、妊娠の最大の敵と言われています! なので、たまには息抜きということで、私は甘いお菓子を食べていました。 週に2回くらい。 通っていた産婦人科の助産師さんが 「甘いものはたまには食べてもいいけど、 自分のこぶしの大きさから はみ出ない程度の量にしてね」 と言っていたので、それを意識しながら。 お饅頭くらいならいけますよね! 好みがあると思いますが、洋菓子より和菓子のほうが腹持ちがいいです。 だんだん腹持ち重視の話になっていく・・・笑 昔と違って、甘いものがすぐそこにあるのが当たり前になってしまった今。 あるのに食べられない!!というストレスには、こんな感じで上手に付き合っていくときっと乗り越えられますよ! まとめ 妊娠中はホルモンや代謝の影響で、甘いものが食べたくなるのにもかかわらず、食べ過ぎるとコワい病気のリスクがある!!ということが分かりましたね! 出産することはゴールではなく、 むしろそこからがスタートなので、ママも赤ちゃんも健康には気を付けたいですね! 妊娠中は食欲との戦いですが、甘いものはほどほどに、でもストレスを溜めないように、 自分なりの食べるリズムを付けて乗り切りましょう!! ちなみに、産後は体調が崩れやすくなるので、こちらの記事の食生活を参考にしてみて下さい! 産後の食生活を正したことで、花粉症や肌荒れがよくなった体験が書かれています。 <追記> こちらの記事もあわせて読むと、きっと役にたちますよ!.

次の

妊娠中甘いものが食べたい?!原因と注意点

妊娠 中 甘い もの 食べ たい

妊娠中に果物が食べたいと女の子? 一般的によく聞くジンクスは、 「お肉や脂っこいもの、味の濃いものが食べたくなったら男の子」 「野菜や果物などが食べたくなったら女の子」 ではないでしょうか。 こう言われるのには理由があります。 妊娠前に男女の産み分け法を調べた方もいるでしょうが、 それに似ているのです。 食べ物によって男女を産み分ける方法としては、 男の子が欲しい場合は、 父親がお肉などの酸性の食べ物、 母親が果物や野菜などの、アルカリ性の食べ物を食べる。 逆に女の子が欲しい場合は、 父親がアルカリ性の食べ物を食べ、母親が酸性の食べ物を食べる、 と言われています。 性別を決める遺伝子は男性由来なので、 父親がアルカリ性の物を食べる=胎児が女の子になる =妊娠中は母親がアルカリ性の物を食べたくなる ということです。 数年前、私が妊娠したときの話ですが、 私の母がよく、果物を買ってお裾分けしてくれていました。 元々果物は好きですが、 自分でわざわざ買ってきて、皮をむいて、 切ってまで食べたいとは思っていませんでした。 ところが妊娠中、桃とメロンだけは別でした。 元々桃もメロンも好きでした。 しかし今まで感じてた以上に美味しく思った記憶があります。 それからは桃とメロンばかり食べていたように思います。 そうして生まれた子は、女の子でした。 ですがこれらは全て、科学的根拠は何一つありません。 昔からよく言われている、迷信でしかないのです。 とはいえ、昔から語り継がれてきたということは、 実際にそうだった人が多いということです。 私の周りでも、 「 娘を妊娠してるときは、果物ばかり食べてたけど、 息子を妊娠したときは、やたらこってりしたお肉とかが食べたくなった!」 という女性もいます。 過信は禁物ですが、 だいたいの参考程度には覚えておいてもいいのではないでしょうか。 妊娠中に果物ばかり食べてもダメ!食べ過ぎにご注意 妊娠中に果物が食べたくなる理由について、 もう一つ考えられることがあります。 ですがだからといって、果物ばかり食べるのも危険です。 市販のお菓子やケーキほどではないですが、 果物にもたくさんの糖分が含まれています。 妊娠中に大量の糖分を摂取することは、 急激な体重の増加や、妊娠糖尿病などのリスクが上がります。 他にも妊婦にとって大敵な、 冷えの原因にもなってしまいます。 果物には妊娠中に必要な、 葉酸やミネラルといった栄養素が豊富に含まれているので、 ぜひ食べていただきたいのですが、 体にいいからと言って、同じものばかり食べるのは、 体にとって、逆に毒となってしまうときもあります。 目安としては、1日200gの果物が推奨されています。 200gの果物を具体的に表すと、 ・リンゴだと1個 ・バナナだと2本 ・ミカンだと2個 ・キウイだと2個 ・イチゴだと15個 ・グレープフルーツだと半分 ・ナシだと1個 ・ブドウだと1房 といわれています。 妊娠中には様々な栄養素が必要になりますので、 同じものをたくさん食べるのではなく、 たくさんの種類のものを、少量ずつ、 食べるように心がけたいですね。 妊娠初期に食べたい果物3選! 次に妊娠初期にぜひ食べていただきたい、 オススメの果物3選をご紹介します! イチゴ イチゴには ビタミンC、葉酸、食物繊維が含まれています。 妊娠中は安易に薬を飲んだりできないので、 風邪予防は大事ですよね。 ビタミンCは免疫力を高める効果もあるので、 風邪予防に効果的です。 また妊娠中は肌荒れに悩む方も多いでしょう。 そんな肌荒れにも、ビタミンCは効果的です。 またビタミンCは鉄分の吸収力を促進する効果もあるので、 貧血になりやすい妊娠中は、ぜひ摂取していきたい栄養素です。 最近では妊娠初期に、 積極的に摂取していきたい栄養素として、葉酸が上げられます。 葉酸は胎児の神経管閉鎖症の予防に効果的ということで、 厚生労働省も妊娠中の葉酸摂取は推奨しています。 しかし葉酸は水に溶けやすく、熱に弱い性質があるため、 なかなか摂取するのが難しい栄養素です。 その点イチゴですと生でそのまま食べられるので、 葉酸が効率的に摂取できるのです。 1日に6、7粒のイチゴで、 1日に必要な葉酸の量の、4分の1が摂取できると言われています。 そして妊娠中の悩みとして、他にも上げられるのが便秘です。 便秘のときに取りたい栄養素といえば、食物繊維ですよね! イチゴには食物繊維も含まれているので、腸内環境を整えるのにも効果的、 と言えるでしょう。 バナナ バナナには ビタミンやミネラル、食物繊維の他に、カリウムが含まれています。 カリウムは体内のナトリウム量を調整する働きがあるので、 妊娠高血圧症の予防にもなります。 体内の余分な塩分を排出してくれるので、 むくみ防止にも効果的です。 他にも妊娠中は足がつりやすくなりませんか? 私も妊娠初期~中期頃、毎晩これに悩まされていました。 しかし先輩ママから 「バナナを食べるといいらしいよ!」 と聞いて実践したところ、 本当に足がつらなくなりました! 私の実体験から、妊娠中のバナナは、本当にオススメします! グレープフルーツ グレープフルーツには ビタミンC、葉酸、カリウム、クエン酸などが、 豊富に含まれています。 妊娠中は普段よりも疲れやすくなりますよね。 そんな疲労回復に効果的なのが、クエン酸です。 またグレープフルーツの味は、 甘くて、酸っぱくて、苦い感じがしませんか? この苦味成分が、食欲を抑制する効果があるのです。 妊娠中の食べすぎは、肥満の原因にもなるため注意が必要です。 どうしても何か食べたくなることもありますが、 グレープフルーツの食欲抑制の効果で、 必要なものを、必要な量だけ食べるようにしていきたいですね。

次の